ポジションの持ちたがりをどうにかしたい!ポジポジ病の原因と解決策を解説

FXのプロというと、常にポジションを保有し、エントリーと決済を繰り返している姿をイメージするかもしれません。

しかし、実際のプロはポジションをあまり保有しないものです。長期投資家のようなポジションの長期保有を前提にしている投資家を除き、FXで無駄になるほどポジションを多く保有するプロというのはまずいないです。

他方で初心者ほどポジションを持ちたがり、その結果として損をすることがあります。

今回はなぜポジションの持ちたがりが良くないのか、ポジポジ病の原因やその解決策、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

確かにFXはポジションを保有しないと稼げないです。しかし、無駄にポジションを保有しても稼げないです。むしろ持ちたがる事を止めない限り、FXで利益を出すことは難しいです。そればかりかポジポジ病が悪化する恐れがあるほどです。

FXでは初心者ほどポジポジ病になりやすく、そのせいで失敗しやすいです。

未然に失敗を回避するためにも、どうすればポジションを無駄に持ちたがらずに済むのか、解決法を探りましょう。

FXのポジポジ病とは?

FXの世界には、初心者がよく陥りやすい症状があります。ポジポジ病は、まさにその代表格です。

ポジポジ病とは、必要以上に多くトレードを繰り返すことで、無駄に多くのポジションを保有してしまった状態のことを指します。

ポジとはポジションのことで、意味もなくポジションを多く保有している人こそ、まさにポジポジ病の典型的な症状です。

ポジポジ病の原因

なぜポジションを過剰なほど保有してしまうのかというと、色々な理由がありますが、主な原因は常にトレードに参加していないと不安になるというメンタルの不調にあります。

FXで稼ぐためには、トレードに参加しなければなりません。エントリーをし、ポジションを保有して、思惑通りにレートが動いた後に決済をしてはじめて利益を得られます。

ポジションを保有していない状態というのは、いってみれば何もせず、お金を稼ぐための行動を起こしていない状態です。

真面目で責任感が強い人ほど、何もせずアクションを起こさない状態を嫌うものです。

せっかくFXを始めたのだから、なんとかしてでもお金を稼ぐために行動するべき、このような義務感に囚われやすい人ほどポジポジ病になる危険があるので注意してください。

ポジポジ病にならない人の特徴

逆にポジポジ病にならない人というのは、良い意味で適当な人です。

仕事が早めに片付いた時、いつもより早めに家に帰って遊べるからラッキーだと考えられるタイプの人は、ポジポジ病にならないです。

その反対で、せっかく仕事が早く終わったならば、他の人の仕事を手伝うべきだ、と義務感に囚われやすい人がポジポジ病になりやすい人です。

もしかしたら当てはまっているかも、という人はポジポジ病にならないように注意しましょう。

MEMO
ポジポジ病はトレードに参加していない事に対する不安感が強い人ほど罹りやすい

ポジポジ病の具体的な症状

もしもポジポジ病になってしまうと、具体的にどのようになってしまうのでしょうか?

例えば、1ドル100円の米ドル円相場にて、上昇トレンドが発生したように見える展開があったとします。

ここで円安になるだろうと考えてロングポジションを保有したところ、相場が反転し、円高になるとします。

円高はさらに進み、1ドル99円まで下落したと仮定します。この時点で1円分の含み損が発生します。

本来であれば、ここまで含み損が発生する前に決済して損切りし、損失の拡大を防ぐのがベターです。しかしポジポジ病の人の場合、「もしかしたらこの後に相場が転換して円安になるかもしれない」と希望的観測を抱きやすく、損切りができません。

その結果、さらに円高が進行し、余計に含み損を膨らませることになります。

最終的にはロスカットルールが発動することで、ポジポジ病の人は大損をすることになるでしょう。

ロスカットとは、一定額以上の含み損が発生した時にFX会社が強制的にポジションを決済して損切りすることです。

ポジポジ病に罹っている人は、自分にとって都合の良い考え方をしがちです。しかし、為替レートは投資家の都合なんてお構いなしに動きます。

FXでよく負けている、それもロスカットされるほどの大損をしているという人は、一度ポジポジ病になってないか、自分を見つめ直しましょう。

MEMO
ポジポジ病を改善するためには自分中心のトレードから相場中心のトレードに考え方を改める必要がある

ポジポジ病の原因とは?

ここではポジポジ病になる原因を紹介します。

  1. 利益に貪欲すぎる
  2. 根拠のないトレードをしている
  3. トレード中毒になっている

以下より各項目について詳しく解説します。

1.利益に貪欲すぎる

ポジポジ病になる主な原因というと、まず目先の利益に囚われ、貪欲になり過ぎている可能性があるので注意してください。

そもそもFXを始める人のほとんどがお金目当てであるため、利益に貪欲になるのは当然というものです。

お金を稼ぐことそれ自体は悪いことではありません。ただ利益に貪欲になり過ぎるあまり、冷静な判断ができなくなっている事が問題なのです。

特に稼ぎたいという気持ちが強い人ほど、ポジポジ病になりやすいです。

お金を稼ぐためにも早くエントリーしないと、できるだけポジションを多く保有して利確に備えないと、エントリーのサインが出たら一刻も早く注文をしないと、など。

このようにお金を稼がないといけないという義務感に囚われている人は、無駄なエントリーが多く、かえって稼げないです。

真面目で一生懸命な人ほど、この手の義務感に襲われやすく、ポジポジ病になりやすいです。

FXで稼ぎたいなら、少し不真面目で、適度に手を抜くような性格になると良いでしょう。

やるべき事はしっかりやるけど、やる必要がない事は適当にやる、ぐらいの気持ちでいると、FXのトレードが上手くいきやすいです。

MEMO
稼ぎたいという気持ちが強すぎるとポジポジ病になりやすい

2.根拠のないトレードをしている

ポジションを無駄に多く保有し、ポジポジ病になってしまう原因として、そもそも根拠のあるトレードをしていないという理由が考えられます。

なんとなく上がりそう、もしくはなんとなく下がりそう、だからエントリーしてみた、このような無根拠なトレードをしている人はポジションを無駄に抱えやすく、ポジポジ病になりやすいです。

そもそもFXは、頻繁に稼げる世界ではないです。確かにわずか数分で数万円から数十万円もの利益を稼ぐトレーダーがいるのも事実ですが、この手のタイプはポジションの保有時間こそ短いですが、待ち時間は非常に長いケースがほとんどです。

例えば5分で10万円稼げるトレーダーがいるとします。

一見するとわずか5分という短時間で稼いでいるように見えますが、実際は10時間トレードに参加し、その間に生じたわずか5分間のチャンスを狙って稼いだ、といったケースが実情であることがほとんどです。

FXは、稼げる時間よりも、待ち時間の方が長いのです。

為替レートというのは常に動いているものではありません。むしろ動かない時間帯の方が多いです。

そのため、FXトレーダーは稼げるチャンスが到来するまで待ちます。稼げない時間帯にトレードしないので、ポジションの保有時間も短くて済むのです。

その反対で、稼げない初心者は、稼げない時間帯だろうとお構いなしにエントリーをし、無駄にポジションを増やします。

なぜ稼げない時間帯にトレードをしているのかといえば、それはやはり根拠のないトレードをしているからです。

なぜこの時間帯にトレードをしてはいけないのか、初心者はその根拠となる情報を知りません。そのため、トレードするべきでないタイミングでエントリーをし、ポジションを無駄に増やしてしまうのです。

根拠のあるトレードをせず、無駄なトレードをしている限り、ポジポジ病は治らないですし、稼げることもないでしょう。

MEMO
FXは稼げる時が来るまで何もせずに待つことが大事

3.トレード中毒になっている

ポジポジ病は、トレードに参加していない事に対する不安感が原因で生じやすく、メンタルが不調だとさらに悪化しいやすい症状です。

特に土日のようなトレードができない日も、FXのことばかり考えるほどにトレードに依存している人は危険です。

FXを始めたばかりの初心者の中には、トレード中毒になることで、生活が疎かになるケースがあるので注意してください。

ハイリスクハイリターンなFXは、成功すると非常に高額の利益を稼げます。

上がるか下がるかのどちらか片方を当てれば良いだけなので、初心者であっても運が良ければトレードに成功して大きく稼げることがあります。

このようなトレードで稼げたという成功体験がある初心者ほど、FXにハマりやすく、トレード中毒になりやすいです。

トレード中毒になっている人は、稼ぐことよりもトレードをすることに熱中しやすいということもあってか、無駄なポジションが増えやすく、ポジポジ病になりやすいです。

根拠のあるトレードをしているわけではないので、負ける可能性も高く、資金が減りやすいです。

トレード中毒になっている人は非常に危険です。そのまま放置すると、生活が破綻する恐れがあるので、一刻も早く問題に向き合ってください。

注意
四六時中トレードのことばかり考えている人はトレード中毒の可能性が高いので危険

ポジポジ病を放置するデメリットとリスク

ここではポジポジ病を放置する場合のデメリットとリスクについて紹介します。

  1. 大損のリスクが高まる
  2. 稼げない

ここからは各項目について詳しく解説します。

1.大損のリスクが高まる

ポジポジ病になり、ポジションを多く持ちたがるようになると、大損するリスクが高まるので注意してください。

例えば、普段は1万通貨のポジションを保有している人が、ポジションを無駄に増やすことで10万通貨まで抱えてしまった場合、どこかのタイミングで決済をしてポジションの量を減らさないと、10万通貨分の損失が発生する恐れがあります。

仮に1ドル100円の時に1万通貨のロングポジションを保有し、1ドル99円まで円高が進行した場合、含み損は1万円です。

しかし10万通貨のロングポジションともなると、同じ1円分の値動きでも、含み損は10万円です。

このようにポジションが無駄に増えているにも関わらず、損切りもせずに放置をすると、いつか為替レートが大きく動いた時に大損するリスクが高いので非常に危ういです。

2.稼げない

ポジションを多く抱え続けているということは、新しいエントリーができず、稼ぐチャンスを自ら失うことを意味します。

例えばレバレッジ25倍で、1万通貨あたり4万円の証拠金が必要とします。

この場合、10万円もあれば2万通貨までポジションを保有できます。しかし、既に2万通貨分のポジションを保有している場合、新たに2万通貨分のポジションをエントリーして保有するためには、追加で10万円ほどFX口座に入金しないといけません。

エントリーのチャンスが到来する度にポジション分だけ入金していたら、いずれは資金が底を尽くでしょう。

ポジポジ病になり、ポジションの保有量を増やすことは、結果的に新たに稼ぐチャンスを潰してしまうのです。

明らかに無駄なポジションが多いなら、時には断捨離するような心持ちでポジションを切り捨てるべきでしょう。

MEMO
ポジポジ病になると資金不足に陥って稼げなくなる

ポジポジ病の解決策

ここではポジポジ病の解決策を紹介します。

  1. 休むor相場から離れる
  2. トレードの記録を付ける
  3. 勝てない時はトレードしない

以下より各項目について詳細を解説します。

1.休むorトレードから離れる

まずポジポジ病になっているという方は、一旦トレードを休むか、相場から離れてみましょう。

トレードをしないのであれば、チャートを分析したり、手法を勉強しても良いです。しかし、チャートを見ているとトレードがしたくなるというのであれば、いっそのこと勉強も禁じた方が良いでしょう。

特にトレード中毒になっている人に関しては、一度FXを日常生活からすべて切り離した方が良いぐらいです。

ポジポジ病は、メンタルの不調が原因でなりやすい症状です。そのため、メンタルが疲弊していたり、感情的になって冷静さを忘れている限り、改善することは難しいです。

それならば一旦FXから離れ、心を休ませてください。

休息を取って冷静な判断ができるようになったら、改めて相場に戻ると良いでしょう。

ポジポジ病の人に必要な休息の期間の目安は、だいたい1週間ほど。

FXの相場というのは1週間に1度くらいの頻度で、稼ぎやすいトレンド相場が到来するものです。

ポジポジ病になっていると、そのような稼ぎやすい相場が来ていないかソワソワしてしまい、ついチャートをチェックしてしまうものです。

このような症例に思い当たる節がある人は、ポジポジ病です。

とにかく1週間、FXを生活から断ってみましょう。丸々1週間、一度たりともFXの相場に関わることなく過ごすことができれば、ポジポジ病はとりあえず納まったと考えて良いでしょう。

もちろん、再びトレードに参加することで、ポジポジ病が再発する危険があります。再発を防ぐためにも、以下で紹介する対策を講じましょう。

MEMO
ポジポジ病になっているなら1週間は相場を離れてみる

2.トレードの記録を付ける

トレードの際にはいつも根拠のないタイミングでエントリーし、結果的にポジションを増やしてしまうという悩みを抱えている方は、トレードの記録を付けることをおすすめします。

いつエントリーしたのか、なぜエントリーしたのか、結果はどうだったのか、など。できるだけ詳細にエントリーの内容を記録してください。

特になぜエントリーしたのか、理由をメモすることはとても重要です。

トレードの記録を付ける時、なぜエントリーしたのか、いわゆる根拠を常にメモすることで、自然と根拠のあるトレードをする習慣が形成されます。

毎日トレードの根拠を記録に付けることで、いずれは根拠のないトレードを止められるでしょう。それが結果的に、ポジポジ病の予防になります。

3.勝てない時はトレードしない

FXで稼ぎたいという思いが強すぎると、つい常にトレードしていないといけないような焦燥感に襲われやすいです。

しかし、FXで稼げるトレーダーほど、トレードに要する時間は短いものです。稼げるプロほど勝てる時しかトレードせず、それ以外の時間はノーポジションでいるものです。

FXのプロというと、どのような相場であっても才能を発揮し、上手く利益を得ている凄腕トレーダーというイメージが付きものですが、実際は違います。

むしろプロほど勝てる相場と勝てない相場を区別し、勝てる相場でしかトレードに参加しないものです。

FXで稼ぐためには、自分の強みを知ること、そして勝てない相場では勝負しないことが重要です。

勝てる時だけトレードをし、それ以外のトレードは控えましょう。この相場だと勝てる気がしないと思ったら、様子見で大丈夫です。

勝てないタイミングで無理してトレードをする必要性は一切ありません。

もしも勝てそうにない相場に直面したら、今日は休日にしてプライベートを楽しもうと、その日の相場に応じて意識を変えられるようになると、ポジポジ病に罹り難くなります。

初心者へのアドバイス

FXというのは、意識をちょっと変えるだけで、利益率が改善されることがあります。

ではどのように意識を変えると、稼ぎやすくなるのでしょう?

FXの稼ぎ方は人それぞれなので、このような問いかけに正解はありません。ただ、FXはトレードすれば必ず勝てるものではないということを覚えておきましょう。

為替レートというのは常に大きく動いているわけではありません。時にはレンジ相場のような、動きが悪い相場になることもあります。

このような動きが少ない相場でトレードをしても、初心者はまず勝てないでしょう。それならば、勝てる時だけ参加すればよく、それ以外の相場は休日にしてしまいましょう。

FXは土日を除き、平日であれば24時間いつでもトレードできます。

しかし、だからといって毎日トレードをする必要はありません。だいたい週2日から3日だけトレードすれば十分でしょう。

専業トレーダーの中には、火曜日と木曜日しか稼げないから、それ以外の曜日は休みにするなど、自分の勝率に合わせて休日を作ってしまう人は多くいます。

月曜日しか勝てないという人もいれば、金曜日以外の曜日は全部勝てるという人もいます。平日の20時から22時の2時間しか勝てないという人もいます。

このように、人によって稼ぎやすい時間帯に違いがあるのです。初心者の方はまず、自分はいつなら勝てるのか、稼ぎやすい時間帯を見つけてみましょう。

一旦稼ぎやすい時間帯が見つかると、その時だけポジションを保有すれば良くなりますので、ポジションの保有量が自然と減っていきます。

初心者がなぜポジションを持ちたがり、ポジポジ病になってしまうのかといえば、それは自分の強みを知らないからでしょう。

FX初心者はまず自分の強みは何なのか、それを追求してみることをおすすめします。