DMA(Displaced Moving Average)とは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標の一つである移動平均線は、使い方次第では様々な応用が可能です。例えば、DMA(Displaced Moving Average)などはまさにその典型でしょう。

今回はDMAとはどのような指標なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

既に移動平均線について学んでいる人がDMAを習得することで、より応用力の高い手法を実践できるようになるでしょう。

DMAとは?

DMA(Displaced Moving Average)とは、移動平均線を一定の間隔分だけズラせて表示させるテクニカル指標のこと。

Moving Averageとは移動平均線のことで、Displacedとは変位を意味する単語です。要するに、DMAとは移動平均線を、本来あるべき場所よりズラしているラインのことです。

この移動平均線をズラすとはどのような状態を指すのでしょうか?

DMAを絵にすると、ちょうど以下のようになります。

DMAの特徴は、既存の移動平均線から若干ズラした位置に同じ移動平均線を引くだけですので、チャート上にDMAを引くと同じような動きをするラインがズレた位置に表示されます。

一目均衡表における遅行線をイメージすると理解が早いでしょう。

期間が異なる短期線や中期線、長期線と違い、DMAのラインはMAと全く同じ動きをするので、位置こそ離れていますが、その動きは常にMAと同じです。

MEMO
DMAはMAをズラした場所に描かれるもう一つの移動平均線。その動きはMAと同一

DMAを使用する目的

DMAを使用する主な目的というと、現在のトレンドの方向性を確認することや、売買のポイントなどを探りたい時、などがあります。

例えば、DMAのラインが右上に上昇していれば上昇相場だとわかりますし、右下に下降していれば下降相場であることが見て取れます。

他にも、MAとDMAのラインがクロスしたポイントをエントリーのシグナルと見なし、売買をするなどの使い方があります。

いずれにしろ、DMAの使い方というと一般的な移動平均線とほぼ同じです。既に移動平均線を習得している方であれば、DMAもすぐにマスターできるでしょう。

MEMO
DMAを使用する目的は移動平均線とほぼ同じ

DMAの見方

DMAは、MT4などのDMAが使用可能なチャートツールをパソコンにインストールし、チャート上に移動平均線をズラした状態で表示させれば、利用可能です。

実際にDMAをチャート上に表示させると、以下のようになります。

上記のチャートでは通常の移動平均線(MA)とは別に、さらに2本追加でズラした状態で移動平均線を描いています。このズラした線がDMAとなります。

今回はDMAをMAよりも後ろにズラしてますので、MAの動きに追随するようにDMAが動いているように見えます。

DMAを表示することで、強い上昇トレンド、もしくは強い下降トレンドがどこで発生しているのかが把握しやすくなります。

例えば以下のチャート。

左側の四角で囲った箇所は上昇トレンド、右側の四角で囲った箇所は下降トレンドが発生している個所です。

MAとDMAをチェックすると、上昇トレンドが発生時、3本のラインが綺麗に並んで右上に向かっています。

対して下降トレンド時においては、3本のラインが綺麗に並んで右下に向かっています。

MAとDMAが綺麗に並んで上昇、もしくは下降している時は、強いトレンド相場が発生しているサインとなります。

対して次のチャート。

四角で囲っている個所はレンジ相場です。

この囲っている個所にあるMAとDMAをチェックすると、上下に複雑に入り乱れており、無秩序な状態になっています。

このようにMAとDAMが絡み合い、方向感が読めない時はレンジ相場やボックス相場に陥っているサインとなります。

相場が停滞し、ラインが複雑に乱れるようになると今後の展開が読み難く、トレードで勝つことが難しいです。レンジ相場が苦手という方ならば、このような複雑な相場が発生している時はトレードせず、様子見をすると良いでしょう。

DMAを利用した手法

ここまではDMAの見方を解説しました。ここからはDMAを利用したトレードの手法を、順張りと逆張りに分けて紹介します。

  1. 順張りの手法【初心者向け】
  2. 逆張りの手法【上級者向け】

以下より詳しく解説します。

1.順張りの手法【初心者向け】

順張りとはトレンドの方向性に合わせて売買をする手法で、勝率が高く、騙しに遭い難いことから、初心者向けの手法となります。

相場の方向に合わせて売買をしますので、上昇相場時にはロング(買)、下降相場時にはショート(売)を入れることになります。

トレードルールは、上昇相場時にMAがDMAをゴールデンクロスしたらロング、下降相場時にMAがDMAをデッドクロスしたらショートでエントリー。ポジション保有後にMAがDMAを割ったら決済をする、という前提で話を進めます。

今回はMAとDMAとは別に、相場の方向性を確認するために長期の移動平均線(設定値200)を併用します。

ではまず以下のチャートに、MAとDMA、そして200移動平均線を表示させます。

赤いラインがMAとDMAのライン、黄色いラインが設定値200の長期線です。

途中まではDMAのラインが長期線の下にあったのですが、途中でゴールデンクロスし、上昇相場へと転換していることがラインより見て取れます。

今回は順張りの手法を採用していますので、上昇相場へと切り替わって以降はロングでエントリーできるタイミングを待つことになります。

やがてMAのラインがDMAのラインを下から上に突破し、ゴールデンクロスをしましたので、ここがエントリーのポイントとなります。

ちょうど110.05円付近でサインが出ているので、ここでエントリーできたと仮定します。

やがてレートが上がり、MAがDMAのラインを上から下に割りましたので、決済します。ちょうど110.30円付近で決済のサインが出ているので、ここで決済できたとします。

すると、110.05円でエントリー、110.30円で決済ができたので、25pipsもの利益を得られた計算になります。

これぐらいの利益を安定的に実力で稼げるようになれれば、FXでしっかりと儲けられるでしょう。

2.逆張りの手法【上級者向け】

次に逆張りの手法を解説します。

逆張りとは、トレンドとは反対方向に売買をする手法で、勝率が低く、騙しが多いことから上級者向けの手法となります。

トレンドと反対方向に売買をするので、上昇相場時にはショート(売)、下降相場時にはロング(買)をそれぞれ入れます。

トレードルールは、上昇相場時にMAがDMAをデッドクロスしたらショート、下降相場時にMAがDMAをゴールデンクロスしたらロングでエントリー。ポジション保有後、MAがDMAを割ったら決済する、という前提で話を進めます。

まず以下のチャートにMAとDMA、さらに設定値が200の長期線を引きます。

長期線よりもDMAのラインが下にあるので、現在は下降相場であることがわかります。

今回は逆張りを採用していますので、このタイミングであればロングでのエントリーのチャンスを狙うことになります。

やがて待っていると、MAがDMAをゴールデンクロスしましたので、これがロングでエントリーするサインとなります。

ちょうど108.39円付近でサインが出ていますので、ここでロングでエントリーできたと仮定します。

やがてレートが上がり、MAがDMAを割ってデッドクロスしましたので、ここが決済のサインとなります。

ちょうど109.50円付近でサインが出ていますので、ここで決済できたとします。

すると、108.39円でエントリー、109.50円で決済ができましたので、111pipsもの利益となります。

今回は過去のチャートを使用したので、簡単にエントリーのタイミングを見つけられましたが、実際に逆張りでトレードをすると、騙しに遭いやすく、稼げない事の方が多いです。

逆張りは経験豊富な上級者向けの手法となりますので、初心者のうちは順張りから始めると良いでしょう。

DMAのデメリット、リスク、注意点

ここではDMAのデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. レンジ相場では役に立たない
  3. 使用できるツールが少ない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずDMAを使用する際には、騙しに引っかからないように注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャート上の動きのこと。

例えば、移動平均線がDMAのラインを下から上にゴールデンクロスしたので上昇のサインだと思い、ロングでエントリーしてみた結果、すぐに反転してレートが落ち、トレードで負けるというパターンなどが騙しの例として想定されます。

FXのトレードにおいて騙しは付きものです。もしも騙しに遭うと、トレードで負け、損失が発生します。

決済せずに放置をすれば損失が拡大し、やがてロスカットされ大損することでしょう。

このような事態を未然に回避するためにも、前もって対策を講じておきましょう。

対策

どれほど勝率の高い手法でトレードをしているからといって、完璧に騙しを避けることはできません。いつかは負けることがあるでしょう。

そのような事態を想定するとして、どのような対策を講じるべきなのでしょうか?

騙しへの有効な対策というと、損切りのルールを守ることです。

たとえ騙しに引っかかっても、すぐに決済して損切りしてしまえば、損失も最小限に収まります。

決済してしまえばこれ以上損失が拡大することもないでしょうから、大損する危険もありません。

損切りはトレーダーの損失の拡大を未然に防ぐための、防衛手段です。

FXを始める際には、資産を守るためにも、まず先に損切りのやり方を習得しておきましょう。

2.レンジ相場では役に立たない

DMAはトレンド相場には強い指標ですが、レンジ相場には弱く、役に立たないです。

トレンド相場だと、DMAのラインは綺麗に上昇もしくは下降します。しかしレンジ相場になると、MAのラインとDMAのラインが混線し、方向感が掴めなくなります。

レンジ相場中にDMAを使用しても、売買のタイミングがわからないので、トレードをしても勝てず、結果として損を重ねやすいです。

対策

レンジ相場でDMAが役に立たないのであれば、いっそのことレンジ相場になったらトレードに参加せず、様子見をすると良いでしょう。

そもそもFXというのは、トレードの時間よりも待ち時間の方が長いくらいです。プロともなると、1日中トレードせず、チャートを見るだけで終わったなんてこともあるほどです。

なぜ待ち時間の方が多いのかといえば、それは稼げるプロほど稼げるタイミングでしかトレードをせず、それ以外の時間帯は無視するからです。

このタイミングだったら勝てるという、自分の得意分野を知りましょう。そして、得意なパターンが見つかったら、それ以外のタイミングではトレードせず、休むようにしましょう。

勝てる時だけトレードし、勝てるかわからない時はトレードせずに休む、これがFXで稼ぐコツです。

3.使用できるツールが少ない

世の中には非常に多くのテクニカル指標のツールがあります。個人が開発したようなオリジナルのインディケーターなども含めると、それこそ星の数ほど存在するでしょう。

そのため、FX会社が提供するチャートツールで利用可能なテクニカル指標というと、人気のある指標だけを厳選していることが多く、不人気な指標は使えないことがほとんどです。

DMAは、人気のある指標ではないということもあってか、FX会社が提供するチャートツールでは使用できない事がほとんどです。

そのため、DMAを使いたくても、FX会社によっては使用できず、トレードでは活かせません。

このようなデメリットがあるので、DMAを使用したいのであれば、FX会社のチャートツールにDMAがあるのか、事前に確認しておきましょう。

対策

DMAは知名度が低く、人気のない指標ということもあってか、FX会社のチャートツールでは使用できないことが多いです。では、どこでならば利用できるのでしょうか?

DMAなどのFX会社のチャートツールで使用できない指標を利用したい時は、MT4を使用すると良いでしょう。

MEMO
MT4とは、ロシアのメタクォーツ・ソフトウェア社が開発した高機能のプラットフォームのこと。無料でインストール可能

MT4を既に使用しているというトレーダーであれば、DMAは難なく利用可能です。

FX会社の中にはMT4を使用できない口座もあります。そのため、MT4の利用を検討している方は、事前にMT4が使用できるのかまで含めて確認しておきましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はテクニカル指標の一つであるDMAを紹介しました。

移動平均線をズラし、既存のMAと同じ動きをするラインを追加で増やすDMAは、トレンド相場などで役に立つ指標です。

他方で、レンジ相場に弱く、あまり役に立たないので、使い分けが重要になってきます。

もともとトレンド相場でトレードをする予定だったのであれば問題はないのですが、レンジ相場で役立つ指標を探している方からすると、DMAは力不足に見えるでしょう。

テクニカル指標といっても万能ではありません。トレンド相場に強い指標もあれば、レンジ相場に強い指標もあります。それぞれの相場の相性を見極めて、もっとも自分にとって使いやすい指標でトレードをしましょう。

テクニカル分析は、この指標さえ使えば勝てるというものではありません。本当に稼げるのか、実際に試しに使ってみて、検証する必要があります。

自分のトレードスタイルと相性の良いテクニカル指標が見つかるまで、トレードの結果を検証し、改善を促しましょう。検証を重ねることで、トレーダーとして成長することができます。