SBIFXトレードとは?その特徴や口コミなどを解説!

SBIFXトレード

FX業者の中には、他のFX業者にはないような、そのFX業者ならではの独自性の強い特徴があることがあります。例えば、今回紹介するSBIFXトレードなどはまさにその典型でしょう。

SBIFXトレードは、業界でも有名な大手のFX業者であり、どこよりも少ない資金でFXを始められるFX口座としても有名です。

今回はそんなSBIFXトレードについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを解説します。

SBIFXトレードの概要

ここではSBIFXトレードの概要を、表を使用して解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.27銭(取引量による) 26通貨ペア 1通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
二重丸 丸 丸

 

SBIFXトレードの特徴

SBIFXトレードは、国内FX業者の一つで、初心者にもおすすめできるだけの総合力があるFX業者でもあります。

スプレッド、約定力、取引ツール、スワップポイントなどの項目に優れており、満足度の高いFXサービスを提供しているFX業者として高く評価されています。

特に、1通貨からトレードができるなど、少額トレードに特化しているという強みがあることで有名です。

できるだけ少額からFXを始めたい、リスクの低いトレード環境の中でFXを始めたい、などの悩みを抱えている方にほど、SBIFXトレードはおすすめでしょう。

MEMO
SBIFXトレードは、少額でのトレードに向いているFX業者

手数料

SBIFXトレードは、売買手数料無料で取引できるFX業者です。

売買手数料以外にも、口座の開設やその維持にかかる手数料などもありませんので、費用をかけることなくFXを始められます。

スプレッド

SBIFXトレードのスプレッドは、業界最狭水準の狭さとなりますので、どこよりも低コストなトレードが可能です。

特に米ドル/円のスプレッドに関して言えば、わずか0.27銭でトレードできるなど、業界でも特に狭いスプレッドを提示しています。

米ドル/円以外にも、ユーロ/円は0.49銭、ポンド/円は0.99銭、と非常にスプレッドが狭く、取引コストが低いです。

スプレッドが狭いほど、取引コストが下がるので、デイトレのような短期売買を得意とするユーザーほどSBIFXトレードは相性が良いです。

スワップポイント

SBIFXトレードのスワップポイントは、業界全体で見ると、高めです。

業界で最も高いわけではないのですが、上位に食い込めるだけの高さがあるので、高利回りな通貨ペアに投資をすればスワップポイントだけでも高額の収入を期待できるでしょう。

特にNZドル/円のスワップポイントが高く、稼ぎやすいです。

取扱通貨

SBIFXトレードの通貨ペアの取扱総数は、業界全体で見ると、平均的です。

多くもないですし、少なくもありません。FXのトレードで必要な人気通貨ペアは網羅的に取り扱っているので、普通にFXの取引をする分には特に問題はないでしょう。

マイナーな通貨に関しては、トルコリラや南アフリカランドはありますが、メキシコペソは取り扱っていないので注意が必要です。

取引ツール・スマホアプリ

SBIFXトレードの取引ツールは使いやすく、クオリティも高いということで業界でも高く評価されています。

テクニカル分析に必要なインディケーターを多数揃えていることに加えて、高速での注文が可能であるため、デイトレなどの短期売買にも適しています。

パソコン用のツールだけでなく、スマホ専用の取引ツールアプリもあり、こちらはiPhoneとAndroid、両方に対応しています。

事前にアプリをインストールしておけば、パソコンが無くても、スマホだけでFXができることでしょう。

約定力

SBIFXトレードは約定力が高く、安定したトレードができるということで高く評価されています。

ただし、高額のトレードをする場合、スプレッドが変動制になるため、状況によってはスプレッドが拡大することもあります。

極端にスプレッドが拡大することは無いでしょうが、変動制でトレードをする際には注意しましょう。

入出金

SBIFXトレードでは、クイック入金のサービスを利用することで、いつでも手数料無料でリアルタイムでの入金が可能です。

出金についても、特に手数料はかからず、無料で出金できます。

出金の依頼をした場合、だいたい翌営業日から、遅くても4営業日までに指定した金融機関へ振り込まれることでしょう。

ロスカット

SBIFXトレードでは、証拠金維持率が50%を割ると、ロスカットルールが発動し、ポジションが強制的に決済されるので注意してください。

50%を割らずとも、取引必要証拠金に不足分が発生した場合、追証が発生します。

もしも取引中に追証が発生した場合、翌営業日の取引終了の30分前までに証拠金不足を解消しないと、ポジションが強制的に決済されます。

信託保全

SBIFXトレードでは、法令に則り、顧客の資産を分別管理し、適切に保全しています。

そのため、万が一SBIFXトレードが破綻するような事があったとしても、顧客の資産は無事返還されますので、常に安心して取引に専念できます。

キャンペーン

SBIFXトレードでは、現在取引応援キャンペーンとして、最大50万円分のamazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。(2019年8月時点)

このキャンペーンは期間中に50万通貨以上の新規約定をすることを条件としています。たとえ50万通貨に届かなくても、取引量に応じてギフト券がもらえます。

SBIFXトレードのメリット・デメリット

ここではSBIFXトレードのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

SBIFXトレードのメリット

SBIFXトレードの最大の強みというと、1通貨からトレードができる事です。

一般的にFXの取引単位というと、1000通貨から1万通貨であることがほとんどで、1通貨からトレードできる国内FX業者というとSBIFXトレードのみとなります。

1通貨からトレードができるということは、それだけ安く、少ない証拠金でFXを始められることを意味します。

実際、レバレッジを25倍に設定するとして、1通貨のトレードをする場合、現在のレートですと10円もあれば問題なくトレードができることでしょう。

少額取引だとスプレッドも業界で最狭になる

SBIFXトレードのスプレッドは、取引量に応じて変化します。

取引量が1,000,001通貨を越えると、スプレッドが変動制に移行し、基準スプレッドと比べて取引コストが高くなります。

これは言い換えると、取引量が100万通貨以下の少額取引である限り、業界最狭水準の低コストなトレードが可能ということです。

SBIFXトレードの基準スプレッドは、米ドル/円だと0.27銭と、国内でもっとも狭い水準となります。

少額トレードをしている限り、どのFX業者よりも低コストなトレードができる、これもSBIFXトレードならではの強みです。

SBIFXトレードのデメリット

SBIFXトレードのデメリットは、高額トレードだとスプレッドが変動制になり、取引コストが高くなることです。

少額トレードであれば、最狭水準のスプレッドを原則固定のまま取引をすることができます。しかし、取引量が1,000,001を越えると変動制に移行し、スプレッドも拡大します。

100万通貨の取引というと、レバレッジを25倍に設定した場合、だいたい600万円から1000万円ほどの証拠金が取引に必要になります。

高額トレードをすると取引コストが増大し、スプレッドが変動制になるので不安定な取引になることがSBIFXトレードのデメリットなのです。

SBIFXトレードを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではSBIFXトレードがおすすめなユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

SBIFXトレードがおすすめなタイプというと、少額取引をしたいユーザーが該当します。他方で、高額トレードをしたい人にはおすすめできません。

  1. おすすめ:少額取引をしたい人
  2. おすすめでない:高額取引をしたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

SBIFXトレードがおすすめな人

SBIFXトレードがおすすめなユーザーのタイプは、少額トレードを希望している人です。

1通貨から取引できるSBIFXトレードならば、それこそ10円もあればFXを始められるので、取引に充てられるだけの自己資金が少ない方でも簡単にFXを始められます。

FXに必要な資金というと、一般的には10万円は必要だと言われています。しかし、これは1万通貨の取引をする場合の話であり、1000通貨であれば1万円からでも始められます。

FXに興味はあるけれど、余剰資金が少なく、トレードができないという悩みを抱えている方ほど、1通貨からトレードできるSBIFXトレードはおすすめです。

少額取引のメリットとデメリット

少額トレードとの相性が良いSBIFXトレードですが、そもそも少額トレードをするメリットとは何なのでしょうか?デメリットは無いのでしょうか?

少額取引のメリットは、必要証拠金を下げられる事と、低リスクなトレードができる事です。

デメリットは、たとえトレードで勝っても、稼げない事です。

FXで儲けるためには、取引量を増やし、高額のトレードを実践、そして勝負に勝つ必要があります。

しかし、1通貨の少額のトレードをすると、取引量が少ないため、たとえ勝ったとしても大した利益は期待できません。

他方で、少額トレードの場合、取引量が少ないので、たとえ負けたとしても損失が小さくなるというメリットがあります。

ハイリスクハイリターンで有名なFXですが、1通貨の少額取引をしている限り、ローリスクローリターンな取引ができる、ということです。

SBIFXトレードがおすすめではない人

SBIFXトレードは、取引量が100万1通貨を越えるとスプレッドが変動制になり、取引コストが拡大するので、高額トレードをやりたいユーザーとの相性が悪く、おすすめできないです。

特に、既にFXの経験を多く積んでおり、どうすればFXで稼げるのかを知っているという上級者ほど、このデメリットは大きな短所となるでしょう。

FXの魅力は短期間で高収入を稼げることです。そして、この短期間で高収入を実現するためには、取引量を増やし、高額トレードを実践する必要があります。

いくらFXといえど、取引量1000通貨以下の少額トレードでは稼げないのです。FXで高収入を狙うなら、最低でも10万通貨以上のトレードで勝つ必要があるでしょう。

取引量が増えるほど取引コストが高くなるSBIFXトレードは、高額トレードを望むユーザーにほど不利となりますので、おすすめできないのです。

高額取引のメリットとデメリット

高額トレードとの相性が悪いSBIFXトレードですが、そもそも高額取引のメリットとは何なのでしょうか?デメリットは無いのでしょうか?

高額取引のメリットは、トレードで勝てば短期間で資産を大きく増やせることです。

デメリットは、失敗すると大損しやすいことです。

高額取引はいってみれば諸刃の剣です。レバレッジをかけて通常よりも高いリスクのあるトレードができるFXは、取引量を増やせば増やすほどリスクが上がります。

もちろん、リスクが高い分、成功した時に得られるリターンも大きいです。

既にFXで稼ぐコツを掴んでいる上級者であれば、高額トレードも難なくこなせるでしょう。しかし、まだ経験の少ない初心者の場合、高額取引は資産を瞬く間に溶かしてしまう恐れのあるトレードなだけに、まだ経験の浅いうちは避けておいた方が賢明です。

SBIFXトレードの利用者の口コミ

ここではSBIFXトレードを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
34歳男性
oo
(4.0)
SBI FXトレードは手数料は安めですし、ウェブサイトが重たいということもありません。普通に使いやすく、提携銀行とのお金の出し入れも簡単なのが嬉しいです。使っていて嫌な部分は今のところ特にありません。

 

男性イメージ
37歳男性
oo
(4.0)
SBI FXトレードの最大の特徴はわずか1通貨単位から取引ができる点です。手軽な取引が可能なので、実際にお金を入れた練習も簡単に取り組めます。また、証拠金維持率が50%と高めなので取引が安全です。初心者におすすめの口座だと思います。

 

男性イメージ
49歳男性
oo
(4.0)
SBI FXトレードの魅力は、情報量が豊富に提供されている点だと感じます。投資関連情報がたくさん提供されていることに加え、投資家の方々のコラム記事がたくさん定期的に配信され、気軽な読み物としても面白いです。

 

男性イメージ
53歳男性
oo
(4.0)
SBI FXトレードの大きな特徴は少額での取引が可能で、FX初心者にとっては入門に使えます。
FX会社の多くは、証拠金で1万通貨約40,000円以上が必要ですが、SBI FXトレードは1通貨から取引出来るので4円の証拠金から始めることが出来ます。

 

男性イメージ
42歳男性
oo
(5.0)
普段からSBI FXトレードを使って少額投資をしています。投資金額は10万ほどと少ないけど、取引に必要なお金が少なくても大丈夫な仕様なので問題ないです。
負けても投資額が大金ではないため、痛みを感じにくいのが長所かなと思います。

 

女性イメージ
27歳女性
oo
(5.0)
SBI FXトレードの強みは、1円通貨単位からFXの取引ができることです。実践を通じてFXの練習をするには最適なものになります。リスクをかなり抑えることができますので、初心者には重宝します。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(5.0)
FXを手がけるにあたって、どの会社でするかを比較検討しました。最終的に、会社のステータスと専門性の点でSBI FXトレードを選択したのです。情報も豊富ですし、フォローもしっかりしていました。SBI FXトレードを選んで良かったと思っています。

 

女性イメージ
45歳女性
oo
(5.0)
SBI FXトレードは業界の中でもっともスプレッド幅が狭いことも魅力的ですが、それよりも1円通貨単位でできる方がもっと魅力を感じます。まずはリスクを最小限に抑えられるので、リスクを最小限にしたい方にはおすすめです。

 

男性イメージ
43歳男性
oo
(4.0)
FXに興味があり、評判の良さそうなSBI FXトレードでFXを初めて始めてみました。今まで株の口座を持っていて株の取り引きは経験があったのですが、FXは不安で仕方がありませんでした。SBIのFXを使って見て、システムが非常に使いやすいので満足しています。

 

男性イメージ
46歳男性
oo
(5.0)
インターネット上からの口座開設で、不安がありましたが、サポートにより丁寧に教えていただきました。
実際にSBI FXトレードの取り引きしていく上で便利な取引ツールが充実しており、分からないことはサポートにより教えていただけるのがありがたいです。

 

FX初心者へのアドバイス

今回は国内FX業者の大手であるSBIFXトレードについて、そのメリットやデメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

SBIFXトレードといえば、総合力が高く、初心者におすすめしやすいFX業者の一つです。特に、1通貨から取引ができる点などは、FXの取引経験が少ない初心者にとって、非常にありがたいメリットとなるでしょう。

少額トレードに向いているSBIFXトレードであれば、低リスクなトレードができます。

FXは、知識さえあれば誰でも稼げるというものではありません。トレードのやり方を学んだら、次は実践し、取引経験を積み、自分なりにトレーダーとして成長する必要があります。

少額トレードができるSBIFXトレードは、まさにFX初心者がトレードの練習をするにはうってつけの取引環境があります。

まだFXを始めたばかりなので、できるだけ負けても損し難いFX業者で取引の練習をしたい、そのような悩みを抱えている方ほど、1通貨から取引できるSBIFXトレードはおすすめです。