注文機能が充実してるおすすめFX口座ランキング!【初心者向け選び方】

FXの注文方法は成行だけではありません。他にも指値や逆指値、OCO注文、IFD注文、IFO注文など、複数存在します。

最近は自動売買に力を入れているFX業者も増えているということもあってか、リピート系の注文機能があるFX業者もあります。

今回はそんな多種多様な注文機能が充実しているFX業者をランキング形式で紹介します。

注文機能が充実しているFX業者選びのポイント!

人気のあるFX業者といっても、トレードスタイルのタイプによっておすすめされるFX業者は異なってきます。

例えば裁量トレードが得意なら、成行注文だけでなく、指値や逆指値など様々な注文機能が用意されているFX業者がおすすめでしょう。

他方で、自動売買に興味があるという方の場合、注文機能の多様さよりも、リピート系の発注機能があるFX業者の方がおすすめとなります。

以上のように、どのようなスタイルでトレードをする予定なのかで、おすすめされるFX業者に違いが生じます。

できるだけ自分との相性が良いFX業者を選ぶなら、どのような注文機能があるのか、その内容に注目しましょう。

以下の3点は、注文機能を調べるにあたっておさえておきたいポイントです。

  1. 指値、逆指値、OCO、IFD、IFO注文の有無
  2. リピート系の発注機能の有無
  3. MT4への対応

上記3点について、以下より詳しく解説します。

MEMO
FXの注文機能は成行注文以外にも複数存在する

1.指値、逆指値、OCO、IFD、IFO注文の有無

指値や逆指値、OCO、IFD、IFOは成行注文同様によく使用される注文機能です。

特に指値や逆指値は非常に役立つ注文機能であるため、多用しているというトレーダーは多くいることでしょう。

これらの注文機能が無いと、狙い通りのトレードができず、最悪のケースとして負けて大損する恐れがあります。

成行注文の使用頻度が高いスキャルピングであっても、これらの注文機能は欠かせず、有った方が良いです。

FX業者を利用する際には、成行注文以外の注文機能も使用できるのか、必ず確認しておきましょう。

2.リピート系の発注機能の有無

リピート系の発注機能とは、システムトレードで使用される注文機能のことです。

この注文機能を使用すると、システムがトレーダーに代わって自動的に売買をしてくれますので、チャートをユーザー本人が監視をする必要がなく、手間がかかりません。

システムトレードに興味があるのであれば、リピート系の発注機能があるFX業者がおすすめです。

有名なところで言うと、外為オンラインのiサイクルやFXブロードネットのトラッキングトレード、マネースクエアのトラリピなどがあります。

3.MT4への対応

MT4といえば、ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発した高機能な取引用のプラットフォームのことです。

海外で非常に人気のある取引ツールで、国内でも使用しているユーザーは多数います。

MT4に対応しているFX業者であれば、指値注文や逆指値注文などの基本的な注文機能から、さらにはトレール注文、そしてリピート注文まで、あらゆる注文機能を使用できます。

そればかりかEAを使用すれば、オリジナルの売買ロジックが組まれた自動売買を実践することも可能など、MT4ならば非常に高度な注文を行えます。

高機能なツールである反面、経験者向けのプラットフォームでもあるので、初心者にはオススメではないかもしれません。

ただし、一旦MT4の使用方法を習得してしまえば、どこよりも優れた取引環境の中でトレードができるでしょう。

注意
MT4を使用するためには、MT4対応のFX業者を利用する必要がある

注文機能が充実してるFX業者を10社比較!

ここでは注文機能が充実しているFX業者を10社厳選、それぞれを表を使用して比較します。

指値、逆指値、OCO、IFD、IFO注文 リピート系の発注機能 MT4
DMM.com証券 二重丸 バツ バツ
GMOクリック証券 二重丸 バツ バツ
YJFX! 二重丸 丸 バツ
ヒロセ通商 二重丸 丸 バツ
マネーパートナーズ 二重丸 バツ バツ
トレイダーズ証券(みんなのFX) 二重丸 バツ バツ
マネースクエア 二重丸 丸 バツ
外為オンライン 二重丸 丸 バツ
FXブロードネット 二重丸 丸 バツ
FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイジャパン) 二重丸 丸 二重丸

単純に注文機能の豊富さだけを重視するなら、MT4対応のFX業者が最もおすすめになります。

ただし、裁量トレードにしか興味がないという方の場合、指値や逆指値、OCO、IFD、IFOなどの注文機能が揃っていれば、他の注文機能が無くても大して問題にはならないでしょう。

むしろそのような裁量トレードを重視するトレーダーの場合、約定力やスプレッド、スワップポイントなど、他のポイントをチェックした方が良いです。

その一方で、シストレを重視するのであれば、指値注文やOCO注文よりも、リピート系の発注機能はあるのか否か、MT4には対応しているのか否かの方が重要です。

以上のように、トレードスタイルに応じてFX業者の相性も違ってきます。

FX業者を選ぶ際には、まず自分はどのようなトレードスタイルをするつもりなのか、スタイルを確立しておくと良いでしょう。

注文機能が充実してるFX業者おすすめランキング!

ここでは注文機能が充実しているFX業者をランキング形式で紹介します。

1位:DMM.com証券

DMM.com証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨

DMM.com証券は国内でトップクラスの人気のある初心者向けのFX業者です。

業界最狭のスプレッドなので取引コストが安い、約定力が高いので安定したトレードができる、取引ツールが使いやすいなど、総合的に見て強みの多いFX業者であり、初心者だけでなく上級者からも支持されています。

注文機能についても、逆指値からIFO注文まで、満遍なく使用できるので、不自由なく快適にトレードを行えるでしょう。

裁量トレードに強く、デイトレなどの短期売買がやりやすいFX業者です。

2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 1万通貨

GMOクリック証券はDMM.com証券と並んで国内で特に人気のあるFX業者です。

業界最狭水準のスプレッドを提示しているので取引コストが安く、取引ツールもクオリティが高くて使いやすいです。

注文機能についても、指値からIFOまで使用可能なので、問題なくトレードを行えます。

FX業者としての総合力が高く、裁量トレードがやりやすい環境が整っているFX業者となります。

3位:YJFX!

YJFX!

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 22通貨ペア 1000通貨

YJFX!はスマホアプリの「Cymo」が使いやすいとのことで高く評価されている人気のFX業者です。

スプレッドは業界最狭であるため低コストな取引が可能。約定力も安定しており、トレードがやりやすいです。

スマホアプリの機能性が非常に高く、パソコンが無くてもスマホさえあれば快適にFXを行えるほどです。

注文機能についても、指値からIFOまで使用できる他、さらにはトレール注文まで出来るなど、注文機能の幅が広いです。

さらに、リピートトレール注文を使用することで、自動的に売買注文を行うことも可能です。

高機能なスマホアプリがあるYJFX!はスマホを使用してFXのトレードを行いたいという方ほど、相性が良いでしょう。

4位:ヒロセ通商

ヒロセ通商

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 50通貨ペア 1000通貨

ヒロセ通商は通貨ペアが非常に多いFX業者で、約定力も高く、スプレッドも業界最狭水準であるなど、総合的に見て強みの多いFX業者です。

注文機能についても、指値からIFO注文、さらにはトレール注文まで使用できるなど、多種多様な注文機能が用意されており、柔軟なトレードが可能です。

さらに、リピート時間指定成行注文を使用すると、リピート注文を行うことも可能です。

注文機能の幅が広く、状況に応じて様々な注文ができるなど、裁量トレードがやりやすい環境が整っているFX業者です。

5位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 100通貨

マネーパートナーズは、約定力が非常に高く、業界でも特に安定したトレードが可能なFX業者です。

取引ツールも使いやすく、スプレッドも業界最狭水準の狭さで取引コストが安いなど、トレードしやすい環境が整っています。

注文機能についてですが、指値注文からIFO注文まで使用可能であるため、相場の状況に応じて様々な注文機能を使い分けられます。

裁量トレードに強いFX業者であるため、デイトレなどの短期売買が得意という方ほど相性が良いでしょう。

6位:トレイダーズ証券(みんなのFX)

トレイダーズ証券(みんなのFX)

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 23通貨ペア 1000通貨

トレイダーズ証券のみんなのFXは、人気通貨ペアのスプレッドが業界でも特に狭く、低コストなトレードが可能なFX業者です。

指値からIFO注文まで、多種多様な注文機能を使用できます。

通貨ペアの中でも、米ドル/円とユーロ/円、ユーロ/米ドルのスプレッドが特に狭いFX業者です。これらの通貨ペアを対象にトレードをする予定のユーザーほど、相性が良いでしょう。

7位:マネースクエア

マネースクエア

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
変動制 12通貨ペア 1000通貨

マネースクエアはリピート系のシストレができるトラリピがあることで有名なFX業者です。

イフダン注文を繰り返し行うトラリピを使用すれば、初心者でもお手軽にシステムトレードを実践できるでしょう。

これからFXを始めるにあたり、シストレに興味がある方におすすめです。

8位:外為オンライン

外為オンライン

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
1銭 26通貨ペア 1000通貨

外為オンラインは、リピート系のシストレであるiサイクル注文を使用できることで有名なFX業者です。

iサイクル注文には、レートの動きに合わせて自動で計算し、追従するという独自性のある機能があります。

外為オンラインのiサイクル注文を使用してシストレを始めたいという方におすすめのFX業者となります。

9位:FXブロードネット

FXブロードネット

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 24通貨ペア 1000通貨

FXブロードネットは、リピート系シストレのトラッキングトレードを使用できるFX業者です。

リピート系のシストレがあるFX業者の中では、特にスプレッドが狭く、低コストな取引が可能などの強みがあります。

FXブロードネットのトラッキングトレードは、レートのレンジを自動的に追尾するという独自の機能があります。

トラッキングトレードを使用してシストレを行いたいというユーザーにおすすめです。

10位:FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイジャパン)

FXトレード・フィナンシャル

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 29通貨ペア 1000通貨

FXトレード・フィナンシャルは、MT4対応のFX業者です。

同じMT4対応のFX業者の中では、トップクラスのサービスを提供しています。スプレッドは業界でも特に狭く、低コストな取引が可能。約定力も高く、安定したトレードができるなど、メリットが多いです。

これからFXを始めるにあたり、MT4の利用を検討しているという方と相性が良いFX業者です。

各注文機能と相性の良いトレードスタイル

FXのトレードスタイルというと、大きく分けると自分でトレードをする裁量トレードと、事前に定めた売買ロジック通りにシステムが売買をするシステムトレードの二種類に分けられます。

どちらのトレードスタイルを採用するかで、おすすめとなるFX業者が違ってきます。ここではそれぞれのトレードスタイルに合わせておすすめの注文機能を紹介します。

裁量トレードと相性が良い注文機能の種類

裁量トレードとはトレーダーが自身の判断で売買を行うトレードのスタイルのことです。

いつ、どのタイミングで売買をするのか、すべて自分の判断でトレードをすることになるので、稼げるか否かはすべて自身の力量次第となります。

そんな裁量トレードをするにあたって必要な注文機能というと、まずリアルタイムですぐに売買を行える成行注文。そして売買したいレートを指定できる指値、逆指値、OCO、IFD、IFO注文などになります。

これらの発注機能を使用することで、自分の狙い通りのレートで売買ができるようになります。

これからFX業者を選ぶにあたり、裁量トレードを実践する予定があるなら、指値や逆指値、OCO、IFD、IFOなどの注文機能が備わっているFX業者なのか、必ず確認しておきましょう。

MEMO
成行注文とは、レートを指定せず、現在のレートで売買をする注文機能のこと。スキャルピングやデイトレなどで多用される

システムトレードと相性が良い注文機能の種類

システムトレードとは自動売買のことで、予め決められた売買ロジックに従ってシステムがトレーダーの代わりに売買をするタイプのトレードスタイルのことです。

システムトレードの最大の特徴は、システムがトレーダーの代わりに売買をすること。感情的になりやすい人と違って、システムが売買をすることになりますので、常に冷静な判断を持ってして売買ができるなどの強みがあります。

他方で、売買ロジックが間違っていたり、現在の相場と合わないロジックを採用すると、トレードで失敗しやすく、放置すると負けが嵩んで損失が増大するリスクがあります。

そんなシステムトレードと相性の良いFX業者というと、リピート系の発注機能などがあるFX業者です。

リピート系の発注システムがあるFX業者であれば、そのシステムを利用することで、誰でも簡単に自動売買を始められます。

ただし、同じリピート系のFX業者でも、会社が違えばそのサービスの内容にも違いがあるので注意してください。リピート系のシストレを始めるつもりならば、それぞれのFX業者の特徴を見極めておきましょう。

シストレにはリピート系とは別に、プログラム系という予め決められたストラテジーに従って売買をするという種類のシストレがあります。

リピート系ではなく、このプログラム系のシストレを検討しているのであれば、EAを利用できるMT4がおすすめです。

MT4でEAを使用すれば、より高度なシストレに挑戦できるでしょう。

そんな自動売買に強いMT4ですが、注文機能が充実しているので、裁量トレードにも向いています。そのため、裁量トレードをやりたいというトレーダーとの相性も良いです。

FX初心者へのアドバイス

今回は注文機能が充実しているFX業者を対象に、おすすめの口座をランキング形式で紹介しました。

ただ、注文機能が充実しているといっても、トレードスタイルによって相性があります。

裁量トレードをやりたいなら、指値やIFD注文などの注文機能が充実しているFX業者がおすすめです。

他方で、システムトレードがやりたいなら、リピート系のシストレができるFX業者などがおすすめとなるでしょう。

より高度な注文を行いたいなら、MT4対応のFX業者を利用した方が良いです。

以上のように、注文機能が充実しているといっても、トレードスタイルや価値観によって相性の良し悪しが違ってきますので注意してください。

まだFXの経験が少なく、初心者のうちは、裁量トレードがやりやすいFX業者から始めると良いでしょう。

裁量トレードを実践し、どのように売買をすれば稼げるのか、肌で感じてみてください。

FXで稼ぐためには、知識だけでなく、経験も不可欠です。実際にトレードをし、経験を重ねることで、はじめてトレーダーとして成長できるでしょう。