MACDとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標の中でも、オシレーター系の指標に分類されるMACDはFXトレーダーの間でも特に人気の高い有名な指標です。

今回はそんなMACDとは何なのか、特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

MACDは移動平均線などと並んで非常に実用的な指標です。使い方もシンプルでわかりやすく、初心者でも習得しやすい指標となりますので、ぜひ覚えておきましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

MACDとは?

MACDはテクニカル指標の一つであり、オシレーター系の指標でもあります。

トレーダーからの人気が非常に高い有名な指標であり、どこのFX会社のチャートツールであってもMACDは標準的に用意されているものです。

MEMO
オシレーターとは、現在のレートは買われ過ぎているのか、それとも売られ過ぎているのかを客観的に判断できるテクニカル指標のこと。MACD以外に、RCI、RSI、ストキャスティクスなどがある。

1979年にジェラルド・アペルが開発したMACDは、移動平均線をより高精度に進化させたテクニカル分析の手法となります。

使用する移動平均線は指数平滑移動平均線で、MACDは短期で構成されている移動平均線の短期平均から、長期で構成されている移動平均線の長期平均を差し引きすることで算出されます。

以上のように短期平均と長期平均を差し引きすることで算出されるMACDのラインとは別に、シグナルと呼ばれるラインの2本を使用してテクニカル分析を行うのがスタンダードなMACDの使い方となります。

MACDを絵にすると、以下のようになります。

MACDを使用する場合、MACDとシグナルのラインとは別に、中央にある0ラインの3点を意識することが一般的です。

MACDを使用する目的

MACDを使用する主な目的というと、現在の相場の方向性や、売買のポイント、さらにトレンドの強弱の判断、などがあります。

例えば、MACDのラインが0ラインよりも上にあるのであれば上昇相場、下にあるのであれば下降相場など、相場の方向性を確認することができます。

他にも、MACDがシグナルをゴールデンクロスしたらロング(買)、デッドクロスしたらショート(売)など、売買のポイントとしても機能させやすいです。

さらに、トレンドの強弱などもMACDを使用することで分析することができるので、現在の相場がレンジ相場なのか、それともトレンド相場なのかを見極めたい時にもMACDは役立ちます。

MEMO
MACDを使用することで、相場の方向性から売買のポイント、トレンドの強弱などをチェック可能

MACDの見方

ここではMACDの見方を解説します。

まず以下のチャートより、MACDを使用します。MACDはオシレーター系のツールということもあってか、使用するとチャートの下部に表示されます。

下の赤枠で囲っている個所がMACDです。

設定値12、26の赤い線がMACDのライン、設定値9の黄色いラインがシグナルのラインとなります。

右には目盛りがあり、その中心が0になります。

MACDとシグナルのラインが0ラインよりも高ければ上昇相場、0ラインよりも低ければ下降相場だと判断できます。

チャートにすると以下のようになります。

上記のチャートのように、MACDのラインが現在0ラインよりも高いのか、それとも低いのかで、現在の相場の方向性を確認することができます。

さらに、MACDとシグナルがクロスする瞬間を売買のサインと見なすことで、エントリーのポイントを探しやすくなります。

例えば以下のチャートの場合。

MACDがシグナルを下から上にゴールデンクロスしたら買い、上から下にデッドクロスしたら売りのサインと見なすことで、レートが割安の時に買い、割高の時に売ることができます。

0ラインから見てMACDは現在どこにあるのか、シグナルをどこでクロスしたのかなどを常にチェックすることで、勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

MACDを利用したトレードの手法

ここではMACDを利用したトレードの手法を、初心者向けの順張りと、上級者向けの逆張り、それぞれ分けて紹介します。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

順張りは、現在の相場の流れに合わせて売買をする手法で、騙しが少なく、勝率も高いので、初心者向けの手法となります。

順張りの場合、上昇相場中はロング(買)、下降相場中はショート(売)でエントリーします。

トレードルールは、上昇相場中にMACDがシグナルをゴールデンクロスしたらロング、もしくは下降相場中にMACDがシグナルをデッドクロスしたらショートでエントリー。MACDがシグナルを割ったら決済をする、という前提で話を進ます。

まず以下のチャートよりMACDを使用し、エントリーできるタイミングを待ちます。

MACDのラインが0ラインよりも下にありますので、現在は下降相場中であることが見て取れます。この場合、今回は順張りを採用していますので、ショートでエントリーできるタイミングを待ちます。

やがてMACDがシグナルをデッドクロスしましたので、ここがショートでエントリーするタイミングとなります。

ちょうど144.90円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

レートはその後、順調に落ち、やがてMACDがシグナルをゴールデンクロスしましたので、ここが決済のポイントとなります。ちょうど144.40円付近でサインが出ているので、今回のトレードではここで決済ができたとします。

すると、144.90円でエントリー、144.40円で決済ができましたので、50pipsもの利益を得られた計算になります。

これぐらいの利益を自力でコンスタントに稼げるようになれれば、FXで資産を倍増できる日も近いでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りの場合、トレンドとは反対方向にエントリーしますので、上昇相場中であればショート(売)、下降相場中であればロング(買)でエントリーすることになります。

逆張りは騙しが多く、勝率も低い上級者向けの手法です。まだトレードに慣れていない初心者のうちは、順張りから始めた方が良いでしょう。

今回はあえて上級者向けの手法も解説します。

トレードルールは、下降相場中にゴールデンクロスが発生したらロング、上昇相場中にデッドクロスが発生したらショートでエントリー。MACDのラインがシグナルを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートよりMACDを使用し、エントリーできるタイミングを窺います。

MACDのラインが0ラインよりも上にありますので、上昇相場であることが見て取れます。

今回は逆張りの手法を採用していますので、ショートを入れるタイミングを待つことになります。

やがてMACDがシグナルをデッドクロスしましたので、これがショートを入れるサインとなります。

ちょうど145.70円付近でサインが出ていますので、今回はここでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが落ち、やがてMACDがシグナルを割ってゴールデンクロスしましたので、ここが決済のポイントとなります。145.40円付近でサインが出ているので、今回のトレードではここでポジションを決済できたとします。

すると、145.70円でエントリー、145.40円で決済ができましたので、30pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので簡単に売買のポイントを見つけられました。しかし、実際のチャートでは騙しが多く、上級者でも逆張りで稼ぐことは難しいです。

逆張りはリスクの高い手法になりますので、初心者のうちは避けておいた方が無難でしょう。

MACDのデメリット、リスク、注意点

ここではMACDのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. レンジ相場に弱い
  3. 絶対に稼げるわけではない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずMACDには騙しが発生するリスクがあります。トレードの際には騙しへの対策を立てておきましょう。

騙しとは、トレーダーを騙すような動きのことで、引っかかるとトレードで負け、損をします。

例えばMACDの場合、MACDのラインがシグナルのラインをゴールデンクロスしたので買いのシグナルだと判断し、ロングでエントリーしてみた結果、すぐに反転してレートが落ち、トレードで負けたというパターンが典型的な騙しです。

MACDに限らず、テクニカル分析には騙しが付きものです。為替レートは必ずしもテクニカル指標のサイン通りに動くとは限らないです。

騙しに引っかかると最悪ロスカットされ、大損します。そうなる前に対策を講じておきましょう。

対策

騙しは、避けようと思って避けられるものではありません。プロのトレーダーですら、時に騙しに引っかかり、損を出します。

にも関わらずプロがFXで利益を出せる理由とは、偏に損切りをしているからです。

騙しへの最も有効な対策は、損失が拡大する前に決済をし、損切りをすることです。

FXは、たとえトレードで負けたとしても、しっかり損切りができているのであれば、まだまだ挽回し、稼ぐことが可能です。

しかし損切りができないと、無駄に損失が拡大し、今まで稼いできた利益がすべて吹き飛んでしまう恐れがあります。

そのような事態を回避するためにも、FXを始めるなら真っ先に損切りのやり方を習得しておきましょう。損切りしている限り、大事な資産を無駄に減らすことなく、守ることができます。

2.レンジ相場に弱い

MACDはトレンド相場には強い指標なのですが、レンジ相場には弱く、負けやすいです。

特に動きが少ないレンジ相場ともなると、頻繁にゴールデンクロスとデッドクロスが発生し、ラインが混乱するような事態に陥りやすいです。

普段はMACDを使用することで勝てているのに、急に稼げなくなったなどの悩みを抱えている人は、一度現在の相場がレンジ化していないか、チェックしてみると良いでしょう。

対策

MACDがレンジ相場に弱い以上、無理してレンジ相場でトレードをする必要はありません。

レンジ相場で稼げないのであれば、トレンド相場で勝負をすると良いでしょう。

稼げない相場は避け、稼げる相場だけで勝負をする、これはFXで稼ぐコツでもあります。

レートの動きが無くなり、すっかりレンジ相場と化している時は、稼げないと判断し、トレンド相場が到来するまでトレードは様子見してみましょう。

稼げる時が来るまで待つことも、FXでは重要です。FXで稼げているプロほど待ち時間が長く、いざ稼げる時がくるまでひたすら様子見をするものです。

3.絶対に稼げるわけではない

MACDは利用すれば確かに勝率の高いトレードを実践できるでしょう。ただし、勝率が高いからといって必ずしも稼げるとは限りません。

トレードのサインに従って売買をしたからといって、必ずしもレートが大きく動くとは限らず、場合によってはほとんど稼げないこともあります。スプレッド次第では赤字になることもあるでしょう。

例えば買いのサインが出たのでロングでエントリーしてみた結果、数pipsしか動かず、大した利益は得られないなんてケースも想定されるでしょう。

さらに、騙しに引っかかったり、レンジ相場などの相性が悪い相場に遭遇すると、損失が増えやすく、稼げなくなる危険性が増します。

FXはたとえ10回勝てたとしても、次の1回の負けで大損すると、それだけで今までの利益がすべて消えてしまうリスクのある取引です。

FXで稼ぎたいと思うなら、勝率よりも利益率を優先しましょう。

対策

FXで稼げるトレーダーへと成長するためには、実践と検証、そして反省、この3点を繰り返し行うしかありません。

まずこうすれば稼げるだろうというトレードルールを考案し、実践します。その実践の結果、トレードの記録を検証し、どうすればもっと稼げるのか、改善案を出しましょう。

トレードルールを改善したら、再び実践し、検証、そして改善をすることになります。

このようにトレードルールの検証と改善のサイクルを経ることで、トレーダーとして成長することができるのです。

FXはこれだけやっておけば稼げるという世界ではありません。トレードで稼ぎたいならば、自分自身の成長を促しましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の中でも特に人気の高い指標であるMACDについて解説しました。

MACDはシンプルな見た目であるため、初心者でも付き合いやすい指標です。同時に、実践的な指標でもあるので、上級者からの人気も高いです。

そんなMACDを習得すれば、勝率の高いトレードを実践できるでしょう。ただし、初心者がいきなりMACDを使ったトレードをしたところで、負ける確率の方が高いです。

稼げるトレーダーになるためには成長が欠かせません。そして、成長するためには、トレードの記録を付けることが重要になってきます。

これからFXを始める予定ならば、いつ、どのタイミングで、なぜトレードをしたのか、勝敗はどうだったのか、などのことを細かくノートに記録しましょう。

ノートといっても、必ずしも紙媒体である必要はありません。Excelでも良いですし、ブログでも良いです。要は、トレードの結果を目に見える形で残すことが重要なのです。

トレードの記録をノートに付けることで、自分のトレードの何が悪いのか、反省点を見つけることができます。反省点が見つかったら、改善し、次のトレードに活かしましょう。

FXは闇雲にトレードをしている限り勝てないです。

稼げるトレーダーに成長したいなら、まずはトレードの記録をノートに付けることから始めてみましょう。