移動平均線のトリプルクロスとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル分析の手法を学ぶと、勝率の高いトレードを実践できるようになります。ただし、テクニカル分析には騙しが付きもので、ハズレることもしばしばあります。

できることならば、何よりも勝率の高い手法でトレードしたいものです。

今回紹介する移動平均線のトリプルクロスは、騙しが比較的少ない勝ちやすい手法となります。

そんな移動平均線のトリプルクロスとは何なのか、その特徴やメリット、見方、トレードでの使用例、注意点などを解説します。

できるだけ負ける回数を減らし、勝率の高いトレードを実践したいという方は、ぜひトリプルクロスを習得してみましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

移動平均線のトリプルクロスとは?

移動平均線のトリプルクロスとは、短期線と中期線が長期線に対してほぼ同時にクロスしている状態のことを指します。

ゴールデンクロスやデッドクロス同様に、売買のポイントとして機能しやすいです。

例えば長期線に対して短期線と中期線が同時に下から上にクロスしてゴールデンクロスを起こすと、買いのシグナルになる、といった具合です。

今の説明を絵にすると以下のようになります。

MEMO
長期線に対して短期線と中期線がほぼ同時にクロスした状態がトリプルクロス。売買のサインとして機能する

トリプルクロスのメリット

単純に売買のポイントを見つけたいだけならば、ゴールデンクロスやデッドクロスだけでも十分事足ります。ではなぜトリプルクロスをあえて見つける必要があるのでしょうか?

移動平均線の短期線と長期線がクロスするだけのゴールデンクロスとデッドクロスは、確かにそれ単体でも売買のポイントとして機能します。

その反面、騙しに遭うリスクがあり、時にはトレードで負けることもあるでしょう。

その点、トリプルクロスはただのクロス以上に信頼性が高い売買のサインとなります。

トリプルクロスが発生する場面というと、かなり強い上昇もしくは強い下降のサインとなりますので、このタイミングでエントリーをすると高確率で勝利し、稼げるというメリットがトリプルクロスにはあります。

MEMO
トリプルクロスは勝率の高い売買のシグナル

騙しとは?

騙しとはトレーダーを誤認させるようなチャート上の動きのことです。

例えばゴールデンクロスが発生したので買いのシグナルだと思い、ロングでエントリーしてみた結果、すぐにレートが落ち、トレードで負けたという事例は典型的な騙しです。

FXは騙しが多く、上級者でも引っかかることで損をするものです。テクニカル分析をするにあたって騙しは避けて通れない道でしょう。

その点、トリプルクロスに関して言えば、比較的騙しが少ない売買のシグナルになりますので、トリプルクロスを起点にトレードをすると、勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

トリプルクロスの見つけ方

トリプルクロスを見つけるためには、まず先にチャート上に移動平均線を3本、短期線と中期線、そして長期線を引かなければなりません。

FX会社が提供するチャートツールを使用すれば、クリックだけの簡単な操作で移動平均線を3本引けるでしょう。

移動平均線をチャートに描くと、以下のようになります。今回はこのチャートの中よりトリプルクロスを見つけます。設定値は、短期線が5、中期線が25、長期線が75です。

トリプルクロスは、長期線に対して短期線と中期線がほぼ同時に同一方向にクロスしている時に発生します。

ゴールデンクロスならば長期線に対して短期線と中期線が下から上にクロス、デッドクロスなら長期線に対して短期線と中期線が上から下にクロスします。

チャート上で二つのラインが長期線を同時期にクロスしている場所を見つけることになります。

トリプルクロスになっている個所を見つけると、以下のチャートのようになります。

上のチャートでは、下に落ちる方向でトリプルクロスが発生しています。

そのため、実際のトレードではこのトリプルクロスは売りのシグナルとして機能します。

その反対で、買いのシグナルを探す場合は、長期線に対して短期線と中期線が下から上にゴールデンクロスをしているトリプルクロスを探す必要があります。

チャートにすると、以下のようになります。

上のチャートでは長期線に対して短期線と中期線が似たタイミングでゴールデンクロスしていますので、このトリプルクロスは買いのシグナルとなります。

MEMO
短期線と中期線がゴールデンクロスしたらロング(買)、デッドクロスしたらショート(売)

トリプルクロスを利用したトレードの手法

ここまではトリプルクロスの見方について解説しました。ここではトリプルクロスを使ったトレードの一例を、順張りの手法と逆張りの手法に分けて解説します。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

まずは順張りの手法を解説します。

トレンドの方向に合わせてエントリーをする順張りの手法は、勝率が高く、初心者向けです。

売買の方向はトレンドに準じるため、上昇相場ではロング、下降相場ではショートでエントリーをします。

今回使用する指標は、トリプルクロスを見つけるための短期線、中期線、長期線、さらにより長期の200移動平均線を使用します。

200移動平均線を見て上昇相場か下降相場かを判断し、その上で売買の方向を決定します。

トレードルールは、上昇相場時にゴールデンクロスのトリプルクロスが発生、もしくは下降相場時にデッドクロスのトリプルクロスが発生したらエントリー。短期線が中期線と長期線を割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、移動平均線を描き、相場の方向性を確認します。

チャートを見ると200移動平均線よりも短期線、中期線、長期線が上の位置にあるので、上昇相場であることがわかります。緑の線が200移動平均線です。

今回は順張りの手法を採用しているので、ゴールデンクロスのトリプルクロスを探します。

やがて待機していると、短期線と中期線が長期線を下から上にクロスしてゴールデンクロスしている場面が発生。ここがエントリーのポイントとなります。

ちょうど145.00円付近でシグナルが出ているので、ここでロングでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートは上昇し、147.50円付近で短期線が中期線と長期線を両方割っているので、ここで決済したとします。

すると、145.00円でエントリー、147.50円で決済ができたので、250pipsもの利益を得られた計算になります。

実際のトレードでここまで大きく稼ぐことができるのであれば、FXで資産を倍増できる日はそれほど遠くはないでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りの場合、トレンドとは反対方向に売買をしますので、上昇相場ではショート、下降相場ではロングでエントリーすることになります。

トレードルールは、上昇相場時にデッドクロスのトリプルクロスが出現、もしくは下降相場時にゴールデンクロスのトリプルクロスが出現したらエントリー。ポジション保有後に短期線が中期線、もしくは長期線を割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより移動平均線を表示させ、相場の方向性を確認します。

200移動平均線よりも短期線、中期線、長期線の3本が上の位置にありますので、途中までは上昇相場であることがわかります。

今回は逆張りの手法を採用していますので、デッドクロスのトリプルクロス発生時にショートを入れることになります。

やがて待っていると、短期線と中期線が長期線を上から下にデッドクロスし、トリプルクロスが発生しました。

ここがエントリーのタイミングとなります。

ちょうど147.20円付近でシグナルが出ていますので、ここでショートでのエントリーできたと仮定します。

レートを追うと、この大きく暴落し、144.50円付近で短期線が中期線をクロスしたので、そこで決済ができたとします。

すると、147.20円でエントリー、144.50円で決済ができたので、270pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので簡単に勝てたように見えますが、実際の逆張りは騙しが多く、勝率の低い手法です。

初心者のうちは順張りの手法から始めた方が良いでしょう。

トリプルクロスのデメリット、リスク、注意点

ここではトリプルクロスのデメリットやリスク、注意点などを解説します。

  1. 騙しがある
  2. 稼げるとは限らない
  3. レンジ相場と相性が悪い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずトリプルクロスを利用したトレードをする場合、騙しに注意してください。

確かにトリプルクロスは勝率の高いシグナルなのですが、それでも完璧ではありません。何回もトリプルクロスを利用したトレードをしていれば、数回といえど騙しが発生することがあるでしょう。

騙しに引っかかると、トレードで負けます。含み損が発生しますし、決済せずに放置すれば損失はさらに拡大します。

そうなる前に、どうすれば騙しによる被害を防げるのか、事前に対策を講じておきましょう。

対策

騙しへの有効な対策というと、損切りのルールを守ることです。

たとえ騙しに引っかかったとしても、すぐに決済して損切りしてしまえば、被害は最小限でおさまります。

しかしポジポジ病になってしまい、決済ができずにポジションを放置すると、被害は拡大し続けるでしょう。いずれはロスカットされ、大きな損失を被ることになります。

損切りは初心者から上級者まで、すべてのトレーダーに必須のスキルです。必ずFXを始める前に、損切りのやり方を習得しておきましょう。

2.稼げるとは限らない

トリプルクロスは確かに勝率の高いシグナルですが、必ずしも勝てるとは限りません。

時にはレートが大して動かず、稼げずに終わることもあります。

例えばゴールデンクロスのトリプルクロスが発生し、ロングでエントリーした結果、大して動かず、2pipsから3pips程度の利益しか得られなかったというケースなどはまさにその典型でしょう。

たとえ思惑通りに動いたとしても、大きく稼げるとは限らないのです。

対策

たとえトリプルクロスが発生しても、レートが大して動かないのであれば、稼げないです。

このようなレートの動きが悪い時の対策というと、基本的にないです。強いてあげるなら、動く時が来るまで待つぐらいでしょう。

FXの相場でレートが動きやすい時間帯というと、ニューヨーク市場がオープンする21時から23時まで、など。

レートが動きやすい時間帯だけトレードをし、それ以外の時間帯はたとえトリプルクロスが発生したとしてもトレードをしない、というトレードルールを確立しておけば、無駄なトレードをせずに済みます。

3.レンジ相場と相性が悪い

トリプルクロスは確かに勝率の高い指標なのですが、ただレンジ相場に関して言えばそれほど高くはありません。

むしろ騙しに引っかかることで負けるリスクがあるほどです。

一定のレンジ内で上下にレートが動き続けるレンジ相場の場合、トリプルクロスが発生しやすい一方で、そのほとんどが騙しである可能性がとても高いです。

先述したように、騙しに引っかかったところで損をするだけです。トリプルクロスを活用する予定があるならば、レンジ相場への対策は必須です。

対策

確かにトリプルクロスはレンジ相場との相性が悪く、騙しが多いです。無理にトレードをしても、負けて損を被る可能性の方が高いでしょう。

それならばいっそのこと、レンジ相場は避けて、トレンド相場だけを対象にトレードをすると良いでしょう。

勝てない相場で無理してトレードをする必要は一切ありません。実際にトレードをしてみて、自分が得意とする相場は何なのか、一度検証してみましょう。

検証してみた結果、レンジ相場が得意だというのであればレンジ相場でトレードをすれば良いですし、苦手ならばトレンド相場で勝負をすると良いでしょう。

どのような相場であろうとも、勝てないことには稼げないです。自分が勝ちやすい相場で勝負をしましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回は移動平均線のトリプルクロスについて解説しました。

トリプルクロスは、ただ線と線が交差するだけのゴールデンクロスやデッドクロス以上に信頼性の高い売買の指標です。

ただし、トリプルクロスとて万能ではありません。騙しもありますし、対して動かず稼げないこともあります。

デメリットやリスクもあるので、しっかりと対策を練った上でトレードをしましょう。

損切りなどの対策ができているのであれば、トリプルクロスはトレードの勝率を高めてくれる画期的なシグナルとして機能してくれるでしょう。