フィボナッチ・リトレースメントとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

フィボナッチといえば、自然界で存在する数列のことで、フィボナッチ・リトレースメントはそんなフィボナッチ数列を基に考案されたテクニカル分析の手法のことです。

今回はフィボナッチ・リトレースメントとは何なのか、その特徴やチャートでの見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを紹介します。

フィボナッチ・リトレースメントを習得することで、今後の相場の動向を分析しやすくなるでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

フィボナッチ・リトレースメントとは?

イタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチ氏が考案したフィボナッチ数列とは、2つ前の項と1つ前の項を足し合わせる数列のことで、ひまわりの種やおうむがいなどの自然界で見つけることができます。

自然界で見られる特徴ならば、経済界でも通用するだろうということでフィボナッチ数列をテクニカル分析に取り入れてみた結果、本当に通用したということで、現在はフィボナッチ・リトレースメントを使用するトレーダーは多くいます。

フィボナッチ・リトレースメントのリトレースメントとは、引き返すという意味のある単語で、押し目買いもしくは戻り売りをしたい時の指標としてフィボナッチ・リトレースメントは使用されます。

トレンドに対してフィボナッチ・リトレースメントを使用すると、強いトレンドならば38.2%前後まで戻り、弱いトレンドだと61.8%まで戻る、とされています。

この38.2%と61.8%、さらに補足として50%のラインを見て、次の売買のポイントを分析するというのがフィボナッチ・リトレースメントの主な使い方です。

実際にフィボナッチ・リトレースメントを使用すると、以下のチャートのようになります。

フィボナッチ・リトレースメントに興味があるという方は、実際に描画ツールを使用し、チャート上に描いてみましょう。

MEMO
強いトレンドだと38.2%まで戻り、弱いトレンドだと61.8%まで戻る

フィボナッチ・リトレースメントを使用する目的

フィボナッチ・リトレースメントは、トレンドが発生している時において、押し目買いもしくは戻り売りのポイントを見つけたい時などに使用します。

例えば上昇トレンドが発生している時に、高値からフィボナッチ・リトレースメントの38.2%まで下落し、そこで反転した場合、その38.2%のラインが押し目買いのポイントとして見なすことができます。

同様のことは下降トレンド時においても言えるでしょう。

他にも、フィボナッチ・リトレースメントの反転のポイントを、逆張りのサインとして見なすことで、トレンドの転換点として使用することも可能です。

順張りでトレードをするのか、それとも逆張りでトレードをするかで、フィボナッチ・リトレースメントの使い方が変わってきますので注意すると良いでしょう。

フィボナッチ・リトレースメントの見方

フィボナッチ・リトレースメントは、トレンドに対して使用します。

例えば、上昇トレンドであれば、トレンドが始まった起点から終点までを決め、どこに38%と50%、そして61%のラインがあるのかを確認します。

では実際にチャートを参考に見方を解説します。まず以下のチャートより、トレンドがある場所を見つけます。

まず四角で囲っている箇所に注目しましょう。

四角で囲っている箇所のレートの動きを見ると、大きく急落しています。つまり、ここでは下降トレンドが発生していることが見て取れます。

今回はこの下降トレンドが始まっている起点と、ちょうど下降が一段落している箇所を終点と見なして、フィボナッチ・リトレースメントのラインを描きました。

フィボナッチ・リトレースメントの特性によると、38%もしくは61%付近で反転する可能性が高いとのことです。

実際、その後の展開を見ると、ちょうど61.8%のライン付近でレートが反転し、さらに下落していることが窺えます。

実際のトレードの場合、この反発している箇所でショート注文を入れるのがセオリーでしょう。

フィボナッチ・リトレースメントはトレンド相場向きの指標です。使用することで、押し目買いや戻り売りのポイントを見つけやすくなります。

フィボナッチ・リトレースメントを利用したトレードの手法

フィボナッチ・リトレースメントを利用した手法というと、主に現在のトレンドに従って売買をする順張りの手法と、トレンドに逆らう逆張りの手法の二種類があります。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

順張りとはトレンドの方向に合わせて売買をする手法のことです。

順張りは騙しが少なく、勝率の高いトレードができることから、初心者向けの手法とされています。

トレンドの方向に従って売買をしますので、上昇相場時にはロング(買)、下降相場時にはショート(売)をそれぞれ入れることになります。

トレードルールは、上昇相場時にフィボナッチの38%もしくは61%で反転したらロング、下降相場時に38%もしくは61%で反転したらショートでエントリー。一定の含み益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、トレンドが発生している箇所を見つけ、フィボナッチ・リトレースメントを使用します。

四角で囲っている箇所を見ると、レートが上昇を続けていますので、ここでは上昇トレンドが発生していることが見て取れます。

今回はこの囲っている箇所をフィボナッチ・リトレースメントの対象にしています。

やがて上昇トレンドが一旦終了し、レートが落ちました。しかし38.2%のライン付近で反転し、再び上昇を開始しています。

今回はこの38.2%で反転した箇所が、ロングでエントリーするポイントとなります。

レートを見ると、ちょうど111.00円付近でエントリーのサインが出ていますので、ここでロングポジションを保有したと仮定します。

その後、レートは順調に伸び、現在のレートを見ると111.90円付近であることがわかります。今回はここでロングポジションを決済したとします。

すると、111.00円でエントリー、111.90円で決済となりますので、90pipsもの利益を獲得した計算になります。

今回は38%のラインで反転していますが、そこで反発せず、さらに落ちて61%のラインで反転する可能性もあります。

フィボナッチ・リトレースメントは、どこで反転するのかの見極めが少し難しいので、初心者からすると習得のハードルが高いかもしれません。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に、逆張りの手法を紹介します。

逆張りとはトレンドに逆らう形で売買をする手法のことで、上昇相場時であればショート(売)、下降相場時であればロング(買)でエントリーをします。

今回のトレードルールは、上昇相場時に61%を割ったらショート、下降相場時に61%を割ったらロングでエントリー。一定の利益が出たら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、トレンドを見つけ、フィボナッチ・リトレースメントを使用します。

まず四角で囲っている箇所を注目しましょう。

四角の中のローソク足は、右上に上昇を続けています。そのため、上昇トレンドが発生していることがわかります。

そこで今回は、この上昇の起点と終点を対象にフィボナッチ・リトレースメントを使用しました。

逆張りを採用していますので、フィボナッチの61.8%をローソク足が割ったら、ショートでエントリーをすることになります。

やがて待っていると、ローソク足が61.8%を割りました。これがエントリーのポイントとなります。

レートを見ると、ちょうど111.40円付近で割っているので、ここでショートでエントリーをしたと仮定します。

その後、111.00円まで落ちました。キリが良いので、ここで決済したと仮定します。

すると、111.40円でエントリー、111.00円で決済をしましたので、40pipsもの利益を獲得できた計算になります。

今回は過去のチャートを使用していますので、逆張りできる箇所を簡単に見つけることができました。しかし、実際のトレードでは、逆張りは騙しが多く、負けやすい手法です。

初心者のうちは順張りの手法から始めた方が良いでしょう。

フィボナッチ・リトレースメントのデメリット、リスク、注意点

ここではフィボナッチ・リトレースメントのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 絶対に反発するわけではない
  3. トレンドのどこをフィボナッチ・リトレースメントの対象にすれば良いのかわかり難い

1.騙しがある

まずフィボナッチ・リトレースメントにも騙しがありますので、トレードの際には注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャート上の動きのことです。

例えばフィボナッチ・リトレースメントの場合、上昇トレンドが発生後、レートが一時的に落ち、38%のライン付近で反発したとします。

本来はこれはロングのシグナルなので、ここでロングでエントリーし、トレードが成功すると、そのまま利益を得ることができます。

しかしこれが騙しの場合、エントリーした後に急落し、トレードで負けて損失を被ることになります。

以上のように、テクニカル分析には騙しがつきものです。フィボナッチ・リトレースメントに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には騙しがあるので注意しましょう。

対策

トレードにおける騙しへの有効な対策は、素早く損切りをすることです。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負けることがあったとしても、素早く決済して損切りをすれば、被害を最小限に抑えることができます。

しかし損切りができず、負けたトレードをそのまま放置をすると、さらに損失が拡大し、最終的にはロスカットされる事になりかねません。

損切りは資産を守る上で必須のスキルです。トレードをする際にはテクニカル分析だけでなく、損切りのやり方も習得しておきましょう。

2.絶対に反発するわけではない

フィボナッチ・リトレースメントは、使用すれば必ず反発し、押し目買いもしくは戻り売りができる、というものではありません。

今回、逆張りの手法で紹介したように、フィボナッチ・リトレースメントの38%と61%のラインで反発せず、そのまま突き抜けてしまう事もあるので、早まってトレードをすると負ける恐れがあります。

以上のようにフィボナッチ・リトレースメントが成立しないケースもありますので、トレードの際には必ずフィボナッチ・リトレースメントが外れることも念頭に入れておきましょう。

対策

フィボナッチ・リトレースメントによる分析が外れる可能性がある以上、エントリーには慎重にならざるを得ません。果たしてどうするべきなのでしょうか?

普段トレードをしている時、いつもエントリーのタイミングが早く、トレードで負けてしまうという悩みを抱えている方はきっと多くいることでしょう。

エントリーのタイミングが早いという悩みへの対策は、エントリーのタイミングを遅らせる事です。

例えばフィボナッチ・リトレースメントの場合、38%もしくは61%のラインで反発したからといって、すぐにエントリーをすると、反発することなくそのままレートが動き、負けるリスクがあります。

しかし、ここであえてサインが出てもエントリーはせず、しばらく待ってみましょう。

ローソク足1本から3本分ほどの時間を待つ事で、エントリーのタイミングを遅らせる事ができます。

エントリーのタイミングは遅すぎてもダメですが、早すぎてもダメです。

売買のサインが出た後、これぐらいの時間が経過したらエントリーをするなど、エントリーに関する取引ルールを事前に決めておきましょう。

いつエントリーをするのかなどの取引ルールを確立させられると、トレードの利益率が安定化しやすいです。

3.トレンドのどこをフィボナッチ・リトレースメントの対象にすれば良いのかわかり難い

フィボナッチ・リトレースメントは、移動平均線やMACDなどと違って、描画ツールを使用して自分で作成するタイプのテクニカル分析です。

どこからどこまでをフィボナッチの対象にするかは、自己の裁量に任されやすく、初心者だとなかなか扱いが難しいです。

フィボナッチ・リトレースメントはハマると勝率に貢献してくれる頼れるツールなのですが、使い方がわからないとなかなかトレードでは活かしきれないです。

対策

フィボナッチ・リトレースメントを使用するなら、まずはチャートの勉強をしましょう。

特に、トレンド相場とレンジ相場の違いは、しっかりと学び、自分の目で判断できるようになると良いです。

フィボナッチ・リトレースメントは、トレンド相場を対象にしているツールです。レンジ相場ではほとんど役に立ちません。むしろレンジ相場で使用すると負ける確率が高まるほどです。

その反面、トレンド相場が来ると、次の展開を読む上で非常に参考になるツールです。

フィボナッチ・リトレースメントを使いこなすためにも、まずはトレンド相場について勉強しましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はフィボナッチ数列を取り入れたテクニカル分析であるフィボナッチ・リトレースメントについて解説しました。

次の押し目買いもしくは戻り売りのポイントを見つける時に役立つフィボナッチ・リトレースメントは、まさにトレンド相場において非常に役立つツールです。

フィボナッチ・リトレースメントを習得すれば、トレードの勝率に大いに貢献してくれるでしょう。

その反面、初心者が扱うには少し難易度が高いツールでもあります。フィボナッチ・リトレースメントを使いこなしたいなら、まずはレンジ相場とトレンド相場の違いを見極められるようになると良いでしょう。