水平フラッグとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXではチャートのパターンを読み解くことで、今後の展開を予測することができます。フラッグはそんなチャートのパターンの一つです。

今回はチャートパターンの水平フラッグとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

フラッグはトレンドラインや移動平均線と組み合わせて使用すると、より効果を発揮しやすいツールです。フラッグだけでなく、他のテクニカル指標も学ぶことをおすすめします。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

フラッグとは?

フラッグとは日本語で旗を意味する単語で、投資の世界ではチャートのパターンの一つです。

フラッグは傾きが水平か、それ以外かで、水平フラッグと上昇フラッグ、下降フラッグ、の3つの種類に分けられます。

  1. 水平フラッグ
  2. 上昇フラッグ
  3. 下降フラッグ

それぞれのフラッグを絵にすると、以下のようになります。

水平フラッグはトレンドの途中や終盤に出やすいです。他の上昇フラッグや下降フラッグもそれは同様です。

トレンドの中盤で水平フラッグが発生したような場合では、このフラッグのラインがブレイクのポイントとして機能します。

対してトレンドの終盤でフラッグが発生するようなケースでは、フラッグのラインをレートが割ると、そのままトレンドが転換しやすいです。

フラッグはエントリーや決済のタイミングとしても使用されやすく、実際のトレードでも用いやすいです。

水平フラッグだけがフラッグというわけではないので、トレードの最中には上昇フラッグや下降フラッグにも注意した方が良いでしょう。

MEMO
フラッグはトレンドの中盤や終盤に発生しやすい

フラッグを使用する目的

フラッグはトレンドの中盤や終盤に発生しやすいので、エントリーや決済のポイントを把握する上で使用されることが多いです。

例えば上昇相場中にフラッグが発生した場合、そのフラッグをエントリーのポイントとして見なすことができるでしょう。

他方で、トレンドの終盤で発生したフラッグの場合、トレンドとは逆方向にレートが動き、フラッグを割ったら、トレンド終了のサインと見なすことができます。

状況に応じてフラッグを使い分けることで、今後の戦略を練りやすくなります。

MEMO
フラッグは次のエントリー、もしくは決済のタイミングを探りたい時に役立つ

フラッグの見つけ方と線の引き方

フラッグを見つけたい場合、まずは現在の相場はどこに向かっているのか、トレンドの方向性を探ると良いでしょう。

以下のチャートの場合、移動平均線を引くと、長期戦よりも中期線や短期線が上にある状態でレートが右肩上がりに上昇していますので、上昇相場であることがわかります。

この上昇相場の中より、上昇が一段落し、調整している個所を見つけ、安値と高値それぞれに水平ラインを引きます。

この水平ラインに囲まれている個所が水平フラッグとなります。

ローソク足が水平フラッグの中におさまっている間は、動きが少なく、変動幅が少ないです。しかし、一旦水平フラッグを上に向かってローソク足が抜けると、そのまま大きく上昇しています。

実際のトレードならば、この水平フラッグを下から上に抜けたポイントをエントリーのサインとして売買することがあります。

MEMO
水平フラッグはエントリーのサインとしても機能する

フラッグを利用したトレードの使用例

ここまではフラッグの作り方を解説しました。ここからは水平フラッグを利用したトレードの一例を紹介します。

トレードの手法は、トレンドの方向性に合わせてエントリーをする順張りと、トレンドとは逆方向にエントリーをする逆張りの手法の二種類があります。

張りは騙しが少なく、勝率が高いので初心者向け。逆張りは騙しが多く、勝率が低いの上級者向け、となります。

  1. 順張り【初心者向け】
  2. 逆張り【上級者向け】

以下より各手法について詳しく解説します。

1.順張り【初心者向け】

まず順張りの手法の場合、トレンドの方向性に合わせてエントリーをしますので、上昇相場ならロング(買)、下降相場ならショート(売)でエントリーをすることになります。

トレードルールは、フラッグを作った後にローソク足がトレンドの方向にブレイクしたらエントリー、一定の含み益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず移動平均線を引いて、相場の方向性を確認します。今回はわかりやすさを優先して移動平均線を利用しましたが、実際のトレードではトレンドさえわかれば何を使用しても構いません。

トレンドの方向を知りたい場合は、自分にとって使いやすい指標を選びましょう。

今回は移動平均線が下に傾いているので、下降相場だとわかります。順張りの手でトレードをしますで、下降相場中はショートでエントリーをします。

次に、下降相場のレートの中より、トレンドが一段落してレンジ相場になっている個所を探し、ラインを引きます。

フラッグを作った後、しばらくレートは膠着状態に陥りますが、やがてレートが下に動き、ブレイクしています。ここでショートでエントリーします。

ちょうどブレイクした箇所が146.50円付近なので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは大きく下がり、144.00円を割りました。キリが良いので、ここで決済できたと仮定します。

すると、146.50円でエントリー、144.00円で決済をしたので、250pipsもの利益を得られた計算になります。

実際のトレードでは、ここまで利益が出ていれば、問題なくFXで稼げます。

トレードをする際にはどこまで含み益が出たら利確をするのか、利確のルールを事前に決めておきましょう。

2.逆張り【上級者向け】

次に、フラッグを作成後にトレンドが転換し、逆方向に動くことを前提に逆張りをする場合のトレードの手法を解説します。

逆張りですので、上昇相場ではショート(売)、下降相場ではロング(買)でエントリーします。

トレードルールは、トレンドの方向に対して逆方向にレートがフラッグのラインを割ったらエントリーをする、という前提で話を進めます。

まず、以下のチャートより移動平均線を引いて、相場の方向性を確認します。

移動平均線が右上に上がっているのと、短期線と中期線が長期線より上にあるので、ここでは上昇相場が発生していることが見て取れます。

このチャートより、上昇の勢いが落ち、膠着している箇所にラインを引き、フラッグを作成します。

水平ラインを引いてフラッグを作った後、ブレイクがあるまで待ちます。やがてレートが下のラインを割ってブレイクしました。ここがエントリーのサインとなります。

ブレイクした箇所がちょうど142.50円付近なので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは順調に落ち、141.50円を割りました。キリが良いので、ここで決済できたとします。

すると、142.50円でショートでエントリー、141.50円で決済ができたので、100pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は見事に逆張りが刺さったトレードとなりましたが、これは過去のチャートを使用しているので上手くいっただけです。

実際の逆張りのトレードでは騙しが多いので注意しましょう。

フラッグのデメリット、リスク、注意点

ここではフラッグを使用する際のデメリットやリスク、注意点などを解説します。

  1. 騙しがある
  2. フラッグ単体だと使い辛い
  3. 見つけるのが大変

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

これはフラッグに限った話ではないのですが、テクニカル分析の手法には必ず騙しがあるので注意しましょう。

騙しとは、トレーダーを失敗させるようなレートの動きのことを指します。

FXや株、CFDなどのトレードをしていると、たまにトレーダーを騙すような動きをチャートがすることがあります。

例えばフラッグの場合、水平ラインを割ってブレイクしたので、エントリーをしてみた結果、大して動かずに反転し、含み損が出る、などのパターンはまさに騙しの典型例です。

騙しに引っかかるとトレードで敗北し、含み損が発生します。

含み損を放置するとさらに被害が拡大し、最悪のケースとしてロスカットされる恐れがあります。

対策

トレードをしている限り、騙しに遭わずに売買をすることはまずできません。どれほど優秀なトレーダーでも、騙しには遭います。

しかし初心者と違ってプロの場合、たとえ騙しに遭っても大した被害にはなりません。なぜなら損切りをしているからです。

騙しへの有効な対策とは、損切りのルールを徹底させることです。

損切りのルールが徹底されているのであれば、たとえ騙しに引っかかったとしても、すぐに損切りをすることで損失を最小限に抑えることができます。

騙しに遭った時は損切りして損失を最小限に抑えつつ、トレードが上手くいった時は大きく稼ぎ、損小利大を目指しましょう。

2.フラッグ単体だと使い辛い

フラッグはそれ単体だと使い難く、トレードで活かせないです。

既に慣れているトレーダーならば、水平ラインを引くだけでトレードで勝つこともできるのでしょうが、まだ慣れていない初心者ではそれも難しいでしょう。

フラッグを使いこなすには、ある程度の基礎を習得しておく必要があります。いきなりフラッグだけを使っても、トレードは上手くいかないでしょう。

対策

フラッグを使ったトレードを検討しているのであれば、その前にまず、相場のトレンドを読み取る方法を習得しておきましょう。

例えば、トレンドラインの引き方や、移動平均線の使い方などを前もってマスターしておくと、フラッグも使いやすくなります。

トレードをする際にはフラッグだけでなく、他のテクニカル指標も一緒に利用してみましょう。

3.見つけるのが大変

フラッグは見つけようと思って見つけられるものではありません。

移動平均線などと違って、パソコンが自動的にチャート上に描いてくれる指標でもないだけに、慣れていない初心者ほどフラッグを見つけられず、トレードに活かせないです。

フラッグは常に発生する類のパターンではありません。

たとえフラッグの使い方をマスターしても、いざチャート上にフラッグが出現しないと、そのスキルは活かせないです。

対策

フラッグを探してみたものの、なかなか見つからず、トレードに活かせないという時は、諦めて別の手法を模索すると良いでしょう。

テクニカル分析の手法は世の中に多く存在します。フラッグだけが唯一の手法というわけではありません。

たとえフラッグが見つかっても、自分のトレードスタイルとの相性が悪いと思ったら、無理して使う必要はありません。

FXの手法は、意外と相性も重要です。

実際に使用してみて、利益率の高いトレードができたのであれば、それは相性の良いテクニカル指標だったということです。

その反対で、どれだけ評判の良い手法でも、稼げないのでは意味がありません。相性が悪く、稼げないのであれば、別の手法を探した方が良いでしょう。

新しい手法を試す際には、この手法は本当に稼げるのか、事前に検証し、自分との相性を確認してください。

初心者へのアドバイス

今回は水平フラッグについて解説しました。

フラッグは上昇相場や下降相場などの、トレンドが形成されている場面において役立つ指標です。

その使用方法をマスターすれば、実際のトレードで役に立つことでしょう。

ただし、フラッグは初心者からすると、少し扱いが難しいツールです。まだ相場に慣れていない初心者や未経験者の場合、もっと初歩的なところから学ぶことをおすすめします。

フラッグより先に覚えて欲しいテクニカルの指標というと、トレンドラインや移動平均線などがあります。

これらの初歩的な基礎を事前に学んでおくと、フラッグをより上手にトレードで活かせられるでしょう。