トラリピとは?その特徴やメリット、デメリット、注意点などを解説!

FXの自動売買といってもそれぞれで、種類があります。マネースクエアが提供しているトラリピは、リピート系の自動売買で、初心者でもお手軽に始められるシステムトレードのサービスです。

今回はそんなトラリピについて、その特徴やメリット、デメリット、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

リピート系のトラリピは初心者でも付き合いやすい自動売買であり、システムトレードに興味がある未経験者であっても利用しやすいです。

トラリピとは?

トラリピはマネースクエアが提供している自動売買のサービスです。

リピート系の自動売買で、レンジ相場を対象にトラップリピートイフダン注文を仕掛けることで、利益を狙うことになります。

もともとはレンジ相場で真価を発揮するタイプの注文スタイルだったのですが、最近では改良が加わることで、トレンド相場にも適応しつつあります。

MEMO
イフダン(IFD)注文とは、同時に複数の注文を出せる注文方法のこと。

トラリピの仕組み

トラリピの仕組みを簡単に説明すると、レンジ相場を対象にイフダン注文を連続で仕掛けていく自動売買となります。

例えば1ドルあたり100円から101円のレンジを推移している相場があるとして、まずイフダン注文で1ドル100円で買い、101円になったら売るという注文を発注するとします。

その後、相場が動いて1ドル100円まで下落したら買い注文、1ドル101円まで上昇したら決済売り注文それぞれが自動的に入り、利益を狙うことになります。

レンジ相場の場合、待っていればいずれはレートが下落もしくは上昇します。イフダン注文で、レートが到達しそうな価格を事前に設定しておけば、いざレートが動いた時、利益を得ることができる、という寸法なのです。

トラリピではこのようなイフダン注文をリピート、つまり何度も繰り返して仕掛けていくことになります。

上記の例であれば、1ドル100円で買い、101円まで上昇して決済をしたら、再びイフダン注文を入れて利益を狙う、ということです。

さらに、トラップリピートイフダン注文では、特定の値幅内において、等間隔で複数の注文を仕掛けていくことで、取りこぼしがないように細かく刻むようにして注文を入れていきます。

MEMO
トラリピではイフダン注文を何度も繰り返し、レンジ相場内での利益を狙う

トラリピと同じことを裁量トレードでやることは可能か?

トラリピの仕組みを非常に端的に言い表すと、ナンピンの自動売買です。

特定のレンジ内において、レートが安くなったら買い、高くなったら売る、この繰り返しをコンピュータが自動的にやっているだけなので、やっていることはナンピンとほぼ同じです。

そのため、自分でナンピンができるという人であれば、トラリピをやる必要はないでしょう。

ただし、株と違ってFXの相場は24時間、常に動きます。朝から晩まで、そして次の日も、一睡もせずにナンピンを仕掛けるというのは、体力的に不可能です。

FXのナンピンに興味があるけれど、自分でやるのは不安なので、プロに任せたい、そのような悩みを抱えている方にほど自動で売買を行ってくれるトラリピは相性が良いでしょう。

トラリピのメリット

ここではトラリピを使用するメリットを紹介します。

  1. レンジ相場に強い
  2. 24時間チャートを監視する必要がなくなる
  3. 感情的なトレードをしないで済む

以下より詳しく解説します。

1.レンジ相場に強い

トラリピはレンジ相場をターゲットにしている自動売買のシステムであるため、レンジ相場に強いです。

為替市場は8割がレンジ相場、2割がトレンド相場だと言われており、大部分はレンジ相場によって構成されています。

そして、今後の展開が読みやすいトレンド相場と違い、レンジ相場は展開が読み難く、初心者だと稼ぎ難いです。

その点、レンジ相場に強いトラリピであれば、初心者であってもトレードの専門知識や経験、テクニックなどが無くても利益を狙えるというメリットがあります。

特に、レンジ相場が苦手でなかなか利益が出せないという方ほど、トラリピは相性が良いでしょう。

2.24時間チャートを監視する必要がなくなる

トラリピで自動売買を始めれば、今後はチャートをチェックする必要がなくなりますので、自由な時間が増えるでしょう。

裁量トレードの場合、トレード中は常にチャートをチェックしなければなりません。いつレートが動くかわからないだけに、パソコンの画面から目が離せません。

しかしトラリピならば、レートが動いた時に自動的に注文を入れてくれるので、チャートを見る必要がありません。

24時間常に稼働し続ける自動売買であれば、それこそトレードに時間を割くことなく、利益を狙えるでしょう。

3.感情的なトレードをしないで済む

FXで失敗する原因の一つとして、トレーダーの感情があります。感情的になるとトレードで失敗しやすく、資産を減らす結果を招くでしょう。

どうすれば感情的にならず、常にルール通りにトレードができるのだろうと、思い悩んでいるトレーダーは多くいることでしょう。

特に稼ぎたいという欲望が強い人ほど感情的になりやすく、トレードで失敗しやすいです。

そのような悩みを抱えている人にほど、感情が入り込む余地がないシステムトレードは、魅力的なサービスとなるでしょう。

なかなか感情的なトレードを止められないという方は、一度システムトレードの利用を検討してみることをおすすめします。

トラリピのデメリット

ここではトラリピのデメリットを紹介します。

  1. 大きなチャンスは狙えない
  2. トレンド相場に弱い
  3. 定期的にチェックする必要がある

以下より詳しく解説します。

1.大きなチャンスは狙えない

トラリピは一定のレンジ内を対象にイフダン注文を繰り返すスタイルの自動売買です。

そのため、獲れる利幅はレンジ内におさまりやすく、一回のトレードで稼げる利益も小さいです。

トラリピはコツコツ少額ずつ稼ぎたい人には向いていますが、トレンドに乗って大きく稼ぐようなチャンスには弱いです。

イフダン注文の欠点は、最初に決済するタイミングも決めてしまうことで、それ以上の利益を狙えないことです。

例えば1ドル100円で買い、1ドル101円で売るというイフダン注文を出した場合、最大で1円分の利幅しか獲得できません。

もしも1ドル100円から110円までレートが上昇したとしても、1ドル101円の時点で決済をしますので、獲れる利益が小さくなってしまうのです。

このようにチャンスに弱いというデメリットがあるため、トラリピは大きく稼ぎたい人とは相性が悪いでしょう。

2.トレンド相場に弱い

トラリピはレンジ相場に強い一方で、トレンド相場に弱く、稼ぎ難いです。

特に一方的に上昇、もしくは下降するような強いトレンド相場が発生している場合、リピート機能が作動し難く、継続的な利益を狙えないでしょう。

トレンド相場が発生しているような場面では、トラリピの力は発揮し難いので、利用の際には現在はトレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを見極められるだけのスキルがトレーダーに求められます。

3.定期的にチェックする必要がある

トラリピはレンジ相場を対象にしている自動売買ですが、レンジ相場といっても常に同じようなレンジ内を推移しているわけではありません。

今週、1ドル100.00円から100.20円付近を推移していたからといって、来週も同じレンジ内でレートが推移するとは限りません。

トラリピで稼ぐためには、現在のレンジ相場の安値と高値はどこにあるのかを定期的にチェックし、それに合わせる必要があります。

適時、レンジ相場に合わせてトラリピのレンジの設定を変更する必要があるだけに、完全に放置するわけにはいきません。

トラリピで稼ぎたいのであれば、放置をせず、定期的にチャートをチェックし、相場の動向を窺う必要があります。

トラリピの設定の仕方

トラリピは一旦設定が完了してしまえば、あとは自動的にコンピュータが売買をしてくれる自動売買のサービスです。

ただし、選択型のシステムトレードと違って、トラリピではいつ買う、もしくは売るのか、売買すべきレートのレンジ幅を自分で設定しなければなりません。

その設定の仕方ですが、以下がトラリピの設定の手順となります。

  1. 通貨ペアの選択
  2. 売買の方向性
  3. トレード1回における取引量
  4. レンジ幅の設定

トラリピではまず通貨ペアを選択し、その通貨ペアの売買の方向性を確認します。

今後、上昇する見込みが高いのであれば新規買い注文、下降する見込みが高いのであれば新規売り注文を入れることになるでしょう。

さらに、1回のトレードでいくら注文するのか、取引量も設定します。

この時、いきなり全額注文するなど、無茶な取引量は控えましょう。たとえトレードで失敗しても良いように、少額から始めてください。

そして、指定した通貨ペアのレンジはどのくらいなのかを決めることになります。

仮に現在の米ドル/円の相場が100.00円から100.20円であれば、それをレンジの上限と下限に設定することになります。

トラリピの大まかな設定は以上となります。

トラリピはレンジ相場を想定している自動売買です。トレードをする前にまず、レンジ相場とは何なのかを勉強しておくと良いでしょう。

トラリピの注意点

ここではトラリピの注意点を紹介します。

  1. 予想したレンジが外れたらすぐに損切りをする
  2. レンジ相場が多い通貨ペアを選ぶ
  3. リスク許容度の範囲内で運用をする

以下より詳しく解説します。

1.予想したレンジが外れたらすぐに損切りをする

トラリピはレンジ相場を対象にした自動売買であり、運用の際にはレンジの上値と下値を設定し、その範囲内で売買をすることになります。

この予想が見事にハマり、売買に成功すれば、あとはシステムが自動的に売買を繰り返すだけで利益を積むことができます。では予想が外れた場合はどうなるのでしょうか?

もしも予想したレンジと、実際のレートの動きが外れてしまった場合、利益を得ることはできないでしょう。

場合によっては含み損が発生するリスクがあります。

想定したレンジの幅が外れてしまった時のために、自動売買をする際には必ず損切りのルールを確立しておきましょう。

既に以前までとは異なるレンジへと相場が移行しているにも関わらず、以前はこのレンジで勝てたという理由で昔のやり方に固執していると、かえって負けるリスクが上がります。

相場は常に変化しています。現在のレンジ幅はどこを中心に動いているのか、トラリピを実践する際には定期的にチャートをチェックし、レンジ相場の動向を分析しましょう。

2.レンジ相場が多い通貨ペアを選ぶ

トラリピはレンジ相場に強く、トレンド相場には弱いです。そのため、トレンド相場が多い通貨ペアや、相場が荒れやすい通貨ペアとの相性が悪く、不向きです。

相場が荒れやすい通貨ペアを対象にトラリピを使用すると、トレードで負けやすく、損しやすいので避けましょう。

相場が荒れやすい通貨というと、ボラティリティが高いポンドなどが有名です。他にも、ユーロや米ドルも相場が荒れやすいので注意しましょう。

では逆に、レンジ相場になりやすい通貨ペアというと何があるのでしょうか?

豪ドルやニュージーランドドルはレンジ相場が多く、同じようなレンジ内を上下に動くことが多いので、まさにトラリピとの相性が良い通貨となります。

もちろん、これらの通貨とて、トレンド相場に発展することもあります。

通貨ペアを選ぶ際には日足チャートや週足チャートなどをチェックし、長期的に見てトレンドが発生していない通貨ペアを選ぶと良いでしょう。

3.リスク許容度の範囲内で運用をする

トラリピの基本的な仕組みはナンピンです。割安な時に買い、割高な時に売って利益を稼ぐというスタイルの自動売買です。

トレンドの転換点や、天井値もしくは底値で注文を入れるというわけではありません。

そのため、安値で買ったものの、さらにレートが下がって含み損が生じるということもありますし、その逆のパターンもあります。

要するに、トラリピでトレードをする以上、取引中に多少の含み損はどうしても発生してしまうということです。

にも関わらず、可能な限りポジションの量を増やし、ハイレバレッジな取引をすると、確実にロスカットされ、大損することでしょう。

トラリピを実践する際には、このぐらいの損失であれば耐えられるという、リスク許容度を設定してください。

証拠金が少ないにも関わらず、無駄にポジションを増やしてしまうと、いざ相場が変動した時に一気にロスカットされ、資産を溶かしてしまいかねません。

しかし、リスク許容度の範囲内でトレードをしていれば、たとえ予想外の事が起きたとしても、損失を最小限に抑えることができます。

FX初心者へのアドバイス

今回はマネースクエアが提供している自動売買のサービス、トラリピについて解説しました。

イフダン注文を繰り返すトラップリピートイフダンを採用しているトラリピは、レンジ相場に強いシステムトレードです。

レンジ相場が苦手という方や、トレードでいつも感情的になってしまうという悩みを抱えている方にとって、レンジ相場に強いトラリピは非常に魅力的なシステムトレードのサービスとなるでしょう。

ただし、トラリピにはトレンド相場や荒れやすい相場に弱いというデメリットがあります。トラリピを使用する際には、必ずデメリットへの対策を練っておきましょう。

トラリピは一旦やり方を習得してしまえば、チャートを見ずともシステムが自動的に売買を繰り返し、利益を積み重ねてくれます。

トラリピを使いこなすためにも、まずはレンジ相場とは何かを知りましょう。

レンジ相場の特徴を把握すると、トラリピの効果を十二分に発揮させることができます。

システムトレードで成功するためには、自動売買の仕組みと、相場との関係性を把握することが重要です。なぜこのシステムだと稼げるのか、どうすればもっと稼げるのか、丹念に研究しましょう。