ヘッド&ショルダー/逆ヘッド&ショルダーとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのチャートには、覚えておくと役に立つチャートパターンがあります。ヘッド&ショルダーもまさにその典型例であり、これは投資の世界では三尊天井もしくは逆三尊とも呼ばれている有名なパターンです。

今回はヘッド&ショルダーもしくは逆ヘッド&ショルダーとは何なのか、三尊の特徴と見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなども解説します。

三尊は上級者も使用している人が多い、人気のあるチャートパターンです。習得すると、実際のトレードで役立つことでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ヘッド&ショルダー(三尊天井)とは?

ヘッド&ショルダーはチャートパターンの一つであり、三尊天井とも呼ばれている有名なパターンです。

逆ヘッド&ショルダーは、そんな三尊天井とは反対方向のチャートパターンとなります。三尊天井を習得すれば、同時に逆ヘッド&ショルダー(逆三尊)も難なく習得できるでしょう。

三尊天井の特徴は、三つの高値のうち、中央の高値が飛びぬけて高く、三つの山が形成されているように見えること。

逆三尊はちょうどその反対なので、三つの谷が出来ているようなパターンがチャート上に形成されます。

絵にすると以下のようになります。

赤いラインがレートの動きです。三尊天井の場合、三回ほど大きく上昇した後に、そのまま落ちる傾向があります。

逆三尊の場合、三回大きく落ちた後に、大きく上がる傾向があります。

どちらもトレンドの転換点で発生しやすく、今後の相場の展開を読む上で重要なポイントとなりやすいです。

三つの山、もしくは谷が発生する中で、中央のヘッドの部分がもっとも大きくなりやすいので、ヘッド&ショルダーを探す時は三つの山もしくは谷をチャート上より見つけると良いでしょう。

ヘッド&ショルダーもしくは逆ヘッド&ショルダーが発生している時に反発している個所を結んだラインのことを、ネックラインと呼びます。

このネックラインも、重要なラインとなるので覚えておきましょう。

MEMO
ヘッド&ショルダーはトレンドの転換点として機能しやすい

ヘッド&ショルダーを見つける目的

ヘッド&ショルダーを見つける主な目的というと、トレンドの転換点を把握することや、トレードのタイミングを探ること、などです。

ヘッド&ショルダーもしくは逆ヘッド&ショルダーが発生すると、今までのトレンドが終了する可能性が高いので、ポジションを保有しているトレーダーならばこのタイミングで一旦決済をした方が良いでしょう。

他方で、次のトレンドの発生点となっているのであれば、そのトレンドの方向に合わせてエントリーをすることで、大きく利益を狙えます。

MEMO
エントリーや決済のポイントを見つけたい時に三尊天井や逆三尊は役立つ

ヘッド&ショルダーの見つけ方と線の引き方

ここではヘッド&ショルダー、もしくは逆ヘッド&ショルダーの見つけ方と線の引き方を解説します。

まず以下のチャートを参考に、ヘッド&ショルダーを見つけます。

ヘッド&ショルダーは、上昇相場の終了間際に発生しやすく、ちょうどチャート上には上昇相場から下降相場へ転換している個所があります。ここに注目をすると、ヘッド&ショルダーが形成されていることに気づけます。

ヘッド&ショルダーが作られた後に上昇相場から下降相場へと転換されているので、このチャートはまさにヘッド&ショルダーが相場の転換点として機能している好例です。

次に逆ヘッド&ショルダーを見つける場合、下降相場から上昇相場へと転換している個所を探すと見つかりやすいです。

以下のチャートを例に逆ヘッド&ショルダーを探します。

最初に大きく下落したものの、2番目の大きな谷が出来て以降、小さく再び落ちてから上昇。ネックラインを割り、上昇相場へと移行しています。

このチャートでは、逆ヘッド&ショルダーが上昇相場から下降相場への転換点として機能しています。

ヘッド&ショルダー、もしくは逆ヘッド&ショルダーをチャート上に描く場合は、ネックラインも同時に引きましょう。

ネックラインはヘッダーとショルダーとの間に発生している反発しているポイントを線で結ぶことで描くことができます。

MEMO
ヘッド&ショルダーを描く時はネックラインも同時に引く

ヘッド&ショルダーを利用したトレードの使用例

ヘッド&ショルダーを利用した手法というと、ネックラインを割る場合と、ネックラインで反転する場合の2種類があります。

  1. ネックラインを割る場合
  2. ネックラインで反転する場合

以下より各手法について詳しく解説します。

1.ネックラインを割る場合

まずネックラインを割る場合の手法を解説します。この手法を採用する場合、ネックラインをレートが割った方向に対してエントリーをします。

そのため、ネックラインを下から上に割ったらロング(買)、ネックラインを上から下に割ったらショート(売)を入れます。

トレードルールは、一定の含み益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、ヘッド&ショルダーを見つけます。

ヘッド&ショルダーを見つけたら、ネックラインを引きます。

ネックラインを引いた後、レートが上から下へラインを割ったらそこをブレイクと見なし、ショートでエントリーをします。

チャートを追うと、ちょうど112.00円でレートがネックラインを割っていますので、ここでショートでエントリーできたと仮定します。

エントリー後、順調にレートは落ち、110.50円を割っていますので、ここで決済できたとします。

すると、112.00円でショートでエントリーし、110.50円で決済をしたので、150pipsの利益を得た計算になります。

実際のトレードでここまで大きく稼げるだけの実力があるなら、FXでは問題なく利益を増やせるでしょう。

2.ネックラインで反転する場合

次にネックラインで反転する場合の手法を解説します。

この手法の場合、三尊天井ならロング、逆三尊ならばショートを入れることになります。

トレードルールは、ネックラインを反転後にヘッドの頂点にある高値、もしくは安値のラインを割ったらエントリー、一定の含み益が出たら利確をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートよりヘッド&ショルダーを探します。

ヘッド&ショルダーを描いた後、ネックラインを引きます。

ネックラインを引くことで、二回目の反転の箇所がわかります。この反転が起きた後、レートはさらに上昇し、ヘッドの高値を越えています。ここがブレイクのポイントとなりますので、ロングでエントリーをします。

ちょうど148.00円を超えているので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが上がり、151.00円まで上昇しました。キリが良いので、ここで決済したとします。

すると、148.00円でエントリー、151.00円で決済ができたので、300pipsもの利益を得られた計算になります。

この手法のポイントは、ヘッドが発生し、ネックラインで反転した後、どのようにレートが動くか、です。

2つ目のショルダーがヘッドを越えたらそのまま大きく動く可能性がありますし、ヘッドのラインを越えずにネックラインを割ったらそのまま落ちる可能性が高いです。

トレードの際には、2つ目のショルダーが発生して以降、レートがどのように動くかに注目すると良いでしょう。

ヘッド&ショルダーのデメリット、リスク、注意点

ここではヘッド&ショルダーのデメリットやリスク、注意点などを解説します。

  1. 騙しがある
  2. 難易度が高い
  3. 見つけるのが難しい

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

ヘッド&ショルダーを利用する場合、騙しに注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなレートの動きのことで、引っかかるとトレードで負け、損失が発生します。

既に負けたポジションをそのまま放置すると、最悪ロスカットされる危険性があります。そのようなリスクを回避するためにも、騙しへの対策を練っておきましょう。

対策

騙しへの有効な対策というと、損切りのルールを守ることです。

損切りはFX初心者に真っ先に覚えておいて欲しい必須の知識です。

損切りについて知らずにFXを始めると、騙しなどに遭うことで、無駄に損失を増やすことになります。最悪、資産をすべて溶かすこともあるでしょう。

しかし、しっかりと損切りのやり方を学び、実践でその知識を活かすことができれば、大事な資産を無駄に失わずに済みます。

ヘッド&ショルダーだけでなく、損切りはあらゆる騙しへの有効な対策となるだけに、トレードをする前にまず損切りのやり方を習得しておきましょう。

2.難易度が高い

ヘッド&ショルダーは、有名なチャートパターンである一方で、難易度が高く、初心者にはハードルが高いツールです。

今回はやり方を説明するために手法の一例を紹介しましたが、これは過去のチャートを使っているから簡単にヘッド&ショルダーを描けているのであって、リアルタイムで動き続けるチャートで正しくヘッド&ショルダーを描くにはそれ相応の経験が不可欠です。

初心者がいきなりヘッド&ショルダーを実践したところで、失敗する可能性が高く、危険なので注意してください。

対策

まだ初心者で、ヘッド&ショルダーをトレードで活かせる技量がないという方は、デモ口座などを利用することをおすすめします。

無料で利用できるデモ口座ならば、いくらトレードで失敗したとしても、資金を失わずに済むので、ノーリスクで手法を学べます。

デモ口座でしっかりとヘッド&ショルダーの使い方を学んでおけば、いざ本番でトレードをすることになったとしても、初歩的なミスをしないで済むでしょう。

3.見つけるのが難しい

ヘッド&ショルダー、もしくは逆ヘッド&ショルダー、どちらを利用するにせよ、チャート上で見つけるのは難しいです。

特にトレード経験が浅い初心者ほど、なかなか見つけられず、トレードに活かせないでしょう。

トレードに活かせないだけならまだ良い方です。本当に問題なのは、間違ったタイミングでヘッド&ショルダーを利用し、トレードで失敗することです。

FXで失敗をすると、たとえ初心者であろうとも大損するリスクがあります。ヘッド&ショルダーを使用する際には、本当にこのタイミングで良いのか、よくチェックしましょう。

対策

ヘッド&ショルダーをなかなか見つけられないという方はプロのやり方を参考にしてみましょう。

実際にヘッド&ショルダーを使ってトレードをしているプロのやり方を学ぶことで、トレーダーとして成長できるようになります。

ひいては、プロのやり方を学ぶことで、プロ同様の利益率の高いトレードができるようになるでしょう。

プロのやり方を学んでも、それでもヘッド&ショルダーのやり方がよくわからないという時は、別の手法を模索してみましょう。

テクニカル分析の手法は一つだけではありません。ヘッド&ショルダー以外にも多く存在します。

まだ初心者のうちは、色々なテクニカル指標を試してみると良いでしょう。色々な手法を試し、検証し、もっとも稼ぎやすい手法を見つけてみてください。

初心者へのアドバイス

今回はヘッド&ショルダーについて、その見方や使い方の一例を紹介しました。

ヘッド&ショルダーは、プロも使用していることが多い人気のチャートパターンです。そのため、初心者の方にもぜひ覚えておいて欲しいところなのですが、ただ実践で利用するためにはある程度の経験が不可欠です。

トレード経験が少ないうちにヘッド&ショルダーを実践しても、上手くいかない事の方が多いでしょう。

まだトレード経験が少なく、ヘッド&ショルダーの使い方もよくわからないというのであれば、まずはトレンドラインや水平ライン、移動平均線などのシンプルでわかりやすい手法から始めてみることをおすすめします。

参考:トレンドラインとは?初心者でも勝てる方法解説!
参考:サポートラインとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!
参考:レジスタンスラインとは?初心者でも勝てる方法解説!

プロが使っている手法だからといって、無理をして真似る必要はありません。特に初心者のうちは、簡単に学べるところから始めてみましょう。