FXアプリで選ぶFX業者おすすめランキング!【初心者向け選び方】

FXといえば一昔前まではパソコンで取引をするというのが一般的なトレードスタイルでした。しかし今の時代、スマホアプリが進化しているということもあってか、スマホさえあれば問題なくトレードができるFX業者も増えています。

スマホアプリを利用すれば、会社から帰宅している最中であっても片手間でトレードができるので、FX用の取引アプリは副業としてFXを始めたいユーザーにはうってつけの取引ツールです。

今回はそんなFX用のアプリをテーマにおすすめのFX業者をランキング形式で紹介します。

アプリでトレードしたい人におすすめのFX業者選びのポイント!

FXの取引ツールといっても、必ずしもパソコン用の取引ツールだけではありません。

スマホやタブレットが普及している昨今では、スマホでトレードをしたいというユーザーも多くいます。特に副業でFXをやっている人ほど、スマホでFXができるスマホアプリに対するニーズは高いでしょう。

最近のスマホのネット回線は非常に安定しているので、外出先であってもデイトレができるほどです。指値注文のみならず、成行注文であってもタップ操作で行えます。

ただし、すべてのスマホアプリが高クオリティというわけではありません。

FX業者によってスマホアプリのクオリティに違いがあるので注意してください。

これからFXを始めるにあたり、スマホで取引できるアプリの利用を検討しているのであれば、必ずどのようなアプリなのか、操作性に優れているのか、テクニカル指標は多いのかなど、その中身をチェックしておきましょう。

アプリを基準にFX業者を選ぶ場合、以下の3点に注目しましょう。

  1. 取引用のアプリの有無
  2. テクニカル指標の総数
  3. 約定力

上記3点について、以下より詳しく解説します。

MEMO
取引用のアプリがあるFX業者ならば外出先や、パソコンを使用できない時であってもFXができる

1.取引用のアプリの有無

スマホでFXをする場合、そのFX業者にスマホアプリがあるのか、必ず確認しましょう。

FX業者といっても様々で、スマホアプリを用意しているところもあれば、そうでないところもあります。

たとえスマホアプリがあっても、チャートやレートをチェックする機能しかなく、注文機能が無いところもあるので、口座を開設する前にまずどのようなアプリなのかを詳しく確認しておきましょう。

さらに、そのアプリはiPhoneとAndroid、両方に対応しているのかまで調べてください。

たとえスマホアプリがあったとしても、自身が所有するスマホにインストールできないアプリでは意味がありません。

必ずそのアプリはインストール可能なアプリなのか、所有するスマホでも問題なく使用できるアプリなのかまで調べておきましょう。

アプリによっては、OSのバージョンが原因で使用できないこともあるので注意してください。

2.テクニカル指標の総数

スマホアプリでトレードをする場合、テクニカル指標はいくつまで使用できるのかを調べておきましょう。

スマホアプリはPC用の取引ツールと違って、使用できるテクニカル指標の数が多くはありません。どうしてもパソコン用の取引ツールと比べると、使用できるテクニカル指標の総数が少ないです。

テクニカル指標は短期売買をするにあたって欠かせないツールです。

デイトレやスキャルピングをスマホでする予定があるなら、できるだけテクニカル指標が多いところ、それも自分がよく多用するインディケーターがあるFX業者を選びましょう。

3.約定力

せっかくスマホにアプリをインストールし、スマホでFXをする環境を整えても、そのFX業者の約定力が低く、安定したトレードができないというのでは意味がありません。

スマホでFXをするなら、必ず約定力のあるFX業者を選びましょう。

約定力が低いFX業者を選ぶと、なかなか思い描いた通りにトレードができず、場合によっては負けて損する恐れがあります。

しかし、約定力のあるFX業者であれば、たとえスマホであっても問題なく快適にトレードができるので、安心してFXができます。

アプリがおすすめなFX業者を10社比較!

ここでは取引用のスマホアプリがあるおすすめのFX業者を10社厳選し、表を使用してそれぞれを比較します。

取引用のアプリの有無 テクニカル指標の総数  約定力
YJFX! 二重丸 二重丸 丸
GMOクリック証券 二重丸 二重丸 丸
ヒロセ通商 二重丸 二重丸 丸
SBIFXトレード 二重丸 二重丸 丸
マネーパートナーズ 二重丸 二重丸 二重丸
FXプライム 二重丸 二重丸 二重丸
DMM.com証券 二重丸 丸 丸
トレイダーズ証券(みんなのFX) 二重丸 丸 丸
FXブロードネット 二重丸 二重丸 丸
FXトレードフィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン) 丸 二重丸 丸

FXのスマホ専用のトレードアプリはどれも無料でインストールできるところがほとんどです。

実際に取引をするにはログイン用のIDとパスワードが必要になるので、口座を開設しなければトレードはできません。ただし、チャートやレートを見るだけならば、無料で使用できるところが多いです。

どこのFX口座にするべきかで悩んだら、実際にアプリをスマホにインストールしてみて、その使い心地を検証してみましょう。

FXアプリは業者が違えばその特徴や仕様もかなり違ってきます。自分のトレードスタイルに合わせて、もっとも相性が良いFX業者のアプリを選択するためにも、まずはインストールして使ってみましょう。

アプリで選ぶFX業者おすすめランキング!

ここではアプリがおすすめなFX業者をランキング形式で紹介していきます。

1位:YJFX!

YJFX!

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 22通貨ペア 1000通貨

YJFXといえば、スマホアプリの「Cymo」が使いやすいとのことで高く評価されているFX業者です。

CymoはiPhoneとAndroid、どちらにも対応しているアプリで、スマホのみならずタブレットPCでも使用可能です。

操作性に優れたアプリであり、多種多様なテクニカル指標を使用可能です。人気のある指標だけでなく、スパンモデルやスーパーボリンジャーなど、玄人向けの指標まで使用できるため、スマホだけでも本格的なテクニカル分析が可能です。

まさにスマホでFXをやりたいというユーザー向けのFX業者となります。

2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 19通貨ペア 1万通貨

GMOクリック証券は、国内で特に人気のあるFX業者です。

約定力が高く、スプレッドも業界最狭水準であるため低コストな取引が可能。取引ツールも使いやすく、ユーザーからの評判が良いです。

そんなGMOクリック証券が提供しているスマホアプリはiPhone、Android、両方に対応している高機能な取引ツールです。

複数のテクニカル指標が使用できることに加えて、指値や逆指値のレートを水平ラインを使って指定できるなど、役立つ機能が豊富です。

非常に使いやすいスマホアプリが用意されているので、パソコンが無くてもスマホさえあれば問題なくトレードできるクオリティです。

3位:ヒロセ通商

ヒロセ通商

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 50通貨ペア 1000通貨

ヒロセ通商といえば、約定力が高く、スプレッドも狭くて低コストなトレードができるなど、ユーザーより高く評価されている人気のFX業者です。

そんなヒロセ通商のスマホアプリはiPhoneやAndroid、どちらにも対応しています。

扱っているテクニカル指標の種類も非常に多く、スマホだけでも本格的なテクニカル分析が可能です。

操作性にも優れており、使いやすいアプリとなりますので、スマホだけでも問題なくトレードができるでしょう。

4位:SBIFXトレード

SBIFXトレード

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.27銭 26通貨ペア 1通貨

SBIFXトレードといえば、1通貨からトレードができるなど、少ない証拠金からFXを始められるFX業者です。業界内においても、もっとも少ない資金よりトレードができるFX業者なので、少額トレード向きです。

SBIFXトレードのスマホアプリは使用できるテクニカル指標が非常に多いため、スマホだけでもしっかりとテクニカル分析を実践できるでしょう。

操作性も良く、タップ操作で簡単にトレードができる優れものです。

5位:マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 100通貨

マネーパートナーズは国内で特に約定力の高いFX業者として有名です。安定したトレードをしたい方におすすめです。

そんなマネーパートナーズが提供しているスマホアプリは、iPhoneとAndroid、どちらにも対応しており、高機能で使いやすいです。

チャートをチェックしつつ、同時に注文ができるなど、操作性に優れているのでスマホだけでも十分にデイトレやスキャルピングなどの短期売買に対応できることでしょう。

もともと約定力が非常に高いFX業者なだけに、スマホであっても安心してトレードを行えます。

6位:FXプライム

FXプライム

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.6銭 20通貨ペア 1000通貨

FXプライムは業界でもトップクラスの約定力があるFX業者で、安定したトレードができるという強みがあります。

そんなFXプライムが提供するスマホアプリは、iPhoneとAndroid、両方に対応しています。

画面が大きくて見やすいデザインであることに加えて、タップするだけですぐに売買ができるなど、操作性に優れているアプリとなります。

アイパッドにも対応していますので、タブレットにアプリをインストールすればより大きな画面で取引できることでしょう。

使用可能なテクニカル指標の数が業界でもトップクラスの54種類以上と、非常に多くのインディケーターを扱っているので、どこよりも本格的なテクニカル分析を行えるなどの強みがあります。

7位:DMM.com証券

DMM.com証券

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 20通貨ペア 1万通貨

DMM.com証券は、国内でも特に人気のあるFX業者です。

約定力が高く、安定したトレードが可能であることに加えて、スプレッドも業界最狭水準であるため低コストな取引ができます。

DMM FXが提供するスマホアプリは、iPhoneとAndroid、両方に対応しており、シンプルで見やすいデザインであるため初心者でも扱いやすいです。

タップ操作で簡単に入出金からトレードまで可能なアプリです。テクニカル指標の種類も多く、アプリをインストールすればスマホだけでもしっかりとテクニカル分析を行えるでしょう。

PCツール同様にクオリティの高い取引アプリとなりますので、スマホだけでもデイトレなどの短期売買をストレスフリーで行えるでしょう。

8位:トレイダーズ証券(みんなのFX)

トレイダーズ証券(みんなのFX)

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 23通貨ペア 1000通貨

トレイダーズ証券のみんなのFXといえば、米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/米ドルなどの人気通貨ペアのスプレッドが特に狭く、低コストな取引が可能なFX業者です。

そんなみんなのFXが提供しているスマホアプリは、iPhoneとAndroid、両方に対応しており、インストールすることでスマホで使用可能です。

タップ操作で簡単に注文ができるなど高い操作性に加えて、人気のあるテクニカル指標は大方揃っているので、スマホだけでもテクニカル分析が可能です。

スマホアプリが使いやすい上に、もともとスプレッドが狭いFX業者でもあるため、スマホだけでも問題なくデイトレができるでしょう。

9位:FXブロードネット

FXブロードネット

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 24通貨ペア 1000通貨

FXブロードネットといえば、リピート系のシストレであるトラッキングトレードが使用できるシストレに強いFX業者です。

提供するスマホアプリはiPhoneとAndroid、両方に対応しており、インストールすることで使用できます。

多種多様なテクニカル指標があることに加えて、リアルタイムでマーケット情報を配信しているなど、スマホでニュースを確認したい時にも役立つ機能があります。

スプレッドが狭く、低コストな取引が可能であることに加えて、1000通貨からトレードができるなど、総合的に見て強みの多いFX業者です。

リピート系のシストレに興味があるというユーザーと相性が良いFX業者となります。

10位:FXトレードフィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

スプレッド(米ドル/円) 通貨ペア数 取引単位
0.3銭 29通貨ペア 1000通貨

FXトレードフィナンシャルは、MT4対応のFX業者です。

MT4対応のFX業者の中では特にスプレッドが狭く、約定力も高いなど、非常に使いやすいFX業者であります。

スマホアプリについてですが、FXトレードフィナンシャルでは、アプリ版のMT4を使用可能です。

パソコンだけでなく、スマホでもMT4を使用したいというユーザーとFXトレードフィナンシャルは相性が良いでしょう。

スマホでトレードするメリットとは?

取引用のアプリをインストールすると、スマホだけでFXができるようになります。

入出金の手続きからチャートのチェック、インディケーターや描画ツールを使用してのテクニカル分析、そして実際の売買など。

スマホさえあればFXのトレードに必要な事がほぼすべて出来るので、パソコンが不要になります。

スマホでFXをする最大のメリットは、パソコンが無くてもスマホさえあればFXができることです。

特に今回紹介したFX業者はどこもクオリティの高いアプリを提供しており、テクニカル分析に必要なインディケーターや描画ツールも揃っているので、デイトレやスキャルピングもスマホだけで行えます。

スマホならば、外出中であってもFXができるので、通勤中や食事中であってもトレードのチャンスを逃しません。

他にも、スマホでFXができる環境を整えておけば、パソコンの動作不良やネット回線の接続不良などが原因でパソコンでFXが出来ない時であっても、スマホを使用することでFXを行えます。

このように、スマホでFXができると、パソコンに万が一のことがあってもFXができるので安心です。

できるだけパソコンではなく、スマホを使用してFXをしたい、そのような悩みを抱えている方は、クオリティが高いスマホアプリを提供しているFX業者を選びましょう。

スマホでトレードする時の注意点

パソコンが無くてもスマホさえあればFXができる事が、FXアプリの良い点です。ただし、メリットばかりではありません。デメリットもあるので注意してください。

スマホでトレードをする際には、必ず電波の状況は良好なのか、確認しておきましょう。

最近のスマホはどこでも快適にインターネットを利用できます。しかし、場所によっては電波が届かず、ネットに接続できない事があります。

さらに、スマホでFXをすると大量にバッテリーを消費するので、すぐに電池が足りなくなります。

既に取引が終了した後であれば問題ないのですが、まだポジションを決済していない段階でバッテリーが切れると、トレードの途中で取引を中止することになります。

場所によっては電波が悪くネットに接続できない、バッテリーの消費が早くトレードを最後まで出来ないリスクがある、スマホでFXをする際にはこの2点のデメリットに注意しましょう。

FX初心者へのアドバイス

今回はFXアプリをテーマに、おすすめのFX業者をランキング形式で紹介しました。

今の時代、ネットはパソコンよりもスマホがメインだという方は多くいることでしょう。

そのような社会情勢に対応してか、スマホアプリの性能は昔と比べると格段に良くなっており、PCツールと遜色のないアプリすらあります。

ただし、全てのスマホアプリが高品質というわけではありません。中には扱いが難しいスマホアプリもあります。

今回紹介したFX業者のスマホアプリは、どこも初心者向けで、扱いやすいものばかりです。ただし、本当に相性が良いか否かは、実際に使用し、肌で感じてみるまでわからないものです。

どのスマホアプリを使ったら良いかわからないという悩みを抱えている方は、一度アプリをインストールし、実際に使用感を試してみましょう。

スマホアプリは口座を保有していなくても、インストールすることは可能です。アプリをインストールするだけならば費用もかからず、無料です。

インストールするだけならば特にデメリットはありません。まずはアプリを実際に体験してみましょう。自分の目で見てしっかりと判断する、それが良いアプリを見つけるコツです。