ソーサートップ/ソーサーボトムとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのチャートには、これを覚えておくと次の展開が読みやすくなるチャートパターンが複数存在します。ソーサ―トップ、もしくはソーサーボトムも、そんな有名なチャートパターンの一つです。

ソーサ―ボトムは、ソーサ―トップとは反対側のパターンなので、ソーサ―トップを習得すれば自然とソーサ―ボトムも習得できるでしょう。

今回はそんなソーサ―トップとソーサ―ボトムについて、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ソーサ―トップ/ソーサ―ボトムとは?

ソーサ―トップとソーサ―ボトムは、投資におけるチャートパターンの一つです。ソーサ―とは、受け皿を意味する単語で、このチャートパターンが出るとちょうど受け皿のような形を描きます。

その特徴は、ソーサ―トップだとお皿を逆にしたような形、ソーサ―ボトムだと受け皿のような形がチャート上で形成されること。

ソーサ―トップは上昇トレンドの終盤、ソーサ―ボトムは下降トレンドの終盤で発生しやすく、トレンドの転換点として機能しやすいです。

絵にすると、以下のようになります。

ソーサ―トップの場合、まず上昇トレンドから入り、やがて平坦になり、そして落ちることでお皿を逆にしたようなチャートが出来上がります。

対してソーサ―ボトムの場合、まず下降トレンドから入り、やがて平坦になり、最後に上昇が起こることでお皿のようなチャートとなります。

MEMO
ソーサ―ボトムは上昇相場、ソーサ―ボトムは下降相場の終盤で発生しやすく、トレンドの転換点になりやすい

ソーサ―トップを見つける目的

ソーサ―トップとソーサ―ボトムは、チャートパターンの中でもかなりアバウトなパターンです。

トレードのサインとして使用するというよりも、トレンドの転換点を探したい時に役立つチャートパターンです。

過去のチャートを見て、ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムが見つかれば、そこが相場の転換点だとわかりますので、どこからどこまでが上昇相場もしくは下降相場なのかを見極めやすくなります。

トレンドフォロー系の手法を採用しているトレーダーからすると、ソーサ―トップやソーサ―ボトムは役立つ指標となってくれるでしょう。

MEMO
ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムは、トレンドの転換点を見つけたい時に役に立つ

ソーサ―トップ、ソーサ―ボトムの見つけ方

ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムは、トレンドが一段落し、レンジ相場になっている場所で見つかりやすいです。

ここではソーサ―トップとソーサ―ボトムの見つけ方をそれぞれ解説します。

まずソーサ―トップの場合。このパターンは上昇相場の終盤で発生しやすいので、上昇トレンドが一段落し、レンジ相場に移り変わっている場面を探すと見つかりやすいです。

例えば以下のチャート。

移動平均線を引くと、長期線よりも上の位置に短期線と中期線があるので、上昇相場であることがわかります。

その後、上昇相場が停滞し、レンジ相場へと変わりつつあります。ここがソーサ―トップとなります。

このまま下にレートが大きく落ちて下降トレンドへと成れば、このソーサ―トップは上昇相場から下降相場の転換点として機能していたことになるでしょう。

次にソーサ―ボトムを見つけます。

ソーサ―ボトムは下降トレンドの終盤で見つかりやすいので、まずは下降相場を探すと良いでしょう。

例えば以下のチャート。移動平均線を引くと、下降トレンドが形成されていることがわかります。

ただし、やがて下降トレンドが終盤に差し掛かり、レンジ相場へと移行。その後、上昇相場へと切り替わっているので、ここがソーサ―ボトムであることがわかります。

チャートを縮小し、ソーサ―トップとソーサ―ボトムをそれぞれの相場の転換点に描くことで、どこでトレンドが転換したのかを一目でわかるようになります。

実際に縮小したチャートでソーサ―トップとソーサ―ボトムを描くと、以下のようになります。

単純にトレンドの転換点だけを知りたいなら、ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムだけを描くと良いでしょう。しかしトレードに活かしたいのであれば、ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムを描くのと同時に、ネックラインも引くと良いでしょう。

ネックラインを引くことで、ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムを活かしたトレードを実践できるようになります。

ソーサ―トップを利用したトレードの手法

ソーサ―トップとソーサ―ボトムは、トレンドの転換点として機能しやすいです。ただし、このパターンがチャート上に出たからといって、必ずしもトレンドが転換するとは限りません。

このパターンをトレードに活かす際には、トレンドが転換する前提でトレードをする場合と、トレンドが転換しない前提でトレードをする場合の、2種類の手法が存在します。

  1. トレンドが転換する場合
  2. トレンドが転換しない場合

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.トレンドが転換する場合

まずチャート上にソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムが出た後のトレンドの転換を利用した手法を解説します。

この手法のエントリールールですが、ネックラインを引いた後にそのラインをブレイクしたらエントリー、このネックラインを割った方向に対して売買をする、とします。

決済のルールは、一定の含み益が出たら利確をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、パターンが出ている場所を見つけます。

移動平均線を引くと、上昇相場となっていますので、ソーサ―トップを見つけることになります。チャート上にソーサ―トップを描いたら、目立っている安値と安値を線で結び、水平線を引きます。

この水平線がネックラインになります。

ネックラインを引いた後、やがてレートが大きく落ち、ラインをブレイクしました。ここがエントリーのポイントとなります。今回は下落しているので、ショートでのエントリーとなります。

ブレイクした箇所が、ちょうど111.60円から111.40円付近なので、今回は111.40円でエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが落ち、一時は111.00円を割りました。キリが良いので、ここで決済できたとします。

すると、111.40円でエントリー、111.00円で決済できたとなりますので、40pipsもの利益を稼げた計算になります。

毎回、これぐらいの利益を安定的に獲れるようになれれば、FXでしっかり稼ぐことができるでしょう。

2.トレンドが転換しない場合

次に、パターンが発生後にトレンドが転換しない場合の手法を解説します。

エントリーのルールはネックラインで反転後にトップの高値、もしくはボトムの安値を割ったらブレイクしたと見なし、エントリーをする、という前提で話を進めます。

売買は、レートがブレイクした方向に合わせてエントリー。一定の含み益が出たら利確をします。

まず以下のチャートより、パターンを見つけます。

このチャートでは上昇トレンドが発生していますので、ソーサ―トップを見つけることになります。

ソーサ―トップを見つけた後、目立っている安値に水平ラインを引き、ネックラインを作成。さらに、トップの高値にも水平ラインを引きます。

2本の水平ラインを引いた後、レートの動きを見守ります。やがてネックラインでレートが反発し、そのまま上昇。高値に引いた水平ラインを割っているので、ここをブレイクした箇所と見なし、ロングでエントリーします。

ちょうど110.80円でブレイクしているのでここでエントリーしたと仮定します。

その後、順調にレートが上がり、111.00円を突破したので、ここで決済したとします。

すると、110.80円でエントリー、111.00円で決済ができたので、20pipsもの利益を得られた計算になります。

実際にトレードをする際には、どこまで含み益が出たら利確をするのか、利確のルールを徹底させておきましょう。

ソーサ―トップのデメリット、リスク、注意点

ここではソーサ―トップ、ソーサ―ボトムのデメリットやリスク、注意点などを解説します。

  1. 騙しがある
  2. 常に出るわけではない
  3. トレードでは参考になり難い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずソーサ―トップのデメリットとして、必ずしも相場が転換するとは限らず、騙しがあるというリスクがあります。

ソーサ―トップが出たからといって、絶対に上昇から下降へトレンドが転換するわけではありません。時にはハズレて、トレンドが継続することがあります。

このようなトレーダーを引っかけるような動きのことを騙しと呼びます。

もしも騙しに引っかかり、トレードをすると、無駄にポジションが増え、損失を受ける恐れがあります。トレードの際には騙しに遭わないように、注意しましょう。

対策

騙しへの対策というと、損切りがあります。

たとえ騙しに引っかかったとしても、早めに損切りをしておけば、損失の拡大を未然に防ぐことができます。

損切りはFXをするにあたって絶対に覚えておきたいスキルです。これからFXを始めるという初心者の方は、勝つための手法だけでなく、損切りのやり方も習得しておきましょう。

2.常に出るわけではない

ソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムは、よく出るパターンではありません。どちらかといえば少ない方です。

そのため、見つけたくてもなかなか見つからず、トレードに活かせないことが多いです。

頑張ってソーサ―トップを利用した手法を習得しても、パターンが出なければトレードに活かせず、稼げないです。

たとえパターンが出たとしても、それが騙しだとトレードで勝てず、損失が出るリスクがあるほどです。

対策

FXのチャートをチェックしたものの、なかなかソーサ―トップもしくはソーサ―ボトムが出現せず、稼げないという時、どうすれば良いのでしょうか?

パターンが出ないのであれば、出るまで待つのが本来であれば正解です。パターンが出ていないにも関わらず、無理にトレードをすると、高確率で負けて損失が出るだけなので控えましょう。

ただし、待てども一向に稼げないのであれば、いっそのこと別の手法に切り替えても良いでしょう。

ソーサ―トップだけがチャートパターンというわけではありません。世の中には色々なパターンがあります。

ソーサ―トップだけに拘らず、色々なパターンを学んで見ましょう。

3.トレードでは参考になり難い

ソーサ―トップとソーサ―ボトムは、トレンドの転換点として使用する分には良いのですが、リアルタイムのトレードでは活かし難いというデメリットがあります。

そもそもどこからがソーサ―トップの始まりであり、どこからが終わりなのか、その基準がわかり難く、ネックラインをどこに引けば良いのかも曖昧であるため、経験者でも扱い難いでしょう。

過去のチャートを見れば、ここにソーサ―トップがあるということは見ればわかります。しかし、リアルタイムのトレードの場合だとそうはいきません。

本当に現在の場面はトレードの転換点なのか、先の展開が見えないだけに、不安が多いトレードになりやすいです。

対策

ソーサ―トップやソーサ―ボトムを使用する際には、同時に移動平均線などのテクニカル指標を併用してみましょう。

他の指標と組み合わせることで、より精確にトレンドの転換点を見極めることができます。

ソーサ―トップやソーサ―ボトムを習得する際には、同時に他のテクニカル分析の指標も並行して学びましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はソーサ―トップとソーサ―ボトムについて、それぞれ解説しました。

この指標は、数あるチャートパターンの中でもそれほど重要性は高くはないです。ソーサ―トップやソーサ―ボトムを使ってトレードをしているという人もあまりおらず、万人向けの指標ではありません。

どちらかといえば、移動平均線やトレンドラインを使った手法を実践する際の、補助として機能しやすいパターンです。

テクニカル指標は、一つしか使ってはいけないなんてルールはありません。複数使っても構わないです。

ソーサ―トップやソーサ―ボトムだけでなく、移動平均線やトレンドライン、水平ラインなど、色々な指標を学び、トレードに活かしましょう。

参考:トレンドラインとは?初心者でも勝てる方法解説!
参考:サポートラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!
参考:レジスタンスラインとは?初心者でも勝てる方法解説!
参考:移動平均線とは?初心者でも勝てる方法解説!