デイトレ向けのおすすめFX口座ランキング!【初心者向け選び方】

1日でトレードが完結するデイトレを始める場合、果たしてどこのFX業者がおすすめになるのでしょうか?

FX会社といってもそれぞれで、短期売買向きのFX口座もあれば、長期投資向けのFX口座もありますし、自動売買に特化したFX業者もあります。

今回はそんな多種多様なFX業者の中より、デイトレ向けのFX口座を厳選。ランキング形式で紹介していきます。

デイトレ向きなFX業者選びのポイント!

ハイリスクハイリターンで有名なFXですが、1日単位でみると、それほど大きくレートが動くことは滅多にないです。時間帯によってはレートがほとんど動かないこともあるほどです。

そのため、デイトレのような取引時間が短い短期売買の場合、1回あたりに獲れる利益の幅が少なく、稼げる金額も低くなりやすいです。

いかにして勝率を上げ、利益を増やしていくかがデイトレで稼ぐポイントとなるでしょう。

デイトレをするにあたって利用したいFX業者のポイントは次の3つ、取引コストの安さ、約定力、取引ツールの使いやすさ、です。

  1. 取引コストの安さ
  2. 約定力の高さ
  3. 取引ツール

デイトレは1日で取引が終了し、ポジションを決済するスタイルのトレードとなりますので、ファンダメンタルズ分析はあまり役に立ちません。そのため、経済ニュースやマーケットの情報などはあまりトレードの参考にならないでしょう。

デイトレの場合は、テクニカル分析がやりやすいトレード環境や取引コストの低さ、約定力などを重視した方が良いでしょう。

MEMO
デイトレは1日で売買が完結する短期売買のトレードスタイル

1.取引コストの安さ

デイトレをする場合、できるだけ取引コストの安いFX業者を選びましょう。

というのも、デイトレで一回あたりに獲れる利益は少なく、取引コストが高いと稼げなくなってしまうからです。

デイトレで1回あたりに稼げる利益というと、だいたい10pips前後、良くて20pipsほどです。一度のトレードで50pipsも獲れることは滅多にないです。

このように一回に獲れる利益が少ない以上、取引コストが安いFX業者であることが何よりも重視されます。

FXの取引コストというとまず売買手数料があります。ただ今の時代、ほとんどの国内FX業者が売買手数料を無料にしているので、この点については心配不要でしょう。

デイトレでチェックしておきたい取引コストというと、主にスプレッドです。

FX業者を選ぶ際には、各通貨ペアのスプレッドについて詳細に調べておきましょう。

ちなみに、スプレッドが固定だからといって、必ずしも変動しないということにはなりません。

重要な経済指標が発表された直後などは相場が荒れやすく、スプレッドが急拡大することもあります。FXのスプレッドを調べる際には、相場が荒れた時であっても狭いスプレッドを維持できるのかまでチェックすると良いでしょう。

2.約定力の高さ

売買の期間が短いデイトレの場合、約定のタイミングが少し遅れただけでも損失に繋がるリスクがあります。

それだけに、デイトレの際にはスピーディーに、そして確実に約定できるだけの約定力のあるFX会社が望ましいです。

約定力のあるFX会社でデイトレをすれば、常に自分が望むタイミングで新規注文から決済注文ができるようになるので、まさに思い描いた通りの売買が可能となります。

しかし、約定力がないFX会社であると、注文してもなかなか約定できず、想定とは異なるレートで注文が成立するリスクがあります。

本来であれば利益が出たはずなのに、約定のタイミングが遅れたせいで損失が出てしまったというのでは意味がありません。

余計なリスクを回避するためにも、約定力のあるFX会社を選びましょう。

3.取引ツールの使いやすさ

デイトレ用のFX口座を選ぶ際には、取引ツールの使いやすさも重視しましょう。

操作しやすい取引ツールなのか、テクニカル分析ができるだけの環境はあるのか、どんなインディケーターを使用できるのか、スマホ用の取引ツールはあるのか、など詳細に調べてみてください。

取引ツールの操作性が悪いと、快適な売買ができず、ストレスになりやすいです。

ただでさえ集中力が必要なデイトレの世界です。できるだけストレスフリーで、快適に売買ができる取引ツールが用意されているFX会社を選びましょう。

デイトレ向きのFX業者を10社比較!

ここではデイトレ向きのFX業者を10社、表を使用して比較します。

取引コスト 約定力 取引ツール
DMM.com証券 二重丸 二重丸 二重丸
GMOクリック証券 二重丸 二重丸 二重丸
ヒロセ通商 二重丸 二重丸 丸
YJFX! 二重丸 丸 二重丸
SBIFXトレード 二重丸 丸 丸
トレイダーズ証券(みんなのFX) 二重丸 丸 丸
マネーパートナーズ 二重丸 二重丸 二重丸
FXトレード・フィナンシャル 丸 二重丸 丸
外為ジャパン 二重丸 丸 丸
FXプライム by GMO 丸 二重丸 二重丸

 

デイトレ用のFX口座を選ぶ際には、取引コストと約定力、取引ツールの使いやすさ、この3点をおさえているFX業者が望ましいです。

特に約定力は重要です。約定力が低く、安定した売買ができないFX業者では、デイトレのスピーディーな売買には対応できないので、不向きです。

上記で紹介したFX業者はどこも約定力が高く、安定した売買が可能なので、約定力に関してはどこのFX業者を選んでも問題ないでしょう。

短期間の売買で利益を稼ぐデイトレの場合、相場が荒れている時ほど稼ぎ時となります。ただ、相場が荒れるとスプレッドが拡大しやすく、不利なレートを強いられやすいです。

それだけに、デイトレをする際には相場が荒れても狭いスプレッドを維持できるようなFX業者が望ましいでしょう。

約定力、スプレッド、そして取引ツールなど、総合的に見てもっとも利用しやすいFX業者を探してみましょう。

MEMO
デイトレでチェックしたいポイントは、取引コスト、約定力、取引ツールの使いやすさの3点

デイトレ向きのFX業者おすすめランキング!

ここではデイトレ向きのFX業者をランキング形式でそれぞれ特徴を紹介します。

各FX会社には他の業者にはない特徴があります。自分のトレードスタイルを鑑み、もっとも相性の良いFX口座を選びましょう。

1位:DMM.com証券

DMM.com証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨

DMM.com証券は国内でもっとも人気のあるFX業者です。

業界最狭水準のスプレッドに加えて高い約定力、使いやすい取引ツールがあるなど、デイトレをするにあたって必要なポイントがすべて揃っているデイトレ向きのFX口座となります。

スマホ用の取引アプリも使いやすく、スマホでFXをしたいトレーダーとも相性が良いです。

初心者から中級者、上級者にいたるまで、あらゆるトレーダーにおすすめできる人気FX業者です。これからFXを始めるにあたりどこにすべきかで悩んでいるのであれば、まずはDMM.com証券から始めておけばまず間違いはないでしょう。

2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 1万通貨

GMOクリック証券は国内で人気のあるFX業者です。

FX以外にも株、投資信託、CFD、先物などの金融商品を取り扱っているネット証券会社です。

FXに非常に力を入れており、低コストな取引から約定力のある安定した売買、快適なトレードツールの完備されているなど、デイトレをするにあたって理想的な環境が揃っているFX会社です。

GMOクリック証券はDMM.com証券と並んで国内で最も人気のあるFX業者でもあります。

3位:ヒロセ通商

ヒロセ通商

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 50通貨ペア 1000通貨

ヒロセ通商といえば、他のFX業者とは異なる豪華なキャンペーンがあることで有名なFX業者です。

ヒロセ通商ならではの特典を求めて口座を開設しても良いでしょう。

スプレッドは業界でも特に狭い水準であるため、低コストな売買が可能です。約定力もあるので、安定したトレードができるでしょう。

4位:YJFX!

YJFX!

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 22通貨ペア 1000通貨

YJFX!といえば、スマホ専用のFXアプリ「Cymo」で有名です。

業界最狭水準の狭いスプレッドに加えて安定した売買ができるだけの約定力があるYJFX!は、デイトレ向けのFX業者でもあります。

取引ツールのCymoはiPhone、Android、両方に対応している優れもので、使い勝手が良く、操作性に優れています。

スマホでFXのデイトレードをやりたいという方ほど、YJFX!は相性が良いおすすめのFX口座となります。

5位:SBIFXトレード

SBIFXトレード

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.27銭 26通貨ペア 1通貨

SBIFXトレードといえば、1通貨からFXができるFX業者として有名です。

取引量によって変動制にこそなりますが、少量であればどこのFX業者よりも狭いスプレッドで取引ができるという特徴があるFX業者です。

約定力も、デイトレをするにあたって申し分がなく、安定したトレードが可能です。

できるだけ少額からデイトレを始めたいという方にほど相性の良いFX業者となります。

6位:トレイダーズ証券(みんなのFX)

トレイダーズ証券(みんなのFX)

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 16通貨ペア 1000通貨

トレイダーズ証券のみんなのFXは、ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルの通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、低コストなトレードができるという特徴があります。

ただし、それ以外の通貨ペアに関して言うとそれほど狭くはないので注意してください。

他の業者と比べて癖の強いFX業者となりますので、初心者よりも中級者、上級者向けのFX口座となるでしょう。

7位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 100通貨

マネーパートナーズは約定力が非常に高く、スプレッドは業界最狭水準で低コストな取引が可能、取引ツールも使いやすいなど、デイトレをするにあたって理想的な環境が揃っているFX業者です。

サポート対応にも長けている優良なFX業者となりますので、初心者が始めるにあたってもっとも付きやすいFX口座となるでしょう。

ただしスワップポイントが他と比べて低いなど、長期投資には向いていないです。あくまでデイトレなどの短期売買に強みを置いているFX業者なのです。

8位:FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン)

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 31通貨ペア 1000通貨

FXトレード・フィナンシャルといえば、MT4が使用可能なFX業者です。

国内でMT4に対応しているFX業者の中では、特にスプレッドが狭く、安定したトレードが可能な約定力のあるFX業者です。

まさにMT4でデイトレをしたいという方向けのFX業者となります。

ただし、MT4に対応していない業者まで含めると、それほど優良というわけではないです。あくまでMT4が使用できるFX業者という括りの中において、もっともデイトレに向いたFX業者となります。

9位:外為ジャパン

外為ジャパン

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 15通貨ペア 1000通貨

外為ジャパンは1000通貨からトレードできる、業界でも最狭水準のスプレッドを提供しているデイトレ向きのFX業者です。

1000通貨からトレードできるので、1万円以下の少額からであってもFXのデイトレが可能です。

安定したトレードができるだけの約定力があり、トレードツールも使いやすいです。

10位:FXプライム by GMO

FXプライム by GMO

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.6銭 18通貨ペア 1000通貨

FXプライムは約定力が高く、取引ツールも使いやすいなど、裁量トレードに向いているFX業者です。

ただし、スプレッドが広めで、他のFX業者と比べると取引コストは普通程度となります。デイトレをすることを考えると、このスプレッドの広さはデメリットとなるでしょう。

他方で、約定率100%、スリッページなしという驚異的な約定力の高さは短期売買において非常に魅力的なポイントでもあります。

スプレッドが広くても良いので滑らず、安定したデイトレードをしたいという方に向いてるFX業者です。

デイトレ用FX口座を探すときに注意したいポイント!

デイトレ用のFX口座を探す際には、いかに自分が得意とするトレードスタイルと相性が良いFX業者を見つけるかが重要です。

口コミや評判を気にするのも良いのですが、最終的には自分の判断でFX口座の良し悪しを判断しなければなりません。

例えばポンド/円のデイトレが得意というトレーダーの場合、スプレッドが狭いFX業者の中でも、特にポンド/円のスプレッドが狭いFX口座がおすすめとなるでしょう。

業界最狭水準のFX業者だからといって、あらゆる通貨ペアのスプレッドが業界最狭とは限りません。一体どの通貨ペアが最狭なのか、自分のトレードスタイルから見た場合の取引コストをチェックしておきましょう。

さらに、取引ツールの評判が良いといっても、それはPC用のツールの事なのか、それともスマホ用のツールのことなのか、詳細に調べておく必要があります。

特にスマホでトレードをすることを検討しているのであれば、スマホ用の取引ツールアプリはあるのか、そのクオリティは高いのか、確認しておきましょう。

自分の要求を満たしてくれるFX口座を見つける、それが自分にとって最良のFX口座を見つけるコツです。

デイトレ用FX口座を気にする必要がないポイント

FX口座で選ぶポイントというと複数存在しますが、デイトレ専用のFX口座を探す場合、特に気にする必要がないポイントもあります。

デイトレ用の口座で気にする必要がないポイントというと、スワップポイント、情報力、取扱通貨ペア、など。

  1. スワップポイント
  2. 情報力
  3. 取扱通貨ペア

スワップポイントといえば、FXで稼げる利息収入のようなものです。ただし、1日でトレードが完結するデイトレの場合、スワップポイントはほとんど稼げないです。

そのため、デイトレをする以上、スワップポイントについては特に気にする必要はありません。業界でもっともスワップ収入が少ないFX業者であっても、スプレッドさえ狭ければそこは優良なデイトレ向けのFX業者となります。

同様に、情報力の有無も、デイトレでは特に気にする必要はありません。

というのも、デイトレードはテクニカル分析が主流となるトレードスタイルであるため、直近の重要経済指標のスケジュールさえ把握しておけば、それ以外のマーケット情報はほとんど不要になるからです。

デイトレは、マーケット情報を見るぐらいであればチャートを見た方が早い世界なだけに、FX業者に情報力が無かったとしても特に問題にはならないです。

さらに、取扱通貨ペアの豊富さも、デイトレではあまり意味のないポイントとなります。

というのも、デイトレで稼ぐためには通貨ペアに動いてもらわないとならず、ボラティリティが見込めないマイナーな通貨ペアでは稼げないからです。

米ドルやポンド、ユーロ、などの主要な通貨ペアさえ取り扱ってあれば良く、それ以外の通貨については気にする必要がありません。

業界でもっとも取扱通貨ペアが少ないFX業者であっても、自分がトレードの対象としている通貨ペアさえあれば、特に問題にはなりません。

一見するとデメリットが多いFX業者でも、よくよく見るとデイトレをする上では特にデメリットにはならないFX業者というのは多々あります。

国内だけでも非常に多くのFX業者があるだけに、相性の良いFX業者を探すのは大変な手間かもしれません。

しかし、気にする必要がないポイントさえおさえておけば、意外と簡単におすすめなFX業者を探せます。

FX初心者へのアドバイス

今回はデイトレ向けのFX口座について、ランキング形式でそれぞれの特徴を紹介しました。

ここで紹介したFX口座はどれもデイトレ向けのFX業者ですが、ただ口座が違えば特徴も異なってきます。

スプレッドが狭いことが強みのFX業者もあれば、約定力の高さが強みのFX業者もありますし、取引ツールに力を入れているFX業者もあります。

口座を開設する際には、どこに力を入れているFX業者なのかを必ずチェックしておきましょう。

デイトレのような短期売買には、集中力が不可欠です。ストレスが溜まるようなFX業者は避け、快適にトレードができる相性が良いFX業者を選びましょう。