レバレッジで選ぶFX口座ランキング!【初心者向け選び方】

FXはレバレッジをかけることで、本来であれば大金が必要な取引を少額から始めることができます。

現在の国内のレバレッジは最大で25倍までと規制されていますので、どこのFX会社を選んでもレバレッジは最大で25倍の環境でトレードができます。

ただし、最大レバレッジが同じでも、FX会社が違えば取引できる最小金額にも違いが生じます。

今回はレバレッジをテーマにおすすめのFX口座をランキング形式で紹介します。

レバレッジを活かせるFX業者選びのポイント!

FXではレバレッジをかけることで、少額でも高額のトレードが可能になります。

例えばレバレッジを25倍に設定すると、本来であれば100万円必要なトレードを、わずか4万円で行うことができます。

高いレバレッジを設定できるFX業者ほど、より少ない資金でトレードができるので、FXでは自己資金が少なくても大きな利益を狙えます。

ただし、制限がほとんどない海外のFX業者と違って、国内FXはレバレッジを最大25倍までと規制されていますので、これより大きなレバレッジをかけることは国内ではできません。

ではどこのFX業者を選んでもレバレッジに大差はなく、違いはないのかというと、そのような事はありません。

できるだけ少額でトレードをしたいと思うのであれば、FX業者を選ぶ時、次の3点に注目しましょう。

  1. レバレッジ
  2. 取引単位
  3. 初回入金額

以下より上記の3点について詳しく解説します。

MEMO
国内FXの最大レバレッジは25倍までと規制されている

1.レバレッジ

FXの最大の魅力はレバレッジをかけられることです。レバレッジを高く設定し、運用に成功すれば、少額からであっても高額の利益を得ることができるでしょう。

もちろん、トレードに失敗すれば、大損し、大切な資産を溶かしてしまうリスクがあります。

まさにレバレッジこそが、FXをハイリスクハイリターンな取引にしている最大の要因です。

たとえリスクがあっても構わないので、トレードで大金を稼ぎたい、そのように考えているのであれば、レバレッジを高く設定できるFX業者を選びましょう。

2.取引単位

せっかくレバレッジが高いFX業者を選んでも、取引単位が大きいFX口座だと、トレードで必要な最低証拠金の額が高くなってしまいます。

これでは少額からトレードをしたいという目的を達成できません。

できるだけ少額からトレードをしたいなら、取引単位が低いFX業者がおすすめです。

FXの取引単位というと、1万通貨が一般的です。

仮に米ドル/円の現在のレートが1米ドル100円で、レバレッジを25倍に設定すると、1万通貨あたりの取引に必要な最低証拠金は4万円となります。

4万円は少額といえば少額ですが、人によっては大きな金額でもあります。取引単位が1万通貨のFX口座を選ぶと、上記の条件の場合、トレードをする度に最低でも4万円以上の資金が必要になるでしょう。

しかし、これが取引単位1000通貨のFX口座であれば、1000通貨のトレードができるので、最低証拠金を4000円まで減らせます。

より取引単位が低いFX業者であれば、さらに最低証拠金を減らせるでしょう。

できるだけ少ない資金でFXのトレードを始めたいなら、レバレッジだけでなく、取引単位にも注目しましょう。

3.初回入金額

最近のFX会社はどこも手数料無料で口座を開設できるので、お金をかけずにFXを始められます。ただし、FX業者によっては初回入金額を指定しているところもあるので注意してください。

せっかくレバレッジが高く、少額でもトレードができるFX業者を見つけたところで、初回入金額が高いとその金額が貯まるまでトレードを始めることができません。

例えば、初回入金額として最低50万円以上必要というFX業者の場合、いくら少額のトレードができるといっても、生活費とは別に余剰資金として50万円用意しなければならず、取引を始めるハードルが高いです。

FX口座を開設してみたものの、初回入金額が高く、トレードができなかった、なんて失敗をしないためにも口座開設時には初回入金額がいくらなのかをチェックしておきましょう。

おすすめは、初回入金額について特に規制がなく、少額であっても口座に入金できるFX業者です。

レバレッジで選ぶおすすめFX業者10社を比較!

ここではレバレッジをテーマに、おすすめのFX業者を10社厳選。それぞれを表を使用して比較します。

レバレッジ 取引単位 初回入金額
SBIFXトレード 25倍 二重丸 二重丸
マネーパートナーズ 25倍 二重丸 二重丸
YJFX! 25倍 丸 二重丸
FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン) 25倍 丸 二重丸
FXプライム 25倍 丸 二重丸
トレイダーズ証券(みんなのFX) 25倍 丸 二重丸
外為ジャパン 25倍 丸 二重丸
外為オンライン 25倍 丸 三角
DMM.com証券 25倍 三角 二重丸
GMOクリック証券 25倍 三角 二重丸

昔と違って現在はレバレッジの上限が25倍までと規制されているので、国内FX業者を選ぶ限り、どこのFX業者であってもレバレッジは最大で25倍までとなります。

ただし、FX業者によって取引単位や初回入金額などが違ってきますので、少額でのトレードをする際には上記3点のポイントをチェックしておきましょう。

特に取引単位は低ければ低いほど、少額のトレードができるので、可能な限り少額からトレードをしたいなら取引単位が低いFX業者を選びましょう。

取引単位が低いFX業者を選び、少額からトレードを始めれば、低リスクな取引ができるようになるので初心者でも安心です。

レバレッジで選ぶFX業者おすすめランキング!

ここではおすすめのFX業者をランキング形式で紹介します。

1位:SBIFXトレード

SBIFXトレード

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.27銭 26通貨ペア 1通貨

SBIFXトレードといえば、1通貨から取引ができる業界でも特に取引単位が低いFX業者です。

同社が提供する積立FXを利用すれば、低レバレッジによる積立投資が可能で、コツコツと資産形成をしたい人にこのサービスはおすすめです。

レバレッジを25倍に設定したハイリスクハイリターンなトレードから、低レバレッジによる安全な長期運用まで、投資スタイルの幅が広く、様々なトレードができるFX業者となります。

2位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 100通貨

マネーパートナーズは、100通貨からトレードできるなど、取引単位が特に低いFX業者です。

100通貨の取引というと、レバレッジを25倍に設定した場合、数百円もあればトレードを始めることができます。

まさに少額で低リスクな運用をしたい人におすすめのFX業者となります。

他にもスリッページがなく約定力が高い、使いやすい取引ツールがある、スプレッドが狭くて取引コストが安いなど、強みが多いFX業者でもあります。

3位:YJFX!

YJFX!

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 22通貨ペア 1000通貨

YJFX!は1000通貨からトレード可能な少額トレード向きのFX業者で、スマホアプリの「Cymo」のクオリティが高いということで評価されています。

業界最狭水準のスプレッドを提示しているので低コストなトレードが可能、約定力が高いので安定したトレードができる、などメリットが多い大手企業です。

スマホでFXをしたいという方と相性が良いFX業者です。

4位:FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXトレード・フィナンシャル

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 31通貨ペア 1000通貨

FXトレード・フィナンシャルはMT4が利用できる国内のFX業者です。

1000通貨からトレードできる、スプレッドが業界最狭水準、約定力が高いなどメリットが多く、使いやすいFX業者として評価されています。

MT4対応のFX業者の中ではトップクラスのサービスのあるFX業者であるため、MT4を利用することを検討しているユーザーにおすすめです。

5位:FXプライム

FXプライム

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.6銭 18通貨ペア 1000通貨

FXプライムは約定力が非常に高く、安定したトレードができるFX業者として有名です。

1000通貨からトレードができるので、少額から始めたい方におすすめです。取引ツールも使いやすいということで高く評価されています。

荒い相場でもスプレッドが拡大し難く、常に安定したトレードができるので、約定力のあるFX業者を探している方に特におすすめのFX業者です。

6位:トレイダーズ証券(みんなのFX)

トレイダーズ証券(みんなのFX)

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 16通貨ペア 1000通貨

トレイダーズ証券のみんなのFXといえば、米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/米ドルなどの人気通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、低コストなトレードができるFX業者です。

ただし、人気通貨ペア以外に関して言うと、それほどスプレッドが狭いわけではありません。

ハマる人にはハマりますが、ハマらない人にはハマらない、玄人向けのFX業者です。

1000通貨からトレード可能なので、少額から始めたい人にもおすすめです。

7位:外為ジャパン

外為ジャパン

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 15通貨ペア 1000通貨

外為ジャパンは1000通貨から取引できる少額トレード向けのFX業者で、スプレッドも狭いので低コストな取引ができるFX業者でもあります。

取引ツールも使いやすく、約定力も安定しているなど、デイトレをやりたいユーザー向けのFXです。

8位:外為オンライン

外為オンライン

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
1銭 24通貨ペア 1000通貨

外為オンラインは1000通貨から取引できる少額トレード向けのFX業者で、iサイクル注文によるシステムトレードができるという強みがあります。

iサイクルはリピート系のシストレです。iサイクル注文などのシステムトレードのサービスを利用すれば、自身がチャートを監視せずとも、システムが自動的に売買を行ってくれるので、負担なくトレードに従事できます。

将来的にシストレを始めることを検討している方と相性が良いFX業者です。

9位:DMM.com証券

DMM.com証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨

DMM.com証券は国内でも特に人気のあるFX業者です。

使いやすい取引ツールがある、業界最狭水準のスプレッドを提示している、約定力が高い、など総合力に優れているFX業者です。

取引単位が1万通貨からと高めですが、それ以外に関して言えば非常に使いやすいFX業者であるため、初心者におすすめです。

10位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 1万通貨

GMOクリック証券は、DMM.com証券と並んで国内でもっとも人気のある初心者向けのFX業者です。

約定力が高いので安定したトレードが可能、パソコン用だけでなくスマホ用の取引ツールも使いやすい、業界最狭水準のスプレッドなので取引コストが安い、などメリットが多いFX業者です。

取引単位が1万通貨であるため、少額トレード向けのFX業者と比べると最低証拠金が高くなりやすいです。それさえ除けば非常に使いやすいFX業者であるため、初心者向けです。

 

国内FXと海外FXの違い

FXというとハイリスクハイリターンで、失敗すると借金漬けになるというイメージを抱く人は多くいることでしょう。

しかし、昔と違って規制が進んでいる現在において、国内FXのレバレッジは最大で25倍までと非常に低く、ロスカットルールなどもあるため、借金を抱えるほどの大損を被るリスクはとても低いです。

対して海外FXの場合、日本のような厳しい規制は特にないので、業者によってはレバレッジ1000倍という、非常に高いレバレッジを設定しているところもあります。

国内FXはレバレッジが低く、海外FXはレバレッジが高いという違いがあるのです。

海外FXと違って厳しい規制が敷かれている国内FXでトレードをしている限り、よほど無茶なトレードをしない限り、安全にトレードできるでしょう。

他方で、海外のハイレバレッジなFX口座を使用する場合、負けた時のリスクが大きいので注意が必要です。

MEMO
海外FXは国内FXと比べてレバレッジが非常に高いので注意

海外FXの注意点

現在、国内FXのレバレッジは最大で25倍までと低いため、トレーダーによってはなかなか稼げず、使い辛いという意見もあります。

中にはより大きなリターンを狙って、海外のレバレッジが高いFX業者の利用を検討している人もいることでしょう。

確かに海外FX業者の高いレバレッジを利用し、トレードで成功すれば瞬く間に大金を稼げるでしょう。しかし、失敗すると一瞬で資産を溶かしてしまうリスクがあります。

レバレッジが高いということは、その分だけトレードで負けた時、損する金額も高くなることを意味します。

既にFXについて経験しているベテランならばともかく、まだトレード経験の浅い初心者のうちに高いレバレッジで取引をすることは非常に危険です。

初心者のうちはしっかりと規制されている国内の低いレバレッジから始めることをおすすめします。

低レバレッジでトレードをするメリット

レバレッジを下げると、確かに証拠金の最低額が増えるので、投資に必要な資金が多くなります。他方で、トレードによるリスクを下げられるというメリットもあります。

レバレッジを下げてトレードをすると、たとえレートが急変したとしても、ロスカットされるリスクが減るので、ポジションを長期保有しやすくなります。

FXにはスワップポイントという、ポジションを保有するだけで得られる収入があります。

たとえトレードで稼げなくても、スワップ収入で稼ぐという方法があるだけに、無理してレバレッジを上げて売買をする必要はありません。

できるだけ安全に稼ぎたいなら、レバレッジを低く設定し、スワップ収入を狙うと良いでしょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はレバレッジをテーマに、おすすめのFX業者をランキング形式で紹介しました。

現在は規制が進んでいるので、どこのFX業者を選んでもレバレッジは最大25倍までで、それ以上高く設定することはできません。

海外FXを利用すれば、25倍どころか1000倍にまでレバレッジを上げることも可能なのですが、初心者のうちはそのようなハイリスクな環境でトレードはしない方が良いでしょう。

むしろ取引単位が低く、少額からトレードできるような国内のFX業者がおすすめです。

確かに国内FXのレバレッジは25倍と規制されていますが、それでもトレードで失敗すれば損失が出ます。下手をすれば、大きく損することもあるでしょう。

FXは初心者がいきなり稼げるほど甘い世界ではありません。やり始めた当初は負けが多く、損しやすいです。

しかし、少額からトレードを始めれば、たとえ負けたとしても、少ない損失で済みます。

FXは24時間、いつでもトレードできます。まずは少額トレードで経験を積み、実力をつけてからでも遅くはありません。

まずは少額からトレードをし、どうすれば稼げるのか、FXで稼ぐためのやり方を学びましょう。