チャネルとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

FXのチャートは、上昇相場であろうと下降相場であろうと、常に一定の範囲内を上下に動きます。この値動きの幅に対して線を引くと、どこまで上がるのか、もしくは下がるのかの目安を知ることができるので、今後の展開を読みやすくなります。

このような値動きをゾーン化したものをチャネルと呼びます。

今回はチャネルとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他の抑えておきたいポイントなどを解説します。

チャネルは上昇トレンドや下降トレンドなど、トレンドが発生している相場で役立つ手法です。特にトレンドフォローを得意とする人ほど、相性が良いでしょう。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

チャネルとは?

チャネルとは、上昇トレンドや下降トレンドが発生している最中に生じるレートの値動きの幅を線で引いてゾーン化したものです。

絵にすると以下のようになります。

黒いラインがレートの値動きです。赤いアウトラインがチャネルで、このチャネルの中をレートが上下に動いています。

FXのチャートでは、このように一定の値幅の中で上下に動いていくことが多く、チャネルを引くことで次のレートの動きを予測しやすくなります。

上昇相場だけでなく、下降相場でもチャネルは発生します。

MEMO
トレンド相場でチャネルのアウトラインを引くと、今後の値動きを予測しやすくなる

チャネルを使用する目的

チャネルを使用する主な目的というと、相場の今後の展開を予測する事や、エントリーや決済のポイントを把握する事、などがあります。

上昇相場中にチャネルのアウトラインを引けば、次にエントリーできそうな場所や、決済できそうなレートの水準を把握することができます。

他にも、トレンドラインを割ったら相場の転換点と見なし、決済をするなど、損切りのルールとしてもチャネルを活用できるでしょう。

他にも色々な使用方法がありますが、実際にチャネルをどのように使用するかは人それぞれです。

チャネルは上昇相場や下降相場のような、トレンドが形成されている場面で真価を発揮しやすいツールとなります。

MEMO
チャネルはトレンド相場に強い

チャネルの線(アウトライン)の引き方

FX会社が提供するチャートツールの中には、チャネルのアウトラインを自動的に引いてくれるような便利な機能を搭載しているツールもあります。

もしもそのようなツールがなくても、トレンドラインの描画ツールがあれば、問題なくチャネルのアウトラインを自分で引けるでしょう。

MEMO
チャネルのアウトラインを自動的に引けるツールがあるFX会社だと簡単にチャートに描画ができて便利

チャネルのアウトラインを引くためには、まずトレンドラインを引きます。

次に、そのトレンドラインに対して、水平になるようにアウトラインを描きます。

今回は上昇相場だったので、トレンドラインはサポートラインとなります。そのサポートラインに対して、水平になるようにアウトラインを引きます。

アウトラインは、ローソク足の高値を基準に線を引いています。

サポートラインを引いた後、さらに上昇相場の圧力が強くなっているのか、より急こう配な上昇トレンドが発生しています。

このようなケースでは、追加でチャネルを描くと良いでしょう。

チャートにすると以下のようになります。

赤いチャネルのラインが、追加で足したチャネルのサポートラインとアウトラインとなります。

相場は常に変化していますので、その時の状況に応じてチャネルを付け足すと良いでしょう。

チャネルを使用する場合、一つしか使用しないということはありません。複数のチャネルを引いて相場の動向を観察するというのが一般的なチャネルの使い方です。

例えば上昇相場から一転、下降相場に転換したようなチャートの場合、それぞれ別個のチャネルを作成することで、山のような形をしたチャネルが出来上がります。

チャートにすると、以下のような具合です。

サポートラインやレジスタンスラインに合わせてアウトラインを描くことで、現在のトレンドはどのくらいの値幅で動いているのか、どこで相場が転換したのかを客観視しやすくなります。

チャネルを利用した手法

チャネルを利用した手法というと、トレンドに合わせて売買をする順張りの手法と、トレンドとは逆方向に売買をする逆張りの手法があります。

初心者のうちは、トレンドに合わせてエントリーをする順張りから始めることをおすすめします。

まだサポートラインとレジスタンスラインについて学んでいないという方は、先にそちらを習得してからチャネルを習うと、理解が早いです。

  1. 順張り(初心者向き)
  2. 逆張り(上級者向き)

以下より各手法について詳しく解説します。

1.順張り(初心者向き)

まず順張りの手法から解説します。

順張りのメリットは勝率が高く、騙しに遭い難いこと。デメリットは利幅が少ないことです。

トレードルールについては、トレンドライン付近でレートが反発したらトレンドの方向に合わせてエントリー、アウトラインを突破したら利確、もしくはトレンドラインを割ったら決済する、という前提で話を進めます。

まず、チャートにトレンドラインを引きます。今回は上昇相場なので、サポートラインとなります。

次に、そのサポートラインに対して水平になるように、目立っている高値を基準にアウトラインを描きます。

アウトラインとサポートラインを描いてチャネルを作ったら、次にエントリーのポイントを探します。

レートを追うと、やがてトレンドライン付近でレートが反発し、112.00円を超えています。

キリが良いので、この112.00円でロングでエントリ―したと仮定します。

その後、レートは順調に上がり、最後にはアウトラインを突破しました。ちょうどそこが114.50円なので、そこで決済できたとします。

すると、112.00円でエントリーし、114.50円で決済できたので、250pipsもの利益を得られた計算になります。

実際にこの通りにトレードができれば、FXでは大きく稼ぐことができるでしょう。

2.逆張り(上級者向き)

次に逆張りの手法を解説します。逆張りの場合、トレンドとは反対方向にエントリーをしますので、上昇相場ならショート(売)、下降相場ならロング(買)を入れます。

トレードルールは、トレンドラインを割ったらエントリー、一定の利益が獲れたら利確をする、という内容でここでは逆張りの手法を解説します。

まずチャートよりトレンドが形成されている個所を探し、そこにトレンドラインを描きます。その後、アウトラインを描き、チャネルを形成します。

今回は下降相場なので、まずレジスタンスラインを引き、そのラインに水平になるようにアウトラインを引いてチャネルを作ります。

その後、レートが反転し、レジスタンスラインを割りましたので、ここでロングでエントリーします。

ちょう112.50円付近でレジスタンスラインが割れているので、そこでエントリーできたと仮定します。

その後、順調にレートが上がり、114.00円まで行きましたので、ここで決済をすると仮定します。

実際のトレードでは、決済用に新たにチャネルラインを引いても良いでしょう。

例えば、以下のような具合でチャネルラインを描くと、決済のポイントを把握しやすいです。青い線が、付け足したチャネルです。

今回のトレードの場合、112.50円でエントリーし、114.00円で決済ができたので、150pipsもの利益を得られた計算になります。

逆張りは成功すると短期間で稼げるのですが、騙しが多いので注意してください。

注意
逆張りは騙しが多く、上級者向けの手法

チャネルのデメリット、リスク、注意点

チャネルを利用すると、トレンド相場に強いトレードができるようになります。ただし、デメリットやリスクもあるので注意しましょう。

ここではチャネルで注意しておきたいポイントを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. トレンドが無い相場だと使えない
  3. トレンドラインを知らないと使えない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずチャネルに限らず、あらゆるテクニカル分析の手法には騙しに引っかかるリスクがあるので注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなレートの動きのことです。

例えば、サポートラインを割ったので、そのまま落ちるかと思いきや、すぐに反転し、再び上昇するというケースなどはまさにその典型でしょう。

この手の騙しは逆張りほど引っかかりやすく、危険が多いです。できるだけ騙しの少ないトレードをしたいなら、順張りの手法でトレードをすると良いでしょう。

もしも騙しに引っかかると、トレードで負け、含み損が発生します。そのまま損失を放置し、拡大すると、いずれはロスカットされるでしょう。

対策

もしも騙しに引っかかってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

騙しへの対策は、損切りのルールを徹底させることです。

たとえ騙しに引っかかったとしても、損失が少ないうちに損切りができれば、ダメージも最小限で済みます。

FXではどんな手法を採用したところで、連戦連勝はできません。いずれは思惑を外し、負ける時が来ます。

いざトレードで負けた時、損切りさえ出来ていれば、どんな負け方をしたとしても恐れるに足りません。

2.トレンドが無い相場だと使えない

チャネルは、トレンドラインに対して水平にアウトラインを引くことで作成できます。

そのため、トレンドラインが無いような相場、例えばレンジ相場ではまず役に立たないでしょう。

チャネルはトレンド相場には強いのですが、レンジ相場では使えないです。

もともとレンジ相場は苦手なので、トレードはしないというのであれば問題はないのですが、もしもレンジ相場で稼ぐことを検討しているのであれば、レンジ相場用の対策があった方が良いです。

対策

レンジ相場でもトレードをしたいなら、水平ラインのチャネルを引くと良いでしょう。

レンジ相場の高値と安値に水平ラインを引くことで、チャネルを作ることができます。

一旦チャネルを作ったら、ブレイクするまで待ってみましょう。ブレイクするまで待つことで、エントリーのチャンスを掴むことができます。

3.トレンドラインを知らないと使えない

チャネルは、トレンドラインを知っていることを前提にしているツールです。

上で紹介した水平ラインについても、そもそも水平ラインとは何なのかを知らないと、使いようがありません。

チャネルは、どちらかといえばトレンドラインの補助的な役割を持っているツールであり、メインとなって活躍するのはチャネルよりもトレンドラインの方です。

既にトレンドラインの使い方を習得している方で、さらに勝率の高いトレードを目指しているという方がチャネルを使うと、より実践的なトレードができるようになります。

まだトレンドラインを知らない状態でチャネルを習得しても、十分にその真価を発揮させることは難しいでしょう。

対策

チャネルを使ったトレードをしたいなら、まずはトレンドラインについて先に習得してください。

トレンドラインは、テクニカル分析における基礎の中の基礎のような知識です。これを知らずしてトレードをすると、やらなくても良いような初歩的な失敗をしでかす危険性があります。

しかし、トレンドラインを習得しておけば、基礎が身に付いているので、大きな失敗をしないで済むでしょう。

FX初心者は、トレンドラインを前もって習得しておきましょう。その知識はより高度なテクニカル分析の勉強の役に立ちます。

初心者へのアドバイス

今回はテクニカル分析の手法としてチャネルを紹介しました。

チャネルは初心者にも覚えて欲しい知識ではありますが、ただFXはこれが初めてという未経験者からすると、少し難易度が高いです。

まずは先にトレンドラインについて勉強してから、その次のステップとしてチャネルを習得することをおすすめします。

トレンドラインの引き方を知った上でチャネルの使い方を学ぶと、より勝率の高いトレードができるようになるでしょう。