損切りしてるのに稼げない!FXで損切り貧乏になる原因と解決策を解説

FXの原則は損小利大です。損失は小さく、利益は大きくなるようにトレードをすることで、最終的には稼げるトレーダーへと成長できるでしょう。

損切りは、この損小を実現する上で必須のスキルです。初心者の方ほど、まずは損切りを覚えるべきです。

損切りが出来ている限り、1回あたりのトレードで発生する損失を最小限に抑えられるので、大損しないで済みます。ただし、損切りを習得すると、今度は新たに損切り貧乏になるという悩みにぶつかるものです。

今回は損切り貧乏とは何なのか、その症状と原因、解決策、その他のポイントなどを解説します。

損切り貧乏は初心者ほどよく陥りやすい悩みの一つです。

FXを始め、損切りを実践したところ、損切り貧乏の問題に直面したせいで、稼げないという悩みを抱えている方は多くいることでしょう。

しかし解決策を学び、実践に活かせば、稼げるトレーダーへと成長できるでしょう。

損切り貧乏とは?

損切りとは含み損を抱えているポジションを決済し、損失を確定させること。その目的は損失の拡大を防ぐことです。

FXで稼ぐ上で損切りは必須のスキルなので、損切りをすること自体は悪いことではありません。むしろ積極的に損切りをするべきです。

ただし、損切りにも「良い損切り」と「悪い損切り」があるということを覚えておいてください。

良い損切りができている分には問題はありません。しかし、悪い損切りをしていると、損切り貧乏になってしまいやすく、なかなか稼げないです。

損切り貧乏とは、何度も頻繁に損切りをすることで、損失が積み重なり、利益よりも損失が多くなっている状態のことを指します。

せっかくトレードに勝って利益を得ても、それ以上の損失が出るほど多くの損切りをしていると、最終的には損失が利益を上回り、赤字になってしまいます。

MEMO
損切りをすることは悪くはない。ただし損切りし過ぎると損切り貧乏になるので稼げない

損切り貧乏の具体的な事例

テクニカル分析を学び、トレードの勝率が上がってきた。思惑通りにレートが動けば、しっかりと利益を取ることもできる、にも関わらず資産が増えていない、このような悩みを抱えている方ほど損切り貧乏になっているものです。

FXは勝てば稼げるというものではありません。たとて勝てても、それ以上の損失が出ると稼げないです。

FXで稼ぐためには、上手に勝つスキルとは別に、上手に負けるスキルも必要なのです。

例えば、デイトレードで週に100pips稼げるトレーダーがいるとします。

週100pipsの利益なら、1万通貨の取引でだいたい週あたり1万円もの利益をコンスタントに稼げるはずです。

その一方で、1回あたり10pipsの損失が出るトレードを1週間に10回繰り返すと、合計でマイナス100pipsの損失となりますので、せっかく得た100pipsの利益が損切りによって失われます。

たとえ損切りをすることで、1回あたりの損失を10pipsに抑えることに成功したとしても、損切りの回数が多すぎると、結果的に損失が増え、利益を喪失します。

なかなか稼げないという悩みを抱えている方は、過去のトレードの結果を一度チェックしてみましょう。

利益が出ている勝ちトレードの回数に対して、損失が出た負けトレードの回数の割合が多いという方は、損切り貧乏の疑いがあります。

注意
損切りの回数が勝ちトレードの回数と比べて多すぎる人は損切り貧乏の可能性が高いので注意

損切り貧乏の原因

ここでは損切り貧乏になってしまう原因について紹介します。

  1. 損切りのルールが厳しすぎる
  2. 利確が早すぎて利大が利小になっている
  3. 勘で損切りしてるor損切りのルールが曖昧

以下より詳細を解説します。

1.損切りのルールが厳しすぎる

まず損切り貧乏になる原因の一つとして、損切りのルールが厳しすぎる可能性があります。

いくらFXでは損切りが重要だからといって、あまりにも厳しいルールを敷くと、ちょっと含み損が出るだけで損切りとなりますので、損切りの回数が増えやすいです。

それどころか、損切りせずに放置すれば稼げる場面だったにも関わらず、厳しい損切りルールのせいで勝ちトレードを逃してしまうリスクもあるほどです。

例えば、エントリー後に1pipsの含み損が出たら損切りするというルールでトレードをすると、ほんの僅かな値動きが生じる度に決済して損切りをすることになるので、まず勝てないでしょう。

為替レートというのは常に上下に変動しています。たとえ上昇トレンドが発生している場面であっても、一時的に落ちることがあります。

FXで稼ぐためには、このような一時的な含み損を許容する必要があります。

損切りルールの理想は緩すぎず、厳しすぎずです。

明らかに損切りの回数が多すぎるという方は、一度損切りのルールが厳しくなっていないか、検証してみましょう。ちょっと厳しすぎるルールなら、緩めてみることをおすすめします。

MEMO
損切りルールが厳しすぎると損切りの回数が増加し、損切り貧乏になる

2.利確が早すぎて利大が利小になっている

損切り貧乏は、利確のやり方に問題がある時にも生じます。

いくら損切りが多くても、それ上回る利益が出ているのであれば、FXでは稼げます。言い方を変えると、いくら損切りが上手くても利確が下手だと損切り貧乏になるということです。

例えば、本来の実力ならば1回のトレードで20pips獲れるトレーダーがいるとします。

しかし、土壇場になると怖気づいてしまい、いつも10pips程度の含み益が出たタイミングで決済しているとなると、損小利大の利大が実現できず、損失の方が大きくなってしまうので、最終的には損切り貧乏になってしまいます。

FXは負けると大損するリスクのある世界です。それだけに、思惑通りにレートが動くと、つい安心してしまい、一刻も早く決済して利確をしたい衝動に襲われやすいです。

その気持ちは非常にわかるのですが、トレードルールを守らず、利大になるよなトレードができないと、やはり損切り貧乏になってしまうので気を付けましょう。

注意
正しく損切りが出来ても利大ができないと損切り貧乏になる

3.勘で損切りしてるor損切りのルールが曖昧

初心者が損切り貧乏になる原因の一つとして、そもそも勘で損切りしているというケースがあります。

要するに曖昧な基準で損切りしているということです。

なんとなく含み損が出たから損切りをする、これ以上損失が拡大するとマズそうだから損切りをする、といった具合で場当たり的な損切りをしている限り、損切り貧乏からは抜け出せません。

FXは勘やその場しのぎの対応で勝てるほど、易しい世界ではないです。損切りをするなら損切りをするで、なぜこのタイミングで損切りをしているのか、根拠のある損切りをしてください。

特に、トレードの結果をメモせず、記録を付けない人ほどこの傾向が高いです。

FXで稼ぎたいなら、必ず全てのトレードの記録を付けておきましょう。

記録を付けることで、はじめてトレーダーとして成長できるようになります。

注意
根拠のない損切りをすると損切り貧乏になる

損切り貧乏を放置するデメリットとリスク

損切り貧乏であり続けると、様々なデメリットやリスクが生じます。ここでは損切り貧乏を放置した場合のデメリットとリスクを紹介します。

  1. 損失が無駄に増える
  2. 利益が食い潰される

以下より詳細を解説します。

1.損失が無駄に増える

まず損切り貧乏を放置すると、する必要がないような無駄な損切りが増えるので、損失が拡大します。

一回あたりの損失は少なくて済むので、いきなり大損するリスクは低いでしょう。しかし、たとえ少額であっても損失であることに違いはありません。

塵も積もれば山となると言うように、損失も増えれば利益を圧迫するほどの大きなダメージとなります。

FXは利益が多くても、同じくらい損失が大きいと、稼げないです。

MEMO
損切り貧乏になると損失が無駄に増える

2.利益が食い潰される

FXは、トレードで勝利すれば稼ぐことができます。しかし、せっかく勝利した利益も、損切り貧乏が続くと、やがては損失で利益が相殺され、勝って得た利益をすべて食い潰すことになってしまいます。

基本的にFXというのは上がるか下がるしかありません。そのため、初心者であっても運が良ければ、大きく稼げることがあります。

しかし、せっかくの勝利も、損切り貧乏を放置すれば、利益はやがて尽きます。

損切り貧乏を改善しない限り、勝っても利益は増えず、いつまでも貧乏なままです。

MEMO
損切り貧乏だと勝っても利益は残らない

損切り貧乏の解決策

今までは損切り貧乏の症状や原因などを紹介しました。ここではその原因を踏まえて、どうやったら解決できるのか、その具体的な解決策を紹介します。

  1. 損切りのラインを最適化する
  2. 損切りのルールを明確化とその遵守
  3. 例外を作らない

以下より詳細を解説します。

1.損切りのラインを最適化する

まず損切り貧乏の対策の一環として、どこまで含み損を容認するのか、適切な損切りのラインを設定してください。

このぐらいの含み損であれば容認しても良いと言える金額を損切りラインとして設定すると良いでしょう。

損切りの適切なラインは人それぞれ個性があるので、正解はありません。

ただ目安で言うなら、スキャルピングは3pipsから5pips、デイトレードは10pipsから20pips、スイングトレードは20pipsから30pips、といったところです。

トレードスタイルごとの損切りの目安
スキャルピング 3pips~5pips
デイトレード 10pips~20pips
スイングトレード 20pips~30pips
注意
上記はあくまで目安です。絶対に正しいわけではないので、参考程度に留めてください

既にトレードスタイルを確立している経験者ならば、それぞれの自己判断で適切な損切りラインを設定してみましょう。

2.損切りのルールを明確化と遵守

まだ損切りのルールが曖昧で、普段は勘に頼って損切りをしているという方は、まずは損切りのルールを確立することから始めてください。

その場しのぎの損切りをしている限り、損切り貧乏は治らないでしょう。

ここまで含み損が出たら損切りをする、ここまでなら含み損を許容するという、明確な損切りのルールを作成してください。

損切りのルールを確立したら、あとはそのルールを順守してください。

せっかくルールを作っても、守らないのでは意味がありません。いついかなる場面であっても、損切りのルールを守ってトレードしましょう。

3.例外を作らない

損切りのルールを作り、いざトレードをすると、このようなパターンでは例外的に損切りしなくても良いのではないのか、と思えるような場面に出くわすことがあります。

例えば、2013年から2015年にかけて、米ドル/円相場は強い上昇相場に突入しました。

この時期は非常に大雑把に言うと、とりあえずロングでエントリーすれば誰でも儲かる簡単な相場でした。

確かに為替相場にはたまに、損切りせずに放置だけすれば簡単に稼げるような、いわゆる楽勝な相場が発生することがあるのは事実です。

しかし、いくらそのような相場があるからといって、損切りルールに例外を作ってしまうと、これも例外、あれも例外といった具合で、次々と例外が増えてしまう危険性があります。

次々と例外を設けてしまうと、損切りルールを破っているのと変わらない状況になってしまいます。

そもそも例外というのは滅多に訪れないものです。上述した円安相場というのは、10年に1度あるかないかという、低頻度で稀な事例です。

そういったあるかどうかわからない相場で勝つことを想定するよりも、普段からのトレードで稼ぐことを前提にした損切りルールを作りましょう。

一度このルールで損切りをすると決めたなら、そのルールを変えてはいけませんし、例外を作ってもいけません。

もしもルールを変更したいなら、それはトレードが終了した後の反省会でするべきです。少なくとも、トレード中にルールを勝手に解釈して、都合の良い行動を取ってはいけません。

FXで稼ぎたいなら、自分に対して厳しく接しましょう。

MEMO
損切りルールに例外は不要。ルールを守って損切りをすることが大事

初心者へのアドバイス

損切り貧乏というと、マイナスなイメージです。しかし、少なくとも、損切りはできていることに違いはありません。

FX初心者の場合、まずは損切りを覚えない限り、損切り貧乏にはなりません。損切りを習得してはじめて損切り貧乏という問題に直面するのです。

損切り貧乏になったということは、それは初心者から中級者へと成長している証です。

しっかりと自分のトレードスタイルに合わせた損切りのルールを確立すれば、損切り貧乏の悩みもいずれは解消できるでしょう。

損切りのやり方というのは人それぞれで、正解はありません。

一定のpips分の損失が出たら問答無用で損切りするという人もいれば、自己資金の2%分の含み損が出たら損切りをするという人もいます。テクニカル分析だけを見て損切りラインを決めるという人もいるでしょう。

以上のように、損切りのやり方そのものに関しては人それぞれなので、基本的に正解はありません。あえて正解があるとすれば、自分の価値観に合った損切りをする、それが正解です。

どのような損切りのやり方を採用するにしても、上手に負けることができなければ、それは悪い損切りになってしまいます。

FXで稼ぎたいなら、上手に負けられる損切りを実践しましょう。

この損切りルールでやると決めたら、そのルールを遵守し、常にルールを守って損切りをしてください。

たとえ自分で決めたルールだろうと、FXの世界ではルールを破ると途端に稼げなくなるものです。しかし、ルールを守ってトレードをすると、今度は稼ぎやすくなります。