DMM.com証券のDMM FXとは?その特徴や口コミなどを解説!

DMM.com証券

これからFXを始めるという初心者の方の場合、あまり凝ったサービスがあるFX業者よりも、全体的にバランスの良いFX業者がおすすめとなります。

今回紹介するDMM.com証券のDMM FXなどはまさにその典型で、総合力がとても高い初心者向けのFX業者となります。

以下よりDMM FXの特徴からメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介していきますので、FX口座選びの参考にしてくみてください。

DMM FXの概要

DMM FXは国内で特に人気のあるFX業者の一つです。以下ではDMM FXの概要を表で解説します。

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨
スワップポイント 取引ツール 約定力
丸 二重丸 二重丸

 

DMM FXの特徴

DMM.com証券のDMM FXは、国内におけるFX口座数第一位の人気FX業者です。(2019年1月時点)

DMMといえば動画やゲームなどのコンテンツで有名な企業であり、FXなどの金融に興味がないという方でも一度は企業名を聞いたことがあるでしょう。

そんなDMM.com証券のDMM FXですが、業界内でもトップクラスの実力のあるFX業者です。

DMM FXは裁量トレードに特化したFX業者であり、デイトレなどの短期売買がやりやすいという特徴があります。

初心者だけでなく、上級者にもファンが多いFX業者であり、業界第一位の人気に相応しいだけの総合力があります。

これからFX業者を選ぶにあたり、まず最初に開設しておいて間違いのないFX口座です。

MEMO
DMM FXは業界でも特に人気のある初心者向けのFX業者

手数料

DMM FXは売買手数料無料でトレード可能なFX業者です。

売買手数料以外にも、口座の開設やその維持にかかる手数料などもありませんので、特にお金をかけることなくFXサービスを利用できます。

スプレッド

DMM FXでは業界でも最狭水準のスプレッドを提示しているので、どこよりも低コストな取引が可能です。

そのスプレッドですが、米ドル/円は0.3銭、ユーロ/円は0.5銭、ポンド/円は1.0銭、豪ドル/円は0.7銭、NZドル/円は1.2銭、ユーロ/米ドルは0.4pipsと、全体的にスプレッドが狭いため、低コストなトレードができます。

最狭水準のスプレッドに加えて売買手数料についても無料で取引できるFX業者ですので、どこまでも低コストなトレードが可能なFX業者となります。

スワップポイント

DMM FXのスワップポイントは、業界水準で見ると、平均よりもやや高く、稼ぎやすいです。

業界でもっとも高いというわけではありませんが、標準よりも高い水準のスワップポイントとなりますので、ポジションを長期保有すればしっかりとスワップ収入を稼ぐことが可能です。

取扱通貨

DMM FXの取扱通貨ペアの総数は、業界全体で見ると平均的です。

殊更に多いわけではないのですが、少ないというわけでもなく、標準的な取り扱い数となります。

米ドルやユーロ、ポンドなどの人気のある通貨は網羅的に取り扱っているので、普通にトレードをする分には不便はありません。

ただし、マイナーな通貨ペアの取扱は少ないので、人気通貨以外のマイナー通貨を対象にトレードをしたいという方には不向きです。

取引ツール・スマホアプリ

DMM FXの取引ツールはクオリティが高く、使いやすいとのことで評判が良いです。

取引ツールはパソコン用とスマホ用の両方があり、どちらも機能性が高いツールとなります。

テクニカル分析に必要なインディケーターを多数揃えていることに加えて、高速トレードができる注文機能が充実しているため、スキャルピングのような超短期の売買にも十分に対応できます。

スマホ専用の取引アプリも機能性が非常に高く、使い勝手が良いので、パソコンがなくてもスマホさえあれば充実したトレードができることでしょう。

約定力

DMM FXは約定力が高く、安定したトレードが可能なFX業者です。

約定率が高く、注文すればすぐに約定ができるので、デイトレードなどの短期売買をやりたいという方でも安心してトレードができるでしょう。

入出金

DMM FXではクイック入金のサービスがありますので、入金をすればすぐにでもFX口座へ資金を移動することができます。

クイック入金にかかる手数料は無料なので、特にお金はかかりません。24時間、土日や祝日でも入金の手続きが可能です。

出金についても手数料無料で行えます。出金の予約をした場合、翌営業日もしくは2営業日までに指定した金融機関に出金したお金が振り込まれるでしょう。

ロスカット

DMM FXでは含み損が拡大し、証拠金維持率が一定の水準を割るとロスカットルールが発動しますので注意してください。

証拠金維持率の計算方法は、(純資産-注文証拠金)/ポジション必要証拠金×100、です。

DMM FXのロスカットルールは、証拠金維持率が50%を割った段階で発動します。一度ロスカットルールが発動されると、その時点で保有しているポジションは強制的に決済されます。

この時、未約定の注文は取消となりますので気を付けてください。

証拠金維持率が50%と、DMM FXのロスカットルールは業界全体で見るとやや緩めです。そのため、他のFX業者と比較すると、資金的に余裕のあるトレードができるでしょう。

ただし、ロスカットルールが緩い分、ユーザー側には適切な損切りが求められます。

信託保全

DMM FXは法令に則り、顧客の資産を分別管理し、保全しています。

そのため、万が一DMM.com証券が破綻することがあったとしても、顧客の資産は信託銀行より返還されるので安心です。

キャンペーン

DMM FXでは新規口座開設者を対象に、最大10万円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。(2019年7月時点)

このキャンペーンは、期間中に口座を開設し、200Lot以上の新規取引を行うことを条件としています。さらに、条件達成後、抽選に当たることで初めて10万円もらえます。

以上のようなキャッシュバックキャンペーンに加えて、DMM FXではさらに現金と交換可能なポイントがもらえる特典があります。

DMM FXの「取引応援ポイントサービス」を利用すると、新規取引の実績に応じてポイントが付与されます。

このポイントは、取引量が多いユーザーほど、多く貰えます。

新規1Lot毎にポイントが付与されるため、ポイントを現金化すると取引コストをさらに下げることが可能です。

DMM FXのメリット・デメリット

ここではDMM FXのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

DMM FXのメリット

DMM FXの主なメリットというと、そのFX業者としての総合力の高さです。

約定力、取引ツールのクオリティ、そして業界最狭水準のスプレッドなど、どれを取っても最高水準の要素を兼ね備えているDMM FXは総合力が非常に高く、FXをするにあたって理想的なパートナーとなります。

裁量トレードをするにあたってこの上なく理想に近いトレード環境が用意されているので、初心者はもちろん、上級者にもおすすめです。

売買手数料が無料で、スプレッドも狭いDMM FXは業界でも特に取引コストが安いです。その上、取引量に応じてポイントが還元される特典もあり、このポイント分も含めるとさらに取引コストを安くできます。

以上のようなポイントが還元される仕組みがあるため、スキャルピングのような取引回数が多いトレードスタイルを採用しているユーザーほど、DMM FXとの親和性が高く、おすすめされます。

CFDも利用可能

DMM FXの口座を開設するということは、つまりDMM.com証券を利用するということです。それはすなわち、FXのみならず、CFDのトレードも可能になるということです。

CFDもFX同様に、レバレッジを活かした証拠金取引となりますので、FXをするような感覚でトレードできます。

DMM.com証券のCFDでは、原油や金、JPN225などを対象にトレードできます。

FXだけでなくCFDまで対象を広げることで、為替市場以外のマーケットまで裾野を広げることができます。投資対象が広がれば、その分だけトレードチャンスも増えるので、メリットとなります。

FXだけでなく、CFDにも興味があるというユーザーにとって、DMM.com証券は非常に都合の良い企業であるのです。

DMM FXのデメリット

DMM FXは総合力が非常に高く、トレード環境が良いため、普通にFXをする分にはデメリットはありません。

あえてデメリットを述べるなら、自動売買ができるツールがありませんので、システムトレードができないという難点があります。

DMM FXは裁量トレードに強いFX業者です。他方で、自動売買ができる注文ツールなどは特になく、システムトレードへの対応は特にありません。

MT4にも対応していませんので、EAを使用した自動売買もDMM FXではできません。

10万円以下の少額トレードがやり難い

DMM FXの最大レバレッジは25倍、取引単位は1万通貨となります。

そのため、DMM FXで取引をするとなると、最低でも10万円以上あった方がよく、それ以下だと満足なトレードはまずできないでしょう。

できるだけ少額からトレードを始めたいというユーザーからすると、取引単位が1万通貨のDMM FXはやり難いかもしれません。

DMM FXを利用するのがおすすめな人・おすすめではない人

ここではDMM FXがおすすめされるユーザーのタイプと、そうでないタイプをそれぞれ紹介します。

DMM FXがおすすめなユーザーというと、裁量トレードを検討している人がこれに該当します。対してシストレを検討している人はおすすめではないです。

  1. おすすめ:裁量トレードを検討している人
  2. おすすめでない:シストレを検討している人

以下より上記について詳しく解説します。

DMM FXがおすすめな人

総合力が高いDMM FXは、裁量トレードを検討しているユーザーにおすすめです。

特にデイトレやスキャルピングなどの短期売買をやりたいという方ほど、相性が良いです。

FXの短期売買で利益を出すためには、約定力とテクニカル分析ができる高度な取引ツール、そしてスプレッドの狭さが求められます。

この3点について、DMM FXでは業界で最高水準のクオリティを提供していますので、FXの短期売買をするにはDMM FXのトレード環境は非常に理に適っています。

特に取引量に応じてポイントが還元される特典は、スキャルピングをするユーザーには嬉しいメリットとなるでしょう。

これからFXを始めるにあたり、短期売買を検討しているユーザーにとって、DMM FXは業界でも特に相性の良いFX業者です。

ポジショントレードはオススメ度が低い

基本的に裁量トレードであれば、DMM FXはおすすめされます。ただし、ポジショントレードに関してはそれほどおすすめではありません。

というのもポジションの保有期間が長期に及ぶポジショントレードの場合、DMM FXだとそれほど多くのスワップポイントが稼げず、利益が少なくなるリスクがあるからです。

DMM FXのスワップポイントは、業界水準で見ると平均よりも上といった具合です。稼げない事はないのですが、業界にはDMM FXよりも多くのスワップポイントが稼げるFX業者が他にもあります。

スワップポイントを稼ぐという点に関して言えば、他の高スワップが期待できるFX業者の方がおすすめになりますので、DMM FXのポジショントレードにおけるオススメ度はどうしても低くなります。

DMM FXがおすすめではない人

DMM FXは自動売買用のサービスなどは特にありませんので、シストレを検討しているユーザーとの相性は悪く、おすすめできません。

特にMT4で自動売買をしたいというニーズを抱えている方ほど、その傾向は強いでしょう。

どうしてもFXの自動売買をやりたい場合は、DMM FX以外で、シストレに強いFX業者を探した方が良いです。

DMM FXは裁量トレードに強いFX業者であり、シストレ向きのFX口座ではないのです。

裁量トレードならばMT4を併用しても特に問題はない

DMM FXはシストレができないのでMT4でEAを使用することはできません。

ただMT4のインディケーターを参考に、DMM FXの口座でトレードをする分には特に問題はありません。

普段のテクニカル分析はMT4のチャートを使用し、実際のトレードはDMM FXの口座で行うということです。

ただし、DMM FXの取引ツールは非常にクオリティが高く、テクニカル分析をするだけであればMT4とそれほど遜色はありません。

特に拘りがなく、DMM FXでテクニカル分析をやりたいなら、MT4を使用せずにDMM FXのプレミアチャートを使ったとしても、特に不具合はないでしょう。

DMM FXの利用者の口コミ

ここではDMM FXを利用したユーザーの口コミを紹介します。

男性イメージ
42歳男性
oo
(3.0)
DMM FXを使っているのは、情報が他の同業他社に比べると充実しているからです。特に重宝しているのが経済指標で、発表する直前に前回の値と予想値が出るため、売買をする際の参考にさせてもらっています。
手数料も安いから、今後も使わせてもらうつもりです。

 

男性イメージ
24歳男性
oo
(4.0)
DMM FXで口座開設をして昨年からFXを実施しています。とても使いやすいトレード画面、豊富な投資関連情報、読み物として面白いコラムなど、楽しくFXを継続できる構成内容になっています。

 

男性イメージ
42歳男性
oo
(4.0)
投資に挑戦するため、登録がわかりやすいのでDMM FXを選びました。基礎知識を学ぶためのコーナーが充実していて助かっています。こちらの問い合わせにも迅速に対応してくれるので信用しています。

 

女性イメージ
44歳女性
oo
(3.0)
他社よりもDMM FXはスプレッドが安価で、最新情報などもまめに配信されて使いやすいです。普段は約定速度も遅く感じることもなく、スマホアプリがあるのでどこでも使えて便利です。

 

女性イメージ
35歳女性
oo
(4.0)
DMM FXでは割と長く取引してますが、他社と比べても悪くはないです。最近はサポート体制も充実していて気になった事にも直ぐに対応してくれるのでかなり評価は高いです。アプリもフリーズなどもないです。

 

女性イメージ
28歳女性
oo
(5.0)
DMM FXを利用してますがアプリが落ちたりすることもなく、出勤で問題が起きたこともないです。記載された時間までに申請すると、きちんと銀行振込されます。スプレッドやスワップなども他とそれほど違いはありません。

 

女性イメージ
38歳女性
oo
(3.0)
やはり知名度もあるのでDMM FXは安心して利用出来ます。安全でスプレットやツール、配信情報なども問題ありません。取引していてそれほど長くはないですが、特に問題もなく使えてます。

 

女性イメージ
43歳女性
oo
(4.0)
他の会社のツールも使ってみましたが、DMM FXは使いやすいです。スプレッドやスワップなども良く、速度や安定性も十分です。機能なども問題なく満足していてスマホで使うことが多いです。

 

男性イメージ
37歳男性
oo
(5.0)
DMM FXの魅力はスプレッドの狭さやポイント還元などが挙げられますが、個人的には売買比率の確認が最も魅力的です。この機能を使うようになって負けなくなりました。これに沿って仕掛け、あとは利食いと損切りのルールを決めてエグジットし続けていれば利益は出せます。

 

男性イメージ
39歳男性
oo
(4.0)
過去に利用したことがあるFXサイトに比べて、DMM FXはサイト構成が優れていて使いやすいです。
流石大手インターネットサービスを運営している企業は違いますね。
欲を言えばもう少しユーザーが得するキャンペーンをして欲しいです。過去に利用したことがあるFXサイトに比べて、DMM FXはサイト構成が優れていて使いやすいです。

 

 

FX初心者へのアドバイス

今回はDMM.com証券のDMM FXについて、その特徴からメリット、デメリット、ユーザーの口コミなどを紹介しました。

DMM FXは国内FX業界において、特に人気のあるFX業者です。

知名度が高く、人気のあるFX業者であることに加えて、約定力やスプレッド、取引ツールなどの面において優れたFX業者であるため、総合力が非常に高いです。

基本的にデメリットらしいデメリットは特になく、裁量トレードに強いFX業者となります。

キャンペーンも多く、取引量に応じてポイントが還元される特典などは、短期売買をするユーザーにとって非常にありがたいメリットとなるでしょう。

シストレのサービスこそありませんので、自動売買をやりたい人とは相性が悪いです。ただその予定が無いのであれば、裁量トレードに強いDMM FXはとてもよく出来たFX業者です。

人気と実力、両方を兼ね備えているDMM FXは、数あるFX業者の中でも特に初心者におすすめのFX業者なのです。FX口座選びで迷った際には、とりあえずDMM FXを選んでおけばまず間違いはないでしょう。