レジスタンスラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXは値上がりした時だけでなく、値下がりした時であっても稼げるチャンスのある取引です。

そのため、底値だけでなく、天井値も把握できるようになると、稼げるチャンスが倍増します。

レジスタンスラインは、現在の相場の天井値がどこにあるのかを知りたい時に役立つツールです。

今回はレジスタンスラインとは何なのか、その特徴や使用する目的、使い方、実践的な使用例、注意点、その他の覚えておきたいポイント、などを解説します。

レジスタンスラインは、サポートラインと合わせて覚えておきたいツールです。両方を覚えると、相場に対する理解が深まるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

レジスタンスラインとは?

レジスタンスライン(抵抗線)とは、これ以上レートが上がらないだろうと思われる価格帯に引かれた線のこと。

その反対で、これ以上は下がらないだろうと思われる個所に引かれたラインことをサポートラインと呼びます。

レジスタンスラインは市場参加者より注目されやすい価格帯ということもあってか、レートが上がってレジスタンスラインに近づくと売り注文が入りやすく、下方向へと反発しやすいです。

他方で、レートが上がってレジスタンスラインを突破すると、そのまま大きく上昇しやすく、相場の転換点としても用いられやすいです。

レジスタンスラインの水平線を引く場合はローソク足の高値を起点に横線を引きます。トレンドラインを引く場合は、右下に落ちる斜め線を引くことになります。

レンジ相場では水平ライン、トレンド相場ではトレンドラインとして用いることになります。

MEMO
レジスタンスラインを引くことで、現在の相場の上値を把握しやすくなる

レジスタンスラインを使用する目的とは?

レジスタンスラインを引く目的は、現在の相場の動向を把握すること。

特にレジスタンスラインのトレンドラインを引く場合、現在の相場が下降相場であることが一目瞭然となりますので、ショートを入れると勝ちやすいということがわかります。

以下は下降相場時におけるレジスタンスラインです。

レジスタンスラインが右下へと伸びているので、相場が下降していることが見て取れます。

トレンドが発生していないレンジ相場にてレジスタンスラインの水平線を引く場合は、以下のようなチャートになります。

水平線を引くことで、どこを天井値にしてレートが反発しているのかがチャートからわかるようになります。

他方で、レジスタンスラインを下から上へレートが突破したら、ブレイクアウトしたことがすぐにわかりますので、相場が動いたことをいち早く察知できます。

レジスタンスラインを引いて天井値がどこにあるかが把握できると、エントリーや決済のポイントが掴みやすくなりますので、順張り、逆張り、どちらのトレードであってもレジスタンスラインは役に立つでしょう。

レジスタンスラインは初心者が最初に覚えておきたいツールであり、上級者も利用している実践的なツールでもあります。

サポートラインとレジスタンスライン、両方の線を同時に活用すると、レンジ相場がどこにあるのかが把握しやすくなります。

以下は、レンジ相場でサポートラインとレジスタンスライン、両方を使用した場合のチャートの一例です。

上記のチャートの場合、サポートラインとレジスタンスラインとの間でレートが上下に推移していることがわかります。

やがてサポートラインを割って大きく下落したので、ローソク足が割ったポイントがブレイクアウトした場所ということがチャートから伺い知れます。

以上のように、レジスタンスラインはサポートラインと一緒に使用することで、より実践的なトレードができます。

MEMO
レジスタンスラインはサポートラインと同時に利用すると、より相場の動向を理解しやすくなる

レジスタンスラインの引き方

レジスタンスラインは現在の相場の上値、もしくは相場の反転のポイントを知りたい時に使います。

チャート上にレジスタンスラインを引くことで、レートがこれ以上は上がらないだろうと思われる天井値が一目でわかりますし、レートを割ればブレイクアウトした場所だとわかります。

線の引き方はトレンドラインと水平ラインで異なります。

  1. トレンドライン
  2. 水平ライン

以下よりそれぞれの引き方を解説します。

1.レジスタンスラインのトレンドラインの引き方

レジスタンスラインのトレンドラインは、下降相場で使用します。

線を引く場合、下降相場中の目立った高値と高値を2点見つけ、線で結び、それを伸ばします。

チャートにすると、以下のようになります。

まずチャート上より2点、高値を見つけます。

次に、高値同士を線でつなぎ、それを右下へと伸ばします。

線を伸ばし、ローソク足とラインがぶつかったポイントがブレイクした場所となります。順張りのトレードをするなら、この辺りで決済をすることになるでしょう。

トレンドラインの場合、レジスタンスラインが継続している限り、下降相場が続いていると判断できます。

レジスタンスラインがローソク足とぶつかり、線が途絶えたら、一旦下降相場は終了したと判断できます。

その後、反転して上昇するか、再び下降するかは、その場の相場の動向次第となるでしょう。

MEMO
トレンドラインの場合、レジスタンスラインが続く限り、下降相場と判断できる。ブレイクアウトしたら、下降相場は終了したと判断できる

2.レジスタンスラインの水平ライン

レジスタンスラインの水平ラインをレンジ相場で引く場合、同じ価格帯にある高値を2点見つけ、そこに水平ラインを引きます。

まずチャートより、高値を2点見つけます。

次に、高値同士を水平ラインで結び、右横に伸ばします。

今回のチャートではレジスタンスラインをレートがブレイクすることなく、3回目の上昇で反発。そのまま大きく下落しました。

実際のトレードの場合、この3度目の反発でショートを入れると、大きく稼ぐことができたでしょう。

トレンドラインの場合と違って、水平ラインの場合はレジスタンスラインを割らないケースもあるので注意しましょう。

MEMO
レジスタンスラインは必ずしもブレイクして割れるとは限らない。特に水平ラインの場合は反発した後に大きく下落することもある

レジスタンスラインのブレイクアウトとは?

ブレイクアウトとはレートがトレンドラインや水平ラインを大きく割り、そのまま大きく動く時の現象のこと。

レジスタンスラインの場合、高値に引いたラインを下から上へ大きく割り、そのまま上昇するような動きとなります。

チャートにすると以下のようになります。

当初、レジスタンスラインは右下へと伸びていますが、途中でローソク足が下から上へと値上がりすることで、ラインを割っています。

このラインを割った場所がブレイクアウトした箇所となります。

実際のトレードでは、このブレイクした瞬間をエントリー、もしくは決済のポイントとして活用します。

それはサポートラインについても同じことが言えます。

水平ラインのサポートラインとレジスタンスライン、両方を引くようなケースでは、ブレイクアウトすることで大きく相場が動くことがあるので注意してチャートをチェックしましょう。

MEMO
ブレイクアウトするとレートが大きく動きやすいので要チェック

レジスタンスラインを利用した手法

レジスタンスラインを利用した手法というと、下降中のトレンドラインを利用した順張りの手法と、ブレイクアウトを利用した逆張りの手法の二種類があります。

  1. 順張りの手法
  2. ブレイクアウトを利用した逆張りの手法

ここではそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

順張りの手法の場合、下降トレンド中のレジスタンスラインが今後も継続して右下に伸びる下降相場であることを前提に、ショート注文を入れることになります。

仮にレジスタンスラインのトレンドラインが発生中にレートがラインに近づき、反発した瞬間をエントリーのポイント、ブレイクアウトしたら決済をするというトレードルールで取引をした場合を想定して今回は手法を解説します。

まず以下のチャートより、目立つ高値を2点見つけ、レジスタンスラインを右下に向かって引きます。このトレンドラインが伸びている限り、現在の相場は下降相場であると判断できます。

次に、レートがレジスタンスライン付近で反発した箇所を見つけ、そこを戻り売りのポイントと判断し、ショート注文を入れます。青丸で囲ったポイントのうち、上の箇所がエントリーポイントです。

ちょうど111.20付近で反発しているので、今回はこのレートでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは順調に落ち、107.50円付近まで下落しました。仮にここでショートポジションを決済した場合、370pipsもの利益を得られた計算になります。

実際のトレードでは、ここまで上手くいく例は稀でしょうが、上記のようにトレードに成功すると、FXで高額の収入を得られるでしょう。

順張りのコツは、トレンドの波に逆らわないこと。下降相場ではショートを入れ、上昇相場ではロングを入れます。

順張りの手法は勝率が高く、騙しが少ないので、初心者でも稼ぎやすいというメリットがあります。

MEMO
順張りとはトレンドの方向に合わせてエントリーすること。下降相場ならショートでエントリーすると勝率が高い

2.ブレイクアウトを利用した逆張りの手法【上級者向け】

逆張りとは、トレンドとは真逆の方向にエントリーし、利益を狙うトレードの手法のことです。

逆張りは現在の相場に逆らう形でエントリーをするため、騙しが多く、勝率は低いです。しかし、成功すると、短期間で大きく稼ぐことが可能な上級者向けの手法でもあります。

レジスタンスラインでこの逆張りを実践する場合、ブレイクアウトが発生したタイミングでエントリーをすることになります。

チャートにすると以下のようになります。

まず目立った高値を見つけ、レジスタンスラインを引きます。今回は下降のトレンドラインを使用します。

次に、レジスタンスラインをレートが下から上に割り、ブレイクアウトしている個所を探します。青丸で囲った箇所がブレイクアウトした場所です。

逆張りでは、このブレイクアウトした場所でロング注文を入れます。

その後、順調にレートが上がり、含み益が出たあたりで決済をします。

今回のケースならば、ちょうど112.50円付近でエントリー、113.20円付近で決済ができているので、約70pipsの利益となります。

チャートを見ると、その後もさらにレートが上がっているので、場合によってはさらなる利益を狙って利確のタイミングを遅らせても良いでしょう。

どのタイミングで決済をするかは、各個人のトレードルール次第となります。

逆張りのトレードをする場合は、どこまで行ったら決済をするのか、利確のルールも事前に確立しておきましょう。

MEMO
トレードをする前に利確のルールを決めておくべき

レジスタンスラインの注意点と対策

ここではレジスタンスラインを使用する際の注意点を紹介します。

  1. 絶対に勝てるわけではない
  2. 騙しがある

以下より詳しく解説します。

1.絶対に勝てるわけではない

まずレジスタンスラインは絶対に勝てるツールというわけではありません。外れることもあります。

特にまだトレード経験が少ない初心者の場合、線を引く場所を間違えることで、予想を外して損失を出してしまう可能性が高いので注意してください。

対策としては、損切りと利確のルールを確立しておくこと。

特に損切りのルールは、自分の財産を守る上で必要不可欠な必須の投資のスキルです。

初心者だろうと上級者だろうと、FXのトレーダーである以上、損切りは絶対にできないといけないスキルなので、きちんと習得しておきましょう。

注意
FXのトレードでは損切りのルールは必須

2.騙しがある

今回はレジスタンスラインについて、その特徴などを解説しましたが、今回説明した通りにレートが動くとは限りません。

相場には騙しが付きものです。

レジスタンスラインの付近で反発したので、てっきりそのまま下落するかと思いきや、突然反転して高騰する、といった具合に騙されることもあるでしょう。

他方で、レジスタンスラインを割ったので急騰するかと思いきや、すぐに反転して再び暴落する、なんて事もFXの世界では起こり得ます。

トレードをしていると、何度もこのような騙しに引っかかるものです。

騙しを絶対に防ぐ対策というのは基本的にありません。

慎重に行動し、焦らずにトレードをすることが、もっとも有効な騙しへの対策でしょう。

FXは、石橋を叩いて渡るぐらいの慎重さがあった方がよく、急いで行動を起こす必要はありません。

5分前行動は社会では良い事だと思われがちですが、FXの世界では5分くらいなら遅れて行動した方が良いぐらいです。

トレードに焦るあまり、すぐにエントリーをする人は、騙しに引っかかりやすく、危険です。

レジスタンスラインを引き、エントリーのサインが出たとしても、本当にこれはエントリーして良いサインなのか一度自問自答してみてください。

少しでも危険な兆候があるようであれば、エントリーはせず、一旦見送るのも良いでしょう。

FXは、待っていれば何度でもエントリーのチャンスがやってきます。ただひたすら勝てるタイミングがやってくるのを待つ、それがFXで稼ぐコツでもあります。

MEMO
FXは待つことが大事。騙しに惑わされてはいけない

初心者へのアドバイス

FXの相場というのは、上がることもあれば、下がることもあります。

時には一年近く上昇相場が続くこともあれば、同様に一年近く下降相場が続くこともあります。

このように上がったり下がったり、はたまた動かない期間があったりと、常に同じような動きをすることはありません。

そのため、FXで勝つためには上昇相場のみならず、下降相場にも対応できるだけの知識と技能が求められます。

今回紹介したレジスタンスラインは、どちらかといえば下降相場に強いツールです。レジスタンスラインを引けば、下降相場であっても勝率の高いトレードができるでしょう。

他方で、レジスタンスラインは上昇相場では効果を発揮し難いツールです。上昇相場に強いのは、サポートラインです。

レジスタンスラインとサポートライン、両方を使いましょう。そうすることで、上昇相場と下降相場、両方の相場で勝てるトレーダーへと成長できます。