RCIとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

RCIはFXでよく使用される人気のテクニカル指標です。オシレーター系の指標となります。

今回はRCIとはどんなテクニカル指標なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

RCIはトレンド相場などで役に立つ実践的な指標です。習得することで、トレードの勝率に貢献してくれることでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

RCIとは?

RCIとはテクニカル指標の一つであり、オシレーター系でありながらトレンド系としても機能するなど、使いどころが多い優れた指標でもあります。

RCIを使用する場合、短期線と中期線、そして長期線の3本を使用するのが一般的です。

RCIのラインが100%に近づくと高値のサインとなり、-100%に近づくと安値のサインとなります。

実際にRCIを使用すると、以下のチャートのようになります。

短期線ほど現在のレートの動きに影響されやすく、激しい動きになりやすいです。

対して設定値が大きい長期線ともなると、現在のレートの動きに影響され難くなり、滑らかな動きになります。その代わり、直近の動きに対応できなくなるなどのデメリットがあります。

RCIを使用する際には、短期線と中期線、そして長期線の3本を上手に使いこなしましょう。

MEMO
RCIはオシレーター系であり、トレンド系の指標でもある

RCIを使用する目的

RCIを使用する主な目的というと、トレンドの方向性を確認したい時や、売買のタイミングを分析したい時など。

RCIはオシレーター系の指標である一方で、トレンド系の指標としても機能するという、とても便利な指標です。

長期線の動きを見ることで、現在のトレンドの方向性などを確認することができますし、短期線や中期線の位置関係を分析することで売買のタイミングを探ることも可能です。

シンプルで見やすいデザインとなっていますので、初心者でも習得しやすいでしょう。

MEMO
RCIは売買のタイミングを探りたい時に役立つ指標

RCIの見方

ここではRCIの見方を解説します。

まずRCIを使用すると、チャートの下にRCIのグラフが表示されますので、そこに注目しましょう。

RCIは人気のある指標となりますので、どこのFX会社のチャートツールであっても標準的に用意されているものです。

RCIのラインが0%よりも高い位置にある時は上昇相場、0%よりも下にある時は下降相場だとそれぞれ判断することができます。

例えば以下のチャート。

RCIのグラフを見ると、0%よりもRCIの長期線が下の位置にありますので、下降相場であることが見て取れます。

長期線は、設定値52の青いラインです。

ローソク足の動きを見ると、下降相場ということもあってか、時間の経過と共に右下へと下落しています。

トレンドを把握したい場合は、短期線や中期線よりも、長期線の位置関係を重視すると良いでしょう。

短期線は現在のレートの動きに影響されやすいため、下降相場中であっても時々0%を越えて、上昇のサインを出す時があります。

以下のチャートで言うと、四角で囲った箇所がちょうどそのポイントとなります。

このような長期線とは逆方向に短期線が動く時などは、売買のサインとして機能しやすいので注目すると良いでしょう。

RCIは、短期線、中期線、長期線の3本のラインを見比べることで、売買のタイミングを探りやすくなります。

RCIを利用したトレードの手法

ここではRCIを利用したトレードの手法を紹介します。RCIを利用した手法というと、トレンド相場向きの手法と、レンジ相場向きの手法があります。

  1. トレンド相場での手法
  2. レンジ相場での手法

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.トレンド相場での手法

まずはトレンド相場でRCIを利用したトレードの手法を解説します。

トレンド相場になると、レートは上昇もしくは下降のどちらかの一方的な展開になりやすく、今後の動きが読みやすくなります。

騙しが少なく、勝率の高いトレードができる相場でもありますので、FXはこれが初めてという人はトレンド相場から攻略すると良いでしょう。

今回はRCIを使用するにあたり、上昇相場時に短期線と中期線が0%を下から上に超えたらロング(買)、下降相場時に短期線と中期線が0%を上から下に割ったらショート(売)でエントリー。一定の利益が出たら利確をするというトレードルールで話を進めます。

相場の方向性を分析するにあたり、RCIの長期線を使用します。

まず以下のチャートより、RCIの長期線を見て相場の方向性を確認します。

青いラインのRCIの長期線を見ると、0%よりも上にありますので、現在は上昇相場であることがわかります。

ですので今回の場合、ロングでエントリーをするタイミングを待つことになります。

やがてRCIの短期線と中期線が0%のラインを下から上にクロスしました。ここがロングでエントリーをするサインとなります。

ちょうど、111.60円付近でサインが出ていますので、今回はここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートが上昇するも、勢いが無くなり、短期線が0%のラインを上から下に割りました。

レートを見ると、111.70円付近でサインが出ていますので、今回はここでポジションを決済したとします。

すると、111.60円でエントリー、111.70円で決済となりますので、10pipsもの利益となります。

デイトレードなどで、これぐらいの利益を淡々と稼げるようになれれば、FXで独り立ちできる日も近いでしょう。

2.レンジ相場での手法

次にレンジ相場時の手法を解説します。

一定の範囲内でレートが上下するレンジ相場の場合、どこに高値と安値があるのかを把握することがトレードの鍵となります。

そこで今回は、RCIの短期線が50%を越えたら高値、-50%を下回ったら安値のサインと見なしてトレードをします。

トレードルールは、レンジ相場時にRCIの短期線が高値に到達したらショート(売)、安値に到達したらロング(買)でエントリー。一定の利益が出たら決済をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、RCIが高値もしくは安値に到達している個所を見つけます。

RCIの四角で囲っている個所を見ると、短期線が-50%まで到達しています。ですので、ここが安値だとわかります。

この時のポイントなのですが、安値でロングを入れたい場合は長期線が0%より上にある時、高値でショートを入れる場合は長期線が0%よりも下にある時、に限定した方が良いでしょう。

レンジ相場は騙しが多いです。しかし、長期線の動きを参考に売買の方向を決めることで、勝率の高いトレードを実践できます。

今回のケースであれば、短期線が-50%まで落ちる一方で、長期線は依然として50%よりも上にあります。

つまり、レンジ相場といっても、RCIから見るとやや上昇の勢いのある相場となりますので、ショートを狙うよりもロングを狙った方が勝ちやすいトレードができます。

短期線が安値のサインを出している、長期線が50%よりも上にある、この二つのサインが出ていますので、この四角で囲っている個所がロングでエントリーするポイントとなります。

ちょうど112.00円付近でロングのサインが出ていますので、今回はここでエントリーしたと仮定します。

エントリー後、レートが上昇するも、やがてすぐに勢いが消失。短期線も50%を下回りましたので、これ以上は上がらないだろうと判断できます。よって、ここを決済のポイントとします。

レートを見ると、ちょうど113.70円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではここで決済したとします。

すると、112.00円でエントリー、113.70円で決済されていますので、今回のトレードの利益は170pipsとなります。

一回のトレードでここまで稼げるなら、大成功と言えるでしょう。ただし、レンジ相場は騙しが多く、初心者にはハードルが高いです。

今回は過去のチャートを使用していますので簡単に勝てたように見えますが、実際のレンジ相場は騙しが多く、上級者でも苦戦しやすいです。

レンジ相場は初心者には難しい相場です。まだ始めて間もない方の場合、トレードをするなら騙しが少ないトレンド相場の方が良いでしょう。

RCIのデメリット、リスク、注意点

ここではRCIのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しが多い
  2. レンジ相場に弱い
  3. RCI単体だと勝ち難い

以下より詳しく解説します。

1.騙しが多い

RCIを利用したトレードを実践すると、騙しに遭うことがあるので、注意してください。

騙しとは、トレーダーを引っかけるようなチャート上の動きのことです。

例えばRCIのラインがすべて50%を越えて、上昇のサインが出たのでロングでエントリーしてみた結果、いきなり急落してトレードで負けたなんてケースはまさに騙しの典型的パターンです。

騙しに引っかかるとトレードで負けますし、最悪のケースとしてロスカットされるリスクがあります。

RCIに限らず、どのテクニカル指標にも騙しはありますので、これはRCIに限ったデメリットというわけではありません。

テクニカル分析をする以上、騙しへの対策は避けられないのです。そのため、トレードの際には必ず騙しへの対策を講じておきましょう。

対策

騙しへの有効な対策は、損切りをすることです。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負けたとしても、素早くポジションを決済して損切りさえしておけば、損失が拡大しないで済みます。

トレードで負けるといっても、損失が小さいのであれば、いくらでも挽回が可能です。トレードでしっかりと勝利していけば、最終的には利益が残るでしょう。

しかし、どれほど勝率の高いトレードをしたところで、損切りができず、一回の負けトレードで大きな損失が発生すると、今まで培ってきた利益が無くなり、儲からないです。

このような失敗も、損切りさえできていれば難なく防ぐことができます。

損切りは、FXで稼ぐ上で必須のスキルです。必ず習得しておきましょう。

2.レンジ相場に弱い

RCIはオシレーター系の指標であるにも関わらず、トレンド相場に強い指標です。その反面、レンジ相場にはあまり強くなく、向かないです。

今回は参考ということでレンジ相場向けの手法を解説しましたが、実際のレンジ相場は騙しが多く、RCIだけだとレンジ相場で勝つことは難しいでしょう。

むしろトレンド相場だけに限定してRCIを使用した方が、勝率の高いトレードがしやすいほどです。

もちろん、どちらの方が勝ちやすいかは、トレーダーの相性や価値観にもよるでしょう。しかし、まだFXを始めたばかりの初心者に限定すれば、RCIをレンジ相場で使用しても勝てない可能性の方が高いでしょう。

対策

RCIを使ってレンジ相場でトレードをしてみたものの、なかなか勝てないという時は、いっそのこと諦めてレンジ相場でのトレードを避けると良いでしょう。

トレンド相場で勝てるのであれば、そこで稼げばよく、あえてレンジ相場で頑張る必要はありません。

自分にとって稼ぎやすいやり方は何なのか、しっかりと調べてみましょう。

この相場ならば勝てるという、自分の得意パターンを見つけることができたら、あとはそのパターンがハマるタイミングが来るまで待つだけです。

待つことは、FXで稼ぐ上で必要なことです。

今トレードをしても勝てないという時は、待ちましょう。勝てるタイミングが来るまで待てるようになると、無駄なトレードが減り、利益率の良いトレードができるようになります。

3.RCI単体だと勝ち難い

RCIは、それ単体だけだと売買のタイミングが把握し辛く、使い難いかもしれません。

特にレンジ相場のような、騙しの多い相場でのトレードともなると、その傾向は特に強いでしょう。

滑らかな動きをする長期線に対して、設定値が短い短期線の場合、現在のレートの動きに影響されやすく、頻繁に上下に動くものです。

時間帯によっては短期線が激しく上下に動くことで、騙しが多発することもあるでしょう。

騙しへの対策は損切りをすることなのですが、あまりにも騙しの回数が多いと、損切りだけでは間に合わない恐れがあります。

FXは、勝てるかどうかわからないのであればトレードをしない方が良いです。テクニカル分析をする際には、このタイミングならば勝てる根拠とは何なのかを常に模索してみましょう。

対策

RCI単体だと騙しが多く、なかなか勝てないという時は、他の指標と併用してみることをおすすめします。

例えば、RCIに加えて移動平均線を同時に併用すれば、二つの指標を参考にすることで、現在の相場はトレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを把握しやすくなります。

RCI単体だけだと騙しに引っかかる可能性が高いのですが、RCIと移動平均線を同時使用することで、騙しのリスクを下げることができるのです。

例えば、RCIではエントリーのサインが出ているにも関わらず、移動平均線ではサインが出ていないのであれば、それは騙しの可能性があります。

しかし、RCIだけでなく、移動平均線の方でもエントリーのサインが出ていれば、2つの指標のうち両方とも同じサインが出ているわけですから、騙しの可能性が低く、自信のあるトレードができるでしょう。

一つの指標に頼ると騙しに引っかかりやすくなりますが、二つの指標を併用すると、騙しに引っかかるリスクを軽減できます。

テクニカル分析の際には、RCIだけに頼らず、他の指標も併用してみましょう。

FX初心者向けのアドバイス

今回は人気のテクニカル指標の一つであるRCIについて解説しました。

RCIはトレーダーからの人気が高い有名な指標のため、どこのFX会社であっても標準的に使用できるものです。

種類としてはオシレーター系の指標になりますが、トレンド相場での相性が良く、使いやすいです。

騙しへの対策をしっかりと講じておけば、RCIはトレードの勝率を高めてくれる役立つ指標となってくれるでしょう。