加重移動平均線とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標といえば移動平均線が有名です。加重移動平均線は、そんな移動平均線の種類の一つです。

一般的な移動平均線のことを単純移動平均線と呼び、こちらは特定の期間の平均値をラインで結んだだけとなります。対して加重移動平均線の場合、単純移動平均線よりも現在のレートの動きに比重を置いているという特徴があります。

今回はそんな加重移動平均線について、その特徴や見方、トレードの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

加重移動平均線を習得することで、より実践的なトレードができるようになるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

加重移動平均線とは?

加重移動平均線は、移動平均線の種類の一つであり、一般的な単純移動平均線よりも直近のレートの値動きの影響を受けやすいという特徴があります。

基本的な構造や見方、トレードでの使い方は単純移動平均線と同じです。ただし、加重移動平均線は過去の値動きよりも直近の値動きを重視した線となりますので、より現在のレートの影響が反映されたラインになりやすいです。

実際のトレードにおいて、単純移動平均線と加重移動平均線との間に優位性などはありません。

単純移動平均線の方が使いやすいと思うのであればそちらを使えば良いですし、加重移動平均線の方が使いやすいと思うならそちらを使ってみると良いでしょう。

MEMO
加重移動平均線は、過去のレートよりも直近のレートを重視する

加重移動平均線を使用する目的

加重移動平均線を使用する目的というと、現在の相場の方向性を確認したい時や、売買のポイントなどを探りたい時などがあります。

使い方そのものは単純移動平均線と同一ですので、移動平均線の使い方を既にマスターしているのであれば、すぐにでも加重移動平均線を使用できるでしょう。

加重移動平均線が上に向かっているのであれば上昇相場であることがわかりますし、下に向かっているのであれば下降相場であることがわかります。

短期線と長期線を引き、ゴールデンクロスもしくはデッドクロスが到来するのを待つことで、売買のタイミングを把握することができるでしょう。

このように使い方は色々です。トレードスタイルに合わせて、もっとも利益に貢献してくれるような使い方を実践しましょう。

MEMO
加重移動平均線の使い方は単純移動平均線と同じ

加重移動平均線の見方

加重移動平均線は、FXのチャートツールを使用し、チャート上に表示させれば、誰でも利用が可能です。

加重移動平均線を見る時は、3本のラインを引き、短期線と中期線、そして長期線をチャート上に表示させると良いでしょう。

実際にチャートにすると、以下のようになります。

チャート上に描かれたラインのうち、赤い線が短期線、黄色い線が中期線、青い線が長期線となります。

この3つのラインの位置関係を見ることで、現在の相場は上昇相場なのか、それとも下降相場なのかを把握することができます。

例えば上のチャートの場合、長期線よりも短期線と中期線が途中まで下の位置にありました。しかし、途中で短期線と中期線が長期線を下から上にクロスし、相場が転換。上昇相場へと移り変わりました。

以上のように、短期線と中期線が長期線よりも上にあるのか、それとも下にあるのか、どこでクロスしたのかを見ることで、トレンドの方向性だけでなく、転換点まで把握できます。

このように短期線と中期線、長期線の位置関係を見て相場の方向性を判断するという方法以外にも、長期線の傾きで相場の方向性を判断するという方法があります。

例えば以下のチャート。

長期線が下から上に向かって傾いているので、上昇相場であることがわかります。

この傾きが上から下に向かっていた場合、それは下降相場だと判断することができます

長期線の傾きを見るだけでも相場の方向性を判断できますし、トレンドの転換点などを見つけたい時は短期線と長期線がクロスしている場所などを見つけると良いでしょう。

MEMO
移動平均線の傾きを見て相場の方向性を確認できる。線がクロスした箇所を見ることでトレンドの転換点を確認できる

加重移動平均線を利用した手法

ここまでは移動平均線の見方を解説しました。ここではトレードの一例を紹介します。

今回は初心者向けの順張りの手法と、上級者向けの逆張りの手法をそれぞれ説明します。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

ここでは順張りの手法を解説します。

順張りでは現在のトレンドの方向に合わせてエントリーをしますので、上昇相場ならロング(買)、下降相場ならショート(売)でエントリーします。

トレードルールは、上昇相場中に短期線が中期線を下から上にクロスしたら買い、下降相場中に短期線が中期線を上から下にクロスしたら売り、とします。エントリー後、短期線が逆方向にクロスしたら決済をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートに移動平均線を引き、トレンドの方向性を確認します。

チャート上には3本の移動平均線、短期線と中期線、長期線が描かれています。線を引いた後、短期線と中期線が長期線よりも上の位置にありますので、上昇相場であることがわかります。

今回は順張りの手法を採用していますので、ロングでエントリーできるタイミングを待ちます。

しばらくすると短期線が中期線を下から上にクロスしましたので、ここがエントリーのタイミングとなります。

ちょうど75.10円付近でサインが出ているので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後レートが上がり、76.00円付近で短期線が中期線を上から下にクロスしていますので、ここで決済できたとします。

すると、75.10円でエントリー、76.00円で決済ができたので、90pipsもの利益を稼げた計算になります。

実際のトレードでこれぐらいの利益を安定的に稼げるようになれれば、FXで資産を倍増できる日も近いでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りはトレンドとは反対方向に売買をする上級者向けの手法です。上昇相場ではショート(売)、下降相場ではロング(買)をそれぞれ入れます。

トレードルールは、上昇相場中に短期線が長期線を上から下にクロス、もしくは下降相場中に短期線が長期線を下から上にクロスしたらエントリー。短期線が逆方向に中期線、もしくは長期線をクロスしたら決済する、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより移動平均線を引き、相場の方向性を確認します。

3本の移動平均線を引くと、途中まで下降相場であることがわかります。

今回は逆張りの手法を採用していますので、ロングを入れるタイミングを待つことになります。

やがてレートが上昇し、短期線が長期線を下から上にクロスしました。ここがエントリーのタイミングとなります。

ちょうど、75.00円付近でサインが出ているので、ここでエントリーできたと仮定します。

レートはその後、順調に上がり、75.70円付近で短期線が中期線をクロスしました。ここで決済をしたとします。

すると、75.00円でエントリー、75.70円で決済ができたので、70pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので、簡単に勝てたように見えます。しかし、実際の逆張りの手法は難易度が高く、上級者向けです。

逆張りは勝てれば短期間で稼げますが、負けると損をするだけに、初心者のうちは勝率が低い逆張りよりも、勝率が高い順張りから始めた方が良いでしょう。

加重移動平均線のデメリット、リスク、注意点

ここでは加重移動平均線のデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 絶対に稼げるわけではない
  3. レンジ相場では役に立たない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まず加重移動平均線を使用する際には騙しに引っかからないように注意しましょう。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャートの動きのこと。

例えば、短期線が長期線を下から上に割ってゴールデンクロスしたので、買いのシグナルだと思ってロングでエントリーしてみた結果、その後すぐにレートが落ちて含み損が発生するケースなどがまさに騙しの典型的なパターンです。

加重移動平均線に限らず、あらゆるテクニカル指標には騙しがあります。

騙しへの対策を知らずにトレードをすると、確実に負けるでしょうし、損失も嵩むでしょう。

テクニカル分析の手法を使ってトレードをするのであれば、必ず前もって騙しへの対策を習得しておいてください。

対策

チャート上に騙しが発生した場合、経験を積んだ上級者でもない限り、まず引っかかってしまうでしょう。

騙しに引っかかってしまうとトレードで負けますし、損失も含みらます。果たしてどのような対策があるのでしょうか?

騙しへの有効な対策というと、損切りのルールを守ることです。

たとえ騙しに引っかかったとしても、損切りのルールさえ守っていれば、いたずらに損失を拡大することもないので、損小利大のトレードを実践できます。

ポイントは、騙しに引っかかったら潔く負けを認め、ポジションを決済して損切りをすること。

これができないとポジポジ病になってしまい、余計に損失が膨らむことになるでしょう。そのような事態を避けるためにも、必ず損切りのルールを守ってください。

2.絶対に稼げるわけではない

加重移動平均線を使用したトレードの手法は、実践すれば確かに勝率の高いトレードを行えます。しかし、それはあくまで勝率が高いというだけで、絶対に勝てるというわけではありません。

騙しに引っかかれば負けますし、たとえ思惑通りに動いたとしても利確のタイミングが遅ければやはり稼げないでしょう。

為替レートというのは常に上下に動いているものです。一時的に思惑通りに動いたからといって、今後ともその通りに動いてくれるとは限りません。

円安になるだろうと思った結果、その予想が的中し、レートが上がることもあるでしょう。しかし、上がった後に暴落し、一気に円高が進行すれば、せっかく予想通りに動いたのに稼げずに終わってしまいます。

チャンスを逃すことがないように、トレードをする際にはしっかりと確実に稼ぐための対策を講じておきましょう。

対策

利確のタイミングを逃すなどの失敗を防ぐ有効な対策というと、利確のルールを守ることです。

例えば、20pips分の含み益が出たら状況に関わらず決済をするなど、どのような条件が揃ったら利確をするのか、事前にルールを決めておきましょう。

損切りだけでなく、利確についてもしっかりとルールを確立しておくことで、安定した利益を狙えるようになります。

損失が拡大しないうちに損切りをし、目的通りの含み益が出たら利確をする、この2つのルールを実践することが、損小利大のコツです。

3.レンジ相場では役に立たない

加重移動平均線は、トレンド相場には強いです。しかしレンジ相場には弱いです。

一定のレンジ内で上下に動き続けるレンジ相場の場合、ゴールデンクロスやデッドクロスが発生したタイミングに売買をしてもすぐに反転することで、思惑が外れてしまうことが多いです。

最悪なのは、エントリーをした瞬間に逆方向にレートが転換し、そのままトレンドを形成するようなパターンでしょう。

加重移動平均線はトレンド相場ならば勝率の高いトレードを実践できるでしょう。しかし、レンジ相場になると騙しが発生しやすく、負けやすいです。

対策

加重移動平均線を使ってレンジ相場に挑戦してみたものの、なかなか勝てず、損失が膨らんでいるという時、果たしてどうすれば良いのでしょうか?対策はあるのでしょう?

既に加重移動平均線を使ってトレンド相場で勝てているというのであれば、無理してレンジ相場でトレードをする必要はないでしょう。

FXは勝てる相場で稼げば良く、勝てない相場は避ければ良いのです。

どうしてもレンジ相場で勝てないようであれば、今後はレンジ相場になったらトレードを休み、トレンド相場が来るまで待ってみましょう。

休む時はしっかりと休むこともFXでは大切です。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つである加重移動平均線について解説しました。

加重移動平均線は単純移動平均線とは異なるタイプの移動平均線です。使用することで、過去のレートの動きよりも、より現在のレートの動きに近いラインでトレードができるようになるでしょう。

では加重移動平均線は単純移動平均線よりも優っているのかというと、そのような事はありません。

そもそも過去のレートの動きよりも現在の方が重要視されるべき理由はありません。加重移動平均線と単純移動平均線との間に優劣などはないでしょう。

では、何を基準して加重移動平均線にするべきか、それとも単純移動平均線にするべきなのでしょうか?

どちらの方が良いかで悩んだら、実際に使ってみて、相性を検証してみましょう。

FXにおける正義とは、稼げることです。

実際に使ってみて、相性が良ければ使えば良いですし、相性が悪ければ使わなければ良いでしょう。

自分にとってもっとも稼ぎやすいテクニカル指標を選ぶ、それが重要なのです。