サポートラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

投資で利益を得るためには、安い時に買い、高い時に売る必要があります。それはFXも同じで、上昇相場のようなレートが上がっているタイミングで買い注文を入れれば、高確率で勝てるでしょう。

ただし、為替レートというのは常に上昇するものではありません。上昇することもあれば、時に下降することもあります。

たとえ上昇相場であっても、一時的に下落することはあります。それだけに、トレーダーは常に落ちることを想定してトレードをしなければなりません。

ただ、落ちるといっても、どこまで落ちるのでしょうか?

たとえレートが落ちることがあったとしても、ここよりも落ちることはないだろうという基準があれば、トレードがやりやすくなります。

サポートラインは、ここよりも落ちないだろうと思われる下値をチェックしたい時に役立つツールです。

今回はサポートラインとは何なのか、使用する目的や使い方などを解説します。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

サポートラインとは?

サポートラインとは、これ以上は下落しないと思われるレートの水準を線で引いたもの。

水平ラインではローソク足の安値を基準にラインを引きます。トレンドラインの場合、安値が切り上がるので、サポートラインは右肩上がりに伸びるトレンドラインになります。

MEMO
水平ラインとは横一直線のラインのこと。トレンドラインとは、トレンドの方向性に合わせて斜めに引かれた線のこと。

サポートラインは日本語で下値支持線と呼ばれており、相場の転換点として機能することもあります。

レートがサポートラインに近づくと、市場参加者の買いが増えるということもあってか、反発しやすいです。トレンドフォローをする場合、この反発が起きたタイミングで買い増しをするものです。

他方で、いざサポートラインを割ると、一気に売りが殺到しやすく、そのまま大きく下落しやすいです。逆張りを狙っているトレーダーの場合、このブレイクアウトのポイントを狙ってエントリーをするものです。

サポートラインは市場参加者が意識しやすいポイントとなりますので、レートがサポートラインに近づくと、レートも大きく動きやすいです。

MEMO
サポートラインを見ることで現在の相場の下値がどこにあるのかをチェックできる

サポートラインを引く目的とは?

サポートラインを引く目的は、現在の相場の下値をチャートで確認すること。

チャート上にサポートラインを引くことで、ここよりも下がることはないだろうと予測を立てることができます。

同時に、もしもサポートラインを割ったら、大きく下落する可能性が高いとも予測することができるので、今後のトレードの戦略が立てやすいです。

例えば、以下のチャート。

ちょうど109.20円付近で2回反発しているので、ここにサポートラインがあることがわかります。

しかし、ちょうど3回目の下落でサポートラインを割ってブレイクアウトし、為替レートは大きく下落しました。つまり、サポートラインが転換点として機能しているということです。

以上のようにサポートラインを引くことで、ローソク足が反発しやすい場所と、レートが割ると大きく下落しやすい場所を見つけることができます。

為替レートはサポートラインを中心に動いてくれるので、相場の動きを理解する上でサポートラインは参考になるでしょう。

MEMO
サポートラインを引くことで相場の今後の動きを予測しやすくなる

サポートラインの引き方

ここでは実際にサポートラインの引き方を解説します。以下は今回サポートラインを引くチャートです。

サポートラインを引くためには、まず目立っている安値を2ヶ所見つけます。

今回はレートが上昇傾向にありますので、トレンドラインとなります。

安値を二つ見つけ、トレンドラインを描くと、次のチャートのようになります。

トレンドラインは赤い線で描いています。右肩上がりに伸びているサポートラインを伸ばしていくと、ちょうどローソク足とトレンドラインがぶつかっているところで、反発が起き、再びレートが上昇しているところが確認できます。

順張りのトレード手法を実践する場合、この反発したタイミングで押し目買いをし、ロングポジションを増やすことになるでしょう。

MEMO
順張りとは、トレンドの流れに合わせてトレードをすること。上昇相場ならロング、下降相場ならショート注文をそれぞれ入れる

ここまでは、トレンドラインになる場合のサポートラインの引き方です。

次に水平線のサポートラインの引き方を解説します。

水平線を引く場合、同じ価格帯にある安値で反発している個所を探し、そこを線で結びます。

実際に水平線を引くと、次のチャートのようになります。

水平線のサポートラインを引くことで、ここより下には下がらないだろうという水準を見つけられます。

チャートを見ると、ローソク足がサポートラインを割った後に大きく下落したので、そこがブレイクアウトした場所だとわかります。

MEMO
サポートラインはブレイクアウトするまで下値の支持線として機能する

ブレイクアウトとは?

ブレイクアウトとは、サポートラインやレジスタンスラインをローソク足が抜け、そのまま大きくレートが動いた時の状態のことです。

順張りの場合は決済のポイント、逆張りの場合はエントリーのポイントとして見なされやすく、市場参加者はブレイクアウトしたポイントを注視しています。

ブレイクアウトする瞬間は注文が増えやすく、それがレートの動きに拍車をかけるのでしょう。

FXの世界ではブレイクアウトを利用した手法が多くありますので、ぜひトレードの参考にしてみましょう。

MEMO
ブレイクアウトの瞬間はレートが大きく動きやすい

サポートラインを活用した手法解説【順張り】

今まではサポートラインについて、引き方などを解説しました。ここからは、実際にサポートラインを使ったトレードの手法を、チャートを交えて解説します。

今回はサポートライン付近で反発することを前提に、押し目買いの順張りトレードをするという仮定でトレードのやり方を説明します。

以下が今回使用するチャートです。

まずチャートより、安値を2ヶ所見つけます。今回はレートが右肩上がりに上昇していますので、上昇のトレンドラインを引くことになります。ちょうど黒い四角で囲った部分が、サポートラインの安値となります。

次に、安値と安値をトレンドラインで結び、右上に伸ばします。

ローソク足がトレンドラインで反発した箇所が押し目買いのエントリーポイント、トレンドラインを割ってブレイクアウトした箇所が決済のポイントです。

エントリーポイントはオレンジ色の丸、決済のポイントは青い丸で囲ってあります。

押し目買いの部分がちょうど112.00円付近。決済の部分が112.50円付近。このレートでエントリーと決済ができたと仮定した場合、今回のトレードではだいたい50pipsほどの利益を得られた計算になります。

チャートを見ると、まだ右肩上がりに上昇していますので、もう少し待てばもっと利益を多く獲れたかもしれません。

ただ、今回は事前にトレードルールを順守する方向で売買をする前提で話を進めたので、以上のような結果となりました。

サポートラインを引いて安値の場所を把握できるようになると、押し目買いがしやすく、勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

ただし、サポートラインは絶対に勝てる手法というわけではありません。

サポートラインには騙しがあるので注意してください。

サポートラインのリスク

ここではサポートラインを使用する上で知っておきたい注意点やリスクについて紹介します。

  1. 絶対に勝てるとは限らない
  2. 騙しがある

以下より詳しく解説します。

1.絶対に勝てるとは限らない

サポートラインに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には負けるリスクがあるので注意してください。

サポートラインを引いたからといって、勝てるとは限らないです。時には思惑が外れ、損失が出る時もあります。

負ける可能性があるので、トレードをする際には必ず損切りのルールを徹底させてください。

損切りのルールさえあれば、いざ思惑を外して損失が出たとしても、最小限におさえることができます。

損失さえ少なければ、FXはいくらでも挽回できます。

負ける事があっても良いように、損切りルールを確立し、それを遵守しましょう。

2.騙しがある

サポートラインを引くと、そのライン付近でレートが反発、もしくはラインを割って大きく下落することが多いです。

ただし、これらはあくまで可能性が高いというだけであり、絶対にそのような値動きをするというわけではありません。

FXの相場は騙しが多く、時にトレーダーを惑わすような動きをすることがあります。

例えば、レートが急落することでローソク足がサポートラインを割り、落ちるかと思いきや、そのまま反転。すぐに上昇し、高騰するなどのケースがまさに騙しの典型です。

サポートラインは確かに市場参加者からの注目が高く、意識されやすいポイントです。

しかし、だからといって必ずしもサポートライン通りに市場参加者が売買をするとは限りません。

サポートラインはあくまで目安であり、絶対にその通りに動くことを保証しているわけではないのです。

為替レートが想定とは異なる動きをするなんて事はFXの世界ではよくあることです。

トレード中は騙しに引っかからないように注意しましょう。

ブレイクアウトした時の対処法

サポートラインはいつまでも続くようなものではありません。いつかはラインを下回り、ブレイクアウトする時が来るでしょう。

サポートラインを使ったトレードをする場合、ブレイクアウトが来た時、どう対処するかが重要になってきます。

この対処の方法なのですが、順張りをする場合と、逆張りをする場合とで違いがあります。

ここではそれぞれの違いと、ブレイクアウト時のトレードの方法について紹介します。

  1. 順張りの場合
  2. 逆張りの場合

以下より詳しく解説します。

1.順張りの場合

順張りとはトレンドの方向に合わせてトレードをするスタイルのことで、上昇中のサポートラインを引くようなケースではロング重視のトレードとなります。

レートが上昇する前提でサポートラインを引く場合、レートがサポートラインに近づき、そして反発する瞬間は、まさに押し目買いをするタイミングとなります。

右肩上がりにサポートラインが伸び続けている時に押し目買いをすると、そのままレートが上昇することで利益を得ることができるでしょう。

このような押し目買いで利益を稼ぐ手法の場合、ブレイクアウトの瞬間は決済をして利確をするタイミングとなります。

チャートにすると以下のような状態です。

チャートを見ると、ブレイクアウトの瞬間を決済のタイミングと見なすことで、大きくレートが下落する前に利確をし、利益を得ることに成功しています。

順張りトレードのメリットは、勝率が高いこと。デメリットは、利幅が少ないこと。

できるだけ騙しに合うことなく、堅実に稼ぎたいという方には、以上のような順張りトレードは相性が良いでしょう。

2.逆張りの場合

逆張りとは順張りとは正反対の手法のことで、現在のトレンドとは反対方向にエントリーし、利益を得る手法です。

今回のケースであれば、ロングではなく、ショートを利用して稼ぐことになります。

例えが以下のチャート。

伸びたサポートラインがローソク足にぶつかり、ブレイクアウトが発生しています。

ブレイクアウトが発生した箇所は四角で囲ってあります。

逆張りのトレード手法では、このブレイクアウトの箇所を急落のポイントと判断し、ショートを入れます。

ショートを入れた後、レートが大きく下落していることがチャートから見て取れます。この下落が大きければ大きいほど、その分だけ利益を得ることができるでしょう。

以上のように、一旦為替レートがサポートラインを割ってブレイクアウトすると、レートはそのまま大きく下落する傾向があります。この下落を利用して稼ぐ、それがサポートラインにおける逆張りの手法となります。

逆張りのメリットは、短時間で大きく稼げること。デメリットは、勝率が低いこと。

今回のチャートは上手くいきましたが、そもそもブレイクアウトしたからといって必ずしも大きく下落するとは限りません。

もしも失敗すると、儲けるどころか、大きく損をする手法となるだけに、逆張りは初心者にはおすすめではないやり方です。

逆張りは、経験豊富な上級者になってはじめて稼げる難易度の高い手法なのです。

初心者へのアドバイス

サポートラインはチャート上に線を引くだけで現在の下値を把握することができる、初心者でも簡単に扱えるツールです。

使い方をマスターすれば、初心者であってもサポートラインを利用することで、トレードで勝つこともできるでしょう。

ただし、サポートラインを実践で使いこなすには、知識だけでは不十分です。

今回は過去のチャートを使用したのでサポートラインを簡単に引くことができましたが、実際の相場ではそうもいきません。

サポートラインの基準となる安値の場所を間違えると、想定通りに相場が動かず、トレードで失敗するリスクがあります。

初心者のうちは、できるだけ沢山チャートに触れ、サポートラインを引いてみましょう。

何度も練習し、経験するで、はじめてサポートラインを使いこなすことができるのです。