モメンタムとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標の一つであるモメンタムは、人気のある有名な指標です。この指標は現在の相場の勢いなどを知りたい時に役立ちます。

今回はそんなモメンタムについて、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

モメンタムを活用することで、現在の相場の動向やトレンドの強弱などを分析できるようになるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

モメンタムとは?

モメンタムはオシレーター系に属するテクニカル指標です。

MEMO
オシレーター系とは、トレンドの勢いを客観的に把握できる指標のこと。モメンタム以外にMACDやストキャスティクス、RSI、RCI、DMI、などがある

モメンタムを使用すると、チャートの下にモメンタムのグラフが表示されます。実際に利用すると、以下のようになります。

チャート上では、中央にある0ラインを中心に、モメンタムとシグナルのラインが上下に変動します。

この0ラインよりもモメンタムのラインが高い位置にあれば上昇相場、低い位置にあれば下降相場、とそれぞれ判断することができます。

さらに、モメンタムの動きを見ることで、トレンドの強弱を客観的に分析できます。

短期間でのレートの動きに影響されやすい指標ということもあってか、モメンタムはデイトレードやスキャルピングのような、短期売買を得意とするトレーダーから支持されやすいです。

モメンタムを使用する目的

モメンタムを使用する主な目的というと、相場のトレンドの方向性の確認と、そしてそのトレンドの勢いを知りたい時などがあります。

特にトレンドの強弱を知りたい時に参考になる指標となりますので、トレンド相場とレンジ相場を見分けたい時などに役立ちます。

方向性が決まっているトレンド相場は上と下、どちらに動くのかがわかりやすいので、初心者でも勝率の高いトレードが可能です。

そんなトレンド相場と違い、一定の範囲内で上下に動くレンジ相場の場合、方向感が掴み難く、騙しが多くなるなどのデメリットがあります。レンジ相場は、上級者でも稼ぐのが難しい相場なのです。

そのため、勝率の高いトレードを求めている方ほどトレンド相場で勝負をし、難易度の高いレンジ相場は避けるものです。

モメンタムはそんなレンジ相場とトレンド相場の違いを客観的に把握できる指標となります。

レンジ相場は避けてトレンド相場だけで勝負をしたい等の悩みを抱えている方からすると、レンジ相場とトレンド相場を見分けられるモメンタムは役立つ指標となってくれるでしょう。

MEMO
モメンタムを使用するとトレンドの強弱を客観的に把握可能

モメンタムの見方

モメンタムは人気のある指標であるため、どこのFX会社であっても利用できることがほとんどです。本当に使用できるのか気になる場合は、口座を開設する前にモメンタムが使用できるのか、チェックしておきましょう。

モメンタムを使用すると、まず現在の相場の方向性を確認することができます。

例えば以下のチャートの場合。

モメンタムのラインが0ラインよりも下にありますので、下降相場であることが見て取れます。

この0ラインよりもモメンタムのラインが上にあれば上昇相場、下にあれば下降相場だと分析ができます。モメンタムのラインが0ラインをクロスした場合、そこが転換点となるでしょう。

モメンタムのラインが、0ラインよりも大きく離れていれば、強いトレンドが発生しているというサインになります。

その反対で、モメンタムが0ラインに近づくと、トレンドが弱くなっているサインとなります。

例えば以下のチャートの場合。

青で囲っている部分のモメンタムを見ると、0ライン付近で動いています。つまり、トレンドが弱く、大きな動きは期待できないということです。

対して赤で囲っている部分は、レートが大きく動いているサインとなりますので、トレンドが強くなっていることが見て取れます。

実際、チャートの方を見ると、モメンタムの動きに合わせてレートが大きく上昇しています。

以上のことから、トレンドが弱い時はモメンタムは0ラインに近いところを動き、トレンドが強い時は0ラインから大きく離れるということがわかります。

要は、モメンタムの動向をチェックすることで、トレンドの強弱を分析することができるということです。

モメンタムを利用したトレードの手法

ここまではモメンタムの見方を解説しました。ここではモメンタムを利用したトレードの手法を紹介します。

今回は初心者向けの順張りの手法と、上級者向けの逆張りの手法をそれぞれ解説します。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

まず順張りの手法から解説します。

順張りは現在のトレンドの方向に合わせて売買をする手法で、騙しが少なく、勝率が高いことから初心者向けの手法となります。

ポジションは、上昇相場中であればロング(買)、下降相場中であればショート(売)を入れます。

トレードルールは、モメンタムが上昇相場中にシグナルを下から上にクロスしたらロング(買)、下降相場中にモメンタムがシグナルを上から下にクロスしたらショート(売)でエントリー。エントリー後にシグナルを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、モメンタムを使用し、相場の方向性を確認します。

まずモメンタムとシグナルのラインを見ると、0ラインよりも上の位置にありますので、上昇相場であることが見て取れます。

今回は順張りを採用していますので、ロングでエントリーできるタイミングを待つことになります。

やがてモメンタムのラインがシグナルのラインを下から上にクロスしました。ここがエントリーのポイントとなります。

チャートを見ると、ちょうど145.50円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは上昇を続け、やがてモメンタムのラインがシグナルを割りました。ここが決済のポイントとなります。

146.20円付近で決済のサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、145.50円でエントリー、146.20円で決済ができましたので、70pipsもの利益を得られた計算になります。

これぐらいの利益を安定的に自力で稼げるようになれれば、トレーダーとしては十分独り立ちできるでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りは順張りと違って、現在のトレンドとは反対方向に売買をする手法です。

成功すれば短期間で大きく稼げる一方で、騙しが多く、勝率が低いだけに、上級者向けの手法となります。

エントリーの方向は、上昇相場中であればショート(売)、下降相場中であればロング(買)でポジションを保有することになります。

トレードルールは、上昇相場中にモメンタムが0ラインを上から下にクロスしたらショート、下降相場中にモメンタムが0ラインを下から上にクロスしたらロングでエントリー。モメンタムが0ライン、もしくはシグナルを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートよりモメンタムをチェックし、相場の方向性を探ります。

チャートを見ると、前半まではモメンタムが0ラインよりも上の位置にありますので、上昇相場であることがわかります。

今回は逆張りの手法を採用していますので、ショートを入れるタイミングを待つことになります。

やがてモメンタムとシグナル、両方のラインが0ラインを上から下にクロスしましたので、ここがショートでエントリーをするタイミングとなります。

ちょうど146.00円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートはさらに落ち、やがてモメンタムのラインがシグナルを下から上に割りましたので、これが決済のタイミングとなります。

チャートを見ると、145.60円付近で決済のサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、146.00円でエントリー、145.60円で決済ができていますので、40pipsもの利益を得た計算になります。

今回は過去のチャートを使用していますので、簡単にエントリーのタイミングを見つけることができました。

ただし、実際のトレードではリアルタイムのチャートを使用しなければならず、上級者でもエントリーのタイミングを見つけるのは難しいです。

逆張りに挑戦するのは、少なくとも順張りのやり方に慣れ、経験を積んでからの方が望ましいでしょう。初心者のうちからいきなり逆張りに挑戦しても、失敗して損する確率の方が高いです。

モメンタムのデメリット、リスク、注意点

ここではモメンタムのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 0ライン付近だと役に立たないことが多い
  3. レンジ相場との相性が悪い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずモメンタムを利用してトレードをする際には、騙しに引っかからないように注意してください。

モメンタムに限らず、テクニカル指標を使ったあらゆる手法に騙しはあります。騙しが全くない手法など存在しないといっても過言ではありません。

騙しとは、トレーダーを騙すようなチャート上の動きのことです。

例えばモメンタムの場合、上昇相場中にモメンタムがシグナルを下から上にクロスし、買いのサインだと判断してロングでエントリーしてみた結果、すぐに反転してレートが落ち、損失が発生したなどのケースが騙しの典型例です。

騙しに引っかかるとトレードで負けますし、そのまま被害を放置すればいずれはロスカットされ、大損することでしょう。

そのような事態を未然に回避するためにも、FXのトレードをする際には騙しへの対策を練っておいてください。

対策

どれほど勝率の高い手法であっても、連戦連勝はできません。いつかは騙しに引っかかり、負けることがあります。

これはモメンタムに限らず、どんなテクニカル分析の手法を使ったところで同じ事が言えます。それだけに、FXをする際にはいざ騙しに引っかかって負けた時の対策として、損切りのルールを確立しておく必要があります。

損切りのルールを守ることが、騙しへの有効な対策となります。

損切りとはポジションを決済して損失を確定させる行為です。

損切りをすれば、たとえ騙しに引っかかってトレードで負けることがあったとしても、損失を最小限に抑えることができます。

損失が小さいうちに決済しておけば、これ以上損失が拡大するリスクはありません。次のトレードで損失を上回れるだけの利益を獲得すれば、いつでも挽回が可能です。

しかし、損切のルールを遵守しないと、これができず、常に大損のリスクを負うことになります。

FXはたとえ勝率が1割でも、この1割の勝利で大きく稼げればまったく問題のない世界です。その反対で、たとえ勝率が9割でも、残り1割の負けトレードで大損し、今までの利益をすべて溶かしているというのでは意味がありません。

トレードをする際には損失が常に最小限におさまるように、損切りのルールを徹底して守りましょう。

2.0ライン付近だと役に立たないことが多い

モメンタムはトレンドの強弱を客観的に分析できる便利なツールです。モメンタムのラインが0ラインから乖離すればするほど、強いトレンドが発生しているサインとなります。

他方で、モメンタムのラインが0ライン近くで停滞している時は、大きな動きが見込めない時間帯となります。

このモメンタムが0ライン付近で動いている時は、勝てる見込みが低く、売買のサインもトレードに活かせないというデメリットがモメンタムにはあります。

別に0ライン付近でも、エントリーのサインがあれば売買に参加してもらって一向に構わないのですが、おそらくそのようなタイミングでトレードをしても高確率で負けるでしょう。

というのも、モメンタムが0ライン付近にあるということは、レートに動きがないということでもあるからです。

FXはレートが動かないと稼げません。モメンタムが0ライン付近で、トレンドに大きな動きが見込めない時間帯は、トレードをしてもまず稼げないでしょう。

対策

もしもモメンタムが0ライン付近から動かず、レートに大きな動きが見込めない場合、どうするべきなのでしょうか?

トレードをしても大きな動きが見込めない時間帯は、一旦トレードを中断し、様子見をしましょう。

レートに動きがないのに、無理をしてトレードをしたところで、負けることは明白です。

騙しに引っかかって負けるのと、意味もなく負けるのでは、雲泥の差があります。

前者の場合、そのトレードの教訓を活かすことで、トレーダーとして成長することができます。しかし、意味もなく負けるということは、反省することがないので、トレーダーとしての成長には一切貢献しない失敗となります。

どうせ負けるなら、最低でも意味のある負け方をしましょう。負けることが明らかなトレードは避けるべきです。

モメンタムが0ライン付近で特に動きがない時は、勝てる見込みがないと思って、トレードは様子見しておいた方が賢明でしょう。

3.レンジ相場との相性が悪い

モメンタムはトレンド相場との相性は良いですが、レンジ相場との相性は悪いです。

レンジ相場に入ると騙しが多く発生しやすく、モメンタムのサイン通りに売買をしても負けてしまう確率が高まります。

特に、レンジの幅が小さく、相場が停滞しているような場面ほど、その傾向は高まることでしょう。

もちろん、中にはレンジ相場でも勝てるというトレーダーもいるでしょう。しかし、そのような事ができる方というのは基本的に熟練の上級者だけです。

初心者のうちは、レンジ相場に挑戦してもまず負けるでしょう。

対策

レンジ相場は初心者には難しい相場となります。上級者でも、レンジ相場は避ける人が多いくらいです。

そのような難易度の高い相場にあえて挑戦する必要はありません。勝てそうにないのであれば、避けてしまえば良いのです。

幸い、モメンタムはレンジ相場とトレンド相場の見極めにあたって参考になる指標です。

モメンタムを見て、レンジ相場ならばトレードを控え、トレンド相場ならば積極的にトレードをするなど、状況に応じてトレードをするか否かを検討してみましょう。

自分が得意とする相場だけ勝負をし、それ以外の相場は避ける、これはFXで稼ぐコツでもあります。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つであるモメンタムについて解説しました。

モメンタムはトレーダー間でも人気のある有名なオシレーター系の指標です。人気があるので、どこのFX会社のチャートツールであっても、モメンタムは問題なく使用できるでしょう。

そんなモメンタムの使いどころですが、主にトレンドの強弱を判断する時に使用します。

特にトレンド相場とレンジ相場との見極めで役立つ指標となります。

トレンド相場とレンジ相場の見極めがなかなかできず、困っているという悩みを抱えている方は、一度モメンタムを使ってみることをおすすめします。