移動平均線とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのトレードをするにあたり、テクニカル分析の各指標はトレードの勝率を高めてくれる頼れるツールです。移動平均線はそんなテクニカル指標の一つであり、もっともオーソドックスな指標でもあります。

今回は移動平均線とは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

移動平均線はシンプルで見やすい指標なので、初心者でも習得しやすいおすすめのテクニカル指標です。同様に、上級者も愛用する人が多いほど実践的なツールでもあります。

これからFXを始めるという方で、テクニカル分析を学びたいならば、まずは移動平均線から学んでみましょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

移動平均線とは?

移動平均線とは、テクニカル指標の一つであり、テクニカル分析の世界では最も有名でスタンダードな指標です。

移動平均線は、過去の一定の期間の平均値を線で結んだラインのこと。

例えば、過去10日分の価格の平均値を線で結ぶと、10日移動平均線となります。

常に一定期間の平均値を線で追うことができますので、突発的な動きや一時的な変動に惑わされることなく、現在の相場のトレンドを分析できるという特徴があります。

さらに、短期線や中期線、長期線を同時にチャート上に描くことで、エントリーや決済のポイントを見つけることができます。

MEMO
移動平均線を見ることで相場の動きを把握しやすくなる

短期線・中期線・長期線とは?

移動平均線は、大きく分類すると長期線と短期線の二種類に分けられます。さらに、短期線よりも長く、長期線よりも期間が短い中期線の三種類に分けることも可能です。

実際のトレードでは、短期線と中期線、そして長期線の三本の線を使ってテクニカル分析をすることが多いです。

  1. 短期線…最も期間が短い移動平均線
  2. 中期線…短期線より長く、長期線よりも期間が長い移動平均線
  3. 長期線…最も期間が長い移動平均線

移動平均線は期間が長くなる分、直近の値動きの影響を受け難く、トレンドを反映した動きをします。他方で、直近の動きに反応し難いので、突発的な値動きに対応できないというデメリットがあります。

対して期間が短い短期線の場合、直近のレートの動きの影響を受けやすいので、突発的な動きに対応しやすいです。その代わり、トレンドとは異なる方向へ動きやすく、トレンドの方向が読み難いというデメリットがあります。

短期線と中期線、長期線にはそれぞれに役割があり、それらを同時に使用することで、勝率の高いトレードを実践できます。

MEMO
移動平均線の手法では短期線と中期線、長期線の3本のラインを使うことが多い

移動平均線の見方

移動平均線は一本よりも複数の線、短期線や中期線、そして長期線を同時に描いた方が相場を把握しやすくなります。

今時のFXのチャートツールは、どこも自動的に移動平均線を引ける機能が搭載されていますので、初心者でも簡単に移動平均線は使用できるでしょう。

移動平均線を使用することで、現在の相場は上昇相場なのか、それとも下降相場なのかを把握することができます。

例えば以下のチャート。短期線と中期線、長期線が引かれています。

赤い線が短期線、黄色い線が中期線、青い線が長期線です。設定値はそれぞれ5、25、75です。MAとは単純移動平均線、つまり一般的な移動平均線のことを指します。

まず相場の方向性を知りたい場合は、長期線に注目しましょう。長期線を見ると、右上に傾いているので、現在は上昇相場であることがわかります。

さらに、直近のレートの影響を受けやすい短期線と中期線が共に長期線よりも上の位置にあるので、現在はかなり強い上昇トレンドが発生していることがわかります。

特に、短期線が中期線を下から上にクロスし、上昇している時間帯は、とても強い上昇トレンドが発生している最中だと判断できます。

ちなみに、このような下から上にラインがクロスすることをゴールデンクロスと呼びます。

ゴールデンクロスが発生後、やがて短期線の上昇は勢いを失い、中期線を上から下に割りました。このような上から下にラインが割る状態のことをデッドクロスと呼びます。

トレンドフォローのような順張りの手法を得意とするトレーダーの場合、ゴールデンクロスやデッドクロスを売買のシグナルにすることが多いです。

次に下降トレンドの移動平均線の見方を解説します。

移動平均線で下降トレンドが発生していることを確認したい場合、長期線が下を向いていること、そして短期線と中期線が長期線よりも下にあることをチェックすると良いでしょう。

例えば以下のチャートなどはまさにその典型例です。

まず長期線が下を向いているので下降相場であることがわかります。さらに、短期線が中期線よりも下にクロスした箇所があります。

そこを起点に大きく落ちているので、ここで強い下降トレンドが発生したことがわかります。

やがて短期線は勢いを失い、レートが落ちなくなります。ここで強い下降トレンドが終了したことがわります。

移動平均線を使用する時は、長期線だけでなく中期線、短期線までチェックしましょう。これら3本を上手に使用すると、より精度の高いテクニカル分析ができるでしょう。

移動平均線を利用したトレードの手法

ここまでは移動平均線の見方を解説しました。ここからは移動平均線を用いたトレードの手法の一例を紹介します。

移動平均線を使ったトレードというと、トレンドの流れに沿う順張りの手法と、トレンドとは反対方向に売買をする逆張りの手法があります。

順張りは騙しが少なく、勝率が高いので初心者向けです。逆張りは騙しが多く、勝率が低いので上級者向けとなります。

  1. 順張り【初心者向け】
  2. 逆張り【上級者向け】

以下よりそれぞれを詳しく解説します。

1.順張り【初心者向け】

まず移動平均線を使った順張りの手法を解説します。順張りですので、上昇相場ではロング(買)、下降相場ではショート(売)を入れます。

移動平均線は短期線と中期線、長期線の3本を使用。エントリーは、短期線が中期線をトレンドの方向に対してクロスしたらエントリー。一定の含み益、もしくは短期線が中期線をトレンドとは反対方向にクロスしたら決済をする、というトレードルールで話を進めます。

まずは以下のチャートより、相場の方向性を確認します。

長期線が右上を向いていること、さらに短期線と中期線が長期線より上にあるので、上昇相場であることがわかります。

上昇相場なので、ロングでエントリーできるタイミングを探ることになります。

レートを追うと、やがて短期線が中期線を下から上にクロスしています。ここがエントリーのタイミングとなります。

ちょうど125.80円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが上がり、126.70円付近で再びクロスし、決済のシグナルが出ました。ここで今回は決済できたとします。

すると、125.80円でエントリー、126.70円で決済ができたので、90pipsもの利益を得られた計算になります。

実際のトレードでこれぐらいの利益を実力で安定的に稼げるようになれれば、FXで高収入を得るのも夢ではないでしょう。

2.逆張り【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。逆張りの場合、上昇相場ならショート(売)、下降相場ならロング(買)をそれぞれ入れます。

トレードルールは、ローソク足が長期線を割ったら、その方向に対してエントリー。一定の含み益が出たら決済する、という前提で話を進めます。

まずは以下のチャートより、相場の方向性を確認します。

長期線を見ると上を向いているので上昇相場であることがわかります。さらに、短期線と中期線が途中まで長期線の上にあるので、強めの上昇トレンドが発生していることがわかります。

今回は逆張りなので、ここではショートを入れるタイミングを待つことになります。

やがてレートが急落し、長期線を割りました。ここがエントリーのポイントとなります。

ちょうど125.50円付近でレートが長期線を割っているので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートはさらに下がり、一時は124.50円を割りました。キリが良いので、ここでポジションを決済できたとします。

すると、125.50円でエントリー、124.50円で決済ができたので、100pipsもの利益を得られた計算になります。

今回は過去のチャートを使用しているので簡単に成功しているように見えますが、実際のトレードでは逆張りは騙しが多く、リスクが高いです。

逆張りのトレードをする際には、利確と損切りのルールを遵守しましょう。

移動平均線のデメリット、リスク、注意点

ここでは移動平均線のデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. レンジ相場では役に立たない
  3. 絶対に勝てるわけではない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まず移動平均線を利用したトレードをする場合、騙しがあるので注意してください。

騙しとはトレーダーに間違った売買を誘発させるような動きのことです。

例えば移動平均線がゴールデンクロスしたので買いでエントリーしてみた結果、その後すぐに急落し、含み損が出たというパターンなどはまさに騙しの典型例です。

FXのチャートは、必ずしも投資家が思い描いた通りに動いてくれるとは限りません。時にはトレーダーを騙すような動きをすることがあります。

もしも騙しに引っかかってしまうと、トレードで敗北し、損をします。含み損を放置すればさらに損失は拡大し、いずれはロスカットされるでしょう。

そうなる前に、騙しへの対策を講じる必要があります。

対策

もしも騙しに引っかかってしまった場合、トレーダーは何をすれば良いのでしょうか?

騙しへの対策というと、損切りをすること、これがもっとも有効な対策となります。

たとえ騙しに引っかかっても、素早く損切りしてしまえば、損失の拡大を未然に防ぐことができます。

言い換えれば、損切りができない限り、FXで稼ぐことは不可能ということです。

経験豊富なプロでさえ時には騙しに引っかかり、損失を出すことがあります。しかしプロの場合、損切りをするので、たとえ騙しに遭っても大したダメージにはなりません。

しかし、損切りを習得していない初心者の場合、騙しに遭う度に毎回損失を拡大させてしまうことになるでしょうから、まず稼げないでしょう。

FXで稼ぎたいなら、テクニカル分析だけでなく、損切りの手法も習得してください。

2.レンジ相場では役に立たない

移動平均線はテクニカル指標の中でも、トレンド相場に強い指標です。他方で、レンジ相場に弱く、あまり役に立たないです。

レンジ相場中に移動平均線を使っても、騙しに引っかかり、損失を膨らませるだけで終わるでしょう。

レンジ相場はただでさえ初心者では勝つことが難しい、上級者向けの相場です。もととも初心者には向いていない複雑な相場なだけに、初心者のうちは避けておいた方が賢明でしょう。

対策

確かに移動平均線はレンジ相場には向いていないです。それなれば、別の指標を使えば良いだけの話です。

オシレーター系(相場の変化の大きさを示すもの)のテクニカル指標の中には、レンジ相場に強い指標もあります。

どうしてもレンジ相場で稼ぎたいと思うなら、移動平均線よりも、レンジ相場に強い押しオシレーター系の指標を使うと良いでしょう。

トレンド相場では移動平均線を使用する一方で、レンジ相場ではそれ専用の指標を使用するなど、各相場に応じて指標を使い分けることでレンジ相場にも対応することが可能です。

3.絶対に勝てるわけではない

移動平均線を使用すれば、確かに勝率の高いトレードができます。しかし、あくまでそれは勝ちやすいというだけであり、絶対に勝てるわけではありません。

移動平均線を使用したとしても負けることはあります。特にレンジ相場のようなレートの動きが制限される相場や、逆張りなどのただでさえ騙しが多い手法でトレードをする時ほど、負ける確率はアップするでしょう。

移動平均線を使ったところで毎回勝てるわけではないのです。トレードの際には、負ける可能性を考慮に入れて、対策を練りましょう。

対策

FXは上手に勝つ事と同じくらい、上手に負けることが重要です。

たとえ勝率の高いトレードができても、たった一回の負けトレードで大損し、今まで積み重ねてきた利益をすべて溶かしてしまったというのでは意味がありません。

トレードをする際には、必ずリスクリワードレシオを計算し、利益率が高くなるような手法でトレードをしましょう。

リスクリワードレシオって?
計算式:勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均=リスクリワード・レシオ で、1以上になると利益が出るトレード

利益率の高いトレードを実践できているのであれば、たとえ一度や二度負けることがあったとしても、最終的には利益が残ります。

FXはトレードで勝っても、稼げないのであればそれは負けていることを意味します。

FXにおける正義とは、稼げること、利益が出ていることです。移動平均線を使うにせよ、他の指標を使用するにせよ、必ずリスクリワードレシオを計算し、利益率の高い手法を採用しましょう。

初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つである移動平均線について解説しました。

移動平均線はシンプルな見た目で、尚且つ初心者でも習得しやすい指標です。まさにテクニカル分析を学ぶにあたり、もっともおすすめの指標となります。

同様に、移動平均線は上級者も使用することが多い指標でもあります。

色々な指標を使ってみた結果、最終的にシンプルでスタンダードな指標である移動平均線に落ち着いたという方もいるほどです。

移動平均線はシンプルで使いやすい一方で、実際のトレードでも効果を発揮する指標ということです。

どのテクニカル指標から学ぶべきかで悩んでいるのであれば、まずは移動平均線から習得してみることをおすすめします。