乖離とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

乖離もしくは乖離率とは、テクニカル分析の指標の一つで、現在のレートが移動平均線からどのくらい離れているのか、乖離の程度を視覚化できる指標となります。

今回はそんな乖離について、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

乖離を使用することで、現在の相場はどれくらい過熱しているのか、相場の転換点はどこにあるのかなどを分析できるようになるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

乖離とは?

テクニカル指標の一つである移動平均線といえば、トレーダーからの支持の高い人気の指標の一つです。

乖離とは、そんな移動平均線と現在のレートがどれくらい乖離しているのかを数値にして表した指標のことです。

実際にチャートで使用すると、以下のようになります。

乖離率を使用する場合、チャートの下に移動平均線との乖離率が表示されます。どのくらいレートが乖離しているのかは、パーセンテージで表されます。

移動平均線からレートが大きく乖離しているということは、それだけ相場が過熱しているというサインになります。

他方で、レートと移動平均線との乖離率が低ければ、相場が停滞しており、大きな動きが見込めないというサインにもなります。

FXは為替レートが動かないと稼げません。利益を狙うなら、相場が過熱し、大きくレートが動いている時間帯が望ましいでしょう。

そのような相場が過熱している時間帯を客観的にチェックできる指標、それが乖離率なのです。

MEMO
乖離率をチェックすることで、現在の相場が過熱しているのか、そうでないかを分析できる

乖離を使用する目的

乖離を使用する主な目的というと、相場の過熱感を客観的に分析したい時、トレンドの転換点を見つけたい時、など。

例えば為替レートが大きく動いている時だけ限定でトレードをしたいという時など、相場が過熱しているタイミングを狙ったトレードをする時などにおいて乖離率は役立ちます。

他にも、レートはいずれ移動平均線まで戻るという回帰性を狙った逆張りの手法を実践する上で乖離率は役に立つでしょう。

乖離をどのような目的で使用するかは人それぞれです。まずは自分のトレードスタイルを鑑み、もっとも有効活用できる方法を模索すると良いでしょう。

MEMO
乖離率を使用することで相場の過熱具合を客観的に把握可能。回帰性を利用した逆張りのトレードをする時などに参考になる

乖離率の見方

乖離率を使用すると、チャートの下に乖離率のグラフを表示することができます。

乖離率はそれほど人気のある指標というわけではありませんので、FX会社のチャートツールによっては使用できない恐れがあります。

乖離率を使用する際には、事前にチャートツールで使用可能な指標なのか、調べておきましょう。

FXチャートに乖離率を表示させたら、まずはどのくらいレートと移動平均線との間に乖離があるのか、チェックしてみましょう。

乖離率が大きくなっている時ほど相場が過熱しているサインであり、乖離率が低い時ほど相場が停滞しているサインとなります。

例えば以下のチャートの場合。

赤い四角で囲っている部分は、乖離率が低く、レートの動きも狭いです。

対して青い四角で囲っている部分は、乖離率が高く、レートの動きも荒くなっています。

このように乖離率の動きを見ることで、現在の相場は過熱しているのか、それとも冷めているのかを客観的に把握することができます。

さらに、乖離率の0ラインより乖離線が上にあるのか、それとも下にあるのかで、現在は上昇相場なのか、それとも下降相場なのかを判断することも可能です。

例えば以下のチャートの場合。

まず乖離線を見ると、前半まで0ラインよりも下に乖離線が引かれていますので、下降相場であることがわかります。

しかし途中より乖離線が0ラインを下から上にクロスし、転換。上昇相場へと切り替わりました。

以上のように、0ラインから見て乖離線が上にあるのか、それとも下にあるかで相場の方向性や、どこで転換したのかをチェックすることが可能です。

乖離率を利用したトレードの手法

ここまでは乖離率の見方を解説しました。ここからは、乖離率を利用したトレードの手法を紹介します。

トレードの手法は、初心者向けの順張りの手法と、上級者向けの逆張りの手法の二種類があります。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下よりそれぞれを詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

まずここでは順張りの手法を解説します。

順張りの場合、トレンドの方向に合わせて売買をしますので、上昇相場ならばロングでエントリー、下降相場ならばショートでエントリーします。

順張りは騙しが少なく、勝率の高いトレードができますので、初心者向けとなります。

トレードルールは、上昇相場中に乖離線が0ラインを下から上にクロスしたらロング、下降相場中に乖離線が0ラインを上から下にクロスしたらショートでエントリー。一定の利益が出た後に乖離線が0ラインを割ったら、決済するという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、乖離率を表示させます。さらに今回は、75移動平均線を併用し、これを長期線として活用します。MA75の青い線が長期線です。

チャートをチェックすると、乖離線用に引いた移動平均線が長期線よりも上にあるので、現在は上昇相場中であることが見て取れます。

今回は順張りの手法を採用していますので、ロングでエントリーできるタイミングを待ちます。

やがて乖離線が0ラインを下から上にクロスしましたので、ここがロングでエントリーするサインとなります。

ちょうど109.50円付近でサインが出ているので、今回はここでロングでエントリーできたと仮定します。

やがてレートは上昇を続け、乖離線が0ラインを上から下に割りましたので、そこを決済のサインとします。

ちょうど111.00円付近で決済のサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、109.50円でエントリー、111.00円で決済ができましたので、110pipsもの利益を得られた計算になります。

上記のような流れで、今後何度もトレードで勝つことができれば、FXで安定した稼ぎを期待できるでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りの場合、トレンドとは反対方向に売買をしますので、下降相場中であればロング(買)、上昇相場中であればショート(売)でそれぞれエントリーをすることになります。

逆張りは騙しが多く、勝率も低いです。成功すると短期間で稼げますが、負けるリスクが大きいので、上級者向けとなります。

今回のトレードルールですが、上昇相場中に乖離線が0ラインを上から下にクロスしたらショート、下降相場中に乖離線が0ラインを下から上にクロスしたらロングでエントリー。一定の利益が出た後、乖離線が0ラインを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず前回同様に、以下のチャートに乖離率と、75移動平均線の長期線を描きます。

チャートを見ると、長期線よりも下に短期線がありますので、前半部分は下降相場であることがわかります。

さらに、乖離率を見ると、非常に大きな乖離が発生しているので、強い下降トレンドであることがわかります。

逆張りで成功するポイントは、乖離率が高い時にエントリーをすること。乖離率が大きければ大きいほど、反発しやすく、逆張りが成功しやすいです。

その反対で、乖離率が低い時に逆張りをしても、騙しで終わることが多いので注意しましょう。

強い下降トレンドが発生しているので、今回はロングでエントリーできるタイミングを待つことになります。

やがて乖離線が0ラインを下から上にクロスしましたので、これがロングでエントリーできるサインとなります。

ちょうど106.00円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

レートはその後、上昇を続け、やがて乖離線が0ラインを上から下に割りました。ここが決済のポイントとなります。

レートを見ると、109.50円付近で決済のサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、106.00円でエントリー、109.50円で決済ができましたので、350pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しましたので、簡単にエントリーのシグナルを見つけることができました。

しかし、実際のトレードではリアルタイムのチャートを使用しなければならず、上級者でも逆張りで勝つことは難しいです。

初心者のうちはまず騙しが比較的少ない順張りから始めると良いでしょう。

乖離率のデメリット、リスク、注意点

ここでは乖離率のデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. レンジ相場では役に立たない
  3. 売買のポイントがわかり難い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まず乖離率には騙しがありますので、トレード時には騙しへの対策を事前に講じておきましょう。

騙しというのはトレーダーを引っかけるようなチャート上のレートの動きのことです。

例えば、レートが大きく上昇し、乖離率が高くなったので、回帰性を狙って逆張りでショートを入れたところ、移動平均線まで戻らず、そのまま上昇を続けてロスカットされる、などのパターンが騙しの典型です。

乖離率は逆張りとの相性が良いテクニカル指標ですが、ただでさえ相場に逆らう形でエントリーをする逆張りは騙しが多く、勝率も低いです。

もともと難易度が高く、初心者向けの指標でもないだけに、未経験者からすると乖離率は扱いが難しいでしょう。まずはデモ口座などで練習し、使い方をじっくりと学んだ方が良いです。

対策

騙しへの有効な対策というと、それは損切りをすること。

損切りのルールを遵守している限り、たとえ騙しに引っかかったとしても、損失の拡大を未然に防げますので、無駄に資金を溶かす心配がありません。

そもそも損切りはFXをするにあたって絶対に覚えておいて欲しい必須のスキルでもあります。

乖離率を使用するかどうかに関わらず、FXをする予定があるのであれば、まず先に損切りのやり方を習得しておきましょう。

2.レンジ相場では役に立たない

乖離率はトレンド相場では役に立ちやすいのですが、レンジ相場では役に立たないです。

特に、レートの動きがほとんどないような、沈静化した相場ともなると、乖離線が常に0%付近でひっつくようになってしまいますので、トレードにおいて何の役にも立ちません。

相場が沈静化しているような場面においては何もできなくなってしまう乖離率は、使える場面が限定されやすいです。乖離率は常に役立つ万能の手法というわけではない、ということです。

対策

乖離率はレンジ相場とは相性が悪く、トレンド相場とは相性が良いです。それならば、トレンド相場だけに限定して使用すると良いでしょう。

いざトレンド相場へと転換し、相場が過熱化すれば、否応なしに乖離率が反応してくれます。

あとは乖離率の動向をチェックし、トレードに活かすと良いでしょう。

レンジ相場で勝てないなら、勝ちやすいトレンド相場が到来するまでひたすら待つ、そうやってチャンスに備えることもFXでは重要です。

3.売買のポイントがわかり難い

乖離率の指標は、相場の過熱感を知りたい時には役に立ちます。しかし、どこで売買をすれば良いのか、明確な指標がなく、それ単体では実践に不向きというデメリットがあります。

これが移動平均線であれば、ゴールデンクロスやデッドクロスをした場所を参考にすることで売買ができます。

しかし乖離率の場合、回帰性を狙うにせよ、どこでエントリーすれば回帰性を狙ったトレードができるのか、明確な指標があるわけではありません。

あくまで普段と比べて相場が過熱している、もしくは沈静化しているかがわかるだけです。乖離率単体だけでは、トレードの実践には不向きでしょう。

対策

確かに乖離線だけだとトレードではあまり役に立たないです。それならば、他のテクニカル指標を併用して使ってみましょう。

例えば今回、トレードの手法を解説するにあたり、乖離線に加えてさらにチャート上に移動平均線を描きました。

というのも、乖離率とは別に移動平均線を併用して使用すると、どこで売買をすれば良いのか、具体的なエントリーと決済のポイントを把握しやすくなるからです。

乖離率はそれ単体で使用するよりも、移動平均線などの補助として使用した方が効果を発揮しやすいです。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つである乖離率について解説しました。

乖離率を使用すれば、現在のレートが移動平均線からどくらい離れ、相場が過熱化しているのかを客観的に分析できるようになります。

ただし、それ以上の情報については乖離率単体だけでは分析し難いです。

売買のタイミングを探るだけならば、移動平均線の短期線や長期線を使用した方がわかりやすいでしょう。

そういう意味では、乖離率は主役というよりも、補助的な役割が期待されやすいツールです。

現在の相場はトレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを判断したい時、乖離率は役に立ってくれるでしょう。