トライアングルとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのチャートには、覚えておくと役に立つチャートパターンがあります。

トライアングルもそんな覚えておきたいチャートパターンの一つであり、実際のトレードでも利用する機会が多くあるので習得しておくと便利です。

今回はチャートパターンの一つであるトライアングルとは何なのか、その特徴とチェックする目的、見方、トレードの使用例、注意点、その他のポイントなどを解説します。

トライアングルは実践でよく使用されるチャートパターンなので、ぜひ覚えておきましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

チャートのトライアングルとは?

トライアングルとは三角形のことなのですが、一体何が三角形になると言うのでしょうか?

チャートパターンにおけるトライアングルとは、レートの動きが三角形状になることを指します。

チャートにすると、以下のような具合です。

以上のように、特定の期間における目立っている高値と安値をそれぞれ線で結び、伸ばすと、やがてラインがクロスすることで、三角形が作られます。

この三角形になったレートのパターンのことをトライアングルと呼びます。

トライアングルを形成するラインはエントリーのシグナルとして見なされやすく、実際のトレードで使用されやすいです。

MEMO
トライアングルとは、高値と安値に線を引いた時に出来上がる三角形のチャートパターンのこと

トライアングルをチェックする目的

トライアングルが形成される時、レートはトライアングルの先端に向かって徐々に変動の幅が収縮し、小さくなります。

このトライアングルの中でレートが動いている期間中は、大きな変動がないので、トレードをしても稼ぎ難いです。しかし、一度トライアングルをレートが割って飛び出ると、その飛び出た方角に向かって大きくレートが動きやすいです。

トレーダーの中には、この動きを利用して稼ぐという人も多く、トライアングルはエントリーのサインとして機能しやすいです。

チャート上にトライアングルが発生すると、次の展開が読みやすく、勝率の高いトレードができるでしょう。

MEMO
トライアングルが形成されると、その後にレートが大きく動きやく、エントリーのシグナルになる

トライアングルの探し方と線の引き方

チャート上にトライアングルを作るためには、まずトライアングルを探さないとなりません。

トライアングルを探すポイントは、レートの幅です。

為替レートは常に上下に動いているものなのですが、常にダイナミックに激しく動いているわけではありません。

最初は大きく動いていた波も、だんだん弱まり、変動幅が小さくなっていきます。このだんだんと上下の振れ幅が小さくなっている場所を探すと、トライアングルが見つかりやすいです。

トライアングルになっている個所を見つけたら、目立っている高値と安値を線で結ぶだけです。

例えば以下のチャートの場合。まず安値を2ヶ所、高値も2ヶ所、見つけます。

次に、安値同士、高値同士をそれぞれ線で結んで伸ばします。

高値同士を青い線で結び、安値同士を赤い線で結びます。そうすると、三角形が出来上がります。

トライアングルの理論によれば、レートがこのトライアングルを割ったら大きく動くとのことですが、今回の場合は1回騙しが発生した後に大きく下落しています。

上記のチャートのように、レートがトライアングルを割ることで、まるでエントリーのサインだと見せかけつつ、その後に転換してトレーダーを騙しに遭わせるような動きをすることもあるので注意しましょう。

注意
トライアングルには騙しがあるので注意

トライアングルのトレードの使用例

ここまではトライアングルの見方や作り方について解説しました。ここからはトライアングルを利用したトレードの手法の一例を紹介します。

トライアングルが発生した場合、トレンドが継続する場合とトレンドが反転する場合の2種類があります。

そのため、両方に対応できるように準備しておくと良いでしょう。

  1. トレンドが継続する場合
  2. トレンドが反転する場合

以下より各トレードの例を詳しく解説します。

1.トレンドが継続する場合【初心者向け】

トライアングルが発生した時、トレンドが継続することを前提にしている場合、売買の方向性はトレンドと同じになりますので、順張りをすることになります。

上昇相場ならロング、下降相場ならショートでエントリーします。

今回の場合、トライアングルが形成後、ローソク足がトレンドの方向に向かってトライアングルを割ったらエントリー、一定の含み益が出たら利確をするというトレードルールで売買をする、と仮定します。

まず以下のチャートより、トレンドラインを引いてトレンドの方向性を確認します。

トレンドラインが下に向かっているので、方向性は下だとわかります。次に、目立っている安値と安値を2点見つけ、ラインを引きます。

トライアングルが形成されていることを確認後、今回はトレンドの方向に合わせてエントリーをする予定なので、安値同士を結んだ赤い線を割ったポイントを探します。

やがてレートが下がったことでラインを割り、急落します。この割ったポイントがショートでエントリーする箇所となります。

ちょうど146.00円付近でエントリーのサインが出ているので、ここをショートでエントリーできたと今回は仮定します。

その後、レートは順調に落ち、145.50円を割りました。キリが良いので、ここで決済をしたとします。

すると、146.50円でショートでエントリー、145.50円で決済をできたので、50pips稼げた計算になります。

2.トレンドが反転する場合【上級者向け】

次に、トレンドが反転する場合のトレードの一例を紹介します。

このケースの場合、トレンドとは逆方向にエントリーをしますので、逆張りの手法となります。

逆張りは騙しが多く、勝率が低いので、上級者向けの手法となります。

騙しなのか、それとも本物なのか、逆張りは売買のシグナルの見極めが難しいので、初心者のうちはトレンドが反転する場合のサインは無視し、様子見をしても良いでしょう。

ではまず前回同様に、チャート上にトレンドラインを引きます。

まずトレンドラインを引くことで、現在の相場が下降相場であることがわかります。今回は逆張りを狙うので、エントリーをする場合はロングの注文を入れることになります。

次に、安値同士を線で結び、トライアングルを作成します。

トライアングル作成後、ローソク足が大きく上昇し、ラインを割っています。ここが逆張りのエントリーのポイントです。

ちょうど147.00円付近でラインを割っているので、ここでエントリーできたと仮定します。

ローソク足はそのまま上昇し、147.30円を割っているので、ここで決済をしたとします。

すると、147.00円でエントリーし、147.30円で決済をしたことになるので、30pipsの利益となります。

逆張りの場合、どこまで動くのかの想定が難しいので、事前にここまで来たら利確をしよう、といった具合にトレードルールを決めておきましょう。

注意
トレードをする前に利確のルールを確立しておくべし

トライアングルの注意点とリスク

ここではトライアングルを使用する際の注意点やリスク、デメリットを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. トライアングル発生時点ではどちらに動くかわからない
  3. 見付けるのが難しい

以下より各項目について詳しく解説します。

1.騙しがある

まずトライアングルには騙しがあるので注意しましょう。

特に、トライアングルを割ったレートの方向がトレンドとは逆だった場合、騙しである危険性が高いのでより一層注意を払いましょう。

トライアングルに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には騙しがあります。そもそもFXに必勝法などありませんので、これは仕方のないことです。

トライアングルを利用したトレードをする場合、騙しがあることを前提に、必ず対策を練っておいてください。

もしもトライアングルの騙しに引っかかると、トレードで勝てず、損失を抱えることになります。

たとえ勝率の高いトレードができたとしても、この一回で大きく負けると、今までの利益がすべて無駄になってしまうだけに、騙しには特に注意してください。

対策

騙しに遭った場合における有効の対策というと、それは損切りのルールを確立することです。

エントリーをしてみたものの、思惑通りに動かず、含み損が発生した場合、ここまで損失が出たらどのような状況であっても損切りをするというルールを作っておきましょう。

損切りのルールを確立しておくことで、損失の拡大を防ぐことができます。ひいては、騙しに遭遇してもダメージが最小限で済むので、損小利大になるようなトレードがやりやすくなります。

2.トライアングル発生時点ではどちらに動くかわからない

トライアングルが発生し、ローソク足がラインを割ると、その方向に向けて大きく動きやすいです。

ただし、上と下、どちらに向かってレートがトライアングルを割るのかは、トライアングルが発生した時点では不明です。

トレーダーの中にはトライアングルの形や方向性を見て次に動くであろうと方向を予測できる人もいますが、それは経験があればこそできる芸当です。

まだ初心者で、このチャートパターンは上に行く、もしくは下に行くかわからない場合は、偏見を持たない方が良いでしょう。

対策

トライアングルの発生を機に次のエントリーの方向性を探りたい場合、初心者のうちはトレンドの方向に売買を合わせることをおすすめします。

上昇相場中にトライアングルが発生したならばロングでエントリー、下降相場中であればショートでエントリーをすることを念頭に様子見をした方が良いです。

トレンドの方向性に合わせてエントリーをすることで、勝率の高いトレンドフォローができるからです。

仮に予想が外れて相場が転換し、逆方向に動いたとしても、トレードさえしなければ損はしません。

勝率の高い方向にだけ的を絞ってエントリーをすることで、無難にトレードで勝てるでしょう。

トレンドフォローと違って、逆張りは騙しが多く、失敗しやすいです。わざわざリスクの高い手法を採用して損をするぐらいならば、勝率の高いトレンドフォローを採用した方が賢明というものです。

3.見付けるのが難しい

トライアングルは、確かにトレードのシグナルとして重宝できるチャートパターンなのですが、それほど高頻度で出現するパターンではありません。

仮に出現したとしても、一見しただけでトライアングルだと気づくためには、それ相応のトレード経験が不可欠です。

まだFXを始めたばかりの人がトライアングルを探したところで、すぐに見つけることは難しいでしょう。

トライアングルは見つけるのが難しく、実践で使用するには経験が必須です。

対策

トライアングルを探してみたけれど、どうしても見つからないというのであれば、諦めるというのも一つの手です。

トライアングルだけがテクニカル分析の手法ではありません。もっとわかりやすく、初心者向けの手法などいくらでもありますので、わざわざ高度な技術が必要な手法を頑張って習得する必要はありません。

初心者へのアドバイス

今回はチャートパターンの一つであるトライアングルについて紹介しました。

トライアングルを利用したトレードの手法は、初心者からすると難易度が少し高いです。どちらかといえば、トレンドラインのやり方を習得した中級者向けの手法となります。

トライアングルは覚えておいて損はありませんが、無理をしてまで使用するほどの重要性はありません。

むしろ、初心者の場合、まずは先にダウ理論やサポートライン、レジスタンスラインなどの初歩的な知識から習得することをおすすめします。

しっかりと基礎を習得することで、はじめてトライアングルを上手に使えるようになるでしょう。

さらに、トライアングルは絶対に正しいツールというわけではないです。どんなツールにも、負ける可能性はあります。

トレードをする際には必ず損切りのルールを設定し、外れた時に備えましょう。

基礎を学び、注意点も把握しておくことで、はじめてトライアングルをトレードで活かせるようになるでしょう。