マネーパートナーズのパートナーズFX nanoとは?その特徴や口コミなどを解説!

マネーパートナーズ

短期間で高収入を稼げる反面、リスクが大きいことで有名なFX。既に取引経験が豊富なユーザーと違い、まだトレードをしたことがない未経験者の場合、できるだけ低リスクなトレードができるFX業者がおすすめです。

損するリスクの低いFX業者であれば、たとえトレードで失敗しても大損せずに済むので、初心者でも安心です。

今回紹介するマネーパートナーズのパートナーズFX nanoは、そんな低リスクなトレード環境を求めている方にほどおすすめのFX口座です。

以下よりパートナーズFX nanoの特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介します。

マネーパートナーズのパートナーズFX nanoの概要

ここではマネーパートナーズのパートナーズFX nanoの概要を表を使用して解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.4銭 18通貨ペア 100通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
二重丸 二重丸 二重丸

 

マネーパートナーズFXパートナーズFX nanoの特徴

マネーパートナーズといえば、業界でも大手のFX業者で、約定力の高さに定評があります。

パートナーズFX nanoはそんなマネーパートナーズが提供するFXサービスの一つであり、その最大の特徴はどのFX業者よりも少ない資金よりFXを始められることです。

FX業者の最低取引単位というと、1000通貨から1万通貨であることがほとんどであるのに対して、パートナーズFXでは100通貨より取引ができます。

100通貨からFXを始められるパートナーズFX nanoならば、まさに練習感覚でFXを始められるでしょう。

MEMO
パートナーズFX nanoはマネーパートナーズのFXサービスの一種類。100通貨から取引可能

パートナーズFXとnanoとの違いとは?

マネーパートナーズでは、100通貨から取引できるパートナーズFX nanoとは別に、1万通貨より取引できるパートナーズFXがあります。

nanoとパートナーズFXの違いを簡単に説明すると、nanoはFXの練習向きのコースで、パートナーズFXは本格的にデイトレで稼ぎたい人向けのコースとなります。

マネーパートナーズは業界でも特に約定力が高く、スプレッドも狭いFX業者です。そんなマネーパートナーズのパートナーズFXは、デイトレをするにはうってつけの環境が用意されています。

既に取引経験が多く、デイトレで稼ぐコツを掴んでいるほどの経験者にとって、パートナーズFXは非常に相性が良いFXサービスとなるでしょう。

その反面、少額取引に向いているパートナーズFX nanoは、低リスクなトレードができるので、FXの練習には最適です。

手数料

マネーパートナーズのパートナーズFX nanoは、各種手数料無料で利用できます。

売買手数料から口座開設手数料、口座の維持や管理の手数料などが無料となりますので、特にお金をかけることなく、誰でも簡単に口座を開設してFXを始められます。

パートナーズFX nanoで注意すべきコストというと、スプレッドぐらいでしょう。

スプレッド

パートナーズFX nanoのスプレッドは、業界水準で見ると標準的といったところです。

広いわけではないのですが、もっとも狭いわけでもないので、人によっては取引コストが高く感じることでしょう。

そんなnanoのスプレッドですが、米ドル/円は0.4銭、ユーロ/円は0.7銭、豪ドル/円は0.9銭、ユーロ/米ドルは0.8pips、ポンド/円は1.2銭、トルコリラ/円は3.8銭、と業界最狭水準の他社と比較すると広めとなります。

ただし、これはあくまでnanoで取引をする場合のスプレッドです。同じマネーパートナーズが提供するパートナーズFXを利用すれば、より狭いスプレッドでトレードができます。

スプレッドが広いnanoと違い、パートナーズFXのスプレッドに関して言えば、業界ではトップクラスの狭さになりますので、他社よりも低コストな取引が可能です。

スプレッドが広いのはあくまでパートナーズFX nanoで取引をする場合の話であり、マネーパートナーズのコースをパートナーズFXに切り替えれば、いつでも業界最狭水準の低コストなトレードを実践できます。

スワップポイント

パートナーズFX nanoのスワップポイントは、業界水準で見ると非常に高く、インカムゲインが稼ぎやすいです。

特に、米ドル/円や豪ドル/円、NZドル/円などの通貨ペアのスワップポイントは非常に高く、他社よりもスワップポイントが稼ぎやすいです。

他方で、パートナーズFXのスワップポイントに関して言うと、業界でもかなり低い水準となります。

同じマネーパートナーズのFXサービスといっても、コースが違うと稼げるスワップポイントの金額に違いがありますので注意しましょう。

スワップポイントを稼ぎたいのであれば、パートナーズFXではなく、パートナーズFX nanoを利用することをおすすめします。

取扱通貨

パートナーズFX nanoの通貨ペアの取扱総数は、業界全体で見ると、少ない方なので注意しましょう。

ただし、少ないといっても米ドルやユーロ、豪ドル、ポンド、NZドルなどの人気のある通貨は網羅的に取り扱っているので、取引をするにあたって特に不自由はないでしょう。

マイナーな通貨に関しても、トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなどの政策金利が高い通貨は取り扱われているので、問題なくトレードできます。

FXで人気のある通貨ペアはしっかりとおさえているので、通貨ペアに特に拘りがなければ、取扱数の少なさがデメリットになることはないでしょう。

取引ツール・スマホアプリ

マネーパートナーズの取引ツールはクオリティが高く、PCツールのみならず、スマホアプリの性能も高いです。

短期トレードをしたい人のための高速発注機能に加えて、テクニカル分析に必要なインディケーターも多数揃っていますので、安心してデイトレードに集中できるでしょう。

スマホアプリについても、iPhoneとAndroid、両方に対応しており、インストールすればいつでもスマホを通じてトレードできます。

操作性に優れた取引アプリであるため、パソコンがなくてもスマホさえあれば問題なくFXができるでしょう。

約定力

マネーパートナーズは国内でも約定力が高いことで有名なFX業者です。

マネーパートナーズといえば、株式会社矢野経済研究所によるFXサービスパフォーマンステストにおいて、スリッページ発生率0%、約定拒否は0件という優れた実績を出したFX業者で、10年連続で約定力第一位に選ばれています。

約定力が高いと、滑らず安定したトレードができるので、トレーダーとしては安心して取引に専念できます。

入出金

マネーパートナーズの入出金サービスを利用すると、無料で、スムーズにお金の出し入れができます。

手数料無料のクイック入金サービスを利用すれば、24時間いつでもリアルタイムで即入金ができるので、チャンスを逃さずにトレードできるでしょう。

出金についても、回数に制限こそありますが、無料で出金可能です。出金にかかる日数ですが、およそ翌営業日から翌々営業日ほどとなります。

出金は月に5回までは無料です。ただし、6回目以降より有料となるので注意しましょう。

ロスカット

パートナーズFX nanoで取引き中に含み損が拡大し、証拠金維持率が100%を割ると、ロスカットルールが発動しますので注意してください。

一旦ロスカットルールが発動されると、保有中のポジションが決済され、強制的に損失が確定します。

nanoのロスカットの基準は、業界全体で見るとかなり厳しめです。ただし、同じマネーパートナーズのパートナーズFXの場合、ロスカットの基準が証拠金維持率40%まで下がるので、余裕のあるトレードが可能です。

パートナーズFXとnanoでは、ロスカットの基準に違いがあるので気を付けましょう。

信託保全

マネーパートナーズでは、法令に則って顧客の資産を分別管理し、適切に保全しています。

そのため、万が一マネーパートナーズが破綻することがあったとしても、顧客の資産は無事返還されるので、常に安心してトレードできます。

キャンペーン

マネーパートナーズでは現在、最大10万円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。(2019年7月)

このキャンペーンを受けるためには、新規で口座を開設後、キャンペーン期間内にて一定以上の新規取引をする必要があります。

新規での取引量が増えれば増えるほど、多くのキャッシュバックが受けられる仕組みとなります。

パートナーズFX nanoのメリット・デメリット

ここではマネーパートナーズのパートナーズFX nanoのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

パートナーズFX nanoは同じマネーパートナーズのパートナーズFXとは別のコースとなりますので注意してください。

パートナーズFX nanoのメリット

パートナーズFXの最大のメリットは、少額からの投資がしやすく、スワップポイントが高いことです。

取引単位が1000通貨から1万通貨であることが一般的なFX業界において、100通貨から取引できるパートナーズFX nanoを利用すると、どのFX業者よりも少ない資金よりFXを始められます。

100通貨の取引に必要な最低証拠金というと、レバレッジが25倍の場合、だいたい数百円から1000円もあれば取引ができます。

1万円もあれば、ロスカットの心配をせずに、安心してポジションの長期保有ができるでしょう。

いくらFXがリスクの大きい取引といっても、資金が少なければ、たとえ大負けしたとしても大した損失にはなりません。

それどころか、長期にわたってポジションを保有し続けることで、スワップポイントを稼ぐことができるほどです。

少額から投資を始められること、スワップポイントが高くてインカムゲインが稼ぎやすい、この2点こそがパートナーズFX nanoの強みです。

パートナーズFX nanoのデメリット

パートナーズFX nanoのデメリットは、スプレッドが広く、取引コストが高いことです。

業界全体で見ればそれほどスプレッドが広いわけではないのですが、業界最狭水準の他社と比較すると、パートナーズFX nanoのスプレッドは広く、取引コストが高いです。

特に、デイトレードやスキャルピングなどの、短期間に何度も取引をするトレーダーほど、スプレッドの広さは大きなデメリットとなるでしょう。

以上のように、パートナーズFX nanoはスプレッドが広く、取引コストが高くなりやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

パートナーズFX nanoを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではパートナーズFX nanoがおすすめされるユーザーのタイプと、おすすめでないユーザーのタイプをそれぞれ紹介します。

nanoでおすすめされるユーザーのタイプというと、長期投資をしたい人です。他方で、短期売買をやりたいという人はおすすめではないです。

  1. おすすめ:長期投資をやりたい人
  2. おすすめではない:短期売買をやりたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

パートナーズFX nanoがおすすめな人

パートナーズFX nanoはスワップが高く、少額取引ができるので、長期投資をやりたいというユーザーにおすすめです。

長期投資でスワップポイントを稼ぐためには、1日でも長くポジションを保有し続けなければなりません。

もしも取引期間中にレートが急変動し、ロスカットルールが発動されると、その時点で強制決済になるので、損失が確定します。そうなると、スワップを稼ぐ以上の損失を被るでしょう。

このロスカットを回避するためには、できるだけ必要証拠金の額を下げ、一時的に含み損が発生したとしても耐えられるだけの資金量が求められます。

その点、100通貨から取引できるパートナーズFXであれば、必要証拠金をどこよりも安くして取引できるので、ロスカットのリスクを回避しつつ長期投資に専念できます。

それに加え、nanoのスワップポイントは国内FX業者の中でも特に高く、インカムゲインが稼ぎやすいです。

スワップが高く、ロスカットのリスクを緩和できるパートナーズFXは、長期投資でスワップポイントを稼ぎたいというユーザーほど相性が良いでしょう。

パートナーズFX nanoがおすすめではない人

パートナーズFX nanoはスプレッドが広く、取引コストが高いので、デイトレやスキャルピングなどの短期売買との相性が悪く、おすすめではないです。

スプレッドが広いといっても、0.1から1pipsほどの違いであるため、スイングトレードやポジショントレードなどの取引期間が中長期のトレードスタイルのユーザーからすると、これはそれほど大したデメリットにはなりません。

しかし、デイトレードやスキャルピングの場合、1pipsの取引コストの増大が、利益率に大きく影響を及ぼすだけに、パートナーズFX nanoのスプレッドの広さは短期売買をするにあたってデメリットとなります。

特にスキャルピングのような超短期のトレードスタイルの場合、1回のトレードで稼げる利益というと、良くて5pips程度です。

ただでさえ利益が少ないスキャルピングにとって、1pipsのスプレッドは大きな負担となります。

以上のことから、パートナーズFX nanoは短期売買との相性が悪く、デイトレやスキャルピングをしたいユーザーにはおすすめできないです。

パートナーズFX nanoの利用者の口コミ

ここではパートナーズFX nanoを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
36歳男性
oo
(3.0)
パートナーズFXnanoは初心者にやさしく、最小取引単位が100通過であると共に、最小必要額が100円なので安心して取引ができるメリットがあります。これから取引を始めるならここが一番です。

 

男性イメージ
30歳男性
oo
(3.0)
FX取引に興味があるけど、なかなか敷居が高いと思っている人にはパートナーズFXnanoがおすすめです。なぜなら最低必要額が100円なので、そこまでリスクが高くないからです。

 

男性イメージ
37歳男性
oo
(4.0)
FXは敷居が高く参入を諦めている人がいると思います。パートナーズFXnanoであれば初心者向けのツールが用意されていると共に、100円から取引を始められるためリスクが低くとてもおすすめです。

 

女性イメージ
32歳女性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoは100通貨から取引ができるのでFX初心者におすすめです。1万通貨などの大きな取引をいきなりやるのは不安ですが、100通貨での取引なら損失が出ても微々たるものですから、練習にはもってこいでした。

 

男性イメージ
50歳男性
oo
(4.0)
パートナーズFXnanoでFX取引を実践しています。トレード画面がとても見やすく、売買注文が出しやすい印象です。テクニカル分析用のデータも豊富に提供されていて、判断材料が豊富です。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoの1番の魅力は、100円から投資が出来ることです。手軽に投資を始められる良いきっかけをいただけたお陰で資金が増えて、今では本格的に大きな資金を運用出来るまで成長しました。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoが提供しているシグナル配信のお陰で、買い時なのか売り時なのかがすぐ判断できます。すごくわかりやすいこのツールを使い、長い期間利益を出し続けることができています。

 

女性イメージ
45歳女性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoは、FX初心者には最適であります。取り引き通貨単位が100通貨単位からFXをすることができますので、FXの取引に慣れるまでの練習にはとても重宝できます。

 

女性イメージ
43歳女性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoは、100通貨単位からできることをウリにしています。FXはリスクのある投資でありますので、まずはリスクを最小限に抑えながら練習することができるパートナーズFXnanoは初心者には良いです。

 

女性イメージ
45歳女性
oo
(5.0)
パートナーズFXnanoは、FX初心者には最適な口座であります。100通貨単位からFXを始めることができますので、リスクの最小限に抑えることができます。FXの練習にはベストです。

 

 

FX初心者へのアドバイス

今回はマネーパートナーズのFXサービスの一つであるパートナーズFX nanoについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

パートナーズFX nanoは、スワップポイントが高く、100通貨からの少額取引ができる長期投資向けのFXサービスです。

少額からトレードができるので、まだFXのトレード経験がない初心者からすると、低リスクでトレードできる練習向けのFXサービスでもあります。

他方で、スプレッドが広く、取引コストが高いので、デイトレやスキャルピングなどの短期売買との相性は悪いというデメリットがあります。

もっとも、同社のもう一つのFXサービスであるパートナーズFXを利用すれば、業界最狭水準のスプレッドで取引ができるので、こちらを使用することで短期売買に向かないというデメリットを解消できます。

マネーパートナーズのFXは、「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」の2つのコースによって構成されています。

短期売買をやりたいならパートナーズFXが、長期投資をやりたいならパートナーズFX nanoがおすすめとなります。

まだFXの経験がなく、取引をしたことがないという初心者の場合、少額から取引ができるパートナーズFX nanoがおすすめとなるでしょう。

特に、FXの練習をしたいという方ほど、少額から取引できるパートナーズFX nanoとの相性が良いです。