ADXとは?FX初心者でも勝てる利用方法解説!

テクニカル指標のADXといえば、トレーダーからの人気が高い有名な指標です。DMIと併用して使用しているという方も多くいることでしょう。

今回はADXとは何なのか、その特徴や見方、トレードでの使用例、注意点、その他のおさえておきたいポイントなどを解説します。

ADXはDMIとセットで語られることが多い指標ですので、今回はDMIも合わせて紹介します。

注意
本記事で登場するチャートの図はあくまでもイメージです。

相場全体の流れにより分析・ラインは変わってくるのである程度の経験が必要になる、ということを念頭に置き本記事を確認ください。

ADXとDMIとは?

ADXとDMIといえば、1978年にJ・W・ワイルダーが考案したテクニカル指標で、オシレーター系に分類される指標です。

その最大の特徴というと、トレンドの強弱を客観的に見極められること。

ADXが大きく反応している時は、トレンドの勢いが強く、トレンドフォロー系の手法で売買をすると、勝率の高いトレードができることでしょう。

実際にADXとDMIを使用すると、以下のチャートのようになります。

オシレーター系の指標となりますので、DMIとADXを使用すると、チャートの下部にグラフが表示されます。

DMIでトレンドの方向を確認し、ADXでそのトレンドの勢いを探る、というのが主な使い方となります。

MEMO
ADXでトレンドの強弱を分析可能

ADXとDMIを使用する目的

ADXとDMIを使用する主な目的というと、売買のタイミングを探る事と、トレンドの強弱を判断したい時などがあります。

特に、ADXのトレンドの強弱を客観的に判断できる機能は、トレンド相場とレンジ相場を見極めたい時に役に立つでしょう。

為替レートは確かに24時間常に動いていますが、常に大きく動いているわけではありません。時間帯によっては全く動かないこともありますし、海外が連休に入ると深夜帯でも動かない事があります。

場合によっては、理由もなくレートが動かない、なんて事もあるだけに、トレーダーとしては自分の目で現在のレートは動きが少ないレンジ相場なのか、それとも大きなレートの変動が見込めるトレンド相場なのかを判断できるだけの分析力が求められます。

ADXを使用すると、このトレンドの勢いの強弱を客観的に分析することができるので、この指標を常にチェックしておけば動きが少ないレンジ相場を避け、レートが大きく動きやすい時間帯だけに限定してトレードをすることができるでしょう。

MEMO
ADXを使用することでトレンド相場とレンジ相場の違いを客観的に区別できる

ADXとDMIの見方

ここではADXとDMI、それぞれの見方を解説します。

ADXですが、こちらはトレンドの勢いの強弱などを判断するための指標となります。

ADXのラインが低い時は、トレンドの勢いが弱く、トレードをしても稼げない可能性が高いです。

対してトレンドの勢いが強いと、それに比例してADXのラインも高くなります。

ただし、ADXは上昇だろうと下降だろうと、値動きの勢いに対して反応しますので、ADXだけではトレンドが発生したとしてもそれが下降トレンドなのか、それとも上昇トレンドなのかは判断できません。

例えば以下のチャートの場合。

ローソク足の動きを見ると、右上に向かっていますので、上昇トレンドであることがわかります。

さらにチャート下部にあるADXのグラフのうち、オレンジ色で囲っている箇所を見ると、こちらも大きく上昇しています。つまり、この四角で囲っている時間帯については、勢いの強い上昇トレンドが発生していることが窺えます。

対して以下のチャートの場合。

ローソク足の動きを見ると、右下に向かっているので、ここでは下降トレンドが発生していることが見て取れます。

さらにADXのグラフを見ると、青い四角で囲っている箇所で大きく上昇しています。つまり、この四角で囲っている時間帯については下降トレンドが発生したということです。

以上のように、上昇トレンドだろうと下降トレンドだろうと、ADXは常に上がるか下がるかの二種類の反応しかしません。

トレンドの勢いを知りたい時に関して言えば、ADXは役に立ちます。しかし、どちらに向かっているトレンドなのか、方向についてはADXだけではわからないのです。

そこで出番になるのがDMIの指標となります。

DMIには二つのライン、+DIと-DIがあります。

レートが上がって上昇相場になると、+DIのラインが上へ行き、-DIのラインが下に行きます。その反対でレートが下がって下降相場になると、+DIのラインは下がり、-DIのラインが上がります。

+DIが上がっている時は上昇相場、-DIが上がっている時は下降相場、とそれぞれ判断できるということです。

では以下のチャートを見てましょう。

青い四角で囲っている箇所を見ると、黄色の-DIのラインが高い位置にあります。つまり、この時点では相場は下降中ということです。

実際、ローソク足の動きを見ると、下降トレンドを形成しています。

やがて-DIが下がり、+DIが上昇してきました。つまり、下降相場から上昇相場へと転換したということです。

+DIのラインが大きく上がるようになると、それに合わせてローソク足も上昇し、上昇トレンドを形成するに至っています。

DMIとADXを併用することで、トレンドの方向性から、そのトレンドの勢いの強弱まで分析することができるのです。

ADXとDMIを利用したトレードの手法

ここではADXとDMIを利用したトレードの手法を紹介します。

ADXとDMIを利用した手法というと、トレンドフォロー系の手法と、ブレイクアウト系の手法の二種類があります。

  1. トレンドフォローの手法
  2. ブレイクアウトの手法

以下より詳しく解説します。

1.トレンドフォローの手法

トレンドフォローとは、トレンドの流れに沿って売買をする手法のことで、勝率が高く、初心者でも勝ちやすい手法となります。

上昇相場時にはロング(買)、下降相場時にはショート(売)をそれぞれ入れることになります。

トレードルールは、ADXがDMIの指標よりも高いところに位置している時に、+DIが-DIを下から上にクロスしたらロング、-DIが+DIを下から上にクロスしたらショートをそれぞれ入れます。

では以下のチャートよりADXとDMIを使用し、トレンドの方向性を探ります。

チャートを見ると、ADXのラインが途中より50.00を超え始めているので、そこからトレンドの勢いが強まっていることが見て取れます。レートは上昇していますので、現在は上昇トレンドが発生中だと分析できます。

今回はトレンドフォローの手法を採用していますので、ロングでエントリーできるタイミングを待ちます。

やがて待っていると、ADXが高い位置にある状態で、さらに+DIが-DIを下から上にクロスしましたので、これがエントリーのサインとなります。

レートを見ると、ちょうど145.50円でエントリーのサインが出ていますので、今回はここでロングポジションを保有したと仮定します。

その後、レートは上昇を継続するも、途中で勢いが衰えます。やがてADXのラインがADXRを割りましたので、ここでトレンドは一度終了したと考えられます。

このADXがADXRを割った箇所を今回は決済のサインとします。レートを見ると、146.50円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、145.50円でエントリー、146.50円で決済となりますので、100pipsもの利益を得た計算になります。

2.ブレイクアウトの手法

ブレイクアウトを狙った手法は、主にレンジ相場のような、一定の高値と安値の間をレートが行き来しているような相場で使用します。

ブレイクアウトを狙った手法は騙しが多く、勝率も低いので、上級者向けの手法となります。

トレードルールは、ADXのラインが+DIを下から上にクロスしたらロング、ADXのラインが-DIを下から上にクロスしたらショートでエントリー。一定の利益が出たら決済をするという前提で話を進めます。

まず以下のチャートより、ADXとDMIを使用します。

ADXのラインを見ると、前半で大きく下落するものの、再び上昇し、+DIのラインを下から上にクロスしました。

これがロングでエントリーをするサインとなります。

レートを見ると、ちょうど146.20円付近でロングのサインが出ていますので、ここでエントリーをしたと仮定します。

その後、レートは上昇を続けるも、やがて勢いが衰え、ADXのラインがADXRのラインを上から下に割りました。ですので、トレンドの勢いは一旦ここで終了したことがわかります。

このトレンドが終わったポイントを決済のサインとします。レートを見ると、146.80円付近でサインが出ていますので、今回のトレードではここでポジションを決済したとします。

すると、146.20円でエントリー、146.80円で決済となりますので、60pipsもの利益を得た計算になります。

レンジ相場は騙しが多く、苦手というトレーダーは多くいることでしょう。

DMIとADXはそんなレンジ相場の攻略の手がかりとなってくれます。

ADXとDMIのデメリット、リスク、注意点

ここではADXとDMIを使用するにあたって気を付けたいデメリットやリスク、注意点などを紹介します。

  1. 騙しがある
  2. トレンドの転換点だと使い難い
  3. 絶対に稼げるわけではない

以下より詳しく解説します。

1.騙しがある

まずADXとDMI、ともに騙しがありますので注意してください。

騙しとはトレーダーを騙すようなチャートの動きのことです。

例えばDMIとADXの場合、+DIのラインをADXのラインが下から上にクロスしたので買いのシグナルと思い、ロングでエントリーをしてみた結果、すぐに急落してトレードで負けたというケースなどが騙しの典型です。

このように騙しに引っかかるとトレードで負け、損失を被ることになります。

テクニカル分析を習得してもほとんどのトレーダーが勝てない理由は、騙しに引っかかり、その結果として損をするからです。

FXで稼ぎたいなら、騙しへの対策を講じておきましょう。

対策

騙しへの有効な対抗策は、損切りのルールを守ることです。

そもそも騙しが発生した場合、プロですら避けることはできず、トレードで負けるものです。

しかしプロの場合、騙しに引っかかっても早々にポジションを決済して損切りをするので、損失が拡大しません。

これが初心者の場合、トレードで負けたにも関わらず、なかなか損切りができず、ポジションを抱えた結果、さらに損失が拡大し、最終的にはロスカットされるものです。これでは稼げません。

稼ぐためには騙しに引っかかってもすぐに損切りをし、損失の拡大を防ぐ必要があるのです。

いつ騙しに引っかかっても大丈夫なように、トレードをする前にまず損切りのルールを確立し、それを遵守しましょう。

2.トレンドの転換点だと使い難い

ADXとDMIは、いざトレンドが発生すると、上手く機能してくれます。しかし、トレンドが転換するような場面になると、ラインがごちゃごちゃと混雑し、見難くなります。

例えば上昇トレンドから下降トレンドへ転換する時、+DIと-DIが複雑に絡みやすく、方向感が不明瞭になります。

それに加え、上昇と下降という正反対の動きが同時に発生することで、ADXのラインも上がったり下がったりを繰り返すようになり、トレンドに勢いがあるのか無いのかがわかり難くなってしまうのです。

このようにトレンドの転換時にはADXとDMIは機能し難く、トレードがやり辛くなります。

対策

もしもトレンドの転換点やレンジ相場にハマってラインがゴチャゴチャし、トレードがし難くなった時、どうすれば良いのでしょうか?

ADXとDMIを使用してみたものの、線が混乱して売買の決め手に欠けるという時は、いっそのことトレードを中断し、休憩すると良いでしょう。

FXで稼ぐためには、時には待つことも重要です。

今トレードをしても売買の決め手に欠けるので、勝てるかどうかわからないというのであれば、このタイミングならば勝てると自信を持って判断できる時が来るまで待ちましょう。

確実に勝てる時だけトレードをし、それ以外はトレードをせずに待つ、チャンスが到来するまで待つことができるようになるとトレーダーとしては一人前です。

3.絶対に稼げるわけではない

ADXもDMIも優秀なテクニカル指標ですが、絶対に勝てるというものではありません。時には予想を外し、負けることがあります。

負ければ損失が発生し、資産も減ってしまうでしょう。

だからといって、負けた分を取り戻そうとすると、さらに負けが続き、損失が増えてしまうリスクがあります。

FXで稼ぐためには、良い意味で上手に負ける必要があります。

対策

DMIやADXなどのテクニカル分析の手法を習得したら、次はリスクリワード・レシオが高い手法を実践できるように、トレードルールを検証してください。

リスクリワード・レシオとは利益と損失の比率のことです。

たとえ勝率が50%でも、1回の勝ちトレードで毎回20pipsの利益を得て、他方で負けトレードでの平均損失が10pipsならば、最終的には利益を残すことができます。

この最終的に利益が残るというのがFXでは重要なのです。

極論ですが、FXは勝率1割でも、利益さえ残っていれば全く問題ありません。しかし、勝率が9割でも残り1割の敗北で大損し、利益が無いというのであっては意味がありません。

どのようにトレードをすれば利益が出るのか、毎日のトレードを記録し、改善点を見つけるなど、検証をしてみましょう。

トレードの結果を検証することで、トレーダーとして成長することができます。

FX初心者へのアドバイス

今回は人気のテクニカル指標であるADXとDMIについて解説しました。

ADXとDMI、この二つの指標を同時に併用することで、トレンドの方向性から、そのトレンドの勢いの強弱まで分析することができます。

特にデイトレードのような、スピーディな売買が求められるトレードをしたいという方ほど、多角的に相場の動向を分析できるADXとDMIは役に立つことでしょう。

ただし、ADXとDMIは、学んだからといってすぐに使えるものではありません。使いこなすためには、実際に使用し、練習し、検証をする必要があります。

いきなり実践で使わず、まずは練習をしてみましょう。何度も反復して練習し、検証をすることで、はじめてADXとDMIを使いこなすことができるのです。