ROCとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル分析の指標の中には、トレンドの強弱などを判断したい時に参考になる指標があります。ROCはまさにその典型でしょう。

今回はROCとはどんな指標なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

ROCはトレンドの転換点や強弱を見つけたい時に役立つ指標である一方で、騙しが多い指標でもあります。使用する際には、どのようなデメリットがあるのか、注意点まで把握しておきましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ROCとは?

ROCとは、過去のレートの変動率を時系列順に線で結んだグラフのことで、トレンドの強弱や相場の転換点などを分析したい時に役立つテクニカル指標です。

オシレーター系の指標となりますので、ROCのグラフはチャートの下部に表示されることが一般的です。

実際に使用すると、以下のように表示されます。

中央の0ラインから見て、ROCのラインが現在どこにあるのかで、現在のレートは買われ過ぎなのか、それとも売られ過ぎなのかを判断することができます。

この0ラインを基準に、ROCが高い位置にあれば上昇相場、低い位置にあれば下降相場と、ROCを参考にすることでトレンドの強弱などを分析することも可能です。

MEMO
ROCを使用することで、現在のレートは買われ過ぎもしくは売られ過ぎなのかを客観的に分析できる

ROCを使用する目的

ROCを使用する主な目的というと、トレンドの強弱の判断や、相場の動向、売買のポイントを探りたい時、など。

ROCのラインが今どこにあるのかをチェックすることで、現在の相場は上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかを客観的に把握できます。

さらに、0ラインをクロスした瞬間を売買のシグナルと見なすことで、エントリーと決済のタイミングを推し量ることができるでしょう。

多彩な使い方ができる反面、騙しなどが多いので注意が必要です。

MEMO
ROCが0ラインをクロスしたタイミングを売買のサインにすることでエントリーと決済のタイミングを把握できる

ROCの見方

ROCを見る際には、現在のROCのラインは0ラインから見て上にあるのか、それとも下にあるのかをチェックしてみましょう。

0ラインよりも上にあるのであれば上昇相場。0ラインよりも下にあれば下降相場と判断することができます。

チャートにすると、以下のようになります。

青い四角で囲っている個所を見ると、ROCのラインが0ラインよりも下にあります。つまり、下降相場であることがわかります。

他方で赤い四角で囲っている個所を見ると、ROCのラインが0ラインよりも高い位置にあります。つまり、上昇相場であることがわかります。

ROCのラインが0ラインを上から下にクロスすれば、上昇相場から下降相場へと切り替わったサインとなりますし、反対に下から上にクロスすれば下降相場から上昇相場へと切り替わったサインとなります。

基本的に、ROCは0ライン付近を動いている時は、変化率が低い、つまりほとんど値動きが見込めないというサインとなります。

例えば以下のチャートの場合。

四角で囲っている個所を見ると、ROCのラインが0ライン付近よりほとんど動いていません。そして、その上のチャートを見ると、こちらについもてほとんんど動きがなく、値動きの幅が狭い停滞した相場と化しています。

他方で、ROCのラインが0ラインから大きく乖離をすると、それは大きな動きが発生しているサインとなります。

このROCの乖離が大きすぎると、買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎのサインとなり、これから反転する可能性が高くなります。

例えば以下のチャートの場合。

赤い四角で囲っている個所を見ると、ROCのラインが0ラインから大きく乖離し、上昇を続けています。

これは買われ過ぎのサインとなります。やがて乖離がピークに達すると、ローソク足が反発し、急落しました。

以上のように、ROCを買われ過ぎ、売られ過ぎのサインとして見なすことで、レンジ相場でのトレードに活かすことも可能です。

ROCを利用したトレードの手法

ここまではROCの見方を解説しました。ここからはROCを利用した手法を紹介します。

ROCを利用した手法というと、トレンド相場で役立つ使い方と、レンジ相場で役立つ使い方があります。

  1. レンジ相場での使用法
  2. トレンド相場での使用法

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.レンジ相場での使用法

レンジ相場とは一定の範囲内で上下にレートが動いているような相場のことで、トレンド相場と違って方向感が掴み難いというデメリットがあります。

このようなレンジ相場で勝率の高いトレードを実践するためには、現在の相場における天井値と底値を分析する必要があります。

ROCを使用してレートの買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎを客観的に分析できるようになると、レンジ相場でも勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

ここではそんなROCの特性を利用したレンジ相場での手法を解説します。

トレードルールは、レンジ相場時において、ROCより買われ過ぎのサインが出たらショート(売)、売られ過ぎのサインが出たらロング(買)でエントリー。0ラインに戻ったら決済をする、という前提で話を進めます。

買われ過ぎのサインは、ROCが102.00を超えた時、売られ過ぎのサインはROCが98.00を割った時、と今回は仮定します。

まず以下のレンジ相場中のチャートより、サインが出ている個所を見つけます。

ROCを見ると、ラインが102.00を超えている個所があります。ここが買われ過ぎのサインとなりますので、ショートでエントリーをすることになります。

ちょうど112.50円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーしたと仮定します。

その後、一時は上昇が続きましたが、やがて急落し、ROCのラインは0ラインへ到達しました。ここが決済のポイントとなります。

111.00円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではこのレートで決済したとします。

すると、112.50円でエントリー、111.00円で決済したので、今回のトレードでは150pipsもの利益を稼げた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので簡単に勝てたように見えますが、実際のレンジ相場は騙しが多く、上級者でも勝つことが難しいです。

初心者のうちはトレンド相場から始めた方が良いでしょう。

2.トレンド相場での使用法

次にトレンド相場での使用法を解説します。

レンジ相場と違ってトレンド相場の場合、一方的な展開になりやすいので、初心者であっても勝率の高いトレードを実践しやすいです。

トレードルールは、上昇相場時に0ラインを下から上にクロスしたらロング(買)、下降相場時に0ラインを上から下にクロスしたらショートでエントリー。一定の利益が出たら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、今回はROCに加えて移動平均線を2本、短期線と長期線を引いてトレンドの方向性を確認します。

移動平均線を見ると、短期線が長期線よりも上にありますので、上昇相場中であることがわかります。

そのため、今回はロングを入れるタイミングを待つことになります。

やがて待っていると、ROCが0ラインを下から上にクロスし、ロングのサインが出ました。

ちょうど110.00円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

やがてレートは順調に上昇を続け、一時は113.00円を超えました。キリが良いので、ここで決済できたとします。

すると、110.00円でエントリー、113.00円で決済となりましたので、300pipsもの利益を稼げた計算になります。

これぐらいの利益を毎回実力で稼げることができるようになれれば、FXで資産を倍増できる日も近いでしょう。

今回紹介したトレンド相場での手法は、現在のトレンドに従う順張りの手法となりますので、比較的騙しが少ない、勝率の高いトレードができるやり方となります。

ROCのデメリット、リスク、注意点

ここではROCのデメリットとリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しが多い
  2. ROC単体だと使い辛い
  3. 売買のタイミングがわかり難い

以下より詳しく解説します。

1.騙しが多い

ROCのデメリットとして、まず騙しが多いという難点があります。

騙しといえば、トレーダーを騙すようなチャート上の動きのことで、テクニカル指標に付きものです。

基本的にどの指標を使ったところで、騙しは避けられないでしょう。その中でも、ROCは特に騙しが多いだけに、使用する際には細心の注意が求められます。

もしも騙しに引っかかってトレードで負けると、含み損が発生します。そのまま放置し、損失が拡大すれば、やがてはロスカットされるなど、最悪の事態を招くことになるでしょう。

そうなる前に、いち早く対策を講じておくことをおすすめします。

対策

騙しへの有効な対策というと、損切りがあります。

損失が拡大する前にポジションを決済して損切りをすれば、たとえ騙しに引っかかったとしても、損失を最小限に抑えられます。

ただし、いくら損失が小さいといっても、何度も連続で負け続け、損失が増えていけば、やがては利益を脅かすことになるでしょう。

ROCは騙しが多い指標なだけに、本当にこのタイミングでエントリーもしくは決済をするべきか、他の指標も交えて分析した方が良いです。

2.ROC単体だと使い辛い

ROCは騙しが多い指標ということもあってか、それ単体だとトレードで使い難いというデメリットがあります。

トレンド相場で使用するにせよ、レンジ相場で使用するにせよ、ROCだけだと本当にエントリーもしくは決済して良いのか、決定打に欠けやすく、自信のあるトレードができないです。

もちろん、経験豊富な上級者であれば、ROCのちょっとした変化を見ぬき、トレードで活かすことができるでしょう。

しかし、初心者にそこまでの技量を求めるのはハードルが高く、まずできないです。

対策

ROCはそれ単体で使用するよりも、他のテクニカル指標と併用して使用した方が効果を発揮しやすいです。

例えば今回であれば、トレンド相場でROCを使用するにあたり、あえて移動平均線の長期線と短期線を使用しました。

このように、他の指標を主役に、ROCを補助的な指標という役割で使用すると、自信のあるエントリーと決済がやりやすくなるでしょう。

3.売買のタイミングがわかり難い

トレードでROCを使用する場合、これだけだと売買のタイミングがわかり難いというデメリットがあります。

ROCの主な売買のタイミングを決めるサインというと、ROCのラインが0ラインをクロスした時が定番です。

ただ、レンジ相場のような頻繁にレートが上下に動く相場ともなると、ROCのラインもそれに合わせて頻繁に0ラインを上下にクロスし、騙しを誘発しやすくなります。

そのような事情もあってか、ROCはレンジ相場ほど売買のタイミングがわかり難くなってしまいます。

他にも、どこまでROCのラインが上がったら買われ過ぎなのか、どこまで下がったら売られ過ぎなのかを決める明確な基準もないので、レンジ相場でトレードをする際には自己裁量で判断しなければならず、初心者が活用するには難易度が高い指標です。

ROCは、よほど経験を積んだ上級者レベルでないと、使いこなすのが難しいでしょう。

対策

ROCは初心者からすると少し扱いが難しい指標かもしれません。

実際に使ってみて、上手くトレードに活かせる自信がないようであれば、無理して使う必要はないでしょう。

ROC以外にも、テクニカル指標は多くあります。中には初心者でも簡単に勝てるような、シンプルでわかりやすい指標もあります。ROCが使い難いのであれば、別の使いやすい指標を選びましょう。

テクニカル指標を選ぶにあたり、もっとも重要なポイントは、自分のトレードスタイルとの相性です。

FXなんてものは勝てれば指標は何でも良いのです。実際にテクニカル指標を使用してみて、もっとも相性の良いテクニカル指標を選びましょう。

自分にとってもっとも稼ぎやすいテクニカル指標を見つけることが、初心者の最初の課題となります。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つであるROCについて解説しました。

ROCはトレンドの強弱や相場の転換点を見つけたい時に役立つオシレーター系の指標です。トレードで用いることで、トレンドの強弱などを客観的に分析できるでしょう。

ただし、ROCは騙しが多い指標でもあります。それ単体で使用すると、騙しに引っかかりやすく、せっかく勝って得た利益を溶かしてしまうリスクがあります。

ROCはそれ単体で使用するよりも、他の指標と併用した方が真価を発揮しやすい指標です。ROCだけでなく、他の指標も併用することをおすすめします。