ストキャスティクスとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

ストキャスティクスは、FXの世界では人気のあるオシレーター系のテクニカル指標です。

今回はそんなストキャスティクスについて、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

ストキャスティクスは上級者がよく使用する実践的な指標です。習得することで、トレードの勝率に貢献するでしょう。特にデイトレードやスキャルピングのような短期売買で効果を発揮しやすい指標となります。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスとはオシレーター系のテクニカル指標のことで、特定の期間内の変動幅を参考に、どのくらい売られているのか、もしくは買われているのか、を客観的に分析できる指標です。

ストキャスティクスのラインが100%に近いほど買われ過ぎのサインとなり、0%に近いほど売られ過ぎのサインとなります。

使用すると、チャートの下部にストキャスティクスのグラフが表示されるのが一般的です。

実際に使用すると、以下のようになります。

ストキャスティクスを使用する場合、チャートのように複数のラインを使用します。それぞれのラインの位置関係を見て、現在の相場は買われ過ぎなのか、それとも売られ過ぎなのかを判断します。

ストキャスティクスはレンジ相場に強く、トレンド相場には弱い指標となりますので注意しましょう。

MEMO
ストキャスティクスを使用することで、買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎを客観的に分析可能

ストキャスティクスを使用する目的

ストキャスティクスを使用する主な目的というと、買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎのサインを見つけたい時などです。

特に、ストキャスティクスはレンジ相場との相性が良いだけに、レンジ相場でトレードをする際に利用されやすいです。

例えばレンジ相場時において、買われ過ぎのサインが出たら、今後反転して急落する可能性が高くなりますので、この買われ過ぎのサインはショートのシグナルになる、といった使い方が想定されます。

MEMO
ストキャスティクスはレンジ相場に強い

ストキャスティクスの見方

オシレーター系のストキャスティクスを使用すると、チャートの下部にストキャスティクスのグラフが表示されます。

ストキャスティクスを見ることで、まず現在のレートは売られ過ぎているのか、それとも買われ過ぎているのか、を分析することが可能です。

例えば以下のチャートの場合。

赤い四角で囲っている個所を見ると、ストキャスティクスのラインがすべて25%を下回っているので、売られ過ぎのサインとなります。

その反対で、以下のチャートの場合、買われ過ぎのサインが出ています。

青い四角で囲っている個所を見ると、ストキャスティクスが75%を越えていますので、買われ過ぎていることが見て取れます。

以上のように、ストキャスティクスのラインが大きく上昇していれば買われ過ぎのサインとなりますし、大きく下降していれば売られ過ぎのサインとなります。

この買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎのシグナルは反転の兆候ともみなされやすく、レンジ相場で使用するとトレードのサインとしても機能します。

ただし、レンジ相場は騙しも多いので、トレードをする際には細心の注意を払いましょう。

ストキャスティクスを利用したトレードの手法

ここまではストキャスティクスの見方について解説しました。ここからはストキャスティクスを利用した手法を紹介します。

ストキャスティクスの手法というと、レンジ相場での手法と、トレンド相場での手法があります。

  1. レンジ相場での手法
  2. トレンド相場での手法

以下より各手法について詳しく解説します。

1.レンジ相場での手法

ここではレンジ相場での手法を解説します。

一定のレンジ内をレートが上下に動くレンジ相場の場合、どこが天井値で、どこか底値なのかを見極める必要があります。

ストキャスティクスの買われ過ぎのサインをレンジ相場の天井値、売られ過ぎのサインを同じくレンジ相場の底値と見なすことで、売買のタイミングを掴めるようになるでしょう。

そこで今回は、レンジ相場時において、ストキャスティクスで買われ過ぎのサインが出たらショート(売)、売られ過ぎのサインが出たらロング(買)でエントリー。一定の利益が出たら決済をするというトレードルールで話を進めます。

まず以下のチャートより、買われ過ぎもしくは売られ過ぎのサインを探します。

四角で囲っている個所を見ると、ストキャスティクスのラインがすべて25%を下回っているので、売られ過ぎであることが見て取れます。

そのため、今回はロングでエントリーできるタイミングを待つことになります。

この時、売られ過ぎのサインが出たからといって、すぐにエントリーはしない方が良いです。

売られ過ぎのサインが出ている間は、レートは下落しやすく、ロングの注文をするとかえって含み損が発生するリスクがあるからです。

今回は、売られ過ぎのサインが出た後に、ストキャスティクスのラインが25%を下から上にクロスしたらロングでエントリーをする、とします。

やがて待っていると、ストキャスティクスのラインが25%を下から上に向かって越えました。ここがロングでエントリーするタイミングとなります。

その後、順調にレートは上昇。ストキャスティクスも買われ過ぎのサインが発生し、やがて75%を割ることで買われ過ぎのサインも無くなりました。今回はこれを決済のサインとします。

ちょうど138.00円付近でエントリーのサイン、144.00円付近で決済のサインが出ましたので、今回はこのレートでトレードをしたと仮定します。

すると、138.00円でエントリー、144.00円で決済をしたことになるので、600pipsもの利益を獲得できた計算になります。

これぐらい大きな利益を一回のトレードで稼ぐことができるなら、資産を倍増できる日もそれほど遠くはないでしょう。

2.トレンド相場での手法

次にトレンド相場での使用法を紹介します。

レンジ相場と違ってトレンド相場の場合、買われ過ぎもしくは売られ過ぎのサインが出ても、すぐには反発せず、そのまま大きく動く可能性が高いです。

そのため、レンジ相場と同じ手法でトレードをすると、負けやすく、大損しやすいです。

そこで今回は、上昇相場時に買われ過ぎのサインが出たらロング、下降相場時に売られ過ぎのサインが出たらショートでエントリー。一定の利益が出たら決済をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、今回はストキャスティクスと、さらにトレンドの方向をチェックするために移動平均線も併用します。

移動平均線を見ると、長期線よりも短期線と中期線が下の位置にありますので、現在は下降相場であることがわかります。

そのため、今回はショートでエントリーをするタイミングを待つことになります。

やがて待っていると、レートの急落に伴ってストキャスティクスでも売られ過ぎのサインが出ました。これがショートでエントリーをするタイミングとなります。

ちょうど147.00円付近でサインが出ていますので、今回はここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートはさらに落ち、それに伴って売られ過ぎのサインが継続して出ています。この売られ過ぎのサインが出ている最中は、まだ落ちる可能性が高いので、ポジションを継続して保有した方が良いでしょう。

やがて下降トレンドが終了し、ストキャスティクスも50%まで戻ってフラットな状態になりましたので、ここを決済のポイントとします。

レートを見ると、143.00円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、147.00円でエントリー、143.00円で決済されていますので、400pipsもの利益を獲得できた計算になります。

レンジ相場と比べてトレンド相場は騙しが少なく、勝率の高いトレードができるので、初心者向けとされています。

ストキャスティクスのデメリットやリスク、注意点

ここではストキャスティクスのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. トレンド相場に弱い
  3. 難易度が高い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

ストキャスティクスのデメリットというと、まず騙しがありますので注意しましょう。

騙しとはトレーダーを騙すような動きやサインのことで、引っかかるとトレードで負けて、損失を出すことになります。

例えばストキャスティクスの場合、買われ過ぎのサインが出たので、反転の兆候と見なし、ショートでエントリーしてみた結果、反転することなく上昇が続き、損失が出るようなケースが騙しの典型です。

特にレンジ相場は騙しが多発する相場なだけに、注意が必要です。

対策

騙しへの有効な対策は、損失が拡大する前に、損切りをすることです。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負ける事があっても、早々にポジションを決済して損切りをすれば、損失の拡大を未然に防ぐことができます。

素早く損切りをする一方で、トレードで勝った際には大きく利益を伸ばす、それが損小利大のコツです。

トレードの利益率を高めるためにも、初心者の方はテクニカル分析とは別に、損切りのやり方を習得しておきましょう。

2.トレンド相場に弱い

ストキャスティクスはレンジ相場に強い指標である一方で、トレンド相場には弱いです。

トレンド相場時になると、ストキャスティクスのラインが買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎの水準に引っ付くようになり、反転のタイミングが掴み難くなるということもあってか、経験者でないと勝つことが難しくなります。

かといってレンジ相場ならば勝てるのかというと、そのような事も無いです。そもそもレンジ相場そのものが騙しの多い相場となりますので、ストキャスティクスを習得しても、初心者のうちは勝つことが難しいでしょう。

対策

ストキャスティクスはそれ単体ではトレンド相場には不向きです。それならば、他のトレンド相場と相性が良い指標を併用して使いましょう。

テクニカル指標の中には、ストキャスティクスのようにレンジ相場向きの指標もあれば、移動平均線のようなトレンド相場向きの指標もあります。

そもそもテクニカル分析の世界において、指標は一つしか使用してはいけないなんてルールはありません。勝率が上がるのであれば、ストキャスティクスに限定せず、他の指標も合わせて使用しましょう。

それぞれの相場に合わせて、適切な指標を使用できるようになると、レンジ相場だけでなく、トレンド相場でも勝てるトレーダーへと成長できるでしょう。

3.難易度が高い

ストキャスティクスは実践的な人気指標ですが、使い方が難しく、初心者が習得するにはハードルが高いかもしれません。

特に、買われ過ぎ、売られ過ぎのサインの見極めが難しく、エントリーのタイミングを外すと騙しに引っかかって損をするリスクがあります。

もちろん、ストキャスティクスだけが指標ではありません。他にも指標があるだけに、必ずしもストキャスティクスに拘る必要はないでしょう。

もっと良い指標があるなら、そちらを使ってもらって全然構わないです。ただストキャスティクスは上級者からも人気の高い指標なので、できれば使い方は一通り覚えておいた方が良いでしょう。

対策

ストキャスティクスなどの習得が難しい指標を習いたい時は、デモ口座などを利用することをおすすめします。

実際の口座と違ってデモ口座の場合、いくらトレードで負けたとしても、損することはありません。

そのため、ストキャスティクスの使い方を習得するには、理想的な環境です。

FXはどれほど上手い人でも、最初から稼げるわけではありません。失敗を経験し、成長することで、稼げるトレーダーになれるのです。

しかし、FXの失敗は損失を意味するだけに、なかなか手が出し難いです。その点、損失が出ないデモ口座ならば、いくらでも失敗を経験できるので、トレーダーとして成長したい人におすすめです。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つであるストキャスティクスについて解説しました。

オシレーター系の指標であるストキャスティクスは、チャート上の買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎのタイミングを客観的に把握したい時に役立つ指標です。

レンジ相場で真価を発揮しやすく、デイトレードやスキャルピングで役に立ちやすいです。

他方でトレンド相場との相性が悪いなどのデメリットもあるので注意しましょう。

ストキャスティクス以外にも、指標は沢山あります。中にはトレンド相場に適した指標もあります。

FXで稼ぎたいなら、ストキャスティクスだけでなく、他の指標も合わせて習得しておきましょう。