楽天証券の楽天FXとは?その特徴や口コミなどを解説!

楽天証券

これからFX口座を開設するという時、果たしてFX業者のどこに注目するべきなのでしょうか?

FX業者といってもそれぞれで、各FX業者ごとに長所と短所が存在します。これからFXを始めるつもりなら、まずどのような強みもしくは弱みがFX業者にはあるのか、その特徴を把握しておきましょう。

今回は楽天証券の楽天FXについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを解説します。

楽天証券の楽天FXの概要

ここでは楽天証券の楽天FXについて、その概要を表を使用して解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 26通貨ペア 1000通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
丸 丸 丸

 

楽天FXの特徴

楽天証券といえば、国内でも特に有名なネット証券会社です。

株や投資信託、先物・オプション、金・プラチナ、債権など、総合的に金融商品を取り扱っているネット証券会社で、楽天FXはそんな楽天証券のFXサービスとなります。

ネット証券会社としては特に人気のある企業で、株式投資の手数料が非常に安く、さらには米国の株式にも投資ができるなど、魅力の多いネット証券会社です。

どちらかというとFXよりも株式投資に強い企業となります。実際、楽天証券は株がメインで、FXは副次的に利用しているというユーザーは多くいることでしょう。

MEMO
楽天FXは楽天証券が提供する金融商品の一つ。楽天証券は株式投資に強い

手数料

楽天FXでは取引をするにあたり、売買手数料などは特にかかりません。

株式投資と違ってFXの場合、スプレッド以外のコストは特にかからず、ほぼノーコストで売買できるでしょう。

その他、口座の開設やその維持にかかる手数料などもありませんので、誰でもお金をかけることなくコスト0円で口座を開設し、取引を始められます。

スプレッド

楽天FXのスプレッドは、業界水準でもかなり狭く、低コストなトレードが可能です。

そのスプレッドですが、米ドル/円は0.3銭、ユーロ/円は0.5銭、ユーロ/米ドルは0.4pips、ポンド/円は1.0銭、豪ドル/円は0.7銭、NZドル/円は3.9銭、となります。

NZドル/円を除き、人気のある通貨ペアはことごとくスプレッドが狭いです。ただし、それ以外の通貨ペアに関して言うと、割と広めとなりますので注意しましょう。

スワップポイント

楽天証券のスワップポイントは、業界全体で見ると、普通といったところです。

悪くはないのですが、ただ楽天証券よりもスワップポイントが高いFX業者は他にいくらでもありますので、楽天FXのスワップが特別高いということはないです。

取扱通貨

楽天FXの通貨ペアの取扱総数は、業界全体で見ると、平均的といったところです。

米ドルやユーロ、ポンド、豪ドル、などの人気通貨に関しては網羅的に取り扱っているので、普通にFXをする分には不自由はないでしょう。

マイナー通貨に関しても、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソ、などの人気通貨が取り扱われているので、いつでもこれらのマイナー通貨を対象にトレードできます。

取引ツール・スマホアプリ

楽天FXではPCツールだけでなく、スマホ用の取引アプリもあります。

取引ツールはシンプルで見やすい画面であることに加えて、即座に注文ができるなど高速性に優れており、デイトレードなどがやりやすいです。

スマートフォン向けのアプリである「iSPEED FX」も画面が見やすく、操作性に優れた代物となります。

楽天FXは、MT4に対応しているネット証券企業であるため、EAによる自動売買も可能です。

ただし、MT4を使用する場合は、スプレッドが通常とは異なるので注意が必要です。

約定力

楽天FXの約定力は、可もなく不可もなく、普通といったところです。

スイングトレードやポジショントレードのような、ポジションの保有期間が長いトレードスタイルであれば約定力についてはそれほど気にはならないでしょう。

ただし、相場が荒れる時にスプレッドが拡大しやすいなどの意見もありますので、デイトレなどの短期売買をする際には注意が必要でしょう。

入出金

楽天証券では、リアルタイムでいつでも無料で入金ができるリアルタイム入金サービスがあります。

特に、楽天銀行の口座を保有しているユーザーであれば、より簡単に入金ができるので、楽天銀行の口座を保有しているユーザーほど楽天証券との相性は良いです。

出金に関しても特に手数料はかからず、簡単に出金ができます。

出金の指示をした場合、早ければその日のうちに、遅くても翌営業日までに指定した金融機関に出金した金額が振り込まれることでしょう。

ロスカット

楽天FXのロスカットの水準は、設定するレバレッジによって異なるので注意が必要です。

レバレッジ25倍のスタンダード25倍コースの場合、50~95%の範囲内で任意で設定できます。

レバレッジ10倍だと40%~95%、レバレッジ5倍だと20%~95%、レバレッジ2倍なら20%~95%、レバレッジ1倍なら20%~95%と、それぞれの範囲内で任意でロスカットの水準を設定できます。

ロスカットの水準を任意で決められるというのは、他社にはない楽天FXの強みでしょう。

信託保全

楽天証券では法令に則り、顧客の資産を分別管理し、適切に保全しています。

そのため、万が一楽天証券が破綻することがあったとしても、顧客の資産は無事返還されますので、常に安心して取引に専念できます。

キャンペーン

楽天FXでは現在、抽選で最大10万ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。(2019年8月時点)

さらに、エントリー後に新規取引を1回以上するだけでも、200ポイントもらえるキャンペーンが実施されています。

楽天FXのメリット・デメリット

ここでは楽天FXのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

楽天FXのメリット

楽天FXのメリットというと、MT4を使用したトレードができることでしょう。

そもそも楽天証券は株式投資がメインのネット証券会社ということもあってか、FX単体で見るとそれほど魅力があるわけではありません。

ただし、MT4を使用できるという強みがあるだけに、MT4を利用したいユーザーや、EAを使用した自動売買をやりたいユーザーとの親和性が高いです。

国内のFX業者でMT4に対応しているところの数はそれほど多くはなく、楽天証券はそんな数が少ない貴重なMT4対応のネット証券会社なのです。

楽天ポイントを有効活用できる

楽天FXは楽天証券のFXサービスということもあってか、口座を開設すると楽天ポイントがもらえるなど、嬉しい特典があります。

他にも、楽天証券では楽天スーパーポイントを使用してポイント投資ができるなど、楽天で貯まったポイントを有効活用することができます。

既に楽天のポイントを大量に保有しているユーザーの場合、お金をかけずに投資ができるというメリットが楽天証券にはあるのです。

楽天FXのデメリット

楽天FXのデメリットは、利用したくなるような魅力がないところです。

スプレッドが業界で最も狭いわけではないですし、スワップポイントも高くはないです。約定力に関しても取り立てて高いわけではなないので、FXの取引をやりたい人からすると魅力に乏しいです。

FXサービスとしての総合力そのものは悪くはないのですが、これといって強みがないので、本格的にFXをやりたいというユーザーからすると楽天FXのサービスは物足りないかもしれません。

楽天FXを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここでは楽天FXがおすすめなユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

楽天FXがおすすめなユーザーというとMT4を使用したい人が該当します。他方で、本格的にFXのデイトレをやりたいというユーザーにはおすすめではないです。

  1. MT4を使用したい人
  2. 本格的にデイトレをやりたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

楽天FXがおすすめな人

楽天FXはMT4に対応しているので、MT4を使用したトレードをやりたいユーザーにおすすめです。

MT4を使用すると、より高精度なテクニカル分析ができる他、EAを使用した自動売買ができるなど、MT4ならではの恩恵に与ることができます。

現在はMT4を使用していなくても、将来的にMT4を使ったトレードをする予定があるというユーザーにもおすすめでしょう。

楽天FXがおすすめではない人

楽天FXは本格的にデイトレをやりたい人にはおすすめではないです。

確かにスプレッドについては業界では狭い方なので、低コストな取引が可能なのですが、他方で約定力についてはそれほど強いわけではないので、デイトレやスキャルピングなどの短期売買をやりたいユーザーからすると不安があります。

約定力が安定していないと、注文を出しても狙い通りのレートで約定できなかったり、場合によっては約定が拒否されることもあるので、リスクの高いトレードとなります。

他にも、大事な場面でスプレッドが拡大し、不利なレートを強いられるリスクがあるだけに、安心して短期売買をするには約定力の高さが不可欠です。

デイトレなどの短期売買をするなら、約定力が高く、常に安定したトレードができるFX業者が良いでしょう。

スワップが低いの長期投資にも向いていない

楽天FXのスワップポイントはそれほど高くはないので、長期投資でインカムゲインを稼ぎたいというユーザーとの相性が悪く、おすすめではないです。

FXの場合、スワップポイントは毎日もらえるので、高スワップが期待できるFX業者ほど長期投資との相性が良いです。

楽天FXよりもスワップポイントが高いFX業者は他にいくらでもあるだけに、長期投資をするのであれば別のスワップポイントが高いFX業者の方がおすすめとなるでしょう。

楽天FXの利用者の口コミ

ここでは楽天FXを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
37歳男性
oo
(4.0)
楽天FXでFX専用口座を開設して、FX取引を行なっています。楽天証券でもともと口座を持っていたので、FX専用口座開設は短時間でできました。投資関連情報を手軽に入手出来て便利です。

 

男性イメージ
57歳男性
oo
(2.0)
FX会社選びで重要なスワップポイントやスプレッドですが、残念ながら楽天FXは他社と比較しても魅力が大きいとは言えませんでした。もちろんそれは個人的な見解です。ただ、楽天ポイントのヘビーユーザーなら、楽天FXの利用にも十分にメリットはあると思います。

 

男性イメージ
28歳男性
oo
(4.0)
楽天FXを使ってトレードしましたが、標準的なスプレッドが小さいので着実に利益をあげることができました。またチャートなどの各種情報も充実しており、効率的に取引が行えた点にも満足しています。通貨ペアの種類が多いので、相場環境に合わせてトレードが行えました。

 

男性イメージ
37歳男性
oo
(4.0)
楽天FXを利用しています。もともと楽天証券で口座を持っていたので、楽天FX用の口座もすぐに解説できました。トレードに必要な情報が得やすくなっていて、テクニカル分析も豊富な情報があり見やすいです。

 

女性イメージ
29歳女性
oo
(5.0)
スムーズに取引をしたいと考えて、楽天FXで新規に口座を開設しました。投資に役立つ情報も充実していたので、絶妙なタイミングでトレードが行えました。チャートも見やすく、値動きを見ながら取引できた点にも満足しています。

 

男性イメージ
55歳男性
oo
(3.0)
楽天FXの特徴はモバイル取引がやりやすい点です。パソコンの前でいつも取引が出来るわけではないので、モバイルのシステムがわかりやすいのは助かります。通貨ペアも多いので大きな動きが期待できるペアに参加出来ます。手数料が他と比較すると少し高いかな。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(5.0)
楽天FXの取り引きツールのチャート画面は、非常に見やすく使いやすいです。画面上にラインを引くことができるので、相場の分析がしやすく利益につながりやすいです。口座開設の手数料が無料だったので気軽に申し込みができました。

 

男性イメージ
35歳男性
oo
(5.0)
楽天FXの良い所は、楽天ポイントに還元してくれるサービスがあることです。そのため、元本を維持したままポイントだけを増やしていけるやり方もあり、運用の仕方を工夫出来るのが面白いです。

 

男性イメージ
35歳男性
oo
(5.0)
楽天FXはデイチャートが大きく表示され、クリックだけで取引を行える簡単なシステムが気に入っています。元本からどれだけ増減されているのかも大きな数字で見られるので便利な所です。

 

女性イメージ
30歳女性
oo
(3.0)
初心者なので安心な楽天FXを選びました。スワップを狙って色々な通貨を利用してますが、それほど悪くない水準です。ただ、スプレッドに関してはそれほど満足出来ないかもしれません。

 

FX初心者へのアドバイス

今回は楽天証券の楽天FXについて、その特徴やメリット、デメリット、利用したユーザーの口コミなどを紹介しました。

楽天FXは、楽天証券が提供するFXサービスのことで、楽天証券ではFX以外にも株や先物・オプション、投資信託、債権など、様々な金融商品を取り扱っています。

そんな楽天証券の最大の強みといえば、株式投資の手数料が安く、米国株など海外にも投資がしやすいことです。

株式投資に力を入れているネット証券会社であり、FXに関して言えばそれほど魅力があわるけではないです。

そのため、楽天FXは本格的にFXをやりたいというユーザーとの相性はそれほど良くはないです。

どちらかといえば、メインは株式投資で、チャンスがあればFXもやってみたいなど、副次的にFXをやりたいユーザー向けとなります。

ただし、MT4を使用したいユーザーに関しては例外です。

楽天FXはMT4に対応している国内でも少ない貴重なFX口座です。

MT4は使い方が難しく、上級者向けのプラットフォームです。しかし、一旦使い方を習得すれば、EAを使った自動売買ができるなど、より高度なトレードが可能です。

既にMT4の使い方を習得しているというユーザーほど、楽天FXは相性が良いでしょう。