三角もちあいとは?FX初心者でも勝てる利用方法を解説!

FXのチャートを見る時、覚えておくとトレードの役に立つチャートパターンがあります。三角もちあいなどはその典型で、このパターンを知っておくと今後の相場の動向を予測しやすくなるでしょう。

今回は三角もちあいとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

三角もちあいは、トレンド相場などで効果を発揮しやすいツールです。ですので、三角もちあいを習得するのに合わせて、トレンドラインや移動平均線の使い方も覚えておくことをおすすめします。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

三角もちあいとは?

三角もちあいは投資のチャートパターンの一つです。

その特徴は、レートの変動幅が時間の経過と共に縮小し、三角状になること。

絵にすると以下のようになります。

三角もちあいが形成される場合、当初こそレートは大きく動いているものの、やがて変動幅が小さくなり、高値と安値にそれぞれ線を引くと三角状のパターンが形作られます。

最終的には三角もちあいの上下のラインをレートが割ることになるのですが、このブレイクが発生した時、レートが大きく動きやすく、エントリーのサインとしても三角もちあいは機能します。

三角もちあいは上述したような均衡型のパターンもあれば、上に向かう上昇型、下に向かう下降型、などがあります。

  1. 均衡型
  2. 上昇型
  3. 下降型

上昇型と下降型は、絵にすると以下のようになります。

経験豊富なトレーダーともなると、三角もちあいの方向を見て、次の動きを予測することができます。しかし、それは経験があればこそできる芸当です。

初心者のうちは偏見を持たず、三角もちあいが発生したら上下どちらにもブレイクする可能性があると考えておいた方が無難でしょう。

MEMO
三角もちあいが形成された後にブレイクするとレートは大きく動きやすい

三角もちあいを見つける目的

三角もちあいを見つける主な目的というと、相場の動向を予測する事や、次のエントリーのシグナルを見つけるため、など人それぞれです。

三角もちあいはトレンドの途中や終盤、レンジ相場などで見つかりやすく、発生している最中はトレードも小休止になりやすいです。

というのも、三角もちあいが発生している最中は大きな動きが見込めず、トレードをしても勝てないことがほとんどだからです。

もちろん、レンジ相場を得意とするような上級者であれば三角もちあいが発生している時間帯も稼ぎ時になるのでしょうが、初心者のうちは無理してトレードをするぐらいなら休憩した方が賢明でしょう。

初心者のうちは無理してトレードをするよりも、三角もちあいが発生した後に発生するブレイクに注目した方が良いです。

注意
初心者のうちは三角もちあいが発生している最中はトレードせず、様子見した方が良い

三角もちあいの見つけ方と作り方

三角もちあいは、トレンドの中盤や終盤、レンジ相場などで見つかりやすいです。

ここでは三角もちあいの見つけ方と、その作り方を解説します。

では実際に、以下のチャートより三角もちあいになっている場所を見つけます。

チャートを見ると、移動平均線が下がっているので、このチャートは途中より下降相場に転換していることがわかります。

下降相場なので、まずは目立っている高値と高値を線で結び、レジスタンスラインを引きます。

次に目立っている安値と安値を線で結び、三角もちあいになるようにラインを引きます。

今回形成された三角もちあいは、下に向かっているので、下降型三角もちあいであることがわかります。

三角もちあいが形成された後、どのようにエントリーをするかは各トレーダーの取引スタイルによります。

実際にトレードをする際には、どのようなトレードスタイルで売買をするのか、事前に決めておきましょう。

MEMO
三角もちあいを作ると、その後のレートの展開を読みやすくなる

三角もちあいを利用したトレードの使用例

ここまでは三角もちあいの作り方などを解説しました。ここからは、三角もちあいを利用したトレードの一例を紹介します。

今回は初心者向けの順張りの手法と、上級者向けの逆張りの手法をそれぞれチャートを使って解説します。

  1. 順張り【初心者向け】
  2. 逆張り【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張り【初心者向け】

順張りとはトレンドの方向性に合わせてエントリーをする手法のことで、勝率が高く、騙しが少ない初心者向けの手法となります。

トレンドの方向に合わせて売買をしますので、上昇相場ならロング(買)、下降相場ならショート(売)でエントリーをします。

トレードルールは、レートがトレンドの方向に向かって三角もちあいのラインを割ったらエントリー、一定の含み益が出たら利確をするという前提で今回は話を進めます。

まず以下のチャートより、トレンドの方向性を確認します。今回は移動平均線を使用します。

移動平均線を引くと、長期線が下に向かっているので、下降相場であることがわかります。このチャートにレジスタンスラインと、それに対応するラインを2本引き、三角もちあいを作ります。

三角もちあいを作った後、ラインをレートが下に向かって割るまで待ちます。やがてレートがラインを割り、ブレイクしたので、そこでエントリーをします。

今回はちょうど、78.30円付近でブレイクしましたので、そこでショートでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートは落ち、77.80円を割りました。キリが良いので、そこを決済のポイントとします。

すると、78.30円でエントリー、77.80円で決済ができましたので、50pipsもの利益を得られた計算になります。

これぐらいの利益をコンスタントに実力で稼げるようになれれば、FXでは安定した利回りが期待できるでしょう。

2.逆張り【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りはトレンドとは反対方向にエントリーをする手法であり、騙しが多く、勝率が低いので、上級者向きです。

ただし、短期間で稼げる手法のため、極めると順張りと逆張り、両方の手法で稼げるようになるので、利益率が高くなります。

逆張りの場合、トレンドとは反対方向に売買をしますので、上昇相場ならショート(売)、下降相場ならロング(買)をそれぞれ注文することになります。

トレードルールは、三角もちあいが形成後、トレンドとは逆方向にラインをレートが割ったらエントリー、一定の含み益が出たら利確をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、移動平均線を引き、トレンドの方向性を確認します。

移動平均線が下に向いているので、下降相場であることがわかります。では次に、レジスタンスラインと、それに対応するラインをそれぞれ2本引き、三角もちあいを作ります。

三角もちあいを作った後、今回は下降相場なので、レートが上に向かってラインを割るのを待ちます。

しばらくすると、レートがレジスタンスラインを割り、ブレイクしました。ここがロングでのエントリーのポイントとなります。

ブレイクした箇所がちょうど145.00円付近であるため、ここでロングでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートは上昇し、147.00円を突破しました。キリが良いので、ここで利確したとします。

すると、145.00円でエントリー、147.00円で決済ができたので、200pipsもの利益を得られた計算になります。

逆張りはいつ利確をするのか、決済の見極めのタイミングが難しく、上級者でないと利確のタイミングが遅れる恐れがあります。

逆張りにしろ順張りにしろ、トレードをする前には必ずいつ利確をするのか、決済のタイミングをルール化しておきましょう。

三角もちあいのデメリットやリスク、注意点

ここでは三角もちあいのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 見付けるのが難しい
  3. トレンドラインや水平ラインの知識が必要

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

三角もちあいのデメリットというと、まず騙しがあります。

FXのトレードをしている限り、騙しを避けることはまず不可能でしょう。どんなテクニカル分析の手法であっても、トレードし続けていれば、いずれは騙しに遭遇するものです。

騙しとはトレーダーをひっかけるようなレートの動きのこと。

例えば三角もちあいの場合。レートがラインを割ったのでブレイクしたと判断し、エントリーしてみたものの、その後に反転し、含み損が発生した、というケースなどはまさに騙しの典型例です。

もしも騙しに引っかかると、トレードで負け、損失が発生します。損失が拡大すると、最悪ロスカットされるでしょう。

対策

三角もちあいを利用したトレードをしてみた結果、もしも騙しに遭遇してしまった場合、どうするべきなのでしょうか?

騙しへの有効な対策は、損切りのルールを守ることです。

事前に損切りのルールを確立しておけば、いざ騙しに遭ったとしても怖くはありません。損切りのルールに従って決済をし、損失の拡大を未然に防ぎましょう。

損切りはFXを始めるにあたって真っ先に覚えておいて欲しい技術です。大事な資産を守るためにも、損切りのルールは徹底させてください。

2.見つけるのが難しい

三角もちあいは、見つけようと思って見つかるものではありません。そもそも三角もちあいになるようなパターンが発生しない限り、見つからないです。

経験者であれば、現在のチャートには三角もちあいは無いとすぐに判断できるでしょう。しかし、初心者の場合、三角もちあいが無い場面でも、無理をして三角もちあいを作り、誤った情報をヒントにトレードをしてしまう危険性があります。

間違った場所で三角もちあいを作っても、トレードは上手くはいかないでしょう。それどころか、失敗のリスクが増すほどです。

三角もちあいをチャート上に描く時は、本当にこの場面で良いのか、しっかりと検証してください。

対策

チャートをチェックし、探してみたものの、なかなか三角もちあいが見つからない、そのような時はいっそのこと諦めて別の手法を模索しましょう。

三角もちあいだけがテクニカル分析の手法というわけではありません。手法は他にも沢山あります。

特定の手法に固執したところで、稼げないのでは意味がありません。FXをする目的は、お金を稼ぐことです。

実際にやってみて稼げないようであれば、別の手法を探しましょう。

自分のトレードスタイルともっとも相性が良い手法が、本当の意味でおすすめの手法となります。

3.トレンドラインや水平ラインの知識が必要

三角もちあいは、既にFXのトレード経験がある人ならば、すぐに習得できるでしょう。しかし、初心者だと、そうはいきません。

まず三角もちあいは、トレンドラインや水平ラインの知識があることを前提にしているチャートパターンです。

言い換えると、これらの知識がないまま習得しても、失敗しやすく、損をするリスクがあるほどです。まだ基礎を習得していないという方は、三角もちあいよりも先にそちらを学ぶべきでしょう。

対策

まだFXの経験がない初心者の場合、三角もちあいよりも先にトレンドラインや水平ラインについて学ぶことをおすすめします。

トレンドラインや水平ラインについての知識があって、はじめて三角もちあいは役に立つチャートパターンです。

テクニカル分析の手法を学ぶためには、しっかりと基礎を学ぶ必要があります。初心者が基礎を知らずにいきなり高度なテクニックに頼ると、失敗しやすく、最悪のケースとして大事な資産を瞬く間に無くてしまう恐れがあります。

そのような事態を回避するためにも、テクニカル分析の基礎をしっかりと学びましょう。

初心者へのアドバイス

今回は三角もちあいについて解説しました。

三角もちあいは初心者にぜひ覚えて欲しいチャートパターンなのですが、ただ未経験者からすると少し難易度が高いです。

三角もちあいを勉強する前に、まずはダウ理論や水平ライン、トレンドラインなどを学び、基礎を固めておきましょう。

参考:ダウ理論とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!
参考:トレンドラインとは?初心者でも勝てる方法解説!
参考:サポートラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!
参考:レジスタンスラインとは?初心者でも勝てる方法解説!

さらに、移動平均線などのテクニカル指標を習得しておくと、より応用力のある使い方ができます。

FXは特定の手法だけ学んでおけば勝てるという世界ではありません。しっかりと基礎を勉強し、知識の土台を作りましょう。

基礎を学ぶことで、より勝率の高い手法を実践できるようになります。