トレンドラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説

FXで稼ぐためには、これからレートが上がるのか、それとも下がるのか、予想を的中させなければなりません。

素人が為替レートを見ても、予想を的中させることは難しいでしょう。しかし、テクニカル分析のやり方を知っていれば、勝率の高いトレードができるようになります。

トレンドラインは、テクニカル分析をする上で役に立つツールの一つです。

今回はトレンドラインとは何なのか、利用する目的と、利用方法などを解説。実際にチャートを交えて、トレンドラインを使用したトレードの方法なども紹介します。

トレンドラインは、現在の値動きを把握する上で非常に役に立つツールです。まだFXのトレード経験がないという初心者は、まずはトレンドラインから学んでみましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

トレンドラインとは?

トレンドラインとは、現在のチャートの動向を把握するために描くラインのことで、テクニカル指標の一つです。

チャート上にトレンドラインを描くことで、為替レートの現在の相場は上昇相場なのか、それとも下降相場なのかを判断することができます。

例えば以下のチャートの画像。

チャート上の高値と高値をトレンドラインで結び、さらにラインを伸ばすことで、このトレンドラインが発生している最中は下降トレンドが発生していたことが見て取れます。

上昇相場であれば、トレンドラインは右上へと伸び、下降相場であればトレンドラインは右下へと伸びていきます。

上昇相場が発生している最中は、レートが上がりやすいので、ロング注文を入れると勝ちやすいです。

下降相場が発生している時は、レートが下がりやすいので、ショート注文を入れると勝ちやすいです。

このように勝ちやすい相場を探る上で、トレンドラインは非常に役に立つツールとなります。

MEMO
トレンドラインを描くことでか為替レートの動向を把握できる

トレンドラインを描く目的

トレンドラインをなぜ描く必要があるのかといえば、それは相場の動向を知るためです。

FXというのは、相場の動向さえわかっていれば、勝率の高いトレードができます。そして、この相場の動きがわからないからこそ、多くのトレーダーは負けるのです。

相場というのは大きく分けると、トレンドが継続するトレンド相場と、同じ価格帯を上下に動くレンジ相場の二種類があります。

そして、トレンド相場は簡単に勝ちやすく、レンジ相場は勝つのが難しい相場とされています。

たとえ初心者であっても、トレンド相場さえ見つけられれば、勝率の高いトレードができます。

トレンドラインを描くと、その勝ちやすいトレンド相場を見付けやすくなります。

他にもトレンドラインの場合、線を一本チャート上に引くだけでトレンドがわかるので、初心者でも扱いやすいというメリットがあります。

特に複雑な知識がいるツールではないので、実際にトレンドラインを引いて練習すれば、すぐに使い方をマスターできるでしょう。

ちなみに、トレンドラインは初心者だけでなく、上級者も利用しているツールです。初心者向けのツールだからといって稼げないなんてことはありません。むしろ極めると、トレンドラインだけでも稼げるようになるでしょう。

MEMO
トレンドラインは初心者でも扱いやすく、上級者も使用する実践的なツール

トレンドラインの引き方

トレンドラインは大きく分けると2種類あります。

上昇相場で描くサポートラインと、下降相場で描くレジスタンスラインです。

ここではサポートラインとレジスタンスライン、それぞれの描き方を解説します。

  1. サポートライン(上昇相場)
  2. レジスタンスライン(下降相場)

以下より詳しく描き方を紹介します。

サポートラインの描き方

サポートライン(支持線)は上昇相場で描くラインで、ローソク足の安値と安値を線で結んで線を描きます。

例えば以下のチャートの場合、まず目立った安値を2ヶ所見つけます。

次に、黒い丸を付けた安値と安値との間を線で結び、そのまま伸ばします。

最終的に赤色で描いたトレンドラインはローソク足にぶつかり、それ以上伸ばせなくなります。このぶつかった部分がトレンドの終着となります。

上昇トレンドが継続している限り、ローソク足はトレンドライン付近で反発し、レートを上げています。

しかし、上昇トレンドが終了すると、サポートラインを割り、大きく下落しました。

このようなトレンドラインを割る状態をブレイクと呼びます。ブレイクがあるまでは、トレンドが継続している前提でトレードをします。

MEMO
サポートラインは安値と安値を線で結ぶ

レジスタンスラインの描き方

レジスタンスライン(抵抗線)は、レートが下降している場面で使用します。線を描く場合、目立っている高値と高値を線で結びます。

チャートにすると以下の通りです。

まず四角で囲っている高値同士を線で結び、右下へとラインを伸ばします。その後、トレンドラインがローソク足にぶつかり、ブレイクすることでレートは上昇しています。

つまり、ブレイクがあった部分まで、下降トレンドが続いていたことがトレンドラインより見て取れます。

下降トレンドが発生している最中は、レートが下がりやすいので、ショート注文を入れると勝ちやすいです。

MEMO
レジスタンスラインは高値と高値を線で結ぶ

トレンドラインを使ったトレードの実例【順張り】

トレンドラインを描くことで、ブレイクするまでは今のトレンドが継続するだろうと予測を立てることができます。

ローソク足はトレンドラインの付近で反発する傾向がありますので、エントリーをするのであればローソク足が再びトレンドライン付近に近づいたタイミングを探すと良いでしょう。

そのためにはまずトレンドが発生している場面を探さないとなりません。

ブレイクするまでトレンドは継続する、ローソク足がトレンドラインに近づくと反発する、この2点を参考にすることで、トレードで勝つことができます。

ここでは以下のチャートを使用してトレンドラインを利用したトレードを実演します。

まずチャートを見ると、ローソク足が右上に向かっているので、上昇相場であろうことがわかります。そこでまず、目立った安値と安値を線で結びます。線で結ぶ安値は赤丸で囲っています。

トレンドラインを描くことで、相場が上昇していることがわかります。今回は順張りを前提にトレードをしますので、次にロングポジションを入れる場所を見つけます。

MEMO
順張りとは、トレンドの方向に合わせて売買をする手法

ちょうど青い四角で囲っている部分が、ローソク足がトレンドライン付近で反発した箇所になりますので、ここで新規ロング注文を入れます。ちょうど110.60円付近なので、このレートでロングポジションを保有したと仮定します。

その後、レートは順調に円安方向に進み、ブレイクするまでレートは上がります。

ブレイクした箇所が111.00円付近なので、ここで決済をするとします。

そうすると、110.60円でロングポジションを入れ、111.00円で決済をしたことになりますので、40pipsもの利益を得られた計算になります。

1万通貨のトレードならば4,000円、10万通貨のトレードならば4万円ほどの利益となるでしょう。

以上のように、トレンドラインを引いてトレンドの方向性を確認できるようになると、勝率の高いトレードができるようになります。

そればかりか、ブレイクした時に決済をすることで、相場の急変などに巻き込まれる前に利確ができるほどです。

ただし、トレンドラインを引いているからといって、必ずしも勝てるとは限りません。

騙しに引っかかると、損失が出る恐れがあるので注意しましょう。

注意
トレンドラインは絶対に当たるわけではないので気を付けよう

トレンドラインのデメリットとリスク

確かにトレンドラインを描くと、勝率の高いトレードができます。ただし、絶対に当たるとは限りません。

ここではトレンドラインのデメリットやリスクについて紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 絶対に勝てるわけではない
  3. トレンドはいつか終了する

以下より各項目について詳しく解説します。

1.騙しがある

FXの世界にはトレーダーを惑わす騙しという現象があります。

MEMO
騙しとは、トレーダーの判断を迷わすようなチャート上の動きのこと

例えば今回のトレンドラインの場合ならば、トレンドラインを描いた後にローソク足がラインを割り、ブレイクした後に再びトレンドに戻る、というパターンが考えられます。

以下のようなチャートがまさにそれです。

当初、四角で囲った部分が安値だと思い、上昇のトレンドラインを描きました。

その後、トレンドラインはローソク足とぶつかったので、一見するとここで上昇トレンドが終了しかたのように見えます。

しかし、その後の展開を見ると、上昇トレンドは継続しており、さらに為替レートが上昇していることがチャートから見て取れます。

つまり、一見するとブレイクしたように見えた場所は、騙しだったということです。

今回は過去のチャートを使用しており、既に未来のチャートの動きもわかっているので、四角で囲った部分が騙しであることは一目瞭然です。

しかし、実際のトレードでは、どこが安値もしくは高値になるのかをリアルタイムで見つけないといけないので、ここがブレイクした場所だと正確に知ることはできません。

過去のチャートを使ってトレンドラインを描いたら上手くいったのに、リアルタイムでトレードをするとトレンドラインを描いてもまったく勝てないという方は、まさに騙しに引っかかっているのでしょう。

騙しに引っかかると、たとえトレンドラインを描いても勝てないです。場合によっては、損失が出るリスクがあります。

そのため、トレードの際にはどうすれば騙しに引っかからずに済むのか、対策を講じてください。

注意
トレンドラインを引いても騙しに引っかかると勝てない

2.絶対に勝てるわけではない

トレンドラインを引くと、勝率の高いトレードを実践できます。ただし、あくまで勝率が高いというだけで、絶対に勝てるというものではありません。

トレンドラインを引き、その分析結果を参考にトレードしたものの、勝てないということはあります。

もしもトレードで負けた場合は、潔く損切りをしてください。

たとえ負けたとしても、早めに損切りをすればダメージが浅くて済みます。しかし、損切りが遅れると、損失が増えるので、今までの勝ちトレードで積み上げた利益が台無しになってしまいます。

トレンドラインは絶対に勝てる手法ではありませんので、負けた時はどうするのか、損切りのルールを事前に決めておきましょう。

損切りのルールを事前に設定しておけば、いざ負けることがあっても、損失を最小限に抑えられます。

MEMO
トレンドラインを引いても負けることがある。損切りのルールを設定しておこう

3.トレンドはいつか終了する

上昇相場にしろ下降相場にしろ、トレンドというのはいつかは終了します。

そのため、トレンドラインを描く際には、このトレンドはまだ続く可能性があるトレンドなのか、それともそろそろ終わりそうなトレンドなのかを見極めないとなりません。

まだ続きそうなトレンドならば、積極的にエントリーをすることで儲けることができるでしょう。

しかし、そろそろ終了しそうなトレンドの場合、エントリーをしても儲からない可能性の方が高いです。それどころか、エントリーをした直後に相場が転換し、損失を抱える恐れすらあります。

ローソク足がトレンドラインを割ってブレイクし、トレンドが終了したら、早々にポジションを決済しましょう。

決済が遅れると、せっかく得た利益を失ってしまう恐れがあります。場合によっては損失が出ることもあるでしょう。

トレンドラインを描く時は、このトレンドはまだ継続しそうなのか、それともそろそろ終わるのか、しっかりと見極めましょう。

MEMO
トレンドが終了した時に備えていつでも決済できるように準備しよう

トレンドラインの騙しを減らすコツ

せっかくトレンドラインを描いても、騙しに引っかかると上手く勝つことができなくなります。そこで、トレンドラインを描く際には騙しに引っかからないように対策を講じておく必要があります。

トレンドラインの騙しを避けたいなら、常に順張りでトレードをすると良いでしょう。

トレンドラインを使った手法の中には、ローソク足がトレンドを割った時、いわゆるブレイクが生じた時に今までとは逆方向にエントリーをして稼ぐ、いわゆる逆張りの手法があります。

逆張りは、成功すると短期間で大きく稼ぐことができます。

他方で失敗すると大損しやすい手法なだけに、初心者向きの手法ではありません。なにより、逆張りは上級者でも勝つことが難しいほど、難易度が高い手法です。

まだ初心者のうちはブレイクアウトには手を出さず、常にトレンドに乗る形でトレードをすると良いでしょう。

騙しは、ブレイクに手を出さない限り、引っかかるリスクは低いです。

言い換えると、順張りだけでなく、逆張りにも手を出すようになると、騙しに引っかかりやすくなりますので注意しましょう。

特に初心者のうちは、順張りだけを狙ってトレードをすると良いでしょう。経験を積んでから逆張りに手を出したとしても、遅くはありません。

MEMO
騙しを避けたいならブレイクには手を出さない

初心者向けのアドバイス

トレンドラインを引けるようになると、確かに勝率の高いトレードを実践できます。ただし、初心者がトレンドラインを引いたところで、いきなり勝つことは難しいです。

というのも、FXの相場には騙しが多く、初心者ほど騙しに引っかかるからです。

騙しを回避するためには、実戦経験が不可欠です。何度もチャートにトレンドラインを引き、練習しましょう。

トレンドラインを何度も引いていると、相場の動きに対する理解力が高まります。何度もトレンドラインを引いていると、やがては騙しに引っかからずにトレンドラインを描けるだけの実力が付くことでしょう。

FXで勝つためにはテクニカル分析の知識とは別に、練習が不可欠です。

初心者のうちはまず稼ぐことよりも、テクニカル分析の習得に力を入れると良いでしょう。