ダブルトップ/ダブルボトムとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説

FXのチャートパターンの中には、覚えておくと次の展開が読みやすくなる重要なパターンがあります。ダブルトップやダブルトップなどはまさに代表的なチャートパターンなので、ぜひ覚えておきましょう。

ダブルトップもしくはダブルボトムは、相場の転換点などで発生しやすく、売買のサインとしても機能しやすいです。

今回はそんなダブルトップ、ダブルボトムの特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

ダブルトップやダブルボトムを習得することで、チャートに対する理解が深まることでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ダブルトップ、ダブルボトムとは?

ダブルトップとはチャートパターンの一つです。ダブルボトムは、ダブルトップと反対のチャートパターンです。ダブルトップを習得すれば、ダブルボトムも同時に習得できるでしょう。

その特徴は、二つの山、もしくは谷ができること。

ダブルトップの場合、チャート上に二つの山が形成され、Mのような形になります。ダブルボトムの場合、チャート上に二つの谷が形成され、Wのような形になります。

絵にすると以下のようになります。

トップは日本語で頂点、ボトムは日本語で底を意味する単語です。

ダブルトップとは要するに二つの目立った頂点(トップ)があるパターンであり、ダブルボトムとは二つの目立ったボトム(底)のあるパターンのこと。

ダブルトップとダブルボトムの中央にある凹みに対して、ネックラインを引きます。

このネックラインは重要なポイントとなるので、ダブルトップやダブルボトムが形成される場面では、同時にネックラインも引いておきましょう。

実際のトレードでは、ダブルトップ、ダブルボトムよりも、このネックラインがどこにあるかの方が重要度が高いです。

MEMO
ダブルトップ、ダブルボトムは相場の転換点などで出現しやすいチャートパターン

ダブルトップを見つける目的

ダブルトップ、もしくはダブルボトムを見つける目的というと、主に相場の転換点がどこにあるのかを把握したい時や、ダブルトップを利用したトレードをする場合、などです。

前者の場合、単純にどこで相場が転換しているのかを知りたいだけなので、ダブルトップに対する重要度は低いです。

ただし、転換点を把握することで、今後のトレードの方向性が見えてくるので、トレンドフォローの手法を好む人からするとダブルトップもしくはダブルボトムは役立つ指標となってくれるでしょう。

他方で後者のダブルトップを利用したトレードをする人の場合、この指標の出現はエントリーのシグナルとなりますので、まさに売買の正念場となります。

トレードに成功すればFXで利益を稼げるでしょうから、誰よりも早くダブルトップ、もしくはダブルトップの出現に気づかなければなりません。

ダブルトップやダブルボトムを見つけるのが得意になり、トレードで勝てるようになると、安定した利益を稼げるようになるでしょう。

MEMO
ダブルトップやダブルボトムを利用したトレードをすることで利益を狙える

ダブルトップの見つけ方と線の引き方

ここではダブルトップ、もしくはダブルボトムの見つけ方と、ネックラインなどの線の描き方を解説します。

まずは以下のチャートより、ダブルトップを見つけます。ダブルトップは、上昇から下降へと転換する時に発生しやすく、Mのような形をしています。

ダブルトップを見つけたら、トップの間にある谷の底に対してネックラインも引きます。

これでダブルトップは完成です。実際のトレードではこの後の展開に合わせて売買をすることになります。

次に以下のチャートにてダブルボトムを見つけます。ダブルボトムはダブルトップとは逆で、下降から上昇に転じる時に発生しやすいです。

ダブルボトムは、ちょうどWのような形をしています。ダブルボトムを描いた後は、中央の高値に対してネックラインを引きます。

ダブルボトムが形成されて以降、下降から上昇へと相場が転換していますので、このチャートではダブルボトムはトレンドの転換点として機能しています。

見つけるポイントはM、もしくはWのようなパターンを描いている場所を探すこと。そして、ネックラインがどこにあるのかまで注目しましょう。

特にネックラインは、ダブルボトム、もしくはダブルトップを利用した手法を実践する際に役立つラインとなりますので、非常に重要です。

MEMO
ネックラインはダブルトップ、ダブルボトムを利用した手法においてブレイクのポイントとして機能する

ダブルトップを利用した手法

ダブルトップもしくはダブルボトムを利用した手法というと、ネックラインを割ってそのままトレンドが転換する場合を利用した手法と、ネックラインを割らずにトップもしくはボトムを越えた場合を利用した手法があります。

  1. ネックラインを割る場合
  2. ネックラインで反発後にトップorボトムを割る場合

以下よりそれぞれの手法を詳しく解説します。

1.ネックラインを割る場合

まずここではダブルトップもしくはダブルボトムのネックラインを割り、そのままレートが大きく動く場合を想定した手法を解説します。

エントリーのルールは、ネックラインを割った方向に合わせて売買。ネックラインを下から上に割ったらロング(買)、ネックラインを上から下に割ったらショート(売)を入れます。

エントリー後、一定の含み益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、ダブルトップ、もしくはダブルボトムを見つけ、ネックラインを引きます。

今回は下降相場から上昇相場に転換し、Wを描いているので、ダブルボトムとなります。

ネックラインを引いた後、ローソク足が下から上にラインを突破しています。その突破した部分がブレイクした箇所となりますので、ここでロングでエントリーをします。

ブレイクしたレートがちょうど81.00円付近なので、今回はこのレートでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートは上がり、82.00円を超えましたので、ここで決済ができたとします。

すると、81.00円でエントリー、82.00円で決済ができたので、100pipsもの利益を得られた計算になります。

ダブルボトムやダブルトップのパターンが出る度に、このぐらいの利益を毎回コンスタントに実力で稼げるようになると、今後もFXのトレードで安定した利益が見込めるでしょう。

この手法のポイントは、ダブルトップもしくはダブルボトム形成後にネックラインを割るか、否かです。

ネックラインを割ったらエントリー、割らないならエントリーはしません。

2.ネックラインで反発後にトップorボトムを割る場合

次にネックラインでレートが割らずに反発し、トップもしくはボトムを越えた場合の手法を解説します。

エントリーのルールは、ネックラインで反発後にレートが二つ目のトップ、もしくはボトムを割ったら、その方向に合わせてエントリー。一定の含み益が出たら利確をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートよりダブルトップ、もしくはダブルボトムを見つけ、ネックラインを引きます。

今回はMの形をしていますので、ダブルトップとなります。

ネックラインを引いた後、2回目のトップの後にレートは落ち、一旦は割りそうになりますが、そのまま反転し、2回目のトップの高値を越えています。

この2回目のトップを越えた場所がエントリーのポイントとなります。

ちょうど83.00円付近でブレイクしていますので、ここでロングでエントリーできたと仮定します。

その後、レートは上がり、一時は83.80円まで上昇しました。ここで決済できたとします。

すると、83.00円でエントリー、83.80円で決済ができたので、80pipsもの利益を得られた計算になります。

ダブルトップ、ダブルボトムはトレンドの転換点として機能しやすいのですが、必ずしもこの指標がトレンドの転換を示唆するとは限りません。

状況によってはネックラインを割らずに、さらにトレンドが継続することもあるので注意してください。

ダブルトップのデメリットやリスク、注意点

ここではダブルトップのデメリットやリスク、注意点を紹介します。

  1. 騙しがある
  2. 見つけるのが難しい
  3. 難易度が高い

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

ダブルトップ、ダブルボトム、どちらにも騙しがあるので注意しましょう。

相場が転換する場面でよく出やすいダブルトップとダブルボトムですが、必ずしもこの指標が出たからといってトレンドが転換するとは限りません。

ダブルトップが出て以降もそのままトレンドが継続することもあります。にも関わらず、ダブルトップやダブルボトムが出たから相場が転換するに違いないと勝手に判断し、騙しに遭うと、トレードで負けて損する恐れがあります。

ダブルトップに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には騙しがあります。

トレードの際には偏見を持たず、あらゆる可能性を考慮に入れて売買をしましょう。

対策

もしもダブルトップの騙しに引っかかってしまった場合、どすれば良いのでしょうか?

騙しへの有効な対策は、損切りのルールを確立し、それを遵守することです。

たとえ騙しに引っかかったとしても、きちんと損切りができているのであれば、損失は最小限で済みます。

しかし、損切りのルールを守らずにトレードを継続すると、無駄に損失が拡大し、最悪ロスカットされかねません。

余計なリスクを避けるためにも、損切りのルールは守りましょう。

2.見つけるのが難しい

ダブルトップやダブルボトムは、慣れている人でないと見つけるのが難しく、初心者だと探しても見つからずに終わることが多いです。

どれほど勝率の高い手法であっても、シグナルを見つけられないのでは意味がありません。

ダブルトップやダブルボトムは、絵に描いたようなわかりやすいパターンとして登場することは滅多にないです。

一見するとわからないような、複雑なパターンとして登場することが多く、慣れている人でないとまず見つからないでしょう。

対策

初心者のうちはダブルトップやダブルボトムを見つけられないことが多いです。そんな初心者がダブルトップを難なく見つけられるようになるためには、練習し、経験を積むしかありません。

デモ口座や過去のチャートなどを使用して、ダブルトップやダブルボトムを見つける練習をしてみましょう。

FXは座学をいくら勉強しても、それだけでは稼げるようにはなれません。知識を習得したら、次は実践です。しっかりと練習をし、トレードの経験を積みましょう。

経験が増えるほどに、トレーダーとして成長できます。

3.難易度が高い

ダブルトップやダブルボトムを利用したトレードの手法は、トレード経験が少ない初心者や未経験者からすると難易度が高いです。

単純にパターンを見つけるだけならば、過去のチャートをチェックすることで、どこにあるのかを把握できるでしょう。

しかし、リアルタイムのチャートでチェックをし、トレードに活かすとなると、初心者にはハードルが高いです。

この手法は成功すればしっかりと稼ぐことが可能です。しかし、失敗をすると、損失が発生し、大切な資金が減ってしまいます。

対策

ダブルトップやダブルボトムを極めたいのであれば、たとえ失敗したとしても、何度も挑戦し、練習をすると良いでしょう。

ただFXは稼ぐことを目的にやっているのであり、別にダブルトップを極める予定はないというのであれば、もっと別の簡単な手法にチャレンジしてみると良いでしょう。

テクニカル分析の手法の中には、ダブルトップよりもシンプルでわかりやすい手法は他にいくらでもあります。

難しい手法だろうと簡単な手法だろうと、勝てば稼げますし、負ければ損します。

トレードスタイルや手法を選ぶ際には、難易度よりも、利益率を参考にすると良いでしょう。

たとえ初心者向けのシンプルな手法だったとしても、利益率が高く、相性が良いのであれば、それがトレーダーにとって最適な手法となります。

その反対で、どれだけ上級者向けの難しい手法だったとしても、負ければ損します。

FXの世界では、稼げる手法がもっとも偉いのです。難易度は関係ありません。

初心者へのアドバイス

今回はチャートパターンの一つであるダブルトップ、ダブルボトムについてそれぞれ解説しました。

ダブルトップは、FXチャートでよく出る重要なパターンなのですが、これを利用した手法というのは初心者からすると少し難易度が高いです。

いきなりトレードに活かすよりも、当初はパターンを見つける程度に留め、トレードは様子見した方が良いでしょう。

もちろん、このタイミングなら勝てるという自信があるなら、トレードをしても構わないでしょ。しかし、勝てるかどうかわからないのであれば、避けた方が賢明です。

FXには、稼げるタイミングがこれから何度もやってきます。今すぐ稼ぐ必要はありません。

稼げるタイミングがやってくるまで待つことも、FXでは大切です。