FXで勝つ手法!スイングトレードとは?初心者でも勝てる方法を解説!

FXはレバレッジをかけることで、ハイリスクハイリターンな取引ができます。特にスイングトレードのような大きな利幅を狙うトレードの場合、レバレッジを働かせることで一気に大きく稼ぐことが可能です。

ただし、スイングトレードはリターンが大きい反面、リスクも大きいトレードです。スイングトレードのやり方を知らずに取引をすると、たった一回の失敗で大損してしまう恐れがあります。

今回はスイングトレードの特徴や稼ぐコツ、メリットとデメリット、向いている人とそうでない人のタイプ、それ以外のチェックしておきたいポイントなどを解説します。

スイングトレードの手法を極めると、数回トレードをするだけで稼げるようになるでしょう。ただし、正しいやり方を知らずに初心者が付け焼刃のまま手を出すと、確実に失敗し、大損します。

初心者はまず正しい知識を学び、やり方を習得しましょう。

スイングトレードとは?

スイングトレードはFXのトレードスタイルの一つです。

その特徴は、数日から数週間と時間をかけて取引をする、中期のトレードです。

デイトレードのような1日で取引が終了する短期売買と違って、スイングトレードの場合はエントリーしてから決済に至るまで、数日から数週間以上の時間を要します。

スイングトレードのポジションの保有期間というと、だいたい2週間前後。長くても1ヶ月以内には決済します。

1ヶ月を越える長期保有となると、それはポジショントレードの領分となります。

数週間にわたってポジションをじっくりと寝かせ、大きく為替レートが動いてから利確をするというのが、スイングトレードの肝となります。

MEMO
スイングトレードは数日から数週間と時間をかけて利益を狙うトレードスタイル

スイングトレードで稼ぐコツ

スイングトレードではその性格上、何日もポジションを保有し続けることになります。

時にはチャートから目を離し、ポジションを保有したまま就寝することもあるでしょう。

もしも目を離している間に相場が激変し、損失が出たらどうしようと悩んでいる方からすると、ポジションを放置するスイングトレードはなかなか不安要素の多いトレードスタイルに見えるでしょう。

スイングトレードで稼ぐためには、数週間程度はポジションを放置しても気にしないような、どっしりと構えて待てるだけのメンタルが必要になります。

確かにポジションを保有している期間中は、心配で寝付けないかもしれません。しかし、いざ思惑通りに相場が動くと、保有期間が長い分、スイングトレードでは大きく稼げます。

以上のような特徴があることを前提に、ここではスイングトレードで稼ぐコツを3点紹介します。

  1. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を習得
  2. 損小利大
  3. 待つこと

以下より各項目の詳細を解説します。

1.テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を習得

スイングトレードを実践する場合、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析の知識やスキルも必要になります。

テクニカル分析を習得すれば、エントリーや決済のタイミング、相場の方向性などが把握しやすくなります。さらに、ファンダメンタルズ分析を習得することで、より利益率の高いトレードを実践できるでしょう。

MEMO
ファンダメンタルズ分析とは、経済指標などを基に今後の相場を分析する手法のこと。

ファンダメンタルズ分析を学ぶ過程で経済指標について勉強したら、いざ実践です。

為替レートに影響を及ぼす重大な指標については、トレードをする前に経済指標カレンダーを見てチェックしておいてください。

なぜ重要な経済指標の発表日をチェックしないといけないかというと、それは重大な経済指標が発表されると、相場の動きに変化があるからです。

特にアメリカの政策金利や失業率などは、今後の為替レートのトレンドに影響を与えられるだけのインパクトのある指標なだけに、絶対に抑えておきたいポイントです。

相場の流れを変えるほどの影響力のある経済指標というと、米国の失業率、FOMC(アメリカ・FRB政策金利)、ECB(欧州中央銀行)政策金利、など。

それとイギリスや日本、オーストラリアなどの各国の失業率と政策金利の発表日は、それぞれの通貨に影響を及ぼす重要経済指標なのでチェックしておきましょう。

覚えておきたい重要経済指標
  1. 米国失業率
  2. FOMC(アメリカ・FRB政策金利)
  3. ECB(欧州中央銀行)政策金利
  4. 日本、イギリス、オーストラリア等の政策金利と失業率

これらの経済指標は、発表と同時に今までのトレンドを転換させることもあるほど影響力のある指標です。

スイングトレードをする際には必ず経済指標のカレンダーをチェックし、これらの指標に巻き込まれないように注意しましょう。

経済指標の余波に巻き込まれたくないというのであれば、これらの重要経済指標が発表された後にエントリーし、発表前には全決済をするなどして、指標発表時には一旦相場から離れると良いでしょう。

指標発表時は常にノーポジションにしておくことで、発表時の荒々しい相場に巻き込まれずに済みます。

MEMO
スイングトレードではテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方が必須!特に重要経済指標の発表日は要チェック!

2.損小利大

スイングトレードでは、損小利大になるようなトレードを実践しましょう。

ただでさえ一回あたりに獲れる利幅が大きいスイングトレードの場合、勝率に関して言えばそれほど気にする必要はありません。

正直な話、勝率がった10%だったとしても、たった1回の勝利で損失を上回るだけの利益が獲れるのであれば、まったく問題ないです。

勝率が低くても、2、3回の勝ちトレードで利益を稼げるのがスイングトレードの良いところだからです。

仮に勝率30%、平均利益が100pips、平均損失が10pipsのトレーダーがいるとします。

この場合、リスクリワード・レシオは100÷10=10なので、まったく問題のない手法となります。

MEMO
リスクリワード・レシオとは、損失と利益の比率のこと。計算式は、「平均利益÷平均損失」。リスクリワード・レシオが1未満だとそれは悪い手法、1以上なら良い手法となる。

勝率が30%というとことは、10回トレードをすると、3回勝ち、7回負ける計算になります。

1回あたり100pips獲れる手法なので、3回勝つと合計で300pipsの利益がでます。

他方で、1回あたり10pipsの損失が出る手法なので、7回負けると合計で70pipsの損失が出ます。

300pips-70pips=230pipsなので、10回トレードをすると最終的に230pipsが残る計算になります。

このようにスイングトレードは利幅が大きいトレードとなりますので、たとえ勝率が低くても、損小利大の原則さえ貫いていれば、しっかりと稼ぐことができます。

スイングトレードの利幅の目安というと、150pipsから300pipsほど。損切りのラインは-20pipsから-30pipsほどとなります。

ポジションの保有期間が長いので、スイングトレードであれば100pips以上の利益を狙うことはそれほど難しくはありません。

ただし、保有期間が長いということは、ある程度の損失は許容しなければなりません。そのため、損切りのラインも、20pipsから30pipsほどと、少し高めになります。

それでも損小利大のルールを守っている限り、たとえ勝率が50%未満でも、少ない勝利で稼ぐことができる、それが利幅の大きいスイングトレードの魅力です。

3.待つこと

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を学び、損小利大になるように資金管理のルールを確立させたら、あとは待つだけです。

この待つという行為が、FXでは非常に重要になってきます。

相場の世界には、「急ぐは負け、待つは機あり」、「待つのも相場」、「相場は明日もある」など、待つことを重視する格言は多く、それだけ投資の世界では待つことが大切だと考えられています。

FXの世界では、稼げるタイミングが来るまで待てない人ほど負けます。稼げないタイミングでエントリーをしているのですから、負けて当然です。

確かにスイングトレードは、勝てば今までの負けを取り戻せるほどの大金を稼げるトレードスタイルです。しかし、意味もなく負けて良いとは言っていません。

根拠のあるトレードをした結果、負けるというのであれば、まだ改善の余地があります。しかし、なんとなく上がりそうだから、もしくは下がりそうだからエントリーしてみたなど、無根拠なトレードをしているようであれば、この先も稼ぐことはできないでしょう。

スイングトレードで稼ぎたいならば、無根拠なトレードをせず、ただひたすらエントリーのタイミングを待ってください。

スイングトレードでは、一週間ずっとエントリーをせず、チャートを見るだけでノーポジションのまま終わるなんてことは日常茶飯事レベルでよくある事です。

ただひたすら、勝てるタイミングが到来するまで待ちましょう。それができてはじめてスイングトレードでは稼げるのです。

スイングトレードのメリット!

数日から数週にわたってポジションを保有するスイングトレードには、他のトレードスタイルには無いメリットがあります。

ここではスイングトレードのメリットを2点紹介します。

  1. 1回のトレードで獲れる利幅が大きい
  2. ゆったりトレードができる

以下よりメリットについて詳しく解説します。

1.1回のトレードで獲れる利幅が大きい

まずスイングトレードのメリットというと、1回あたりに獲れる利幅の大きさがあります。

これが1日で取引が完結するデイトレードの場合、1日あたり10pipsから20pips取れれば良い方です。

為替市場というのは株などと比較すると動きが少ないマーケットであるため、変動率が低い日ともなると、まったくレートが動かず、稼げずに終わることもあります。

その点、スイングトレードは数日から数週間にわたってポジションを保有するため、時間をかけた分、デイトレーダ―では狙えないような大きな利幅で稼げるのです。

デイトレーダーが何度もトレードして稼ぐ利益を、スイングトレーダーはたった1回のトレードで稼げるだけに、スイングトレードはデイトレードほど忙しくはありません。

MEMO
デイトレードの利幅は10pips~20pipsほど、スイングトレードの利幅は150pips~300pipsほど

2.ゆったりトレードができる

じっくりポジションを寝かせてトレードをするスイングトレードの場合、デイトレードほどあくせくトレードしません。

一旦エントリーポイントを見つけてポジションを保有したら、あとは利確のタイミングが来るまで基本は放置になります。

経験を積んだ上級者ともなると、ポジションを増やしてさらに大きな利益を狙う事もできますが、初心者のうちはそのような危険は避けておきましょう。

あえてリスクを冒さずとも、思惑通りに為替レートが動けば、スイングトレードだとたった1回のトレードで大きく稼げます。

それまではゆったりと待機しましょう。

含み益が増えるまでひたすら待つこと、それがスイングトレードの極意です。

決して無理をせず、順張りトレードだけしていれば、スイングトレードでは稼げます。

MEMO
順張りとは、トレンドの方向に合わせてトレードする手法のこと。勝率が高いトレードができる。

スイングトレードのデメリット!

次にスイングトレードのデメリットについて解説します。

  1. 稼げるチャンスが少ない
  2. 重要な経済指標に巻き込まれる危険がある

以下より各デメリットについて詳しく解説します。

1.稼げるチャンスが少ない

スイングトレードは、成功すれば数回の取引で大きく稼げます。

ただし、この数回の稼げるチャンスがやってくる機会が滅多になく、ほとんどの時間をノーポジションで過ごすことが多いというデメリットがあります。

それでも稼げるチャンスが到来すれば、スイングトレードならばがっつり稼げます。

もしもこの数少ない稼げるチャンスを逃してしまうと、次の稼げるチャンスが到来するまで数週間から1ヶ月と、長期にわたって待たないといけなくなるので注意してください。

スイングトレードで稼げるチャンスというと、月に1回から2回、あれば良い方です。場合によっては全くチャンスがない月もあります。

以上のようにエントリーのチャンスが少ない手法となりますので、対策として複数の通貨ペアを常時モニタリングしておきましょう。

デイトレードと違ってスイングトレードには時間的な余裕が沢山あります。空き時間を利用して、常に複数の通貨ペアをチェックし、チャンスに備えましょう。

MEMO
スイングトレードでは、得意な通貨ペアを2つから3つほど決めておきましょう。

2.重要な経済指標に巻き込まれる危険がある

場合によっては数週間以上、ポジションを保有することがあるスイングトレードをする際には、必ず重要経済指標にも注意を払ってください。

特にアメリカの失業率と政策金利は、相場を大きく動かす重要指標なだけに警戒が必要です。

アメリカの失業率が発表されると、たった1時間程度で100pipsを超える大変動が起こることもあります。

スイングトレードでは、20pipsから30pips程度の損失ならば、いつでも取り返せます。しかし100pipsを越えるような大損失ともなると、取り戻せないです。

重要経済指標が発表されると、致命的なほどの大損失が出るリスクがあるだけに、初心者のうちは避けましょう。

どれほど影響力のある指標の発表日であろうとも、ノーポジションならば全く怖くないからです。

上級者の中には、この経済指標特有の荒波を利用して大きく稼ぐなど、ファンダメンタルズ分析を活かしたトレードをする人もいますが、これは上級者だからできる芸当です。

経済指標の読み方がわかるまでは、相場から離れた方が賢明でしょう。

スイングトレードが向く人の特徴!

ここではスイングトレードに向いている人のタイプを紹介します。

  1. ゆっくりトレードしたい人
  2. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が得意な人

以下より各タイプについて詳しく解説します。

1.ゆっくりトレードしたい人

スイングトレードはエントリーから決済までに時間のかかるトレードです。そのため、デイトレードで毎日取引に参加したいという人よりも、月に数回取引できれば良いのでゆっくりトレードしたいという人に向いています。

特に普段は仕事が忙しく、あまり熱心にチャートを見る機会がないという方ほど、ポジションを放置できるスイングトレードはおすすめです。

相場が急変した時に備えて予め逆指値注文やOCO注文などを入れておけば、万が一のことがあっても安心です。

スイングトレードをする際には、ぜひこれらの注文方法を活用しましょう。

MEMO
逆指値注文とは、指定したレートまで上がったら買い、指定したレートまで下がったら売りの注文がそれぞれ自動的に出る注文方法のこと。OCO注文とは、2つの注文を同時に出し、一方が約定すると、もう片方の注文が自動キャンセルになる注文方法のこと。どちらもスイングトレードの損切りで役に立つ

2.テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が得意な人

スイングトレードは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、両方が得意な人ほど相性の良いスタイルです。

比重としてはテクニカル分析の方が役立ちますので、初心者のうちはテクニカル分析を覚えると良いでしょう。

その上でファンダメンタルズ分析を習得すると、100pipsどころか200pips、300pipsの大きな利益を狙えるようになります。

特に重要経済指標の発表日は、相場が大きく動く一大イベント日です。ファンダメンタル分析が得意な人ほど、重要経済指標の発表日は大きく稼げる絶好のタイミングとなるでしょう。

重要経済指標の発表日は、経済カレンダーをチェックすれば、いつでも確認できます。トレードする前に、チェックしておきましょう。

スイングトレードが向かない人の特徴!

ここではスイングトレードが向かない人のタイプを解説します。

  1. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が苦手な人
  2. 感情的になりやすい人

以下より向かない人のタイプについて詳しく解説します。

1.テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が苦手な人

スイングトレードで稼ぐためには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が必須なので、両方が苦手という方は相性が悪いです。

特にテクニカル分析ができないと、エントリーのタイミングが掴めないので、稼げるチャンスを失ってしまいます。

テクニカル分析は苦手だけど、ファンダメンタルズ分析は得意という方の場合は、より長期にわたってポジションを保有するポジショントレードがおすすめです。

ファンダメンタルズ分析は苦手だけど、テクニカル分析は得意という方は、重要な経済指標やニュースなどを避けておけば、スイングトレードでも稼げるでしょう。

順番としては、まずはテクニカル分析を学び、その後でファンダメンタルズ分析を学ぶと良いでしょう。

テクニカル分析ができないとファンダメンタルズ分析を学んでも稼げないので、先にテクニカル分析の勉強をして相性を確かめておくことをおすすめします。

2.感情的になりやすい人

スイングトレードで稼ぐためには、損小利大のルールを守ること、そして損失が出たら素早く損切りできるだけの冷静な判断力が必要です。

感情的になりやすく、トレードルールを守れないという方は、スイングトレードでは稼げないです。

特に初心者の場合、まだFXは初めてということもあってか、感情のコントロールで苦戦しやすいので注意してください。

メンタルをコントロールするコツは、稼ごうと思う事を止めることです。

稼ぎたい欲に囚われている限り、感情が顕わになりやすく、かえって稼げないです。

FXで稼ぎたいなら、トレード中はルールを守ることだけを遵守してください。ルールさえ守って取引すれば、利益は後からついてきます。

稼ごうと思うと、焦りが生じやすく、かえって感情的になりやすいです。お金を稼ぐことよりも、ルールを守ることを優先してみることをおすすめします。

スイングトレードをする時に注意しておきたいポイント2つ!

ここでは初心者がFXをするにあたって注意しておきたいポイントを2つ紹介します。

  1. トレードルールを順守すること
  2. ルールを守れないなら取引を中断すること

以下より詳しく解説します。

1.トレードルールを順守すること

FX初心者は、取引をするにあたってまずトレードルールを順守することを徹底してください。

トレードルールとは、FXで稼ぐためのルールのことです。いつ、どのタイミングで、何を根拠にエントリーするのか、勝った時はいつ利確するのか、負けた時はいつ損切りをするのか、など。

トレードルールを守っている限り、たとえ負けたとしても大損することはありません。むしろ計算通りに取引が進むことで、最終的に利益を残すことができます。

トレードルールを無視すると、計算通りに事が進まず、損失を増やすことになるでしょう。

2.ルールを守れないなら取引を中断すること

もしもトレードルールを守れず、つい感情的になってしまい、ルールとは違うトレードをしてしまうようであれば、一旦取引を中断し、メンタルを休めてください。

幸い、スイングトレードは時間的な余裕があるトレードスタイルです。今すぐエントリーをする必要はなく、いくらでも休んで大丈夫です。

FXは、初心者ほど稼ぎたいと思うあまり、毎日チャートをチェックするものです。しかし、プロは違います。

経験豊富なプロほど、稼げない時はよく休み、メンタルを整えるものです。そしていざエントリーのチャンスが到来したら、万全の態勢で取引に挑みます。

休む時にしっかり休んでいるプロと、休まずに常にチャートをチェックする初心者では、メンタル面で疲労が溜まっている初心者ほど負けやすいです。

トレードルールが守れなくなるほどメンタルが疲れているのであれば、一度取引を止めて、休養を取ってください。