フィボナッチ・ファンとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル分析の手法の中には、フィボナッチ数列を応用した手法がいくつかあります。フィボナッチ・ファンもその一つです。

今回はフィボナッチ・ファンとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

フィボナッチ・ファンを利用すると、トレンドラインを描く時、どこにサポートラインやレジスタンスラインがあるのかを予測しやすくなります。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

フィボナッチ・ファンとは?

フィボナッチ数列といえば、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチ氏が考案した数列のことで、ひまわりの種やおうむがいなどの自然界でよくみられる数列です。

自然界にある数列ならば、経済界でも通用するだろうということで、テクニカル分析の手法にフィボナッチ数列を取り入れてみた結果、実際に通用したということから、現在はフィボナッチ数列を応用した手法がいくつか存在します。

フィボナッチ・ファンは、トレンドラインにフィボナッチ数列を取り入れているテクニカル分析の指標となります。

実際にフィボナッチ・ファンを使用すると、以下のようなトレンドラインが形成されます。

フィボナッチ・ファンを使用すると、38.2%と61.8%、それと補助として50%のトレンドラインが表示されます。

実際のトレードでは、この38%と61%のラインを使用して、売買のポイントやトレンドがブレイクした箇所などを探ることになります。

特に61.8%のラインは、トレンドの転換点として機能しやすく、重要度が高いです。

MEMO
フィボナッチ・ファンはトレンド相場で使用する

フィボナッチ・ファンを使用する目的

フィボナッチ・ファンは、トレンドラインを描きたい時などに使用することが多いです。

トレンドラインというと、上昇相場時に描くサポートラインと、下降相場時に描くレジスタンスラインの二種類があります。

ライントレードで多用されるラインなのですが、どこに引けば良いかで悩みやすく、初心者だとなかなか精確なトレンドラインを描けないものです。

しかしフィボナッチ・ファンを使用すると、フィボナッチ数列を基準により精確なトレンドラインを描けるようになりますので、ライントレードがやりやすくなります。

MEMO
ライントレードとは、水平線やトレンドラインなどを使用したトレードの手法のこと。チャート上に自分で線を描き、売買のポイントを探ることになる

フィボナッチ・ファンの見方

フィボナッチ・ファンを使用すると、トレンドラインが扇状に広がります。

ラインは複数あり、38.2%と61.8%のライン、そして補助的に50%のラインが形成されます。

トレンド相場が発生している時、レートが一時的にトレンドラインを割ることはあっても、反発することで再び元のトレンドに戻るものです。

フィボナッチ・ファンは、このトレンド相場が発生している時の、押し目買いもしくは戻り売りのポイントを探りたい時などに役立ちます。

例えば以下のチャートでフィボナッチ・ファンを使用する場合。

まず赤い四角で囲った場所を起点に、青い四角で囲っている箇所を線で結び、サポートラインを描きました。

このサポートラインを対象に今回、フィボナッチ・ファンを使用します。

すると、サポートラインの下側に、38.2%、50%、61.8%の3つのラインが上から順番に形成されました。

サポートラインだけだと騙しが多く、ブレイクの騙しに引っかかるリスクがあります。しかし、上記のようにフィボナッチ・ファンを引くと、トレンドラインの騙しに引っかかるリスクを回避してトレードを実践することができます。

これが下降相場だった場合、レジスタンスラインに対してフィボナッチ・ファンを使用することになります。

実際に使用すると、以下のチャートのようになります。

下降トレンドが発生している箇所に対してレジスタンスラインを描き、それを対象にフィボナッチ・ファンを使用することで、レジスタンスラインの上側に38.2%、50%、61.8%のラインが形成されています。

本来、トレンドラインをローソク足が割ると、それはブレイクのサインとなります。しかし、実際に使用してみると、そのサインは騙しであることが多く、そのまま信じるとトレードで負けやすいです。

しかし、トレンドラインに加えてさらにフィボナッチ・ファンを描くことで、より精確なサポートラインもしくはレジスタンスラインをチャート上に描くことができます。

もしもローソク足がフィボナッチ・ファンの61.8%のラインを割った場合、それはかなり確率の高いブレイクのサインとなりますので、チェックしておきましょう。

MEMO
フィボナッチ・ファンを使用することで、トレンドラインの騙しのリスクを減らせる

フィボナッチ・ファンを利用したトレードの手法

フィボナッチ・ファンを利用したトレードの手法というと、トレンドが継続することを前提にしたトレンドフォロー系の手法と、トレンドがブレイクすることを前提にしたブレイクアウトの手法があります。

  1. トレンドフォローの手法
  2. ブレイクアウトの手法

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.トレンドフォローの手法

トレンドフォローとは、現在のトレンドに合わせて売買をする手法のことです。

上昇相場ならロング(買)、下降相場ならショート(売)でエントリーをすることになります。

騙しが少なく、勝率の高いトレードができる手法となりますので、トレンドフォローは初心者向けです。

ここではトレンドフォローの手法を解説します。

まずトレードルールは、フィボナッチ・ファンの38%のラインを割り、反転した後に、そのトレンドの方向に合わせてエントリー。一定の利益が出たら決済をするという前提で話を進めます。

では以下のチャートより、フィボナッチ・ファンをまず描きます。

赤い四角を起点に、青い四角で囲った箇所の高値を線で結び、フィボナッチ・ファンを今回は作成しました。

今回はトレンドラインが右下に向いているので、下降相場であることが見て取れます。

トレンドフォローの手法を採用していますので、この状況であればショートでエントリーできるタイミングを待つことになります。

やがて待っていると、ローソク足が一時的に38.2%のラインを割ったものの、反転し、再び下降トレンドに乗りました。ここがショートでエントリーをするタイミングとなります。

レートを見ると、ちょうど147.00円付近でエントリーのサインが出ていますので、今回はここでエントリーしてショートポジションを保有したと仮定します。

その後、レートはさらに落ちていき、やがて下降トレンドが終了しました。だいたい144.50円付近でトレンドが終わっているので、ここで決済したとします。

すると、147.00円でエントリー、144.50円で決済となりますので、250pipsもの利益を獲得した計算になります。

フィボナッチ・ファンは、トレンドラインをサポートしてくれる役立つラインです。トレンド相場でトレードをする際には、ぜひ活用してみましょう。

2.ブレイクアウトの手法

ここで紹介するブレイクアウトの手法とは、トレンドラインをローソク足がブレイクした時に、トレンドに逆らう形で売買をする手法となります。いわゆる逆張りの手法です。

エントリーは、上昇相場時にショート(売)、下降相場時にロング(買)をそれぞれ入れることになります。

ブレイクアウトの手法は騙しが多く、リスクの高い手法になりますので、これは上級者向きの手法です。

トレードルールは、フィボナッチ・ファンの61.8%のラインをローソク足が割ってブレイクしたら、トレンドとは反対方向にエントリー。一定の利益が出たら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、フィボナッチ・ファンを使用します。

トレンドラインを引くと、右下に向かっていますので、ここでは下降トレンドが形成されていることが窺えます。

今回はブレイクアウトの手法を採用していますので、ロングでエントリーできるタイミングを待ちます。

やがて待っていると、レートが上昇し、ローソク足が、61.8%のラインを下から上に割りました。ここがロングでエントリーをするタイミングとなります。

レートを見ると、だいたい145.50円付近でエントリーのサインが出ていますので、ここでロングポジションを保有したと仮定します。

その後、レートは急上昇し、149.00円まで上がりました。キリが良いので、ここでポジションを決済したとします。

すると、145.50円でエントリー、149.00円で決済となりますので、350pipsもの利益を獲得した計算になります。

今回は過去のチャートを使用していますので、簡単にブレイクする箇所を見つけることができました。

ただし、実際のチャートではリアルタイムでチャートをチェックしなければならず、ブレイクする場所を見つけるのは上級者でも難しいです。

ブレイクアウトの手法は、初心者からすると難易度が高いので、トレードを始めたばかりのうちはトレンドフォローの手法から始めると良いでしょう。

フィボナッチ・ファンのデメリット、リスク、注意点

ここではフィボナッチ・ファンのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. レンジ相場では使えない
  3. トレンドラインの使い方がわからないと習得できない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

フィボナッチ・ファンを使用する際には、騙しに注意し、対策を立てておきましょう。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャート上の動きのことで、テクニカル分析に騙しは付きものです。

確かにフィボナッチ・ファンを使用すれば、トレンドライン単体でトレードをするよりも、騙しに引っかかるリスクは少ないでしょう。

しかし、それでも完全に騙しを避けることはできません。時には騙しに遭い、トレードで負けることもあるでしょう。

騙しに遭うとトレードで負け、損失が発生します。被害を防ぐためにも、騙しへの対策を講じておきましょう。

対策

騙しへの対策は、損切りのルールを守ることです。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負けたとしても、損失が拡大する前にポジションを決済して損切りしてしまえば、大した被害にはなりません。

しかし、損切ができず、負けたポジションを放置すると、さらに損失が拡大し、最終的にはロスカットされることになるでしょう。

FXで稼ぐコツは損小利大です。損失が小さくなるように、トレードで負けた際には早々に損切りを敢行しましょう。

2.レンジ相場では使えない

フィボナッチ・ファンは、トレンド相場を前提にしている指標です。そのため、レンジ相場に弱く、使っても役に立たないでしょう。

トレンド相場のような、一定のレンジ内においてレートが上下に動く相場の場合、方向感が掴めず、どちらに動くか予想し難いです。

特に、相場が停滞し、レートに動きが全くないような相場ほど、フィボナッチ・ファンとの相性が悪く、トレードに活かせないでしょう。

対策

フィボナッチ・ファンがレンジ相場との相性が悪いのであれば、レンジ相場との相性が良い別のテクニカル指標を使いましょう。

フィボナッチ・ファンだけがテクニカル指標というわけではありません。他にもテクニカル分析の役に立つ指標は多く存在します。

レンジ相場に強い指標というと、主にオシレーター系の指標がそれに該当します。

現在の相場を見て、トレンド相場ならばフィボナッチ・ファンを使用し、レンジ相場ならば他のレンジ相場向きのテクニカル指標を使ってみましょう。

複数のテクニカル指標を習得すると、トレンド相場とレンジ相場、両方に対応できるトレーダーへと成長できます。

3.トレンドラインの使い方がわからないと習得できない

フィボナッチ・ファンは、トレンドラインを習得していることを前提にした指標です。

まだトレンドラインを習得していない初心者からすると、フィボナッチ・ファンは使い方がわかり難く、習得に難義することでしょう。

トレンドフォローの手法を実践するによせ、ブレイクアウトの手法を実践するにせよ、どちらにせよフィボナッチ・ファンの習得にはトレンドラインの知識が欠かせません。

対策

フィボナッチ・ファンを習得するつもりならば、まずはトレンドラインの使い方を習得しましょう。

トレンドラインを習得するにあたり、サポートラインやレジスタンスラインの使い方を学んでみてください。

トレンドラインの使い方がわかると、フィボナッチ・ファンの使い方もわかるようになります。

それどころか、フィボナッチ・ファンを応用することで、より実践的な使い方ができるようになるでしょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はフィボナッチ数列を基に作られたフィボナッチ・ファンについて紹介しました。

フィボナッチ・ファンは、トレンドラインや水平ラインと同じく、描画ツールを使い、自分でチャート上に描かないといけないツールとなります。

そのため、初心者からすると、最初はどこにフィボナッチ・ファンを引けば良いかわからず、苦労することでしょう。

そのような苦労を省くためにも、まずはトレンドラインの引き方を学びましょう。

トレンドラインの引き方を学んでおけば、自ずとフィボナッチ・ファンの使い方もわかってきます。

トレンドラインとフィボナッチ・ファンを併用することで、より勝率の高いトレードができるようになるでしょう。