ライブスター証券のライブスターFXとは?その特徴や口コミを解説!

ライブスター証券

これからFXを始めるという時、各FX業者にはどのような強みがあり、そして弱みがあるのか、特徴を知ることは重要です。

FX業者といっても会社が違えばメリットやデメリットも異なってきます。FX口座を選ぶ際には、それぞれのFX業者の特徴を見極めた上で、自分のトレードスタイルと最も相性が良いFX業者を選択しましょう。

今回は国内のFX口座の一つであるライブスター証券のライブスターFXについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを解説します。

ライブスター証券のライブスターFXの概要

ここではライブスター証券のライブスターFXの概要を表を使用して紹介します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.9銭 24通貨ペア 1万通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
二重丸 丸 丸

 

ライブスターFXの特徴

ライブスターFXとは、ネット証券会社であるライブスター証券が提供するFXサービスです。

ライブスター証券と言えば、国内で特に株式投資の手数料が安いということで有名なネット証券会社で、同社を利用して株式投資をしているというユーザーは多くいることでしょう。

株式投資以外にも、先物取引や信用取引、投資信託、そしてFXなど、総合的に金融商品を取り扱っています。

ライブスター証券の口座を開設すれば、FXに限らず、様々な市場を対象に投資ができることでしょう。

そんなライブスター証券のライブスターFXの強みといえば、iサイクル2取引による自動売買です。

iサイクル2取引は業界でも評判の良い自動売買のツールであり、これを使用したいがためにライブスターFXを利用しているユーザーも多くいることでしょう。

MEMO
ライブスターFXはライブスター証券の金融サービスの一つ。iサイクル2取引による自動売買が有名

iサイクル2取引による自動売買の仕組み

ライブスターFXのiサイクル2取引は、リピート系の自動注文ツールであり、利用することで初心者でもお手軽にシステムトレードを始められます。

iサイクル2取引の自動売買の仕組みを簡単に説明すると、為替レートの値幅に合わせて連続で売買注文を繰り返すリピート系のシステムトレードです。

一定の値幅までレートが下がると買い注文が入り、逆に一定の値幅分だけレートが上がると売り注文がそれぞれ自動的に入ることで、iサイクル2取引ではコツコツと利益を狙っていくことになります。

一旦、設定が完了すると、あとはシステムが機械的に売買を繰り返していきますので、トレーダー自身が手動で売買をする必要はありません。

システムトレードが始まると、あとは完全に放置するだけで自動的に売買ができることが、システムトレードのメリットです。

手数料

ライブスターFXでは、iサイクル2取引以外であれば、売買手数料無料でトレードができます。ただし、iサイクル2取引による自動売買をする場合、新規注文と決済注文、両方に売買手数料がかかるので注意してください。

iサイクル2取引では、新規注文と決済注文、それぞれに1万通貨あたり200円の手数料がかかります。そのため、往復すると400円の手数料がかかります。

以上のように、取引量が増えるごとに手数料が増えていきますので、トレードの際には取引コストに気を付けましょう。

スプレッド

ライブスターFXのスプレッドは、業界全体で見るとかなり広めで、取引コストが高いので注意してください。

ただし、自動売買系のFX業者は基本的にどこも取引コストが高いものなので、ライブスターFXだけが特別に取引コストが高いというわけではありません。

ライブスターFXの取引コストを比較する際には、同じシストレ系のFX業者を対象に、どのくらいコストがかかるのかを比べてみると良いでしょう。

スワップポイント

ライブスターFXのスワップポイントは、業界全体で見ると、かなり高めとなります。

特に豪ドル、NZドル、米ドル、南アフリカランドなどのスワップポイントが非常に高く、ポジションを長期保有すると他社よりも多くのインカムゲインが稼げるでしょう。

以上のことから、ライブスターFXは業界でも特にスワップポイントが稼ぎやすいFX口座となります。

取扱通貨

ライブスターFXの取扱通貨ペアの総数は、業界全体で見ると平均的です。

少ないわけではないのですが、多いというわけでもなく、極めて一般的な取扱数です。

ユーザーからの人気が高い通貨ペアなどはしっかりと取り扱われているので、普通にFXをする分には特に問題にはならないでしょう。

ただし、マイナーな通貨ペアの取扱数が少ないため、マイナー通貨を対象に投資をしたいというユーザーからすると相性が悪いかもしれません。

利用する際には、自分がトレードしたい通貨ペアは本当に取り扱われているのか、事前にチェックしておくと良いでしょう。

取引ツール・スマホアプリ

ライブスターFXの取引ツールは、自動売買がやりやすいとのことで評価されています。

特に、iサイクル2取引は、設定が簡単なため、初心者でも扱いやすく、すぐにシストレを始められる優れた取引ツールです。

PCツール以外にも、iPhoneやandroid対応のスマホ専用の取引ツールアプリもありますので、事前にインストールしておけばスマホを通じてFXを始められます。

約定力

ライブスターFXの約定力は、可もなく不可もなくといったところです。

普通にトレードをする分には特に気にならないレベルですが、相場が荒れているような時は注文が滑るリスクが高くなるので注意が必要です。

入出金

ライブスター証券では、クイック入金のサービスを利用することで、手数料無料で、24時間いつでもリアルタイムで入金ができます。

出金に関しても、会社側が費用を負担してくれますので、振込手数料無料で出金することができます。

出金の依頼をする場合、2営業日までには指定した金融機関へ振り込まれることでしょう。

ロスカット

ライブスターFXのロスカット値は、取引証拠金に対して25%となります。

ただし、レバレッジ25Gのコースを利用する場合は30%、レバレッジ25Hのコースだと100%と、ロスカット値が変化するので注意しましょう。

もしも取引中に含み損が拡大し、ロスカット値を割ると、強制的にポジションが決済され、損失が確定します。

信託保全

ライブスター証券では法令に則り、顧客の資産は分別管理し、保全しています。

そのため、万が一ライブスター証券が破綻することがあったとしても、顧客の資産は信託先銀行より無事返還されますので、常に安全に取引できます。

キャンペーン

ライブスター証券では、FXに関しては特にキャンペーンはありません。

ただし、新規で証券口座を開設したユーザーを対象に、現物取引手数料と信用取引手数料、先物取引手数料、オプション取引手数料が約2ヶ月間無料になるというキャンペーンを実施しています。(2019年8月時点)

ライブスターFXのメリット・デメリット

ここではライブスターFXのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

ライブスターFXのメリット

ライブスターFXのメリットというと、リピート系のシストレであるiサイクル2取引を利用できることです。

IFDO注文を自動的に連続で発注し、相場の動きに合わせて売買を繰り返すリピート系シストレのiサイクル2取引は、シンプルでわかりやすいツールであるため、初心者でも扱いやすいです。

今までに一度もシストレをやったことが無いという方でも、ライブスターFXのiサイクル2取引であれば、すぐに使い方を習得できるでしょう。

低コストで株式投資ができる

ライブスター証券の主な強みというと、株式投資にかかる売買手数料が他社と比較して安く、低コストな投資ができることです。

FXという面で見ると取引コストが高いライブスター証券ですが、株式投資という側面から見ると、どこよりも低コストな取引ができるのです。

そのため、FXよりも株に興味があるというユーザーからすると、株式投資のコストが安いライブスター証券は相性が良いでしょう。

ライブスターFXのデメリット

ライブスターFXのデメリットは取引コストが高いことです。

特にiサイクル2取引を使用したシストレを実践する場合、広めのスプレッドに加えて売買手数料もかかりますので、取引コストが高めとなります。

たとえシストレで勝つことができても、大きく勝てないと取引コストで損してしまうので注意が必要です。

ライブスターFXを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではライブスターFXがおすすめされるユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

ライブスターFXがおすすめされる人というと、シストレをやりたい人がまさにそれです。対して、短期売買をやりたい人はおすすめではないです。

  1. おすすめ:シストレをやりたい人
  2. おすすめではない:短期売買をやりたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

ライブスターFXがおすすめな人

ライブスターFXは、FXの自動売買に興味があるという人や、シストレを始めたい人におすすめです。

というのもライブスターFXを利用すると、リピート系の自動注文ツールであるiサイクル2取引を使用できるからです。

iサイクル2取引の使い方を一旦覚えてしまうと、あとは24時間トレーダーに代わって自動的にシステムが売買をしてくれますので、自分で取引をする手間がありません。

FXを始めたものの、なかなか自分では上手く勝てず、稼げないという悩みを抱えている方にも、システムが自動で売買をしてくれるiサイクル2取引はおすすめでしょう。

株式投資と併用したい方にもおすすめ

ライブスター証券は、そもそもFXよりも株式投資に強いネット証券会社です。

そのため、株をメインに取引しつつ、チャンスがあればFXにも投資をしたいなど、FXのセカンド口座を探しているユーザーにもライブスターFXはおすすめです。

ライブスターFXはスワップポイントが高いFX口座でもありますので、株だけでなく、FXのインカムゲインも稼ぎたいというユーザーとも相性が良いでしょう。

ライブスターFXがおすすめではない人

ライブスターFXはデイトレやスキャルピングなどの短期売買をやりたい人との相性が悪く、おすすめはできないです。

というのもライブスターFXはスプレッドが広いFX口座となりますので、他社と比べて不利なレートを強いられやすいからです。

ライブスター証券よりもスプレッドが狭く、短期売買に向いているFX業者は他にいくらでもあります。

あえて取引コストが高いライブスターFXでデイトレやスキャルピングをするメリットは特にありません。

デイトレやスキャルピングなどの短期売買をメインにトレードをしたいなら、他のスプレッドが狭く、売買手数料がかからないFX口座を探した方が良いでしょう。

ライブスターFXの利用者の口コミ

ここではライブスターFXを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
37歳男性
oo
(4.0)
ライブスターFXは通貨ペアが充実しており、主要通貨の取引は問題なく取り組めます。スプレッドの狭さも魅力です。また、自動売買ができるので働きながらFXに取り組む私にとってはたいへんありがたいです。たまに約定しないことがありますが、許容範囲だと思っています。

 

男性イメージ
59歳男性
oo
(4.0)
ライブスターFXのFX会社を利用した感想ですが、導入部分が非常に分かり易く説明してくれるのでFX素人の私でも十分理解できました。すぐに投資開始できたのでモチベーションを保てたのは良かったです。

 

男性イメージ
39歳男性
oo
(4.0)
今まで以上に良い取引環境を求めて、ライブスターFXで新たに取引を始めました。スピード発注機能がついていたおかげで、良いタイミングで売買が行えました。高いレバレッジのコースを使うことで、小さな資金で大きな利益を実現できました。

 

女性イメージ
41歳女性
oo
(4.0)
デモ口座で使いやすさを実感したので、ライブスターFXで本格的に取引を行いました。スプレッドも小さくて手数料も原則無料だったので、小さな値動きでも利益をあげられました。更にトレード画面をカスタマイズすることで、より良い取引環境を実現できました。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(5.0)
ライブスターFXの魅力は、スワップポイントと言う金利から得られる利益率が高いところです。他のFX業者とは比較にならないほどの金利利益を得ることができるので、コツコツと利益を積み重ねられています。

 

男性イメージ
50歳男性
oo
(4.0)
ライブスターFXで口座開設をして投資を開始しました。ライブスターFXの魅力は、投資関連の情報が豊富に提供されている点です。マイナーな通貨に関するニュースやコラムなどが充実しています。

 

男性イメージ
49歳男性
oo
(4.0)
ライブスターFXは、FX投資に適した証券口座だと感じています。テクニカル分析用のツールが豊富に用意されていて、例えばチャート一つとってもいろんな形式の表示切替が簡単にできて便利です。

 

男性イメージ
44歳男性
oo
(4.0)
他の所と比べてライブスターFXはスプレッドが広めです。他の所と違うのがループイフダンのようなものもありますが、これは手数料がかかります。何度か使ってますが問題などもありません。

 

男性イメージ
39歳男性
oo
(5.0)
ライブスターFXはスプレッドなどは問題なく、速度や安定性も快適です。機能や情報なども充実していて特に大きな問題なども起きてません。快適に取引自体は出来て機能などにも満足しているので良いです。

 

男性イメージ
48歳男性
oo
(4.0)
ライブスターFXはスプレッドは広めで、通貨の変動幅は少なめなので約定率も高いです。自働注文などは安定していて利用しやすく、通貨単位も1万からなので最初は資金が必要です。自動システムも中々良いです。

 

 

FX初心者へのアドバイス

今回はライブスター証券のライブスターFXについて、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

ライブスター証券は、株式投資の手数料が業界では特に安いネット証券会社です。そのため、FXよりも株の取引をしたいというユーザーとの相性が良いです。

特に、スワップ目的の長期投資や、iサイクル2取引を利用したシステムトレードをやりたいというユーザーほど、おすすめです。

他方でスプレッドが広く、売買手数料がかかるなど、取引コストが高いというデメリットがあるので、デイトレやスキャルピングをしたい人とは相性が悪いでしょう。

ライブスターFXは、シストレ向けのFX口座です。デイトレなどの短期売買には向いてないです。

今後、ライブスターFXを利用をするつもりならば、どうすればシストレで勝てるのか、FXの自動売買について先に学ぶことをおすすめします。

デイトレとシステムトレードでは、同じFXの取引といっても、稼ぐコツに違いがあります。

シストレにはシストレならではの稼ぐコツがあります。

自動売買はやれば誰でも勝てるというものではありません。シストレで稼ぐためにも、まずは稼ぐための方法を学びましょう。