ウェッジとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのチャートには、覚えておくとトレードで役立つパターンが存在します。ウェッジなどはまさにその典型です。

チャートパターンである上昇ウェッジや下降ウェッジを習得すると、今後の相場の展開が読みやすく、トレードのチャンスを掴みやすくなるでしょう。

今回はウェッジとは何なのか、その特徴や見方、トレードの使用例、リスクや注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

既にトレンドラインや移動平均線などの初歩的な基礎を学んでいる方がウェッジを学ぶと、より勝率の高いトレードができるようになるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ウェッジとは?

ウェッジはチャートパターンの一つであり、上昇ウェッジと下降ウェッジの二種類があります。

Wedge(ウェッジ)とは日本語で楔形のことで、ウェッジが発生するとちょうど楔のように横向きのV字、もしくは三角形が発生します。

絵にすると、ちょうど以下のような具合となります。

黒い波線がレートの動き、赤い線がウェッジのラインです。

ウェッジが発生すると、レートの振れ幅がだんだん縮小していきます。やがてウェッジのラインを突破してブレイクすると、そのまま大きく動くことが多く、この時の動きを利用してトレードをする投資家もいます。

このウェッジの方向が上を向いていたら上昇ウェッジ、下を向いていたら下降ウェッジとそれぞれ区別していますが、どちらもウェッジであることに違いはありません。

中にはウェッジの角度を見て次の展開を予測するのが上手い人もいますが、初心者のうちはあまり偏見を持たない方が良いでしょう。

MEMO
ウェッジが発生後、ブレイクするとレートが大きく動きやすい

ウェッジを見つける目的とは?

ウェッジを見つける目的は人それぞれです。

その中でも主な理由というと、次のエントリーポイントを見つける事、ブレイクの箇所を見つける事、など。

ウェッジが発生している最中は基本的にレンジ相場となりますので、この間はエントリーをしても稼ぎ難いです。ただし、一旦ウェッジをブレイクすると、そのまま大きく動きやすく、ブレイクはエントリーのシグナルとしても機能します。

トレンドフォローを主体にトレードをしている人の場合、このウェッジのラインをブレイクした箇所をエントリーのサインと見なしてトレードをすることが多いので、順張りのトレードをする人ほどウェッジが発生している最中はポジションを持たず、様子見をします。

要するに、ウェッジが発生したら、しばらくトレードは控えた方が良いということです。

初心者の場合、ウェッジが発生したら様子見をし、ブレイクをするまで待ってみましょう。

レートがウェッジをブレイクすると、そのブレイクした方角に向かってレートが動きやすく、新しいトレンドのサインとなりやすいです。

注意
初心者の場合、ウェッジが発生したらブレイクするまでトレードは様子見した方が良い

ウェッジの見つけ方と作り方

ここではまずウェッジの見つけ方。そしてウェッジのラインの作り方を解説します。

チャートよりウェッジを見つける場合、まずはチャートの中よりレンジ相場になっている場所に注目しましょう。

レンジ相場になっている場所を見つけたら、そこにウェッジのラインを引いて下さい。四角で囲っている個所が、ウェッジのラインを引くにあたって今回根拠にした場所です。

ウェッジのラインを引いたら、あとはレートがラインを割ってブレイクするのを待つだけです。

今回は下にブレイクしているので、この場合でしたらショートでエントリーすることで利益を狙うことができるでしょう。

レンジ相場を利用したトレードをするようなケースを除き、大きなトレンドの発生を待つなら、ウェッジがブレイクするまでトレードは待った方が良いです。

注意
ウェッジをブレイクした後の動きに注目

ウェッジを使用したトレードの手法

ここまではウェッジの見方やブレイクのポイントなどを解説しました。ここからは実際にウェッジを用いたトレードの手法の一例を紹介します。

ウェッジを利用したトレードをする場合、トレンドが継続することを前提にした順張りの手法と、トレンドが転換する逆張りの手法の二種類があります。

順張りの方が初心者向きで、逆張りは騙しが多いので上級者向きです。初心者のうちは、順張りを採用することをおすすめします。

  1. トレンドが継続するパターン【順張り:初心者向け】
  2. トレンドが転換するパターン【逆張り:上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.トレンドが継続するパターン【順張り:初心者向け】

トレンドが継続することを前提にした順張りの手法を採用する場合、売買の方向性は今までのトレンドの方向に合わせることになります。

上昇相場ならロング(買い)、下降相場ならショート(売り)でエントリーをします。

今回は、ウェッジを引いた後、ローソク足がトレンドの方向に向かってブレイクしたらエントリー、一定の含み益が出たら利確をするという仮定のルールでトレードの手法を解説します。

まず、チャートにトレンドラインを引き、相場の方向性を確認します。

あくまでトレンドの方向性がわかれば良いので、移動平均線でも問題はありません。使いやすい指標を選びましょう。

今回はレートが右上に行っていたので、上昇相場となります。エントリーをする場合は、ロングとなります。

次に、目立っている高値と高値を線で結び、ウェッジを描きます。青丸で囲っている個所が目立っている高値。その青丸のポイントを線で結び、ウェッジを作ります。

その後、レートが上に向かってブレイクしているので、そこがエントリーのサインとなります。

ちょうど140.00円付近でブレイクしているので、ここでロングでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが上昇。一時は145.00円を割っているので、ここで決済できたとします。

すると、140.00円でエントリー、145.00円で決済ができている計算になりますので、500pipsの利益を得られたということになります。

決済後の相場の展開を見ると、その後も順調にレートが伸びていますので、エントリーのチャンスがある度にロングを入れれば、その度にこのチャートでは利益が増えていったことでしょう。

MEMO
順張りのメリットは騙しが少なく、勝率が高いトレードができること。デメリットは一回に獲れる利幅が小さい

2.トレンドが転換するパターン【逆張り:上級者向け】

次に、トレンドが転換することを予測し、反対方向にエントリーをする逆張りの手法について解説します。

逆張りの場合、今までのトレンドとは逆方向にエントリーをするので、上昇相場ならショート(売)、下降相場ならロング(買)の新規注文を入れることになります。

今回は、ウェッジを作成後、トレンドとは逆方向にレートが動き、ブレイクしたらエントリーをする、一定の含み益が出たら利確をするという仮のルールでトレードの手法を解説します。

まずチャートにトレンドラインを引き、相場の方向性を確認します。上で説明したように、ここはトレンドの方向性がわかれば良いので、移動平均線など、使いやすい指標を用いましょう。

まず赤い丸で囲っている部分を線で結び、トレンドラインを引きます。今回は下に向かっているので、下降相場であることがわかります。

次に、目立っている安値と安値を線で結び、ウェッジを作成します。

ウェッジを作成後、ブレイクするまで待ちます。すると、ローソク足が上昇し、上のラインをブレイクしました。ここでエントリーをします。

ちょうど137.00円付近でエントリーできているので、ここでロングでエントリーしたと仮定します。

その後、レートは順調に伸び、145.00円を割っているので、ここで決済をしたと仮定します。

すると、137.00円でロングでエントリー、145.00円で決済をしたので、700pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので、抜群のタイミングでウェッジのラインを引くことができました。

しかし、実際のチャートでは、逆張りは線引きが難しいので注意しましょう。

例えば以下のように線を引くと、騙しが発生しやすく、トレードで失敗しやすいです。

一見すると丸で囲った部分でトレンド転換のサインが出たように見えますが、その後また転換し、今までの下降相場に合わせて下落しています。

FXのチャートはトレーダーを騙すによう動くことが多いです。特にトレンドの転換点は騙しが増えやすく、そのせいで逆張りの勝率は下がりやすいです。

注意
逆張りのメリットは、短期間で大きく稼げること。デメリットは勝率が低く、騙しが多い

ウェッジのデメリットやリスク、注意点

ここではウェッジのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. ブレイクしたからといって大きく動くとは限らない
  3. ウェッジが発生している段階ではどちらにブレイクするかわからない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずウェッジを利用するに際には、騙しには注意を払ってください。

ウェッジのラインを引いたからといって、必ずしもそのラインに合わせてブレイクするとは限りません。

時にはブレイクしたように見せかけて、実際にはブレイクせず、思惑とは反対にレートが動くという事もあります。

ウェッジに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には騙しがあります。

プロですら騙しは避けられません。トレードをする際には、必ず騙しへの対策を講じてください。

対策

トレード中に発生した騙しへの有効な対策は、早めに損切りをし、損失の拡大を防ぐことです。

どれほど勝率の高い手法であっても、何度もトレードをしていれば、いつかは騙しに引っかかり、負けることがあります。

FXのプロですら、連戦連勝はできません。

もしもトレードで負けた時、負けを受け入れられず、そのままポジションを放置すると、さらに損失が拡大し、最悪ロスカットされます。

そのような最悪の事態を防ぐためにも、トレードで負けたことが判明したら、即座に損切りをしてください。

2.ブレイクしたからといって大きく動くとは限らない

ウェッジが発生し、その後にブレイクをすると、レートが大きく動きやすいです。

そのため、ブレイクした箇所でエントリーをするという手法は、一見すると理に適っています。では、ブレイクをしたら必ずしも大きく稼げるのかというと、そうとは限りません。

ウェッジのブレイクが発生した後、大きく動いて利確できれることもあれば、大して動かずに利確できないケースもあります。

場合によってはブレイクしたものの、すぐに反転し、含み損が出ることもあります。

不発に終わった場合、変動が期待できないので、大した利益は得られないでしょう。

対策

もしもウェッジのブレイクが不発で終わった場合に備えて、ポジションの保有期間を事前に設定しておきましょう。

ブレイク後、1時間経過しても含み益が出ないなら、不発だったということで決済をする、といった具合にポジションの保有時間に関して上限を設定しておくことで、ウェッジの不発に対して早めに見切りをつけることができます。

時間のルールを決めずにトレードをすると、無駄にポジションを多く保有し、ポジポジ病になってしまうリスクがあります。

時間ルールはウェッジに限らず、あらゆるトレードスタイルにおいて役立つルールです。トレードを始める際に、ポジションの保有時間の目安を決めておきましょう。

3.ウェッジが発生している段階ではどちらにブレイクするかわからない

下降相場にしろ上昇相場にしろ、ウェッジが発生した場合、いざブレイクをするまではどちらの方向に動くかは予測できないです。

トレンドの最中に調整としてウェッジが発生した可能性もありますし、相場の転換点としてウェッジが発生した可能性もあるので、まだブレイクする前にこちらに動くだろうと予断を持つとかえって偏見を抱きやすく、危険です。

よく上昇ウェッジの後は下がりやすい、下降ウェッジの後は上がりやすい、などの意見がありますが、実際にトレードをしてみると、そのようなことは全くありません。

上昇ウェッジ後に上がることもありますし、下降ウェッジ後に下がることもあります。その逆のパターンも有り得ます。

どのような手法だろうと、相場を完璧に予測することはできません。ハズレる可能性があるので注意してください。

対策

ウェッジが発生している時点ではまだどちらに行くかわからない以上、予断を持たず、ブレイクするまで待つことが最良の対策となるでしょう。

FXでは、偏見を持つことは非常に危険です。

わからないならわからないで、それで構わないのです。

どちらに動くか判明してからエントリーすれば、勝率の高いトレードができるのですから、あえてどちらに動くかわからないタイミングでトレードをするメリットはありません。

FXで稼ぎたいなら、稼げるタイミングが来るまで待ちましょう。勝てるタイミング以外はトレードしないで、様子見をしましょう。

初心者へのアドバイス

今回はわかりやすさを優先して初心者向けにウェッジについて解説しました。

トレードの使用例についても、初心者向けにトレンドラインを使用しましたが、トレンドラインを引くことだけが唯一の正解ということはありません。

自分が使いやすいようにウェッジを利用すると良いでしょう。

ウェッジは役に立つチャートパターンですが、初心者からすると少し難易度が高いです。

まずは先にダウ理論やトレンドラインなど、初歩的なところを学んでからウェッジについて勉強した方が、理解が早いでしょう。

ウェッジは単体で使用するよりも、移動平均線など様々なテクニカル指標と組み合わせた方が、効果を発揮しやすいです。

ウェッジに限定せず、様々な手法を学ぶことをおすすめします。