マネーパートナーズのパートナーズFXとは?その特徴と口コミを解説!

マネーパートナーズ

これからFXを始める時、どのFX口座を開設すれば良いのでしょう?

国内には多くのFX業者があり、それぞれに一長一短があります。初心者向けのFX業者もあれば、上級者向けのFX業者も存在します。

口座選びのポイントは、自分の現在の状況に見合ったFX業者を探すことです。FX口座を開設する前にまずそのFX業者にはどのような特徴があるのかを調べ、他社と比較してみましょう。

今回紹介するマネーパートナーズは、業界でも有名な大手のFX業者であり、総合力が高く、初心者向けのサービスを提供しています。

そんなマネーパートナーズのFXサービスの一つであるパートナーズFXについて、その特徴とメリット、デメリット、口コミなどを以下より解説していきます。

マネーパートナーズのパートナーズFXの概要

ここでは表を使用してマネーパートナーズの「パートナーズFX」について解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
三角 二重丸 二重丸

 

マネーパートナーズのパートナーズFXの特徴

マネーパートナーズといえば、業界で最も約定力のあるFX業者として人気があります。

10年連続で約定力第一位という実績のあるFX業者であり、初心者だけでなく、上級者からの評価も高いFX業者となります。

そんなマネーパートナーズが提供するFXサービスには二種類、「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」があります。

パートナーズFXは初心者だけでなく、上級者にもおすすめのFXサービスです。

MEMO
マネーパートナーズは約定力があるFX業者

パートナーズFX nanoとの違い

パートナーズFXとnanoは、どちらもマネーパートナーズが提供するFXサービスです。

その違いを簡単に説明すると、パートナーズFXがトレード向けで、nanoは少額投資向けのFXサービスとなります。

というのも最低取引単位が1万通貨であるパートナーズFXに対して、nanoの最低取引単位は100通貨と非常に低く、nanoでFXを始めれば他社よりも少ない自己資金よりトレードを始められるからです。

100通貨の取引というと、レバレッジを25倍に設定するとした場合、証拠金がかなり低くなります。およそ1000円もあれば問題なくトレードができることでしょう。

取引単位を下げてトレードをすると、稼げる利益が下がる反面、損失も下がるというメリットがあります。

ハイリスクハイリターンで有名なFXですが、取引量を100通貨まで下げてしまえば、たとえトレードで負けても大して損はしません。

nanoで少額トレードをしている限り、いくらトレードで負けても大きく損するリスクが低いので、パートナーズFX nanoのトレード環境はFXの練習をするにはうってつけです。

FXに興味はあるけれど、まだ初心者なのでトレードで勝てるかわからない、などの悩みを抱えているのであれば、まずはマネーパートナーズ nanoから始めると良いでしょう。

手数料

パートナーズFXでは売買手数料無料でFXを始められます。

売買手数料だけでなく、口座の開設やその維持にかかる手数料などもありませんので、特にお金をかけることなく口座を開設できます。

マネーパートナーズでかかる費用というと、スプレッドを除くとほとんどありません。

スプレッド

マネーパートナーズでは業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

そのスプレッドですが、米ドル/円は0.3銭、ユーロ/円は0.4銭、豪ドル/円は0.6銭、ユーロ/米ドルは0.3pips、ポンド/円は0.9銭、メキシコペソ/円は0.3銭、です。

マネーパートナーズは米ドルやユーロなどの主要な通貨だけでなく、メキシコペソなどのマイナーな通貨のスプレッドも狭いという強みがあります。

スワップポイント

マネーパートナーズのパートナーズFXのスワップポイントは、業界全体で見ると平均的なレベルで、稼げる水準ではないので注意しましょう。

高くもないですし、低くもなく、極めて標準的であるため、がっつりスワップポイントを稼ぎたいユーザーからすると物足りないかもしれません。

ただし、パートナーズFX nanoを利用すると、スワップポイントが高くなります。スワップ重視のトレードをするなら、nanoを利用すると良いでしょう。

パートナーズFXと違ってnanoのスワップポイントは業界でもトップクラスの高さになりますので、インカムゲインが稼ぎやすいです。

取扱通貨

パートナーズFXで取り扱われている通貨ペアの総数は、業界全体で見ると、平均レベルです。

多くはないのですが、少なくもなく、人気のある通貨ペアは網羅的に取り扱われているので、普通にFXをする分には気にならないです。

特に、メキシコペソやトルコリラ、南アフリカランドなどの高利回りが期待できるマイナーな通貨を取り扱っている点などは、非常に評価できるポイントです。

取引ツール・スマホアプリ

マネーパートナーズの取引ツールはクオリティが高く、ユーザーからの評価が高いです。

テクニカル分析に必要なインディケーターを多く搭載していることに加えて、デイトレなどの短期売買をするにあたって必要な高速トレードができる注文機能などが充実しているので、裁量トレードをする分には申し分のない取引環境となります。

パソコンだけでなく、スマホで取引できる専用のアプリもあり、こちらのクオリティも非常に高く、操作性に優れています。

マネーパートナーズのスマホアプリをインストールすれば、パソコンがなくても快適にデイトレができることでしょう。

約定力

マネーパートナーズは業界でも特に約定力があることで定評のあるFX業者です。

株式会社矢野経済研究所によるFXサービスパフォーマンステストでは、スリッページ0%、約定拒否0件という、驚嘆すべき結果を出したほどで、10年連続で約定力第1位の実績があります。

約定力が高いFX業者には、ユーザーが狙った通りのレートで注文が成立しやすくなるというメリットがあります。

デイトレやスキャルピングなどの短期売買の場合、少しでも思惑とは異なるレートで約定すると、たとえトレードで勝っても利益が出ない恐れがあるだけに、約定力の有無はFX業者を選ぶ上で外せないポイントです。

どこよりも約定力が高く、安定した取引ができるFX業者を探しているというユーザーにとって、マネーパートナーズはもっとも理想的なFX業者となるでしょう。

入出金

マネーパートナーズでは、入出金にあたって特に手数料などはかからず、スムーズにお金の出し入れができます。

マネーパートナーズのクイック入金を利用すると、本来であれば発生する手数料を企業が負担してくれるので、コストはかかりません。

クイック入金は24時間いつでもリアルタイムで即入金ができる入金サービスです。利用すれば、いつでも素早くFX口座への入金が可能です。

出金に関しても、一部条件こそありますが、無料で出金できます。出金の指示を出せば、だいたい翌営業日か翌々営業日までに指定した金融機関に出金されるでしょう。

ただし、出金手数料が無料になるのは月5回までで、6回目以降より1回400円の手数料がかかるので気を付けましょう。

ロスカット

パートナーズFXでは、証拠金維持率が40%を割るとロスカットルールが発動するので注意してください。

もしもロスカットルールが発動すると、未決済のポジションが自動的に強制決済され、損失が確定します。

パートナーズFXのロスカットの基準は、業界全体で見るとかなり緩いルールであるため、他社と比べて余裕のあるトレードができます。

その反面、いざロスカットが発動すると、大きく損する恐れがあるだけに、トレード時には適切な資金管理が求められます。

信託保全

マネーパートナーズは、法令に則り、顧客の資産を分別管理し、適切に保全しています。

そのため、万が一マネーパートナーズが破綻したとしても、信託契約を結んでいる信託銀行より顧客の資産は返還されるので、常に安心して取引ができます。

キャンペーン

マネーパートナーズでは最大で10万円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。(2019年7月時点)

このキャンペーンは期間中に新規で口座を開設し、新規で取引をすると、その取引量に応じて現金がキャッシュバックされます。

新規で1億通貨以上の取引をすると、10万円のキャッシュバックが受けられるとのことです。

パートナーズFXのメリット・デメリット

ここではパートナーズFXのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

パートナーズFXのメリット

パートナーズFXの最大のメリットというと、高い約定力の中で低コストなトレードができることでしょう。

マネーパートナーズの強みは約定力の高さですが、それだけがこのFX業者のメリットというわけではありません。

約定力の高さに加えて業界最狭水準のスプレッドを提示しているパートナーズFXであれば、どこよりも取引コストを下げつつ、安定したトレードができるというメリットがあるのです。

たとえ約定力が高くても、スプレッドが広いと取引コストが高くなるので短期売買には向かないです。

同様に、スプレッドが狭くても、約定力が低いのでは思ったようなトレードができないので、トレードで稼ぐことが困難になります。

その点、狭いスプレッドと高い約定力という2つの強みがあるパートナーズFXであれば、安心してデイトレードに専念できることでしょう。

パートナーズFXのデメリット

パートナーズFXのデメリットというと、スワップポイントが低いことです。

パートナーズFXのスワップポイントは業界全体から見て、それほど高くはありません。他を探せば、パートナーズFXよりもスワップポイントが高いFX業者は他にいくらでも見つかるでしょう。

スワップポイントが低いと、インカムゲインで稼げる金額が下がりますので、長期投資との相性が悪いです。

ただし、パートナーズFXではなく、nanoを利用すれば、業界でもトップクラスのスワップポイントを稼げます。

同じマネーパートナーズといっても、パートナーズFXとnanoでは上記のように違いがあるので注意しましょう。

パートナーズFXを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではパートナーズFXがおすすめされるユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

パートナーズFXがおすすめされるユーザーというと、短期売買をやりたい人です。対して、長期投資をやりたい人にはおすすめできません。

  1. おすすめされる人:短期売買をやりたい人
  2. おすすめでない人:長期投資をやりたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

パートナーズFXがおすすめな人

約定力が高く、業界最狭水準のスプレッドを提示するパートナーズFXは、デイトレやスキャルピングなどの短期売買をやりたい人におすすめです。

というのも、短期売買で利益を稼ぐためには、小さい利益を何度も積み重ねなければならず、高い約定力と狭いスプレッドはトレードをするにあたって必須の要件となるからです。

特にスキャルピングのような、利幅が少なくなりやすいトレードスタイルを採用しているユーザーほど、スプレッドが狭いパートナーズFXは相性が良いでしょう。

パートナーズFXのトレード環境は、デイトレやスキャルピングをするにあたって理想的であると言えます。

パートナーズFXがおすすめではない人

パートナーズFXは、短期売買に向いている反面、スワップが低いので長期投資には向かず、おすすめではないです。

というのもポジショントレードのような取引期間が長期に及ぶトレードスタイルの場合、スワップポイントを稼ぐことを前提に投資をすることになるからです。

たとえ同じ通貨ペアでも、FX業者が違えば稼げるスワップポイントの金額も異なってきます。どうせ長期にわたってポジションを継続保有するならば、スワップポイントが高いFX業者の方が良いでしょう。

その点、スワップポイントがそれほど高くはないパートナーズFXは、長期投資をするにあたって特にメリットがなく、おすすめではないです。

長期投資をするならnanoがおすすめ

確かにパートナーズFXはスワップポイントが低いので、長期投資との相性が悪いです。ただし、nanoを利用するというのであれば話は別です。

マネーパートナーズのパートナーズFX nanoのスワップポイントは、業界でも特に高い水準であるため、nanoを通じて長期投資をすると、どこよりも高額のスワップポイントを稼ぐことができます。

以上のように、同じマネーパートナーズといっても、コースが違うとスワップポイントに違いがあります。

短期売買をするならパートナーズFXを、長期投資をするならnanoを選ぶなど、使い分けると良いでしょう。

マネーパートナーズの利用者の口コミ

ここではマネーパートナーズを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
25歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXは注文から約定までのスピードが速く、約定拒否されることがないため安心して利用しています。またiPhoneに完全対応しているため、外出先でも値動きを把握できるため非常に重宝しています。

 

女性イメージ
33歳女性
oo
(4.0)
パートナーズFXで取引をしてみましたが、初心者から経験者まで使いやすい機能に魅力を感じました。クイック発注機能とスマートフォン向けのアプリも充実していたので、取引はスムーズで快適でした。マーケット情報も見やすく、毎日の取引でも役立ちました。

 

男性イメージ
40歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXは、初心者へのサポートが充実しています。主に取引をサイト上で行いはしますが、困ったときにしっかりと対応してくれるオペレーターがつながりやすい状態で待機しています。

 

男性イメージ
53歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXの取引システムは、FX初心者でも使いやすいシステムになっていますので、エントリーや約定で迷うことは有りません。
分からないことが有れば、取引画面からナビゲーションを見ることが出来るので便利に使っています。

 

男性イメージ
44歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXで口座開設をしてFXを行なっています。この証券会社の魅力は、テクニカル分析に有用なツールがたくさん用意されている点です。画面上の表示も見やすく、ストレスなく取引ができます。

 

男性イメージ
30歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXで口座を開設してFX投資を開始しました。FXに関しては初心者だったのですが、パートナーズFXでは一からわかりやすいようにネット上にFXに関する解説をしてくれていて、大変参考になりました。

 

男性イメージ
35歳男性
oo
(5.0)
FXはいろいろな会社を試した経験があります。最終的にはパートナーズFXに最大の信頼を置いているのです。インターネットでのFX取引であれば手数料はかかりませんし、ストリーミングやOCOなどでの注文も可能です。なくてはならない存在になっています。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXの魅力は、ネット上のコンテンツがとても充実している点にあります。初心者でも理解ができるよう、分かりやすい解説ページが豊富に用意されていて、初めてFXをする私でも安心でした。

 

男性イメージ
50歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXでは少額からでも投資が出来ます。初心者向けの動画も用意されているので、安心して取引が出来ました。海外に行くときにも便利ですし、スワップも高めなので気に入ってます。

 

男性イメージ
34歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXは、初心者でもおすすめのFX業者です。初めてFXに触れるという人でも理解ができるように、インターネット上にFX解説ページが用意されていて、分かりやすく説明してくれています。

 

FX初心者へのアドバイス

今回は国内FX業者の一つであるマネーパートナーズのパートナーズFXについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

マネーパートナーズといえば、業界でも特に約定力のあるFX業者として有名です。

約定力が高ければ、常に思惑通りのレートで注文が成立しやすいので、安定したトレードができます。

この強みは、スキャルピングのような超短期のトレードスタイルを採用しているユーザーにとって、非常にありがたい利点です。

その上、マネーパートナーズは業界最狭水準のスプレッドを提示しているので、取引コストの面でも短期売買に向いています。

確かにスワップポイントは低いというデメリットこそありますが、これは同社が提供するもう一つのFXサービスであるパートナーズFX nanoを利用することで解決できます。

マネーパートナーズは、短期売買をするにあたって非常に理想的なトレード環境を提供しているFX業者です。

スプレッドが狭く、約定力も高いマネーパートナーズは業界でも評判が良いFX業者の大手です。取引ツールも使いやすく、初心者でも扱いやすいので、これから初めてFXを始めるユーザーにおすすめです。