一目均衡表とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標の一つである一目均衡表は、トレーダーからの人気が高い有名な指標です。

今回はそんな一目均衡表について、その特徴や見方、トレードでの使用法、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

一目均衡表は、一見しただけでは非常に難易度の高そうな指標です。しかし、一旦使い方に慣れてしまうと、トレードで非常に役に立ってくれる実践的な指標なだけに、ぜひとも習得しておきましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

一目均衡表とは?

一目均衡表は日本人の細田氏が開発したテクニカル指標で、海外のトレーダーからも人気のある有名な指標です。

一目均衡表には全部で5つの線、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンがあります。

  1. 基準線…中期的な相場の方向性を示したライン
  2. 転換線…短期的な相場の方向を示すライン
  3. 先行スパン1…基準線と転換線の中心を先行しているライン
  4. 先行スパン2…最高値と最安値の中心を先行させたライン
  5. 終値よりも前に表示されるライン

さらに、先行スパン1と先行スパン2の間に生じる雲も、一目均衡表では欠かせません。

一目均衡表は、この5つのラインと雲の動きを分析することで、今後の展開を予測することができる指標です。

実際に一目均衡表を使用すると、以下のようなチャートになります。

一目均衡表は初心者からするとかなり難易度が高いテクニカル指標に思われがちですが、一旦習得してしまえば役に立つ指標となってくれますので、ぜひ習得しておきましょう。

MEMO
一目均衡表には5つのラインと雲がある

一目均衡表を使用する目的

一目均衡表を使用する主な目的というと、トレンドの方向性の確認や、売買のポイントを探りたい時など。

特に一目均衡表は、一般的な指標と比べて線の数が多く、多角的な分析が可能な指標です。使用すれば、トレードの勝率に大きく貢献してくれるでしょう。

例えば、先行スパン1と先行スパン2の間に生じる雲が厚くなると、反転し辛く、強いトレンド相場になりやすいというサインになります。

他にも、基準線と転換線を見て売買のポイントを探るなど、一目均衡表には多種多様な使い方があります。

MEMO
一目均衡表の雲は抵抗帯として機能する

一目均衡表の見方

一目均衡表を見る場合、雲と先行スパン1、2、転換線と基準線、そして遅行線の3つに注目しましょう。

  1. 雲と先行スパンの見方
  2. 転換線と基準線の見方
  3. 遅行線の見方

以下よりそれぞれの見方を詳しく解説します。

1.雲と先行スパンの見方

一目均衡表の雲とは、先行スパン1と先行スパン2の間に生じるもので、この雲が拡大すると強い抵抗帯、薄くなると弱い抵抗帯となります。

さらに、雲をレートがクロスすると、相場の転換のサインとなります。

例えば以下のチャートの場合。

チャートを見ると、前半まで厚い雲が生じており、それが抵抗帯となってレートが上昇を続けています。

しかし、途中より大きな下落が生じ、レートが雲を突き抜け、急落しました。完全に雲を抜けているので、今までの上昇相場から下降相場へと転換していることが窺えます。

以上のように、雲の厚さやレートとの位置関係、雲を抜けたポイントなどを見ることで、現在の相場の方向性から、転換した場所まで分析することができます。

2.転換線と基準線の見方

転換線と基準線は、売買のシグナルとして機能しやすいです。

例えば、転換線が基準線を下から上にクロスしたら買いのシグナル、上から下にクロスしたら売りのシグナルだと判断できます。

では参考に以下のチャートを見てみましょう。

赤いラインが転換線、黄色いラインが基準線になります。

四角で囲っている個所を見ると、それぞれラインがクロスし、売りもしくは買いのサインが出ています。

これらの売買のシグナルを参考にすることで、根拠のあるトレードができるようになるでしょう。

3.遅行線の見方

遅行線は一目均衡表の中で、一番後ろにあるラインとなります。

遅行線のラインは売買のサインを探したい時に役立ちます。

遅行線がレートを下から上にクロスしたら買い、上から下にクロスしたら売り、と見なすことができます。

例えば以下のチャートの場合。

チャートを見ると、青い四角が囲っている個所にて遅行線がローソク足を上から下にクロスしていますので、売りのサインが出ていることが窺えます。

さらに、赤い四角で囲っている個所を見ると、遅行線がローソク足を下から上にクロスしていますので、買のサインとなります。

それぞれのサインの位置関係を見ると、売りのシグナルが出た時の方が買いのシグナルが出た時よりも高値になっています。

つまり、売りのサインが出た時にショートでエントリーし、買いのサインが出た時のショートポジションを決済すれば、利益が出るということです。

以上で紹介したように、先行スパンや雲、基準線と転換線、さらに遅行線のサインをそれぞれ参考にすることで、多角的な分析が一目均衡表では可能となります。

一目均衡表を利用したトレードの手法

ここまでは一目均衡表の見方を解説しました。ここからは一目均衡表を利用したトレードの手法を紹介します。

トレードの手法というと、トレンドの流れに沿って売買をする順張りの手法と、トレンドに逆らう形で売買をする逆張りの手法の二種類があります。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

まずは順張りの手法を紹介します。

順張りとはトレンドの流れに沿って売買をする手法で、騙しが少なく、勝率の高いトレードができる相場であることから、初心者向きの手法となります。

トレンドに沿う形で売買をしますので、上昇相場ではロング(買)、下降相場ではショート(売)でエントリーをします。

トレードルールは、上昇相場中に転換線が基準線を下から上にクロスしたらロング、下降相場中に転換線が基準線を上から下にクロスしたらショートでエントリー。一定の利益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、相場の方向性を確認します。今回は、雲の動きを見て、トレンドをチェックします。

まずチャートの一目均衡表の雲を見ると、途中で先行スパン1と先行スパン2のラインが捻じれているので、ここで下降相場から上昇相場へと転換したことがわかります。

実際、ローソク足も雲を下から上に抜け、そのまま上昇していますので、この相場は上昇トレンドが発生していることが窺えます。

今回は順張りの手法を採用していますので、この場合ですとロングでエントリーをするタイミングを待つことになります。

やがて待っていると、転換線が基準線を下から上に抜けましたので、ここがロングでエントリーをするサインとなります。

レートを見ると、だいたい110.30円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、上昇トレンドの勢いに釣られてレートは上昇するも、勢いが減少。転換線が基準線を上から下にクロスし、売りサインが出ています。今回はここを決済のサインとします。

決済のサインは、111.50円付近で出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、110.30円でエントリー、111.50円で決済となりますので、120pipsもの利益を得た計算になります。

これぐらいの利益を順調に自力で稼げるようになれれば、今後トレードを重ねることで資産を増やすことができるでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りとは、トレンドに逆らう形で売買をする手法のことで、短期間で大きく稼げる分、騙しが多く、勝率の低い上級者向けの手法となります。

トレンドに逆らうことになりますので、上昇相場ではショート(売)、下降相場ではロング(買)でエントリーします。

トレードルールは、上昇相場時に遅行線が雲を上から下に割ったらショート、下降相場時に遅行線が雲を下から上にクロスしたらロングでエントリー。一定の利益が出たら決済をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、トレンドの方向性を確認します。

【画像7】

まず一目均衡表の雲とローソク足をチェックすると、チャートの前半においては雲よりも上の位置にローソク足がありますので、上昇相場であることが窺えます。

今回は逆張りを採用していますので、ショートでエントリーをするタイミングを待つことになります。

やがて待っていると、遅行線が雲を上から下に割りました。ここがショートのサインとなります。

レートを見ると、ちょうど112.00円付近でサインが出ていますので、このレートでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは大きく急落しました。急落の勢いが止まった後に、転換線が基準線を下から上にクロスして買いのシグナルが出ていますので、今回はここを決済のポイントとします。

ちょうど109.80円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、112.00円でエントリー、109.80円で決済となりますので、220pipsもの利益を得た計算になります。

逆張りは成功すると、短い期間で大きく稼げます。しかし、実際は騙しが多く、リスクが高いです。

今回は過去のチャートを使用しているので簡単に勝てたように見えますが、実際ここまで簡単に勝てることは珍しく、勝てない事の方が多いです。

初心者のうちは、騙しが多い逆張りよりも、騙しが少ない順張りの手法の方が良いでしょう。

一目均衡表のデメリット、リスク、注意点

ここでは一目均衡表のデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 使い方が複雑で難易度が高い
  3. 絶対に勝てるわけではない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

一目均衡表を使用する際には、騙しに注意しましょう。

一目均衡表に限らず、テクニカル分析の手法には等しくチャートに騙されるリスクがあります。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャート上の動きのこと。

例えば一目均衡表の場合、雲が厚くなって抵抗帯となり、上昇トレンドのサインが出たのでロングでエントリーをしてみた結果、急落し、大損するというケースなどが騙しの典型です。

騙しに引っかかるとトレードで負け、損をします。余計な損失の拡大を防ぐためにも、騙しへの対策を講じておきましょう。

対策

騙しへの有効な対策というと、損切りをすること。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負けたとしても、早々にポジションを決済して損切りをすれば、ダメージも少なくて済みます。

負けた時は損切りをし、勝った時は着実に利益を獲得する、損を小さくして利益を大きくするようなトレードを実践しましょう。

しっかりと損切りができていれば、騙しはそれほど恐れる必要はありません。

2.使い方が複雑で難易度が高い

一目均衡表は確かに便利で役立つ指標なのですが、線の数が多く、初心者からすると使い方が複雑で習得するのに苦労しそうです。

まだFXを始めたばかりの初心者がいきなり一目均衡表から使い始めたところで、トレードで活かすのは難しいでしょう。

対策

一目均衡表を習得するつもりがあるならば、まずは雲の動きに注目してみましょう。

一目均衡表は、数あるテクニカル指標の中でも珍しい、レートよりも前にラインが伸びている指標です。

先行スパン1と先行スパン2より生じる雲は、今後の動きを分析する上で、非常に役立つ指標です。

基準線と転換線、そして遅行線についてはまず脇に置き、重要度の高い雲の動きを先に習得してみましょう。

雲の見方をしっかりと学ぶと、自ずと基準線や転換線、遅行線の使い方もわかってくるようになります。

3.絶対に勝てるわけではない

一目均衡表は確かに役に立つ指標ですが、実践したからといって必ずしも勝てるというものではありません。負ける確率もあります。

そもそもテクニカル分析の手法に聖杯はありません。どんな手法であっても、負ける確率がある以上、負けることにも備えておく必要があります。

対策

できるだけ負けを避け、勝率の高いトレードを実践したいなら、このようなパターンになったら勝てるという、自分の得意とする手法を習得しましょう。

例えば一目均衡表の場合。遅行線がローソク足を割ると大きく動きやすく、その時にトレードをすると勝ちやすい、というトレーダーがいるならば、その勝ちやすいタイミングだけを狙ってトレードをしてみましょう。

FXで稼ぐコツは、勝てる時だけトレードをし、それ以外はトレードしないことです。

稼げるプロほどトレードしている時間よりも待っている時間の方が長く、自分が得意とするパターンが来るまでひたすら待つものです。

FX初心者へのアドバイス

今回は人気のテクニカル指標である一目均衡表について解説しました。

一目均衡表は、確かに一見すると複雑で、覚えるのが大変そうな指標です。しかし、一旦習得しておくと、トレードで非常に役に立つ実践的な指標でもあります。

特に、ローソク足に先行して表示される雲の動きは、今後のレートの動向を探る上で、非常に役に立つでしょう。

最初は慣れないかもしれませんが、何度も練習し、稼げるコツを見つけることが、トレーダーとして成長する秘訣です。

一目均衡表は使い方が複雑かもしれませんが、FXで稼ぎたいのであれば習得を目指し、何度も反復して練習してみましょう。

テクニカル分析は習得するまでが大変です。しかし一旦習得すると、FXの利益を増やしてくれる頼れるスキルとなってくれます。