GMOクリック証券のくりっく365とは?その特徴や口コミを解説!

GMOクリック証券

これからFXを始める時、まずはFX口座を開設することになります。

この時、果たしてそのFX口座は店頭取引なのか、それとも取引所取引なのか、一体どちらなのかなどもFX業者を選ぶ上で重要なポイントとなります。

今回はGMOクリック証券のくりっく365をテーマに、その特徴からメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介します。

GMOクリック証券のくりっく365の概要

ここでは表を使用して、GMOクリック証券のくりっく365の概要を解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
変動制 25通貨ペア 1万通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
丸 二重丸 二重丸

 

GMOクリック証券のくりっく365の特徴

GMOクリック証券といえば、FX業者でも有名な大手のネット証券会社です。そんなGMOクリック証券には、店頭取引のFXネオとは別に、取引所取引であるくりっく365が用意されているのですが、果たしてくりっく365とはどのようなFXのサービスなのでしょうか?

くりっく365とは取引所取引のことで、こちらを利用すると取引所を介して取引ができるようになります。

店頭取引と取引所取引、どちらもFXであることに違いはないのですが、スプレッドや手数料などの面において店頭取引と違いがあるので注意してください。

取引所取引であるくりっく365では、取引所で取引ができるので、投資家は常にFX業者による不正や破綻などを気にせず、安心して取引ができます。

FX業者によって取引ルールがバラバラな店頭取引と違い、東京金融取引所が管理しているくりっく365の場合、為替レートや通貨ペア、スワップポイントなどのルールが統一されていますので、GMOクリック証券に限らず、どこのFX業者であってもくりっく365の口座であれば安全にFXの取引ができるでしょう。

MEMO
取引所取引であるくりっく365であれば、安全にFXを始められる

FXネオとの違いとは?

取引所取引であるくりっく365と違い、FXネオは店頭取引となります。

店頭取引とは、取引所を介さず、直接FX業者と取引をする方式のFXです。

例えばFXネオであれば、GMOクリック証券を相手に直接取引をする、ということです。

くりっく365との違いですが、FXネオであれば手数料は無料、スプレッドは原則固定、などの違いがあります。

どちらも税率は同じであるため、税金に関してくりっく365との間に優劣などはありません。

昔と違って現在では店頭FXも申告分離課税となりますので、FXネオであっても税率は一律で20.315%となります。

税率において違いがない現在の場合、手数料やスプレッドなどの面においてくりっく365よりも店頭FXの方がメリットが多くなりがちです。

手数料

GMOクリック証券のくりっく365は売買手数料が発生するケースがあるので注意してください。

まず通常のくりっく365であれば、取引手数料は無料です。ただし、くりっく365ラージを利用すると、売買手数料が約定枚数101枚以上より756円(税込)、100枚以下だと972円(税込)、それぞれ手数料がかかります。(2019年9月時点)

くりっく365ラージは、通常のくりっく365よりもスプレッドが狭くなるなどの利点があるので、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

他にも、ロスカットが発生した時や追証による強制決済が執行された時に、1万通貨あたり税込で500円の自動ロスカット手数料が発生します。

スプレッド

くりっく365のスプレッドはマーケットメイク方式であるため、固定されていません。

マーケットメイク方式とは、売気配と買気配を取引所に提示し、その気配値で売買を行う方式のことです。

その都度、もっともスプレッドが狭い組み合わせが提示されることになるので、投資家にとって有利なスプレッドになりやすいです。

ただし、原則固定ではありませんので、常に変動しており、状況によってはスプレッドが広くなることもあるので注意が必要です。

GMOクリック証券の店頭取引であるFXネオと比較すると、くりっく365のスプレッドは倍以上の開きとなるでしょう。

スワップポイント

くりっく365のスワップポイントは、業界ではかなり高い水準となります。

例えば米ドル/円のスワップであれば業界でもっとも高いです。他方で豪ドル/円やNZドル/円になると業界では平均レベルといった高さとなります。

スワップポイントを重視してFX口座を選ぶつもりならば、それぞれの通貨ペアのスワップに注目すると良いでしょう。

取扱通貨

くりっく365の取扱通貨ペアの総数は、業界全体で見ると、平均よりもやや多い、といったところです。

もっとも多いわけではないのですが、他の平均的なFX業者と比較するなら多い方です。くりっく365では様々な通貨ペアを扱っています。

マイナーな通貨に関しても、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどの人気通貨は悉く取り扱われているので、メジャーな通貨からマイナーな通貨まで様々な通貨ペアを対象に投資ができます。

取引ツール・スマホアプリ

GMOクリック証券のくりっく365の場合、PC向けの取引ツールとして「はっちゅう君365」を使用できます。さらに、iPhoneとAndroid、両方に対応している取引アプリがありますので、スマホからでも注文が可能です。

GMOクリック証券の取引ツールは、高速でのトレードが可能な注文機能に加えて、テクニカル分析に必要なインディケーターが多数揃っているなど、高性能です。

長期投資だけでなく、デイトレなどの短期売買にも向いている取引ツールとなります。

約定力

くりっく365は取引所取引であるため、約定力のある取引ができます。

約定拒否などはなく、大口の注文にも対応しているので、高額のトレードをしたいというユーザーにほど相性が良いです。

基本的にくりっく365は取引所を介して取引をすることになりますので、注文が通れば即座に約定されるでしょう。

その他、FX業者が恣意的に約定拒否をするなど、投資家に不利になるような不正行為は一切ありませんので、安心して売買ができます。

入出金

GMOクリック証券では、即時入金サービスを利用することで、24時間いつでも即座にFX口座へ入金することができます。

即時入金サービスは無料で利用できるので、費用はかからないです。

出金の際にも手数料はかかりません。

出金の依頼を出した場合、だいたい翌々営業日までには指定した金融機関に振り込まれることでしょう。

ロスカット

GMOクリック証券のくりっく365では、証拠金維持率が50%を割ると、ロスカットルールが発動され、ポジションが強制的に決済されるので注意してください。

このロスカットの基準は、業界全体で見るとかなり緩い水準です。そのため、ある程度、まとまった資金があれば、余裕のあるトレードができるでしょう。

信託保全

くりっく365では、東京金融取引所に証拠金が預託されることになります。

そのため、GMOクリック証券が破綻することがあったとしても、預けた資産は無事返還されるので、常に安全に取引ができます。

キャンペーン

GMOクリック証券では現在、新規でFX口座を開設したユーザーを対象に、最大3万円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。(2019年9月時点)

このキャンペーンを受けるためには、GMOクリック証券のFX口座を開設し、一定量以上の取引をする必要があります。

くりっく365のメリット・デメリット

ここではくりっく365のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

くりっく365のメリット

くりっく365のメリットというと、安全にFXができることです。

店頭取引の場合、悪質なFX業者の中には恣意的に約定拒否をするなど、投資家に不利な取引を強いる業者があるので、注意が必要です。

できるだけ余計な心配をせずにトレードをしたいなら、安全な取引ができるFX業者を探さないとなりません。

その点、そもそもFX業者が取引に介入しない取引所取引であるくりっく365であれば、第三者による不正などを気にせず、常に公平で、透明性のある取引環境の中でトレードができるので、安全です。

取引の安全性を求めているユーザーほど、くりっく365は相性が良いです。

税金面でのメリットは現在は無い

2012年1月1日より、法改正により店頭FXの税率は一律20.315%となりました。

それまでは店頭FXの税率というと、総合課税であるため、利益が出るほど税金が高くなるなどのデメリットがあったのですが、この法改正により店頭FXでどれほど利益を得ても税率が同じとなりました。

その結果として、税制面においてくりっく365と店頭FXとの間に差異がなくなりましたので、税制面におけるメリットは現在のところ、くりっく365にはありません。

くりっく365のデメリット

くりっく365のデメリットは、取引コストが高いことです。

取引所取引であるくりっく365はマーケットメイク方式を採用しているので、スプレッドは変動制であり、店頭取引であるFXネオと比較するとかなり広めのスプレッドとなります。

それに加えて手数料もかかりますので、コスト高になりやすいという短所がくりっく365にはあります。

FXネオのような、店頭FXならではの狭いスプレッドに慣れているユーザーからすると、くりっく365のスプレッドはかなり広く感じることでしょう。

くりっく365を利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではくりっく365がおすすめされるユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

くりっく365がおすすめなユーザーというと、大口の注文をしたい人などがこれに該当します。他方で、少額から取引を始めたいという人にはおすすめではないです。

  1. おすすめ:大口の注文をしたい人
  2. おすすめでない:少額からトレードを始めたい人

上記について、以下より詳しく解説します。

くりっく365がおすすめな人

くりっく365はFXで大口の注文をしたいというユーザーほどおすすめです。

大口の注文というと、それこそ100万通貨を越えるような高額の注文となります。

なぜ大口の注文をしたいユーザーとの相性が良いかというと、それはくりっく365は最大取引数量に上限がなく、たとえ大口の注文であっても約定拒否をされることなく確実に注文を成立させることができるからです。

FXで高額の取引をする時、約定力が心配になります。というのも約定力が低い店頭FXの場合、取引量が多くなると、約定拒否の心配が出てくるからです。

その点、取引所取引であるくりっく365であれば、高額の取引であっても約定拒否の心配なしに売買ができるので、常に安心してトレードができるでしょう。

くりっく365がおすすめではない人

くりっく365は、少額トレードを始めたいユーザーにはおすすめではないです。

というのも、くりっく365は店頭取引のFXネオと比べてスプレッドが広く、手数料がかかるなど、取引コストが高く、少額トレードだと利益が出ないからです。

くりっく365ならではの安全で、透明性のある取引ができるという利点についても、GMOクリック証券という大手企業で取引をする場合に限って言えば、それほど優れた利点というわけではありません。

昔と違い、現在の国内FX業者はほとんどが優良な企業であるため、安心して店頭FXを利用できます。特にGMOクリック証券のFXネオであれば、約定力のある取引環境下でトレードができます。

税率についても、店頭FXの税金も申告分離課税として扱われている昨今において、くりっく365の優位性は失われています。

以上のように、店頭FXの方がくりっく365よりもメリットが多い現在の国内FXの状況を鑑みると、あえて取引コストが高いくりっく365を利用する利点がほとんどありません。

特に1万通貨以下の少額トレードから始めたいユーザーにとって、くりっく365のスプレッドの広さはトレードをするにあたって高いハードルになることでしょう。

まだFXを始めたばかりなので、できるだけ低コストで、かつ少額からトレードを始めたいというユーザーほど、取引コストが高いくりっく365はおすすめではないです。

くりっく365は、どちらかと言えば初心者よりも経験豊富な上級者向けとなります。

くりっく365の利用者の口コミ

ここではGMOクリック証券のくりっく365を利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
47歳男性
oo
(4.0)
FXトレードに関心があっても、銀行などの金融機関と違って取引業者の選択の幅が多すぎるのが入口のハードルになっていました。
くりっく365はテレビコマーシャルで認知度も高くて信頼感があるし、実際に利用してみると操作画面もわかりやすくて満足しています。

 

男性イメージ
28歳男性
oo
(5.0)
FXで稼ごうと考え、ネットの口コミ情報でくりっく365でチャレンジしました。ビギナーにも使いやすく、一番有利なレートを選んでの投資ができたのが良かったです。おかげさまで相当に稼ぎました。

 

男性イメージ
34歳男性
oo
(5.0)
くりっく365のFX会社を利用した感想は、安心して取引ができるということです。信頼がないと始まらないこの業界で、クリック365の取扱会社は信頼できる会社が多くてサービスが良いと感じました。

 

男性イメージ
32歳男性
oo
(4.0)
くりっく365でのFXトレードを初めて1年半くらいたちます。以前は別の証券会社のシステムを使い取引をしていたのですが、クリック365は使う側に配慮されたシステムで使いやすく、とても気に入っています。

 

男性イメージ
53歳男性
oo
(4.0)
くりっく365は公的な取引所によるFX投資ができる唯一の場所で、証拠金を安心して預けることが出来ます。
少し硬いイメージも有ったのですが、普通のFX会社と変わらず取引ツールもシンプルで初心者でも安心して取引が可能です。

 

男性イメージ
42歳男性
oo
(3.0)
くりっく365系の業者を利用しましたが、キャンペーンもあって使いやすいです。長期間使っていても大きな問題もなくて不満もありませんでした。システムも見やすくてわかりやすいです。

 

女性イメージ
37歳女性
oo
(3.0)
くりっく365系の証券会社を使いましたが、そこは老舗で東証にも上場していて安心して取引が出来ました。業界でも最低水準のスプレッドがあり通貨も多くて定番なのがあり使いやすかったです。

 

女性イメージ
49歳女性
oo
(3.0)
くりっく365系の証券会社は、ネットサイトも見やすくて承認されるのも入金した翌日で大変速かったです。また、サポートも24時間なので、遅い時間でも問い合わせが出来るので安心です。

 

女性イメージ
45歳女性
oo
(4.0)
くりっく365系を扱っている業者を使ってみましたが、シンプルで画面が見やすくシステムではかなりのレベルだと感じました。発注画面なども独立していて好きな所へ配置出来ました。使い勝手が良くて、バランスなども良いです。

 

男性イメージ
35歳男性
oo
(4.0)
くりっく365は、仕事のお昼休みなどの休憩時間にスマートフォンで使っています。画面は小さいですが、専用の取引ツールの便利さは不変なので問題ないです。
注文を出すとすぐに受け付けて発注してくれるシステムも有り難いです。

 

 

FX初心者へのアドバイス

今回はGMOクリック証券のくりっく365について、その特徴やメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

東京金融取引所が運営している取引所取引のくりっく365は、FX業者と投資家が直接取引をする店頭取引と違って、FX業者を介さずに取引ができるという特徴があります。

その主要なメリットは、公的な取引であるため、安心かつ透明性の高い公平な取引ができることです。

以前までは税制面で有利などのメリットがありましたが、法改正後は店頭FXも同じ税率になりましたので、現在は税金面でのメリットはありません。

むしろスプレッドや手数料などの取引コストを鑑みると、店頭FXと比べてコスト高になるというデメリットがあるほどです。

取引コストが高いので、少額取引をしたいというユーザーとの相性は悪いです。他方で、大口の取引を、できるだけ安全に、かつ約定拒否の心配なしにやりたいというユーザーとの相性は良いです。

大口の取引に向いているくりっく365は、初心者よりも経験者向けのFXサービスです。

まだ初心者で、取引経験も少ないうちは、あえてくりっく365を選ぶメリットはないです。同じくGMOクリック証券が提供している店頭取引のFXネオの方が取引コストが安いので、初心者にはおすすめです。

店頭FXを通じてトレードのやり方を学び、勝てるだけの実力を付けてからくりっく365に移行したとしても、遅いということはありません。

GMOクリック証券であれば、いつでもFXネオからくりっく365に移行可能です。

初心者のうちは無理をせず、もっとも付き合いやすいFX口座を選びましょう。