エンベロープとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル分析では、様々な指標を用いて将来のレートの動きを予測することになります。エンベロープはそんなテクニカル指標の種類の一つです。

今回はエンベロープとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

エンベロープを習得することで、テクニカル分析の理解が深まることでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

エンベロープとは?

エンベロープはテクニカル指標の種類の一つであり、使用すると移動平均線を囲むようにして上側と下側に特定の乖離率を基準に線が描かれます。

絵にすると、以下のようになります。

移動平均線に対してエンベロープは一定の距離を離して引かれており、現在のレートが移動平均線に対してどのくらい離れているのか、もしくは近づいているのかを把握したい時などに役立ちます。

特にエンベロープの上限もしくは下限のラインは売買のポイントとして機能しやすく、レンジ相場などで効果を発揮しやすいです。

エンベロープの上限もしくは下限のラインにレートが到達すると、反発し、やがて移動平均線へと回帰されることが多く、この法則性を利用した手法などがあります。

MEMO
エンベロープはレンジ相場に強いテクニカル指標

エンベロープを使用する目的

エンベロープはテクニカル指標の中でも、レンジ相場に強い指標ということもあってか、レンジ相場における天井値もしくは底値などを見つけたい時に役立ちます。

なぜ天井値もしくは底値を見つけたいのかというと、そこが売買のエントリーポイントになりやすいからです。

例えばレートが天井値まで上昇した時にショートを入れ、その後に下落、底値まで落ちたら決済をすれば、レンジ相場であっても利益を稼ぐことができます。

エンベロープの上限と下限はレンジ相場における天井値もしくは底値になりやすく、この指標を参考にするとレンジ相場でも勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

レンジ相場で勝てず、なかなか稼げないという悩みを抱えているトレーダーは、一度エンベロープなどのレンジ相場向けの指標を使ってみると良いでしょう。

MEMO
エンベロープの上限、もしくは下限にレートが到達すると、その後レートは移動平均線に回帰しやすい

エンベロープの見方

エンベロープはFX会社が提供しているチャートツールを使用し、テクニカル指標の中よりエンベロープを選択すれば利用できるでしょう。

ここではその見方を解説します。

まずエンベロープを見る場合、中央のラインは移動平均線になります。それを囲むようにして、上側と下側にエンベロープのラインが引かれます。

実際にチャート上にエンベロープを表示させると、以下のようになります。

中央の赤いラインが移動平均線で、それを囲むようにしてエンベロープが引かれています。

エンベロープを使用する場合、以上のように複数のラインが描かれます。このうち、注目したいラインというと、もっとも上にある線と、もっとも下にある線の2本です。

この上限と下限のラインは、レンジ相場における天井値もしくは底値として機能しやすく、売買に活かしやすいです。

例えば以下のチャート。

レートがエンベロープの上限もしくは下限に到達すると、反転し、中央にある移動平均線までレートが回帰しています。

このエンベロープの中をレートが上下に動く、なおかつレートは移動平均線に回帰するという習性を利用すると、勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

まさにエンベロープはレンジ相場向きの指標となります。レンジ相場の天井値もしくは底値を知りたい時に使ってみると良いでしょう。

エンベロープを利用したトレードの手法

ここまではエンベロープの見方を解説しました。ここからはエンベロープを利用した手法を解説します。

エンベロープの手法というと、レンジ相場向きの手法と、トレンド相場向きの手法があります。

  1. レンジ相場での手法
  2. トレンド相場での手法

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.レンジ相場での手法

まずレンジ相場においてエンベロープを利用した手法を解説します。

レンジ相場はトレンド相場と違い、一定のレンジの中でレートが上下に動きます。レンジ相場が発生している最中は、大きな動きが見込めず、一回のトレードで獲れる利益は少ないです。

すぐにレートの動きが転換するため、ポジションの保有時間が短くなりやすく、レンジ相場のトレードというとデイトレードなどの短期売買が中心となります。

今回はエンベロープを使用するにあたり、レートが上限に触れて反転したらショート、もしくは下限に触れて反転したらロングでエントリー。その後、移動平均線へとレートが回帰したら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートよりエンベロープを描きます。

次に、レートが上限、もしくは下限に接触し、反転するまで待機します。

やがて待っていると、レートが落ち、下限に触れた後に反転し、上昇しています。ここがロングでのエントリーのポイントとなります。

ちょうど144.10円付近でサインが出ているので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは大きく上昇し、移動平均線に到達しました。ここが決済のポイントとなります。決済のサインは、146.90円付近で出ているので、今回はここでポジションを決済できたとします。

すると、144.10円でエントリー、146.90円で決済ができましたので、280pipsもの利益を稼げた計算になります。

レンジ相場は初心者には難しい上級者向けの相場なのですが、エンベロープを使用すると初心者であっても勝率の高いトレードを実践できるでしょう。

2.トレンド相場での手法

次にトレンド相場での手法を解説します。

トレンド相場が発生すると、エンベロープの下限もしくは上限のラインをローソク足が突破し、そのままトレンドを形成する事が多いです。その習性を利用したトレードの一例を今回は紹介します。

トレードルールは、レートがエンベロープの上限もしくは下限を越えたら、その方向に向かってエントリー。一定の利益が出る、もしくはローソク足がエンベロープを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、エンベロープを描きます。

エンベロープを引いた後、レートが上限もしくは下限のラインを突破するのを待ちます。

しばらく待機をすると、レートが大きく下がり、下限のラインを割りました。ここがショートでエントリーするタイミングになります。

ちょうど143.00円付近でサインが出ていますので、ここでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは大きく落ち、141.00円を割りました。キリが良いので、ここでエントリーできたと仮定します。

すると、143.00円でエントリー、141.00円で決済ができましたので、200pipsもの利益を得られた計算になります。

レンジ相場の手法と、トレンド相場での手法だと、売買の方向性が逆転しますので注意しましょう。

エンベロープのデメリット、リスク、注意点

ここではエンベロープのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 絶対に稼げるわけではない
  3. トレンド相場に弱い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずエンベロープを使用する際には、騙しに引っかからないように注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャート上の動きのことです。

例えばエンベロープの場合、レートが上限のラインに触れて反発したので、そのまま落ちると思ってショートを入れたところ、落ちず、さらに反転して上昇して含み損が出るなんてケースは騙しの典型です。

エンベロープを引いているからといって、必ずしもレートがそのエンベロープの位置に合わせて動いてくれるとは限りません。時には騙しが発生し、トレードで負けることがあるでしょう。

騙しに引っかかったということは、トレードで負けたということです。トレードで負ければ含み損が出るでしょうし、そのまま放置するとさらに被害が拡大するリスクがあります。最悪、ロスカットされるでしょう。

不必要な損失の拡大を防ぐためにも、トレードを始める前にまず騙しへの対策を講じておきましょう。

対策

もしも騙しに引っかかり、損失が発生した場合、どうすれば良いのでしょうか?

騙しへの対策は、可能な限り素早く損切りをし、損失の拡大を未然に防ぐことです。

たとえ騙しに引っかかってトレードで負けたとしても、早々に決済してしまえばこれ以上被害が拡大する恐れはありません。

逆に、損失が発生しているにも関わらず、損切りせずにポジションを放置すると、さらに被害が拡大し、いずれは大損することでしょう。

そのような事態を回避するためにも、トレードをする前にまず損切りのやり方を習得しておきましょう。特に初心者の場合、損切りは必須スキルです。

テクニカル分析を学ぶ前にまず損切りを覚えてください。

2.絶対に稼げるわけではない

エンベロープを習得すれば、レンジ相場であっても勝率の高いトレードを実践できるでしょう。しかし、それはあくまで勝率が高いというだけであり、絶対に勝てるというわけではありません。

たとえFXのトレード経験が豊富な上級者であっても、何十回とトレードをしていれば、いずれは負けることもあります。

テクニカル分析をいくら習得したところで、連戦連勝とは流石にいきません。プロですら連勝は不可能です。トレードをしてみたものの、時には負け、損失が発生することもあるでしょう。

対策

FXは勝率よりも利益率の方が大事です。トレードをする際には必ず過去のトレードの成績をメモし、リスクリワードレシオがプラスになるような手法を心がけましょう。

MEMO
リスクリワードレシオとは、損失と利益の比率のことです。

例えば10回のトレードのうち、勝ちトレードの平均利益が20pips、負けトレードの平均利益が10pipsであれば、利益の方が大きいので、たとえ何度負けることがあっても最終的には利益が残ります。

しかし、たとえ勝率が80%以上でも、平均利益が10pipsで、平均損失が50pipsと利益よりも損失の方が大きいとなると、リスクリワードレシオが悪い稼げない手法でトレードをしていることになります。

このような利益率の低い手法でトレードをしている限り、稼げないでしょう。むしろ、トレードすればするほど資産が溶けてしまいます。

FXは別に勝たないといけないというものではありません。時には負けても良いのです。

たとえ勝率が低くても、しっかりと損切りをし、損小利大になるようなトレードができているのであれば、FXでは正義なのです。

トレードをする際にはリスクリワードレシオに問題がないような、利益率の高い手法を実践しましょう。

3.トレンド相場に弱い

エンベロープはテクニカル指標の中では、レンジ相場に強い指標となります。他方で、トレンド相場には弱く、この相場になると稼ぎ難くなるので注意してください。

レートが右肩上がりに上昇する上昇相場や、右下に落ちていく下降相場と違って、レンジ相場は常に一定のレンジ内で上下に動いているので、先の展開が読み辛いです。

プロの中にはレンジ相場は苦手なので、トレンド相場しかトレードしないという人もいるほどです。

そんなプロですら苦手意識のあるレンジ相場で強い指標というメリットがある一方で、トレンド相場には弱いというデメリットがエンベロープにはあるので注意してください。

対策

今回はあえてエンベロープを使ったトレンド相場での手法の一例を紹介しましたが、別に無理して使う必要はありません。

相性が悪いのであれば、別の指標を使えば良く、わざわざ相性の悪いエンベロープで無理してトレンド相場で勝負することはないでしょう。

トレンド相場に強い指標というと、移動平均線や一目均衡表、MACD、RCIなど、色々あります。トレンドラインや水平ラインを使ったライントレードを実践しても良いでしょう。

レンジ相場になったらエンベロープを使用しつつ、トレンド相場ではその相場に向いているテクニカル指標に切り替えてトレードをするなど、状況に応じて指標を使い分けることで弱点を克服できるでしょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つであるエンベロープについて解説しました。

エンベロープはテクニカル指標の中では、レンジ相場に強い指標となります。そのため、レンジ相場で稼ぎたいというトレーダーとは相性が良いでしょう。

他方で、トレンド相場には弱く、あまり役に立たないというデメリットを抱えています。

トレンド相場になると、レートがエンベロープの上限のラインもしくは下限のラインに引っ付くような動きをするため、売買のサインがわかり難く、トレードし辛くなります。

以上のようにトレンド相場でエンベロープを使用してもあまり役には立たないので、初心者のうちはレンジ相場だけに限定して使用すると良いでしょう。

トレンド相場にはトレンド相場向きの指標がありますし、レンジ相場にはレンジ相場向きの指標があります。それぞれの相場に合わせて、もっとも効果を発揮する指標を使ってみましょう。