インヴァスト証券のトライオートFXとは?その特徴や評判を解説!

インヴァスト証券といえば、国内でも有名な自動売買に強いFX業者です。そんなインヴァスト証券では、システムトレード向けのシストレ24とは別に、自動売買だけでなくマニュアル注文も可能なトライオートFXと呼ばれるFXサービスが用意されています。

今回はそんなインヴァスト証券のトライオートFXとはどのようなFXサービスを提供しているのか、特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介します。

トライオートFXの概要

ここではインヴァスト証券のトライオートFXの概要について、表を使用して紹介します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 17通貨ペア 1000通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
丸 丸 丸

 

トライオートFXの特徴

トライオートFXでは確かにマニュアル注文をすることで裁量トレードが可能なのですが、その主な特徴といえばやはり自動売買でしょう。

インヴァスト証券のトライオートFXを利用すると、初心者でも簡単にFXの自動売買を始めることができます。

トライオートFXはリピート系に分類されるシステムトレードの仕組みを採用しており、利用することでレンジ相場に強い自動売買を実践できます。

そのシストレの仕組みですが、トライオートFXではイフダン注文を連続で繰り返すことで、利益を狙っていくことになります。

MEMO
自動売買とはシステムトレードのこと。事前に取り決めた売買ロジックに従い、自動的にトレードが行われる

シストレ24との違い

インヴァスト証券ではトライオートFXとは異なるタイプのシステムトレードを実践できるシストレ24があります。このシストレ24とトライオートFXでは、どのような違いがあるのでしょうか?

シストレ24もトライオートFXも、シストレができるFXサービスであることに違いはありません。

ただし、リピート系のトライオートFXと違って、シストレ24はプログラム系のシストレを採用しており、様々なストラテジーを選べるというメリットがあります。

イフダン注文を繰り返すリピート系のトライオートFXと違って、ストラテジーが多いシストレ24の方が、選択肢が多い分、様々なトレードができることでしょう。

ただし、シストレ24のストラテジーは、どのような仕組みで売買が行われているのか、ロジックが公開されておらず、なぜ勝てるのか、そしてどのような相場だと負けるのか、トレードの勝敗についてその原因をユーザーが分析することはできません。

他方でリピート系のシストレであるトライオートFXは、売買ロジックが明確であるため、どのような相場に強く、どの相場だと稼ぎ難いのか、メリットとデメリットを把握しやすいという強みがあります。

シストレ24とトライオートFX、どちらにも一長一短があるので、こちらの方がオススメというものではありません。理想としては、相場の状況に応じて使い分けるのが適切でしょう。

手数料

トライオートFXで売買をする場合、マークアップ手数料がかかるので注意してください。

マークアップ手数料は、トライオートFXでオートパイロット注文を利用する時に発生する手数料です。

取引量に応じて、かかる手数料も違ってきます。1万通貨未満の少額取引だと手数料が高くなりますが、50万通貨以上の高額取引だと手数料は無料になります。

1000通貨あたり、取引数量が1万通貨未満だと片道20円、1万通貨以上10万通貨未満だと片道10円、10万通貨以上50万通貨未満だと片道5円ほどのマークアップ手数料がそれぞれ発生します。

マニュアル注文ならば手数料は無料

トライオートFXではオートパイロット注文だと売買手数料としてマークアップ手数料がかかります。他方で、マニュアル注文だと売買手数料はかからず、無料になります。

ここで注意したいのが、オートパイロット注文で新規注文をしたポジションをマニュアル注文で決済をする場合です。

この場合、たとえ決済注文がマニュアル注文だったとしても、マークアップ手数料は発生するので気を付けましょう。

あくまでオートパイロット注文を利用せず、マニュアル注文で売買をしている限りにおいて売買手数料は無料になるということです。

スプレッド

トライオートFXのスプレッドは、業界水準で見るとかなり狭く、低コストなトレードが可能です。

米ドル/円は0.3銭、ユーロ/円は0.5銭、ポンド/円は1.0銭、豪ドル/円は0.6銭、ユーロ/米ドルは0.3pipsと業界最狭水準のスプレッドをトライオートFXは提供しています。

以上のように非常に狭いスプレッドを提示しているFX業者となりますので、マニュアル注文で裁量トレードをするにはちょうど良いFX業者でもあります。

スワップポイント

インヴァスト証券のトライオートFXのスワップポイントは、FX業界全体で見ると平均よりもやや高めといった具合です。

もっとも高いわけではないのですが、同業他社と比べるとやや高めの水準となりますので、稼げないということはないです。

ちなみに、同じインヴァスト証券のシストレ24の場合、スワップポイントは非常に低いため、こちらでは稼げないです。

インヴァスト証券でスワップポイントを稼ぐなら、シストレ24よりもトライオートFXの方が稼ぎやすいでしょう。

取扱通貨

インヴァスト証券のトライオートFXの取扱通貨ペアの総数は、業界全体で見ると少ない方となります。

トライオートFXの取扱通貨ペアの数は同じインヴァスト証券のシストレ24と比べるとかなり少なく、取引の選択肢は自ずと狭くなります。

ただし、南アフリカランドやトルコリラなど、人気のあるマイナーな通貨は取り扱っていますので、必ずしもマイナーな通貨に投資できないというわけではありません。

取引ツール・スマホアプリ

トライオートFXではPC用の取引ツールのみならず、スマホ用の取引アプリなども用意されています。

スマホ用の取引アプリは、iPhoneとAndroid、両方に対応しており、スマホからであってもスムーズな取引が可能です。

事前にアプリをインストールしておけば、いつでもスマホを通じてトライオートFXを利用できるでしょう。

約定力

トライオートFXの約定力は比較的安定しており、トレーダーからの評価も良いです。

サーバーも安定しているので、常に安心してシステムトレードができることでしょう。

入出金

トライオートFXでは費用をかけず、スピーディーに入出金を行うことができます。

インヴァスト証券のクイック入金のサービスを利用すれば、24時間いつでもリアルタイムでFX口座に入金が可能です。

クイック入金であれば、手数料をかけず、無料で入金できます。

出金については、手数料を会社側が負担してくれるので、コストはかからないです。

出金の手続きを始めると、だいたい3銀行営業日ほどで指定した金融機関に出金した金額が振り込まれます。

ロスカット

トライオートFXでは、証拠金が不足するに伴ってアラートとロスカットがそれぞれ発動しますので注意してください。

有効比率の計算方法は、有効証拠金額÷必要証拠金額×100、です。

この有効比率が150%以下になると、プレアラートが発生。120%以下になると、アラートが発生します。

含み損が拡大することで有効比率が100%を下回ると、ロスカットルールが発動され、保有するポジションを強制的に決済されます。

この時、未約定の注文についてはそのまま取消になりますので気を付けましょう。

信託保全

インヴァスト証券では法令に則り、顧客の資産を分別し、保全しています。

万が一、インヴァスト証券が破綻することがあった場合、信託契約先銀行である三井住友銀行より信託財産が返還されるため、常に安心して取引を行えます。

キャンペーン

インヴァスト証券では、新規で口座を開設したユーザーを対象に最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。(2019年7月時点)

キャンペーンを受けるためには、口座を新規で開設し、33万通貨以上の新規取引を行う必要があります。

キャッシュバックを受ける条件は、トライオートETFで270口以上の新規取引をすることでも達成可能です。

トライオートFXのメリット・デメリット

ここではトライオートFXのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

トライオートFXのメリット

トライオートFXのメリットは、リピート系のシストレができることです。

MT4などの自動売買用のツールが無くても、インヴァスト証券の口座を開設するだけでシストレを始められるので、初心者でもお手軽に自動売買ができることでしょう。

他にも、シストレ系のFXサービスの中では、業界最狭水準のスプレッドで取引ができるなど、低コストな取引環境があるなどのメリットがあります。

操作方法についても、初心者でも簡単に始められる設計になっていますので、一旦設定さえ完了してしまえば、すぐにでも自動売買を始められます。

既にリピート系のシステムトレードをやったことがあるという方ほど、最狭水準のスプレッドで自動売買ができるトライオートFXは魅力的に見えることでしょう。

トライオートFXのデメリット

トライオートFXのデメリットは、自動売買といっても絶対に稼げるわけではないことです。

特にトライオートFXのような、リピート系のシストレはレンジ相場に強い反面、トレンド相場には弱いという難点を抱えているので注意が必要です。

どこまで含み損が発生したら損切りをするのか、いわゆるリスク許容度を計算せずに自動売買を始めると、予想以上に大きな損失を被る恐れがあります。

トレードをする際には、どこまでなら損失を許容できるのか、あらかじめリスク許容度を計算しておきましょう。

トライオートFXを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではトライオートFXがおすすめされる人と、そうでない人のタイプをそれぞれ紹介します。

トライオートFXがおすすめなユーザーというと、リピート系のシステムトレードを検討している人が該当します。他方で、おすすめされないユーザーというと、プログラム系のシストレを検討しているユーザーとなります。

  1. おすすめな人:リピート系シストレを検討している人
  2. おすすめされない人:プログラム系シストレを検討している人

以下より、上記について詳しく解説します。

トライオートFXがおすすめな人

トライオートFXは、リピート系のシストレができるFXサービスであり、自動売買ができるFX業者を求めている方ほどおすすめです。

イフダン注文を繰り返すタイプのリピート系のシストレは、レンジ相場に強く、トレンド相場には弱いという特徴があります。

そのため、トレンド相場では勝てるけど、レンジ相場では勝てないという悩みを抱えている方にも、トライオートFXはおすすめです。

2018年7月よりリリースされた自動売買セレクトと呼ばれる機能を使用すれば、初心者でも簡単に設定ができるなど、まだシストレの経験が少ないユーザーに親切なサービスがあるという点も、評価のポイントです。

他にも1000通貨よりトレードができるので少額からの運用が可能など、初心者でも利用しやすいトレード環境が整っています。

お手軽に設定を組めるトライオートFXは、リピート系のシストレを始めたいという初心者の方にほど、相性が良いでしょう。

裁量トレードにも向いている

インヴァスト証券といえば、自動売買のイメージが強く、実際それに特化した機能があります。では自動売買に強い反面、裁量トレードには向いていないのかというと、そのような事はありません。

インヴァスト証券のトライオートFXは、業界最狭水準のスプレッドを提示するなど、低コストなトレードができるFXサービスです。

低コストな裁量トレードができる事に加えて、約定力も安定しているため、デイトレなどの短期売買であっても安定したトレードがトライオートFXでは可能です。

確かに売買手数料こそかかりますが、裁量トレードでマニュアル注文をする限りにおいては手数料はかからず、コストをかけずに売買ができます。

以上のように、裁量トレードがやりやすい環境が整っていますので、自動売買のみならず、デイトレなどの短期売買をやりたいという人とも相性が良いです。

トライオートFXがおすすめではない人

トライオートFXはリピート系のシストレであるため、プログラム系のシストレを求めているユーザーとは相性が悪く、おすすめできないです。

様々なストラテジーを選べるプログラム系のシストレであれば、リピート系以上に柔軟性の高いシストレを実践できるでしょう。

優秀なストラテジー次第では、リピート系では稼げないような、高額の利益を得ることも可能です。

もしもプログラム系のシストレを検討しているのであれば、同じくインヴァスト証券のシストレ24を利用することをおすすめします。

シストレ24は6000以上のストラテジーを有する、国内でもトップレベルの自動売買系のFXサービスだからです。

トライオートFXはあくまでリピート系のシストレ向けのFX業者であり、プログラム系のシストレには対応していません。

トライオートFXの利用者の口コミ

ここではトライオートFXを利用したユーザーの口コミを紹介します。

女性イメージ
36歳女性
oo
(3.0)
パソコンでもスマートフォンでも使えるので、トライオートFXは場所を問わずに自由に取引が行えます。しかも取引単位が小さいので、為替取引の初心者もマイペースでトレードが行えるメリットもあります。ツールも充実しているので、初めてでも機動的に取引できました。

 

男性イメージ
53歳男性
oo
(5.0)
これまでに複数のFX業者経由で取引をしてきましたが、トライオートFXは自動での取引とマニュアルでの取引の双方が可能な業者です。複数通貨ペアやETFとのポートフォリオができるのも特徴で、取引可能通貨単位が小さくて済むことも利点でした。

 

男性イメージ
34歳男性
oo
(3.0)
他のFXも使っていますが正直なところそちらのほうが便利だと感じています。とはいえトライオートFXが極端に使いづらい、サイトが重いなどということはないので普通なFX業者だと言えます。

 

男性イメージ
48歳男性
oo
(4.0)
趣味に使うための資金を増やすために、トライオートFXを利用してFXを始めました。トライオートFXは自動売買を選ぶ事が出来るので、1日中為替相場の値動きを監視していなくて良いので便利です。

 

男性イメージ
28歳男性
oo
(4.0)
トライオートFXは初めてでも使いやすくて、機械に任せることも出来るので利益も出やすいです。他にも色々ありますが、迷った時にはこの会社をおすすめで、安心して取引が出来てわかりやすいです。

 

女性イメージ
32歳女性
oo
(5.0)
これまでに全く取引をしたことが無い人でも、安心して取引が出来ます。トライオートFXはとても使いやすくて初めてでもトレードが出来ます。少しずつ学んでいけば利益も出てくるのでおすすめです。

 

女性イメージ
33歳女性
oo
(4.0)
投資は感情が生じるとうまくいかないことも多く、そういったシーンで利用することができるのがトライオートFXの特徴です。自動売買をメインにすることができ、主に二つの投資のためのロジックがあります。シンプルに選択することができる点は良いです。

 

男性イメージ
35歳男性
oo
(5.0)
私はトライオートFXのFX会社を利用したことがあるのですが、FX専用の自動売買を搭載していてとてもやり易かったので助かりました。
高金利通貨向けのスワッパーも大変魅力でしたしはじめ方も簡単だったので本当に良かったです。

 

男性イメージ
38歳男性
oo
(4.0)
これまでFXには興味がなかった人や興味はあるけど、やり方がわからなかった方などFXの初心者の方にお薦めなのがトライオートFXです。私も初心者でしたが、他のところに比べて格段にやり方が簡単ですぐにトレードを始めることが出来ました。

 

男性イメージ
30歳男性
oo
(5.0)
トライオートFXに出会って、FXに対する考え方が根本的に変わりました。トライオートFXは、マニュアル取引も自動売買もいずれも可能なのです。またスプレッドが狭くて攻めやすい特徴があります。さらに自動売買セレクトを使えば自動的に取引ができるのです。

 

 

FX初心者へのアドバイス

今回は、インヴァスト証券のトライオートFXについて、その特徴からメリット、デメリット、口コミなどを紹介しました。

インヴァスト証券は国内では特に人気のある自動売買系のFX業者です。ただし、同じシストレでも、シストレ24とトライオートFXでは仕組みに違いがあるので注意が必要です。

シストレ24とトライオートFX、どちらにも一長一短がありますので、こちらの方が優れているというものではありません。状況に応じて使い分けるのがベターでしょう。

トライオートFXは、リピート系のシストレであるため、レンジ相場に強いです。他方で、トレンド相場には弱いという難点があります。

設定そのものに関して言えばとても簡単なので、初心者でもお手軽に設定を組んでシストレを始められるでしょう。ただし、シストレができる事と、稼げる事はイコールではありません。

シストレで稼ぐためには、シストレで稼ぐコツについて学ぶ必要があります。

トライオートFXで自動売買を始めることを検討しているという方は、まず先にどうすればシストレで稼げるのか、稼ぐための方法について学ぶことをおすすめします。