ゴールデンクロス/デッドクロスとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXでトレードをする時、いつ売買をすれば良いかで迷うことがあります。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、そんないつ売買すれば良いかで悩んでいる時に役立つ指標です。エントリーや決済のタイミングを知りたい時、このツールを使ってみましょう。

今回はゴールデンクロス、デッドクロスとは何なのか、その見方やトレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、テクニカル指標を使用したトレードを実践する際に多用されるシグナルです。ですので、移動平均線やMACDなどを習得する前に、まずはこちらから学ぶことをおすすめします。

ゴールデンクロス、デッドクロスとは?

クロスとは交差していることを意味する単語です。

ゴールデンクロスとデッドクロスとは、移動平均線などの指標のラインがクロスしている個所のことを指します。

主に移動平均線で使用されることが多いシグナルなのですが、MACDなどでも使用されることがあります。ただし、今回は移動平均線を使用している前提で解説します。

ゴールデンクロスとは、例えば移動平均線の場合、長期線に対して短期線が下から上にクロスした状態のことを指します。

対してデッドクロスの場合、長期線に対して短期線が上から下にクロスしている状態を指します。

これらのクロスは売買のサインとして扱われることが多く、ゴールデンクロスがロング(買)、デッドクロスがショート(売)のシグナルとなります。

ゴールデンクロスとデッドクロスを絵に描くと以下のようになります。

MEMO
ゴールデンクロスが出たら買い、デッドクロスが出たら売りのサインになる

クロスするタイミングを見つける目的とは?

ゴールデンクロスやデッドクロスを見つける主な目的というと、エントリーもしくは決済のタイミングを把握する時など。

ゴールデンクロスが買いのシグナル、デッドクロスが売りのシグナルになりますので、これらのクロスをキッカケに売買をすると勝率の高いトレードを実践できます。

例えばトレンドフォロー系の手法を採用している人で、上昇相場中にはロング、下降相場中にはショートを入れるという戦略でトレードをする場合。

この場合、上昇相場が発生している最中はゴールデンクロスがエントリーのサインになりますし、下降相場であればデッドクロスがエントリーのサインになります。

同様に、上昇相場におけるデッドクロスは決済、下降相場においてはゴールデンクロスが決済のシグナルになるでしょう。

MEMO
ゴールデンクロスとデッドクロスはそれぞれエントリーと決済のタイミングとして機能しやすい

クロスしている個所の見つけ方

ゴールデンクロスもしくはデッドクロスを見つける場合、まずはテクニカル指標を使用します。

今回は移動平均線を例に、ゴールデンクロスとデッドクロスの見つけ方を解説します。一旦使い方に慣れてしまえば、別のテクニカル指標でも応用できるでしょう。

まずゴールデンクロスの見つけ方ですが、チャート上に移動平均線の短期線と長期線を描きます。

今回は、MA5の赤いラインを短期線、MA25の黄色いラインを長期線と見なして解説します。

ゴールデンクロスは長期線を下から上にクロスした時のサインとなりますので、そのサインを全て見つけると以下のチャートのようになります。

実際のトレードでは、このゴールデンクロスが出たタイミングを買いのシグナルと見なし、ロングの注文をすることになるでしょう。

次にデッドクロスを同チャートで見つけます。デッドクロスは短期線が長期線を上から下にクロスした時のサインとなりますので、丸で囲むと以下のチャートのようになります。

デッドクロスは売りのシグナルとなりますので、実際のトレードではクロスしたタイミングに合わせてショート注文を入れることになるでしょう。

ポイントは、短期線が上に向かってクロスしたらゴールデンクロスで買、下に向かってクロスしたらデッドクロスで売のサインとなります。

実際のトレードでは長期線は相場の方向性を見るために使用するだけで、売買のタイミングは短期線と中期線のクロスの位置関係で判断することが多いです。

MEMO
ラインとラインがクロスしたタイミングで売買をする

クロスを利用したトレードの手法

ここではゴールデンクロスとデッドクロスのトレードの手法を解説します。手法は、トレンドに従って売買をする順張りの手法と、トレンドとは反対方向に売買をする逆張りの手法の二種類があります。

順張りは勝率が高く、トレードがしやすいので初心者向けです。逆張りは勝率が低く、騙しが多いので上級者向けの手法となります。

初心者のうちは順張りから始めると良いでしょう。

  1. 順張りの手法【初心者】
  2. 逆張りの手法【上級者】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

ここでは順張りの手法を解説します。順張りでは、トレンドの方向に合わせてエントリーをしますので、上昇相場ならばロング(買)、下降相場ならショート(売)でそれぞれエントリーすることになります。

トレードルールは、上昇相場中ならばゴールデンクロス、下降相場中であればデッドクロスが出たらエントリー。ポジションを保有後に反対方向のクロスが出たら決済をする、という前提で話を進めます。

移動平均線の設定値は短期線が5、中期線が25、長期線が75。短期線が中期線をクロスしたらエントリーのサインとします。

まず以下のチャートより、移動平均線を引いて相場の方向性を確認します。

長期線を見ると右上に向かっていること、さらに中期線が長期線よりも上の位置にあるので上昇相場であることがわかります。

上昇相場であるため、今回はロングでエントリー。ゴールデンクロスがエントリーのポイントとなります。

レートを追うと途中で短期線が中期線を下から上に向かってゴールデンクロスしているので、ここがエントリーのタイミングとなります。

ただし、その後すぐにレートが反転し、デッドクロスが発生しました。これはトレードで負けたということですので、一旦はここで決済をします。

しばらく待つと、再びゴールデンクロスが発生したので、ここで再度ロングでエントリーをします。

ちょうど111.30円付近でサインが出ているので、ここでエントリーできたと仮定します。

今回は順調にレートが上がり、やがて111.70円付近でデッドクロスが生じたので、ここが決済のタイミングとなります。今回は111.70円で決済ができたとします。

すると、111.30円でエントリー、111.70円で決済ができたので、40pipsもの利益を得られた計算になります。

ゴールデンクロスとデッドクロスの良いところは、利確と損切りのタイミングが明確であることです。

今回は最初の1回目のトレードは負けましたが、早めに決済のタイミングがわかったので、素早く損切りをすることで損失の拡大を未然に防げています。

その後の二回目のエントリーではしっかりとトレードで勝利をし、利益が出ています。まさに理想的な損小利大のパターンでしょう。

ゴールデンクロスとデッドクロスに従ってトレードをすると、利確だけでなく、損切りも上達します。損切りが苦手という人は、ゴールデンクロスもしくはデッドクロスを参考に決済してみると良いでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。逆張りはトレンドとは反対方向に売買をする手法なので、上昇相場ではショート(売)、下降相場ではロング(買)でそれぞれエントリーします。

エントリーのタイミングは、短期線が長期線をトレンドとは反対方向に割ったらエントリー。一定の含み益が出たら利確、もしくはエントリー後に短期線が中期線もしくは長期線をクロスしたら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより移動平均線を引き、相場の方向性を確認します。

移動平均線を見ると、短期線と中期線が長期線よりも上の位置にあるので、途中までは上昇相場であることがわかります。

今回は逆張りの手法ですので、ショートを仕掛けることになります。

やがて待っていると、短期線が中期線を割り、さらに長期線も割ってデッドクロスが発生しました。ここがエントリーのタイミングとなります。

ちょうど147.80円付近でデッドクロスが発生していますので、ここでショートでエントリーできたと仮定します。

エントリー後、順調にレートが下がり、最終的には146.30円付近でゴールデンクロスが発生しているので、ここで決済できたとします。

すると、147.80円でエントリー、146.30円で決済ができたので、150pipsもの利益を得られた計算になります。

逆張りは、成功すると短期間で大きく稼げるというメリットがあります。ただし、勝率は低く、騙しも多いので注意しましょう。

今回は過去のチャートを使ってトレードの手法を解説したので簡単に稼げたように思われがちですが、リアルタイムのトレードは難易度が非常に高く、騙しに引っかかりやすいです。

ゴールデンクロス、デッドクロスを使用する際の注意点、リスク、デメリット

ここではトレードでゴールデンクロスやデッドクロスを使用する際における注意点やリスク、デメリットを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 絶対に勝てるとは限らない
  3. レンジ相場だと稼ぎ難い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずゴールデンクロスやデッドクロスを使用する際には、騙しに注意してください。

騙しとはトレーダーを誤認させるようなチャート上の動きのこと。

例えば、ゴールデンクロスが発生したので上がると思い、ロングでエントリーしてみた結果、すぐにレートが落ち、稼げないなんてパターンは騙しの典型です。

このような騙しの事例はデッドクロスであっても発生します。

もしも騙しに引っかかるとトレードで負け、損失が発生します。放置すれば損失はさらに拡大し、やがてはロスカットされるでしょう。

そのような事態を未然に防ぐためにも、ゴールデンクロス、もしくはデッドクロスが生じた際には、本当にこのシグナルは正しいのか、騙しではないのかに注意を払いましょう。

対策

騙しへの有効な対策は、損切りのルールを確立させ、そのルールを守ることです。

幸い、ゴールデンクロスとデッドクロスは、売買のタイミングが明確であるため、トレードで負けたことがわかりやすいです。

レートが上がってゴールデンクロスが生じたものの、すぐにレートが落ち、デッドクロスが発生した場合、その時点で損切りをすればこれ以上損失が拡大することは無いでしょう。

気を付けるべきは、既にトレードで負けていることが明白なのに、損切りができず、ポジションを放置することです。要するにポジポジ病になっているパターンです。

既に負けが確定しているのに、損切りができないと、かえって損失が拡大してしまいます。そうなる前に必ず売買のシグナルに従って、損切りをしましょう。

2.絶対に勝てるとは限らない

ゴールデンクロスにしろ、デッドクロスにしろ、そのシグナル通りにトレードをしたからといって必ずしも勝てるとは限りません。

あくまで勝率の高いトレードができるだけであり、100%勝てるわけではないのです。

上述したように騙しがあるリスクがありますし、たとえ狙い通りにレートが動いたとしても、値動きの幅が狭く、大した利益が獲れない恐れがあります。

それでも利益が獲れればまだ良い方で、スプレッド次第では思惑通りに動いても損失の方が大きくなるリスクがあります。

ゴールデンクロスやデッドクロスを狙ったトレードをする場合、このタイミングでエントリーすれば確実に大きく動くだろうという根拠が必要になってきます。

対策

ゴールデンクロスやデッドクロスが発生した後にエントリーをしたからといって、必ずしもレートが大きく動くとは限りません。

このレートが動くとは限らないというリスクへの対策というと、値動きが少ないタイミングを避け、値動きが激しい時間帯、通貨ペア、相場でエントリーをすることです。

値動きが激しくなる時間帯というと、例えばニューヨーク市場がオープンする21時から23時頃などがあります。

変動率が大きい通貨ペアというと、英ポンドやユーロ、米ドルなどがあります。

値動きが大きいタイミングというと、主にトレンド相場などがあります。

為替レートが動きやすい時間帯に、動きやすい通貨ペアで、動きやすい相場でトレードをすること。

このように比較的レートが動きやすい時にトレードをすることが、勝率を高めるコツとなります。

3.レンジ相場だと稼ぎ難い

ゴールデンクロスとデッドクロスは確かに売買のシグナルとしての機能を果たしてくれる重要なサインなのですが、ただレンジ相場だとほとんど役に立たないことが多いです。

特に市場参加者が少なく、値動きが少ないような相場だと、騙しが発生することが多く、余計に稼げないでしょう。

ゴールデンクロスとデッドクロスを利用した手法は、主にトレンド相場向きです。大きな動きが期待できないレンジ相場とは相性が悪いです。

対策

ゴールデンクロスとデッドクロスを利用した手法がレンジ相場との相性が悪い以上、無理してレンジ相場でトレードをする必要はありません。

相場の動きが悪くなり、レンジ相場へと移行しつつあるなら、一旦トレードは様子見をし、レートが動きやすいトレンド相場に転換するまで待ってみましょう。

FXで稼ぐ上で、待つことは非常に重要です。

稼げるタイミングが到来していないのに焦るあまりトレードをすると、高確率で負けます。

しかし、稼げるタイミングが来るまで待つことができれば、勝率の高いトレードができるでしょう。

レンジ相場で勝てそうにないならトレンド相場がやってくるまで待ちましょう。

それがレンジ相場への有効な対策となります。

FX初心者へのアドバイス

今回は売買のシグナルとして機能しやすいゴールデンクロスとデッドクロスについて解説しました。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、移動平均線と相性が良いので、今回は移動平均線を使用することを前提に解説しましたが、必ずしも移動平均線でないといけないということはありません。

MACDなど、別のテクニカル指標でも使えるなど、ゴールデンクロスとデッドクロスは応用しやすいシグナルです。

これからテクニカル分析を学ぶという人は、まず先にゴールデンクロスとデッドクロスについて学んでみましょう。

もしくは先に移動平均線だけを学び、その後にゴールデンクロスとデッドクロスを学んでも良いです。

先にこれらを習得すると、それ以外の他のテクニカル指標の理解が早まります。